FC2ブログ

「所有と利用の分離」への危惧

 劣化スパイラルに陥っている商店街にとってあたかも「起死回生策」であるかのように喧伝されていますが、果たして本当のところはどうなのか?

 中心市街地活性化の方向としては、住む人&来る人を増やすこと、集客核を誘致して回遊を創出することなどが提起され、その都度施策が講じられ、それぞれの中心市街地の事情に即して事業が取り組まれてきました。
その結果はどうであったか?
事業単体の成否に関わらず、その結果として街に賑わいが生まれるという最終結果を得ることは出来ませんでした。

 今日、丸亀商店街という「成功事例」を踏まえて、装いも新たに登場した「不動産の所有と利用の分離」ですが、よく見ると、たての「再開発」を横にしてみただけのようにも思われます。
成功のカギはテナントリーシングですが、今どき、商店街にリーシング物件を揃えたとして、誰が食指を動かすでしょうか?
テナントとしては「全国規模で展開している専門店チェーン」などが想定されているようですが、果たして空洞化著しい商店街に新設されるリーシング物件に食指を動かす企業がどれくらいあるでしょうか。
 今現在、専門店チェーンの出店先は、
①百貨店
②大都市の中心商店街
③RSC
に限られていますが、リーシングを準備する場合、どういうチェーンが候補として考えられているのか?
候補企業にとって、このビジネスモデルに参加することのメリットはなにか?
ということは当然検討しておかなければならないわけですが、検討された形跡はありません。

 所有と利用の分離について、当サイトでは藻谷氏による提案を批判したことがありますが、

第一部:
第二部

 「不動産の所有と利用の分離」というビジネスモデルによる商店街活性化、活用できるのは特別の条件を備えた商店街に限られます。
また、この制度を活用した結果として、既存個店群の活性化が実現するわけではありません。隣が繁昌すればそれにつれて自店も繁昌する、というような幸せな条件はないのです。
個々のお店は繁昌を再現したかったら、適切な「繁盛店づくり」に取り組む以外にありません。

 ということで、「所有と利用の分離」に取り組むことが活性化策として妥当な商店街もそうではないところも、共通しているのは、個店の繁昌を実現するには適切な自助努力が不可欠である、ということです。
どのような活性化策を組み立てようとも、既存個店の活性化=繁昌再生には個店自体の適切な努力が必要です。

 どう考えても至極当たり前のことなのですが、これまで認定された『基本計画』でこのことを直言し、施策を講じているものはごく限られています。施策が考えられている場合も果たして「適切」であるかどうかは疑問があります。
「商人塾」もそういう名前をかぶせた講習会を開けばよい、というものではありませんからね。
(ありがちなので要注意。実効的な商人塾の一例は、当社が提案しています。ご承知のとおりですが、念のため)

 商店街空洞化の主犯は「不動産の所有者だ」というような謬見に、検討作業も行わずに賛同し、「不動産の所有と利用の分離」こそが商店街活性化の切り札だ、などと短絡なさらないように。
「分離したがうまく行かなかった」というケースは、関係者が公開していないだけ、これまでに全国に数多くありますから。

 何が何でも取り組むのだ、というところもあるかも知れませんが、その場合も「既存個店の適切な自助努力」は必ず構築しなければならない。
“個店のことは個店の経営者がやれる”と思ったら大間違い、そういうことが出来るくらいなら商店街の空洞化は起こりませんでした。

 「適切な自助努力」を組み立て、組織的に取り組むんで行くこと。
この作業を除外して商店街活性化はあり得ません。
「所有と利用の分離」が“適切な自助努力”への取り組みの障碍とならないよう、自力思考が必要なとき。

「進化」しない取り組み

 商店街活性化については、「中活法」のスキームが制定されるはるか昔から、それこそ数十年にわたって全国で取り組まれているわけですが、未だに「活性化への道」は定まっておりません。
専門家筋から提案もほとんどありません(当サイトを除く)。

 「成功への道」を示すことは難しいおとですが、「失敗への道」を列挙することは簡単です。何しろ数十年にわたる実績があるのですから。
「失敗への道」とは、“こういう事業に取り組むと失敗するから取り組まないように”というものではなく、“こういう取り組み方をすると失敗するからご用心”という「失敗に通じる取り組み方」んことです。
たくさんありますからね。

 これまでの活性化への取り組み、どうして活性化ヲ実現できなかったのか?
理由ははっきりしておりまして、「取り組み方が悪かった」から。
よろしいですか。
これまでの取り組みが総じて成果を挙げられなかったのは、取り組んだ事業が悪かったのはなくて、取り組み方が悪かった、ということですね。

どうして取り組み方が悪かったかと言えば、「取り組み方」を指導する「理論」が間違っていたから。
取り組みを導く「理論」が不適切だったからせっかくの取り組みが効果を挙げられす、結果的に空洞化の進展が止まるどころかさらに進展するという現状が持たされている。

 ことここに至れば、「活性を指導する理論」は適切かどうか、という疑問が生じなければならないが、ほとんどそういう声が挙がらないのはどういうわけか?

 というあたりに中心市街地・商店街活性化がうまく行かない理由が潜んでいるのでありまして、間違った取り組み方&それをそそのかすw理論が生き延びていること、失敗によって「不適切な理論」であることが実証されているにも関わらず、いまなお「あたかも実効的な理論」であるかのように利用されているところに根源的な問題がある。

 ダメな理論、ダメな理論に基づく取り組みは、ことごとく失敗しているにもかかわらず、どうして淘汰されないのか?
もし、失敗事例が特定の「理論」に基づいて取り組まれ、忠実にその提案を実行したにも関わらず、理論が約束していた成果を挙げることができなかった、とすれば、当の理論は「間違い」「デタラメ」だったということで、さっそく「指導理論」という資格を剥奪、関係領域から追放しなければならない。

 「ダメ」ということが分かった理論は、退場させること。
これをやっていれば今ごろは:
①ダメな理論は影も形もなくなっている
②代わって新しい理論が現れている
③あたらいい理論の中から「実効的な理論」がうまれている
かも知れません。
「ダメ」な理論がはびこっている限り、新しい理論はなかなか登場できません。当サイト以外、いつまで経っても現れませんからね。

 ということで。
全国で展開されてきた失敗の数々、
①何を目的に
②どのような事業に取り組んできたか
③結果はどうだったか
を明らかにし、さらに、
④事業はどのような理論に基づいて企画されたのか
を突き詰めれば、指導した理論の「ダメ」っぷりが白日の下に明らかとなり、「二度と利用してはいけない」ことがだれの眼にも明らかになります。
ダメな理論に基づく取り組みが無くなれば、その分、「活性化実現への道」に近づけますからね。

 商店街活性化、どうしたら実現できるか?
「取り組み」「事業」としては出尽くしている感がありまして、これから考えなければならないのは「取り組み方」であり、取り組み方を導く「理論」の適否ではないでしょうか?

 実際に時間とお金を賭けて取り組んだ後で「失敗した」というくらいなら、これまでの取り組みをしっかり総括して「ダメな事業の取り組み方」「ダメな活性化理論」を放逐することが先決です。
いますぐ取り組みたい、という気持ちも分からないではないのですが、これまでの取り組みには、どう取り組むか、どういう理論に依拠して取り組むかという、より基本的なレベルに問題があったのだということに思いが及ばないと、これまで全国各地で経験された失敗があなたの中心市街地に押し寄せて来るかも知れません。

 このところ相次いで認定されている基本計画は、自覚されているか否かは別として「理論」に基づいて作られており、多くの場合、作成に利用された「理論」、無意識のうちに援用された理論は「ダメな理論」の可能性が高い。

 そんなことはない、という人は、自分たちの基本計画が目下蔓延している基本計画とどこがどうちがうのか、あらためて確認して見られることをお奨めします。

 ダメな理論、ダメな取り組み方を追放しないと、活性化の実現はいつまで経っても見果てぬ夢に終わります。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ