FC2ブログ

商店街組織の現状と課題

 ブログ quolaid.com:

過去記事ですが、もちろん、今現在も商店街の問題情況は変わりません。というか、空洞化が一層進展している以上、情況は一段と厳しくなっていることは言うまでもありません。

情況はますます厳しく、街の劣化はさらに進んでいくにも関わらず、それに立ち向かうべき商店街組織の劣化も一様に進んで行くのでありまして、これはもう、普通に考えていたのではにっちもさっちも行きません。
古今東西・前代未聞の取り組みと割り切って、面白がって取り組まないとやってらんない、という気分になること間違いなし。

この問題を乗り越えるか、それとも全国一律、中心市街地・消滅への道をたどるのか、という帰路に立っているわけですが、こういうシチュエーションに直面する機会はなかなかありません。
まして、「活性化への道」といいうシナリオを持ち、現にその応用をもって自店の「繁昌への道」を切り開いているわけですからね。
多勢に無勢、万一失敗しても「個店不沈の法」はきっちり修得済みですから、失うものは何もない?

ということで、当エントリー、何のことやら、曖昧模糊としておりますが、分かる人には分かるわけで、もちろんエールのつもりです。

プランナーは今何処?

 基本計画、無事?認定が終わればプランナーさんはお役ご免、その実績を引っさげて次の中心市街地へと向かいます。

 他方、都市の方はどうでしょうか。
曲折を経てみごと勝ち取った「認定」ですが、さて、中心市街地活性化の取り組み、これを契機に何がどう進展していくのか、と考えてみますと・・・・。

 基本的に従来の計画と異なることは何もないわけでありまして、特に認定を手ぐすね引いて待っている人も無かったわけで、まあ、認定取れました、あ、そう良かったですね、というところでしょうか。
何が良かったのか分かりませんが。

 これからいよいよまちづくり会社の出番ですが、これは基本計画でオーソライズされているわけでもありませんし、会社を含む組織機能図が設計されているわけでもありません。
適当にイベントのお世話や、ガイドブックを作ったりと、従来同様の立ち居振る舞いなんでしょうね、きっと。

 それでも設立に際しては[中心市街地活性化の真打ち・司令塔]と言った惹句が飛び交ったわけですから、期待はしていないが、責任は追及する、というポジションの人たちもいるようです。

 なかでもタウンマーネジャーさんは大変でありまして、何しろ、マネージャーさん以外は全員素人、というところに落下傘降下した玄人というポジションですから、推して知るべし、徐々にプレッシャーが高まってきます。

 何かにつけて、マネージャーはどうしている、何をやっている、という声が挙がることは間違いありません。
うまく対処しないと、声への対応に翻弄されて本来業務がおろそかになっていまいかねません。

 基本計画を取り出してもマネージャーさんの仕事の足しになるようなことは一行も書かれておりません。
こんなはずじゃなかった、とあわててプランナーのほうを眺めても後の祭り、です。

 これから計画を作る予定の皆さんは、このあたり、くれぐれもご用心、です。
当サイト、『都市経営・入門編』の過去ログあたりに参考記事を収納していますので、このエントリーが身につまされる人はご参考にどうぞ。

中心市街地活性化のお値段

 全国津々浦々で取り組まれている中心市街地活性化、果たしてどれくらいお金が掛かるものでしょうか?

 もちろん、それぞれ取り組む事業の内容が異なりますから、必要投資額も違います。当たり前です。ところが。
中心市街地を活性化する、したい、と思ったとたん、必要になる投資がありまして。

 中心市街地活性化を推進する体制を構築し、運営していく
という事業への投資です。
他の事業をどう計画するにせよ、この「推進体制」への投資は絶対不可欠です。ところが。

 このための投資をほとんど計上していないという都市がほとんどでありまして。
そういうことで活性化がホントに実現できると考えているのだろうか、という単純素朴な疑問が生じます。

 特に、基本計画が認定された初年度は、
①基本計画の内容の関係各方面への周知を徹底する
②計画に基づいて各般の行動計画を作る
という作業が待ちかまえており、さらに「大本命」であり・かつ・
「基本計画」には一言も記載されていない
③推進体制の構築
④推進体制の運営に関わる準備
という仕事があります。

 初年度においてこれらに取り組まないと、モロモロ取り組む活性化事業の成果を累積していくことが出来ません。
最優先で取り組まなければならない。

 問題は、この最優先の課題にいかほど投資するか、ということでありまして、もちろん? 基本計画には頭出しされていませんから従来はビタ一文使うつもりはありませんでした。
それでよろしいだろうか? ということでありまして。

 例えば、推進体制を担う人材に、所要の能力を発揮してもらう体制を作る。
端的に言えば、
①ものの見方・考え方を修得する
②「商業理論」「経営理論」を学び共有する
という段階は不可欠でありまして、機会としては当社が提供している「商人塾」などを思い浮かべてもらうと分かりやすいかと。

 こういう「ソフト」以前の・人間に対する投資をどう考えるか、ということが活性化の取り組みの試金石ですね。
従来から継続しているイベントなどのソフト事業とやらに掛ける数千万は、惜しくも何ともないが、関係者の能力開発にはビタ一文使いたくない・・・。

 そういう姿勢で、前人未踏の中心市街地・商店街活性化に取り組み・成功することが出来ると思っているとしたら、さっさと異動願いを出すべきでしょう。あなたがいる間、活性化は絶対進展いたしません。

 中心市街地への投資のリターンは、①繁盛店の続出~②土地の流動化が実現してはじめて実現します。
これまで取り組まれてきた事業群では①、②が実現できないことは実証済みですね。
これまで取り組んでいない事業といえば、関係者があらためて能力を十二分に発揮して取り組んでいく体制づくりでしょう。ところが。

 これまでの取り組みをみれば。
 ハードな投資の数十億、イベントに浪費する数千万は惜しくも何ともないが、基礎の基礎となる関係者の「能力拡充」には一円たりとも使いたくない。
日本全国、こういうビヘイビアが蔓延しておりまして、活性化はなぜ成功しないか、その答えはここにあったりするわけです。
 こういう姿勢でホントにマジメに中心市街地活性化に取り組んでいると言えるものか、どうか、胸に手を当ててみるまでもないところ。。

え? タウンマネージャーさんを雇っている?
なるほど、それでタウンマネージャーさんが推進体制を構築してくれるんですか? 
マネージャーさんの処遇ってどうなってます?

 とまあ、色々あるのですが。
 推進体制の整備・運営というイシューにきちんと投資が出来るか否かに、中心市街地活性化の、ひいては都市経営そのものの命運が掛かっている、というのが当社の意見、もちろん、あなたをはじめ御地の関係者は別のご意見を持っておられる、ということですね。

推進体制 生みの苦しみ

(承前)

 中心市街地活性化、進展度合いのメルクマールの一つは、コンフリクトの発生。早い話、関係者の間でなんのイザコザも起きない間は、本格的な進展も無い、ということですね。

 事業を企画し、スタートするにあたっては関係各方面の合意が必要です。この「合意を得る」というプロセスがやっかいでありまして、事業が「これまで聞いたこともない」ものだったりすると大変です。「前例がない」から始まり、「聞いていない」、「言い出しっぺは誰だ」、「組織の秩序を乱すな」その他、ありとあらゆる難癖を付けて「試行」をつぶそうとする人がいますからね。

 多くは従来的諸関係において自他共に認める「大御所」だったりするわけですが、もちろん、大御所の大御所ぶりがこれまでの取り組みの一因を為していることは周知のところですが、知らぬは本人ばかりなり、ということで、まあ大変です。

 大変ですが、「体制の構築」とは別名“修羅場をくぐる”ことでありまして、相手キャラはいろいろ、応じる手練手管もいろいろ、公開の席で丁々発止と渡り合ったり、一対一できっちり言い含めたり。
こういう段階は必ずありまして、何しろこれまで数十年にわたって安穏としてきた組織に活を入れ、実効ある取り組みが出来る体制に作り替えようと言うわけですから、無事に済むはずがありません。

 皆さんが予測されるようなてんやわんやを経て先に進むのは、個店・商店街・全体の取り組み、まったく一緒です。
個店の転換だって、あなた、店内身内に反対派がいますからね。

 ということで、個店の転換から中心市街地活性化まで、主要な取り組みは「人間対人間」という場面にありまして、人間関係を「和を持って貴しとなす」的基準で考えていては出来ることも出来なくなる。これはもう当たり前すぎるほど当たり前のことでありまして、コンフリクトの発生を計算していない基本計画~実施では、ものの役に立ちません。

 中心市街地活性化とは、意見の衝突~解消、またしても意見の衝突~解消というプロセスの連鎖です。ここでいう「意見の衝突」はもちろん共通の土俵の上でのそれではなく、土俵に上がることを拒否している皆さんとの衝突です。

 仲良きことは美しきかな、衝突など無いに越したことはありませんが、だからといって「衝突しない」ことを行動原則にするわけにはいきません。
新しい道を踏み出せば、総論段階ではOKしたはずの人が「障害物」に豹変することだってありますからね。
修羅場をくぐっていくことが「運動」が大きくなっていくプロセスそのもの、もちろん、修羅場の設定には「シナリオ&キャスティング」も不可欠ですが、さて、誰があたるのか?
商店街にははまり役の人がいて、局面になると「え、この人が」と思われるような登場があったりするものですが・・・。

 推進体制、形ばかり出来上がったのでは、コップの中の水が腐ります。まともな事業を考え・取り組もうとするとコップの水が揺れ始め、やがてはコップのなかから「流れ」に変わっていく。
この間の軋轢、推進する側には「同志的結合」が無いと突破することが難しい。
「同志的結合」のキモは「繁盛店への道」に対する確信。
この確信が相手の利害をも代償しているのだ、というところにコンフリクトを突破していく、エネルギー源ががあるわけで、これはもう実際に取り組んでいる人にしか分からないこと、味わえない醍醐味ではないでしょうか。

 実際に取り組んでいない人には何のことか分からないかも知れませんが。コンフリクトは、都市マネジメントのトップが方向と方法を理解し、組織体制の整備するまで場所を変え・形を変えて起こります。
起こるたびに「またしても一歩前進」と考え、克服を楽しむゆとりが無いとバテてしまいます。
ゆとりのもとは「私利私欲を実現する繁盛店づくり」を基礎とする「土俵の共有」「理論の共有」であり、やがて反対派とも利害が一致する、という確信です。

四者体制 生みの苦しみ

 基本計画に基づく商業街区活性化の取り組み、四者体制の不可欠については、ご了解のことと思いますが。

 そうと分かっても実現は一筋縄ではいきません。
行 政:企画と実施
会議所:活性化協議会と中小企業相談所
という役割分担が円滑に機能するかどうか、という課題が横たわっています。
もちろん、商店街にも
連合組織と単位組織 という「微妙」があり、組織と個店の関係も微妙です。

 これらは基本計画の作成当時からよく分かっていたことでありまして、もちろん、外部から招聘されたプランナーさんがそのあたりの機微について理解していたかどうかは分かりません。たぶん、理解していなかったでしょうし、理解していても手の打ちようが分からなかったと思います。

 都市経営の一環として、今後の経営のモデルとなるべき役割をになっている中心市街地活性化ですが、残念ながらそういう戦略的なポジションはあまり理解されていなかったと思いますが、今日に至ってもこの取り組みを機会に関係各方面の協働を確立する、その前提として「縦割り組織」の弊を打破する、というのが基本計画作成時点での隠れた課題ですね。

 基本計画の作成プロセスを通じて
①関係各方面の積年の経緯を払拭して協働体制を構築する
②それぞれの組織の「縦割り」の打破
③商店街組織の活性化への着手
に取り組むことが必要だったのです。
このあたりの取り組みの成功、ノウハウの蓄積が「成果を他へ波及させる」という任務の一端、「都市経営」のリーディングプロジェクトたる由縁ですが、もちろん、実際の取り組みとはほど遠い話です。

 ということで、表面的な取り組みだけで「認定」まで来てしまった計画は、いざ事業推進、という段階になって齟齬を来します。
実施部門が活性化のシナリオとその上で果たすべき自分の役割を認識していない、という事実が大きくのしかかって来るわけです。
都市の商業振興部門と会議所の中小企業相談所はそれぞれ商店街の活性化・個店の経営改善・革新という取り組みを担うわけですが、本来業務と基本計画の関連をどう整理するのか?
このあたり、基本計画には全く触れられていませんから。

 新設されるタウンマネージャーさんがまず取り組むべき仕事はこのあたりにあるのですが、さて、このような問題がある、という認識を共有し、取り組んでいくシナリオを作成し、関係各方面の了解を取り付けて着手する、という段取りになりますが・・・。

 皆さんに集まってもらい“これからしきり直しますよ”というわけにもいきません。
さて、この難問、どうすればうまく解決していけるでしょうか。
時間はほとんど掛けられないのですが・・・。

 という問題があるのではないでしょうか。
これまでの取り組みを担ってこられた関係各方面のみなさん、如何ですか。
このあたりを放置したまま、基本計画所載の事業に粛々と取り組んでいけば、
中心市街地は活性化する
と自信のある人にはこのエントリーは無縁です。

もちろん、「生みの苦しみ」に直面しておられる皆さんは、「恵まれた状況」にあるわけで、多くの都市は“四者体制出来たらいいけど、うちには無理”とか“四者体制?なんのこっちゃ”というレベルにあるわけです。
 
 「都市間競争」という言葉がありますが、この時期の競争は「中心市街地活性化」をアリーナとして行われているのかも知れません。
活性化に成功するもしないもひとえに「都市経営能力」日課っているわけですから。

 中心市街地は都市の顔、活性化のい進捗状況は都市経営力の象徴です。

タウンマネージャーさんのお値段

 日頃タウンマネージャーさんの活路開拓に貢献することを心掛ける当サイトです。

 先日、商人塾の最終段階・「商店街を経営する」でタウンマネージャーの職能について話しました。タウンマネージャーさん、ご承知のとおり、関係各方面から期待されてるところ大、何しろ中心市街地活性化の関係者で「手の内」が見えていないのはこの人だけですからね。

 「公募」も行われています。見かけるのは、
①スペック:当市の基本計画で当市の中心市街地の活性化ヲ推進できる人
②認容期間:1年。状況により3年程度の留任可
③給  与:年俸400万円
といったところのようですね。

これ、タウンマネージャー確保のスキームとしては全部間違いです。

 そもそも。
年俸400万円といえば、市役所で言えば係長クラス以下ではありませんか。お金の話を言い募るのは趣味ではありませんが、それにしてもこの金額で御地の中心市街地活性化の成否を委ねるスキルを確保できるとホンキで思っていますか?

 で、雇用は一年ポッキリ。
期待どおりのスキルでなかったら入れ換える、ということでしょうが、まあ、こんな程度の認識・条件に応じて手を挙げるのは、その程度にお似合いのスキルになるとかは思わないのかなあ・・・。

 仮にも中心市街地を託す人材で、市内に適任者がいないとなれば処遇は部局長クラスでしょう。普通。
それがイヤなら地元で養成すべきだと思いますけどね。

 中心市街活性化をマネジメントする人材を育成できれば、これからの都市経営の推進に打ってつけのスキルが手に入るわけです。
お奨めは、グループで育成すること。
ただし、そうすると育成にお金が掛かります。
まあ、中心市街地活性化が着実に進捗し、その中で都市経営要員を育成する、というスタンスならタウンマネージャーの処遇もそれなりに整備することが必要ですね。

 もちろん、給与に見合う雑用要員なら上記程度の要件の公募でOKでしょうけど、その場合、『基本計画』はお蔵入りを覚悟しなければならない。
え、計画はもともとそのつもり? 欲しいのは補助金だけ? 
おっと、それならもちろんOKです。

 ということで、当社は公募・非公募を問わず、タウンマネージャーさんの業務能力の向上に寄与すべく、微力ながら日夜努力しているつもりですが、果たして評価のほどは如何でしょうか。

基本計画、行間の“埋め込み”

 蛇の道は蛇、でありまして、プロのプランナー、Web上に公開されている『基本計画』を斜め読みすれば、「良い計画・悪い計画」の判定はすぐつきます。ついでに計画を作ったプランナーさんの腕前も。

 一般に計画は、「思いを実現する」手段として作成されますが、もちろん、思いの実現を目指すからには、思いが実現される条件を持った計画でなければならない。当たり前ですね。
条件は色々ありますが、今日取り上げるのは「計画は理論に基づいて作られる」ということ。
計画には、その一行、一行毎の行間に、その計画が思いを実現できることを保証する「理論」が埋め込まれていなければならない。

 計画の評価をすることになったプロ、第一にチェックするのは
○この計画にはどのような理論が埋め込まれているか?
ということです。
中心市街地活性化基本計画のように広範・複合的な計画の場合、埋め込まれている理論も多岐に渡りますから、それらの理論相互間に矛盾がないか?ということも重要なチェックポイントです。
もちろん、関係者が理論を共有する機会は設定されているか?ということもチェック項目の一つ。

 端的に申しあげて、悪い計画は悪い理論・不適切な理論に基づいて作られていることが多い。
もちろん、作成主体は自分の計画が依拠している理論が「悪い」ことは知りません。
知っていれば、理論の代替を求めますからね。
悪い理論を良い理論と誤解して計画作りに利用する。基礎となる理論が間違っていますから計画した事業の成り行きの如何を問わず、目的が達成されることはありません。

 時に、行間に理論が埋め込まれていない計画も見受けられます。
というか、ぶっちゃけ、『中心市街地活性化基本計画』の場合、そういう「無理論」状態、行間スカスカの計画の方が圧倒的に多いような気がします。
『認定第一号』に行間無視で追随した計画は、一見、らしいことがっかれていますが、すべてスカスカの計画になっています。

 「悪い理論」によって作られた計画、理論抜き・見よう見まねで作った計画ににいくらまじめに取り組んでも、目的が達成されることはありません。

 その逆に「良い計画」なら目的が達成されるのか、といえばそれも保証の限りではありません。
良い計画を作ることと、それを適切に推進することとは別の問題ですから。

 ということで、「中心市街地活性化」を実現していくのは「針の穴にらくだを通す」ような話のようにも見えたりするわけですが、適切な計画を作って取り組めば、そんなに難しいことではないと思います。
 難しくさせているのは、行間スカスカの「悪い計画」です。

 皆さんの基本計画、果たしてその行間には何が埋め込まれているでしょうか?

埋め込まれているのは適切な理論か、それとも悪い理論か?
はたまた、なぁ~んにも埋め込まれていない、文字通りまっ白い行間が続いているだけなのか・・・?

いずれにせよ。
基本計画のマネジメントに当たる人は、あらためてみずからが信じる理論に基づいて、基本計画を読み解いてみることが必要です。
必要な理論を装備していない人は、あらためてクオールエイドのサイトで勉強するように。

 理論を装備しないで基本計画を読むのは、「暗闇で象をなでる」ようなものですからね。
その結果を関係者に伝えてもチンプンカンプン。分かるのは“お金を掛けて取り組む個別事業”レベルの話だけ。

というパターンが続く限り、取り組みが改革改善されることはありません。
いずれ金の切れ目が縁の切れ目となることは必定です。

商人塾いろいろ

 「商人塾」の開催は、「活性化への道」の第一歩、年来当サイトでは商店街活性化実現への一押しの事業になっています。
 このところ「商人塾」というコトバを見聞することが多くなっているようで、Webを検索すると、「商人塾」や「経営革新塾・商業編」などというタイトルの事業が目に付きます。
「既存個店の繁昌再生」へのチャレンジが始まっているわけです。

 当社としては、“待ってました!”といいたいところですが、ちょっと検討してみますと、
①「効果的なイベントの企画」とか
②「POPの作り方」
といった、いつもながらの内容だったり、
③「経営革新計画の作り方」
だったりする例が多く、がっかりさせられます。

ご承知のとおり、問題はそういうレベルにはありませんから。

 ということで、「商人塾」・「繁盛店づくり」という「テーマ」だけを見て後先考えずに飛びつき、自分のサイズに合わせて事業を企画、関係各方面を巻き込む、という傾向があるのではないか? と推察されたりします。
商人塾? これまで何十回もやってますよ、という人がいたりもします。
あのですね、何十回もやって効果が出ない、というのはどういうわけか? ということには思いが及ばない?

 なにやら「勉強は結果よりも取り組むことに意義がある」と考えられているようにも感じられます。
「効果云々よりもまずは取り組んでみることだ」という非・人間的なアプローチもあるようです。

 事業には「目的」が先行しますが、こうした商人塾は何を目的に企画されているのか?
本当に個店は繁盛するようになるのか?
その結果は商店街活性化にどう波及していくのか?
といったあたりについてはきちんと検討されているのか、アップされている計画を見る限り、「取り組むことに意義がある」としか考えられていないように思われるのは、当方の偏見のせいでしょうか?

 果たして偏見なのか否か、事業終了後の成果報告をみたいものです。

ちなみに。
当社的商人塾、最近の様子についての報告

 当然のことながら、当サイトには商人塾参加者、経験者も多数見えています。
そういう人たちの「チェック」に叶う報告です。

「所有と利用の分離」への危惧

 劣化スパイラルに陥っている商店街にとってあたかも「起死回生策」であるかのように喧伝されていますが、果たして本当のところはどうなのか?

 中心市街地活性化の方向としては、住む人&来る人を増やすこと、集客核を誘致して回遊を創出することなどが提起され、その都度施策が講じられ、それぞれの中心市街地の事情に即して事業が取り組まれてきました。
その結果はどうであったか?
事業単体の成否に関わらず、その結果として街に賑わいが生まれるという最終結果を得ることは出来ませんでした。

 今日、丸亀商店街という「成功事例」を踏まえて、装いも新たに登場した「不動産の所有と利用の分離」ですが、よく見ると、たての「再開発」を横にしてみただけのようにも思われます。
成功のカギはテナントリーシングですが、今どき、商店街にリーシング物件を揃えたとして、誰が食指を動かすでしょうか?
テナントとしては「全国規模で展開している専門店チェーン」などが想定されているようですが、果たして空洞化著しい商店街に新設されるリーシング物件に食指を動かす企業がどれくらいあるでしょうか。
 今現在、専門店チェーンの出店先は、
①百貨店
②大都市の中心商店街
③RSC
に限られていますが、リーシングを準備する場合、どういうチェーンが候補として考えられているのか?
候補企業にとって、このビジネスモデルに参加することのメリットはなにか?
ということは当然検討しておかなければならないわけですが、検討された形跡はありません。

 所有と利用の分離について、当サイトでは藻谷氏による提案を批判したことがありますが、

第一部:
第二部

 「不動産の所有と利用の分離」というビジネスモデルによる商店街活性化、活用できるのは特別の条件を備えた商店街に限られます。
また、この制度を活用した結果として、既存個店群の活性化が実現するわけではありません。隣が繁昌すればそれにつれて自店も繁昌する、というような幸せな条件はないのです。
個々のお店は繁昌を再現したかったら、適切な「繁盛店づくり」に取り組む以外にありません。

 ということで、「所有と利用の分離」に取り組むことが活性化策として妥当な商店街もそうではないところも、共通しているのは、個店の繁昌を実現するには適切な自助努力が不可欠である、ということです。
どのような活性化策を組み立てようとも、既存個店の活性化=繁昌再生には個店自体の適切な努力が必要です。

 どう考えても至極当たり前のことなのですが、これまで認定された『基本計画』でこのことを直言し、施策を講じているものはごく限られています。施策が考えられている場合も果たして「適切」であるかどうかは疑問があります。
「商人塾」もそういう名前をかぶせた講習会を開けばよい、というものではありませんからね。
(ありがちなので要注意。実効的な商人塾の一例は、当社が提案しています。ご承知のとおりですが、念のため)

 商店街空洞化の主犯は「不動産の所有者だ」というような謬見に、検討作業も行わずに賛同し、「不動産の所有と利用の分離」こそが商店街活性化の切り札だ、などと短絡なさらないように。
「分離したがうまく行かなかった」というケースは、関係者が公開していないだけ、これまでに全国に数多くありますから。

 何が何でも取り組むのだ、というところもあるかも知れませんが、その場合も「既存個店の適切な自助努力」は必ず構築しなければならない。
“個店のことは個店の経営者がやれる”と思ったら大間違い、そういうことが出来るくらいなら商店街の空洞化は起こりませんでした。

 「適切な自助努力」を組み立て、組織的に取り組むんで行くこと。
この作業を除外して商店街活性化はあり得ません。
「所有と利用の分離」が“適切な自助努力”への取り組みの障碍とならないよう、自力思考が必要なとき。

「進化」しない取り組み

 商店街活性化については、「中活法」のスキームが制定されるはるか昔から、それこそ数十年にわたって全国で取り組まれているわけですが、未だに「活性化への道」は定まっておりません。
専門家筋から提案もほとんどありません(当サイトを除く)。

 「成功への道」を示すことは難しいおとですが、「失敗への道」を列挙することは簡単です。何しろ数十年にわたる実績があるのですから。
「失敗への道」とは、“こういう事業に取り組むと失敗するから取り組まないように”というものではなく、“こういう取り組み方をすると失敗するからご用心”という「失敗に通じる取り組み方」んことです。
たくさんありますからね。

 これまでの活性化への取り組み、どうして活性化ヲ実現できなかったのか?
理由ははっきりしておりまして、「取り組み方が悪かった」から。
よろしいですか。
これまでの取り組みが総じて成果を挙げられなかったのは、取り組んだ事業が悪かったのはなくて、取り組み方が悪かった、ということですね。

どうして取り組み方が悪かったかと言えば、「取り組み方」を指導する「理論」が間違っていたから。
取り組みを導く「理論」が不適切だったからせっかくの取り組みが効果を挙げられす、結果的に空洞化の進展が止まるどころかさらに進展するという現状が持たされている。

 ことここに至れば、「活性を指導する理論」は適切かどうか、という疑問が生じなければならないが、ほとんどそういう声が挙がらないのはどういうわけか?

 というあたりに中心市街地・商店街活性化がうまく行かない理由が潜んでいるのでありまして、間違った取り組み方&それをそそのかすw理論が生き延びていること、失敗によって「不適切な理論」であることが実証されているにも関わらず、いまなお「あたかも実効的な理論」であるかのように利用されているところに根源的な問題がある。

 ダメな理論、ダメな理論に基づく取り組みは、ことごとく失敗しているにもかかわらず、どうして淘汰されないのか?
もし、失敗事例が特定の「理論」に基づいて取り組まれ、忠実にその提案を実行したにも関わらず、理論が約束していた成果を挙げることができなかった、とすれば、当の理論は「間違い」「デタラメ」だったということで、さっそく「指導理論」という資格を剥奪、関係領域から追放しなければならない。

 「ダメ」ということが分かった理論は、退場させること。
これをやっていれば今ごろは:
①ダメな理論は影も形もなくなっている
②代わって新しい理論が現れている
③あたらいい理論の中から「実効的な理論」がうまれている
かも知れません。
「ダメ」な理論がはびこっている限り、新しい理論はなかなか登場できません。当サイト以外、いつまで経っても現れませんからね。

 ということで。
全国で展開されてきた失敗の数々、
①何を目的に
②どのような事業に取り組んできたか
③結果はどうだったか
を明らかにし、さらに、
④事業はどのような理論に基づいて企画されたのか
を突き詰めれば、指導した理論の「ダメ」っぷりが白日の下に明らかとなり、「二度と利用してはいけない」ことがだれの眼にも明らかになります。
ダメな理論に基づく取り組みが無くなれば、その分、「活性化実現への道」に近づけますからね。

 商店街活性化、どうしたら実現できるか?
「取り組み」「事業」としては出尽くしている感がありまして、これから考えなければならないのは「取り組み方」であり、取り組み方を導く「理論」の適否ではないでしょうか?

 実際に時間とお金を賭けて取り組んだ後で「失敗した」というくらいなら、これまでの取り組みをしっかり総括して「ダメな事業の取り組み方」「ダメな活性化理論」を放逐することが先決です。
いますぐ取り組みたい、という気持ちも分からないではないのですが、これまでの取り組みには、どう取り組むか、どういう理論に依拠して取り組むかという、より基本的なレベルに問題があったのだということに思いが及ばないと、これまで全国各地で経験された失敗があなたの中心市街地に押し寄せて来るかも知れません。

 このところ相次いで認定されている基本計画は、自覚されているか否かは別として「理論」に基づいて作られており、多くの場合、作成に利用された「理論」、無意識のうちに援用された理論は「ダメな理論」の可能性が高い。

 そんなことはない、という人は、自分たちの基本計画が目下蔓延している基本計画とどこがどうちがうのか、あらためて確認して見られることをお奨めします。

 ダメな理論、ダメな取り組み方を追放しないと、活性化の実現はいつまで経っても見果てぬ夢に終わります。

列島 劣化スパイラル

 日本列島、平成時代の基調を一言で表現すれば「劣化スパイラル」ということでしょうね。

 takeoは仕事がら、中心市街地ゆかりの皆さんによく会います。
お話しは往々にして取材を兼ねることになりますが、総合すれば「劣化スパイラル」ははっきりしています。

 劣化しているのは、何処も同じ、「人の能力の使い方」という領域です。解決すべき問題から要求されている人の能力の使い方と実際の使い方の間にギャップが生じており、このギャップが自覚されていないために、問題はいっそう深刻化し、ミスマッチが改善されない能力はどんどん劣化していく・・・。

 日本列島、たいていの領域で時とところを問わず起きていることです。もちろん、職務を放棄する総理大臣がいれば後継者選びを「お祭り」に仕立てよう、という政党もそうですね。
管下の市町村における劣化スパイラルの猖獗ぶりを知ってか知らずか、「地方分権さえ実現すれば」と旗を振る知事さんもいます。

 「中心市街地は都市の顔」とは関係各方面が文書を作るときの枕詞ですが、中心市街地活性化の進展状況は都市経営の顔」とはお考えにならないらしい。ホントに「顔」だと思っていたらとても「顔」だと言えるような状況ではありませんからね。

 当社は、仕事がら列島 劣化スパイラルについては、いろいろと見聞しています。もちろん当社は都市経営のプロコンサルタントですから、非コンサルタントとはものの見方・考え方が違います。
takeoが見た「列島 劣化スパイラル」の現状を報告してみましょう。

 念のために申しあげておきますと、以下のレポートは当社が直接事業の支援やセミナーなどの講師として招聘いただいた都市のことは一切含まれておりませんので、その点、しっかり確認しておいてくださいね。

 列島各般の現状については、「組織疲労・劣化」という人もあるようですが、何をおっしゃる、組織の問題は畢竟「人の問題」ですからね。参加している人の言動の劣化が組織の劣化スパイラルの原因です。

商人塾 点から線へ 線から面へ

 先週末は、甲府市の商人塾の最終講義でした。
講義は修了しましたが、11月に予定している「お披露目イベント」に向けて、これからが「業容転換」の本番です。

 3ヶ月間で12講という充実した取り組み、「細切れ改革」に取り組む中から既に3割のお店が「繁昌実現への道」を確立し、実際に「客数アップ・客単価アップ」を実現し、さらに前進しています。もちろん、まだ「道」を確立していない人も「お披露目イベント」に向けて、研鑽を重ねていきます。「お披露目イベント」の本当のネライは「業容転換」の促進。

 最終講義後に催された打ち上げでは、商人塾の今後の取り組みを自分たちが「牽引車」となって仲間を募り、「点から線へ、線から面へ」という取り組みの拡充を図っていくという方針が出されました。商人塾では「商店街を経営する」という講義がありますが、取り組んでいくための理論的・組織的基礎が作られました。

 商人塾は、「繁盛店づくり」を基礎とする“ショッピング行き先としての再構築”のスタートから一貫して「中心市街地活性化」の中核を担う事業・運動であることが確信されたことと思います。

 甲府市中心市街地活性化基本計画(案)では「都心型商業の再構築」が掲げられており、その実現に向けては「商人塾」がその中核を担うことが計画されているようです。
認定はこれからのようですが、正式のスタートに先立って、基本計画の「方向と方法」が適切であることが(端緒的に)実証ASれているわけで、これは、これまでの基本計画~取り組みには見られなかった特徴ではないでしょうか。

 スキームではこれまでの取り組みは、「点や線」に止まっていたことが反省されていますが、「面的取り組み」のあり方については示されておらず、各都市ごとに構想しなけれればなりません。
甲府市商人塾の事例は、参考になるのではないでしょうか。

お問い合わせは、市商工振興課 商工係へどうぞ。
「お披露目イベント」に合わせて「視察」を企画されると、取り組みの全体像を把握することが出来ます。
塾参加者の店舗を巡回視察、具体的な取り組みについて話を聞き、事務局から全体の取り組みの実態を聞く、最後に「懇談会」を開いて参加者一同「その気」になって帰る・・・。

甲府市商人塾では自分たちの取り組みが広く評価されることで励みになりますし、情況的に取り組みが拡がることは、自分たちにとっても歓迎すべきこと、必要な便宜は図ってもらえると思います。

※ 現在進行形の商人塾、甲府市以外の取り組みについてはあらためて報告します。

※ 先輩商人塾の皆さんへ。
この度は、甲府商人塾からの依頼に快く対応していただき有り難うございました。先例を意識するな、といったのですがどうにも気になるそうで・・・。
皆さんのご厚意をムダにしないよう、頑張って成功していただきましょう。
有り難うございました。

まちの本屋さん

 読書好きの人の本屋さんは、お客に何を提供しているのか?

 読書が好きだということは、本を読むことが時間堪能そのものだ、ということです。

 読書には、目的としての読書と手段としての読書があることに気づきます。
「堪能型読書」はもちろん、前者です。

 知識を拡充するために読む本もありますが、外部に課題があり、それを解決する手段の一環としてのものと、知識を苦渋すること自体が目的である場合と大別することができます。

 まちの本屋さんには、「時間堪能型読書」というニーズに対応する、という事業機会があります。
本を読むことそれ自体が目的である、という読書に対応する業容を構想・仮説し、実現する。

 先駆的に取り組まれているケースでは、その可能性が報告されています。

 このように考えてくると、「まちの本屋」さんの品揃え、「本についての本」がどれくらい充実しているか、ということが重要なカギのようです。
もちろん、根本的には「自分は本が好きかどうか」というjことが問われるわけですが、これは「ラグジュアリィ」への転換を目指す以上、「そもそも商売が好きかどうか」ということは業種・業態に関わらず大前提ですね。

商人塾と問題解決

 ご承知のとおり、商人塾は①座学=3時間×10回 ②臨店指導=参加店各10回以上、を骨幹に参加者の交流、Web掲示板による指導、機関紙の発行などを組み込む多彩な取り組みで「繁盛再生」という問題の解決に必要な理論の修得と技術の開発に取り組みます。

 商人塾のキーワードは「問題解決」、参加者が直面している「劣化スパイラルからの脱却」繁盛再生」という問題の解決に取り組み、そのプロセスで「問題解決能力」の転換を実現します。
「商人塾と○○」シリーズ、今日はこのことを説明してみましょう。

 一般に「問題解決」は、①問題の発生 ②解決策の案出 ③実行④結果の評価 というプロセスで取り組まれます。

そもそも、「問題」とは何か?
「問題」は、「あるべき状況」と「現実の状況」の間にギャップがあり、放置しておくと、ますますギャップが広がる、という現状のことであり、問題解決とは、「あるべき」と「現状」のギャップを解消する行動のことです。

 問題解決のプロセスをさらに子細に観察しますと、
①問題の発見は、
問題の端緒の発見・・評 価・・問題の定義 というプロセスで出来ています。発見されるのは「問題の端緒」であり、解決すべき問題は、自分で定義する=「発明」されるのです。
問題は「ギャップをいかに解消するか」と言うことであり、つおぜん、ギャップの特徴は何か、なぜ発生したか、放置しておくとどうなるか、解消するには何が必要か、といった「知識」が必要であり、その知識は「理論」であることが望ましい。
(※「理論」とは目的整合的に組み立てられた対象についての知識。詳しくは必要により【理論創発】で質問してください)

「問題の発明」は、主としてアタマのなかで、自分が持っている理論・知識を動員して行われます。
このとき大事なことは“問題が解決された状態”≒あるべき状態を想像し、その実現を目指す、というアプローチです。
もちろん「実現」には技術が必要です。  

②解決策の案出
 「解決策」とは、「あるべき状態を実現する方向と方法」のことです。「方向」は、問題を定義した理論と実際に解決に利用できる技術によって決まります。そっちに向かって進んでいくための方法を知らない、持っていない「方向」は、問題解決に無意味です。
 解決策は自分が持っている理論・技術を用いて組み立てられます。「組み立て」にも技術がありまして、技術如何で平凡な資源・能力で目が覚めるような結果を出すことが出来る、という話は別の機会に。

 我々(人間)の「問題解決」は、自分が持っている「知識・技術」に基づいて発明され、解決されるわけですね。
(「評価」のプロセスについても同様ですが、これもここでは割愛)

  
 こうしてあらためて考えてみますと、我々にとって、「よりよく問題を解決する」ために必要な「知識・技術」を装備することがいかに大切かということがしみじみ納得されると思います。もちろん、知識・技術は「完璧」ということはありませんから、不断の改善・改良が必要なことも。

 話が抽象的になりましたが、商人塾は冒頭に説明した様々な方法で「劣化スパイラルからの脱出」=「繁盛再生」という問題への取り組みに必要な「知識」を修得し、実際に「転換」に取り組むなかで「技術」を創っていく、という取り組みです。
取り組みからは、実際に店頭に取り組み・転換にチャレンジした度合いに応じた成果が得られています。
受講したみなさんが自分・仲間の取り組みを通じて実感されているとおり。

 商人塾では、講義・実践を通じて“クオールエイド的「問題解決の一般理論」”を修得していただきます。
問題はなぜ発生するか?
といった、繁盛再生や商店街活性化という問題領域を越えた「問題解決理論」を修得すると、「人生における問題解決に役立ちます。
知識・技術の確保という「問題」へのアプローチも変わり、大きな意味での「転換」が起こるかも知れません。

 ちなみに、「クールエイド流・中心市街地活性化の方向と方法」は、「クオールエイド流・問題解決理論」の「中心市街地活性化・商業活性化という問題領域への応用編です。

 ということで、あちらでもこちらでも「劣化スパイラル」が発生・進行し、「日本沈没」の危機を迎えているのかも知れない、「ニッポン・省思考列島」ですが、我々は、「自分だけは沈没しない」劣化スパイラルからの脱却を実現するとともに、その成果を関係各方面にどんどん普及させて行くことで、列島を再生しなければなならないという問題状況に遭遇しているのかも知れません。

 今夜は、甲府市中心市街地商人塾の最終・第12講です。
受講されたみなさんは当初のお約束どおり、
○あっという間に終わる
○業種や業態を問わず、繁盛は再生できる
○ただし、再生できるのは実際に自店で取り組んだ人だけ
※取り組んだお店には取り組み度合いに応じて将来の展望が開かれる
ということを実感されていることと思います。

 この経験を基に「繁盛再生」をいっそう推進しながら、「問題とその解決」について法海を深め、様々の領域・問題に活用されると、いろいろといいことが生まれるかも知れません。

商人塾と地域商工団体

 地域商工団体すなわち、商工会及び商工会議所ですが、その目的は、地区内における商工業の総合的な改善発達を図り、兼ねて社会一般の福祉の増進に資することですね。

 特に小規模事業の経営改善については、経営指導員が配置され、指導にあたる体制になっています。
ところが、このところの経営環境の激変は、商工会・商工会議所にこれまで蓄積されている経営指導のノウハウだけではなかなか所期の成果を挙げることが難しくなっています。
もちろん、これは商工団体のみならず、それを支援することを事業機会としている外部組織にも共通するところです。

 一方、管内の中小企業者、小規模事業者の経営状況、とりわけ商店街立地の商業者の状況は文字通り“待った無し”でありまして、個別企業の臨店指導などにあたる経営指導員さんの任務たるや、これまでになく重大になっています。
ご承知のとおり。

 問題は、二つありまして。
第一に、指導員さんは果たして商店街立地の商業者に「繁盛再生の法」を指導するノウハウを持っているだろうか?
ということであり、
第二に、ノウハウを持っているとして、指導対象である商業者はその指導を受け入れる準備が出来ているだろうか?
ということです。

 この二つがそろわないと、繁盛店づくりを指導することは出来ません。
この条件をどう作るのか、このことを業務上の問題として自覚してる関係者がどれくらいおいでになるか分かりませんが、っちり指導が出来る体制があったら劣化スパイラルにい陥らずい済んだケースもあったかも知れません。
 中心市街地活性化の取り組みにおいて、経営指導員さんの役割がクローズアップされないことについては、多年、疑問に感じて降りまして、「商人塾」では経営指導員さんの受講を必須にしたいところです。商人塾の課題の一つは、クオールエイド流繁盛店づくりを当該中心市街地へ定着させることですが、その役割を担うのは経営指導員さんが最適ではないかと愚考する次第です。

 上記の課題
①指導ノウハウの修得 と
②被指導者との共通の土俵づくり
が同時に達成されますからね。

 実態はどうなっているか?
これはもう団体によってまちまちでありまして、
①開催はするものの、講義は受講しない
②講義は受講するが臨店指導はつきあわない
③受講し、臨店指導も同行し、積極的に指導に参加する
という具合です。
ノウハウが定着するのはもちろん③に限ります。

 この場合、指導は商人塾開催期間に限らず、日常的に巡回指導が行われていますから、転換のスピードも速くなります。

 ということで、商人塾は経営改善普及事業の活性化という課題にとってきわめて有効な手段だと思いますが、いかがでしょうか。
ちなみに当サイト、地域商工団体からのアクセスがきわめて少ない、という特徴があります。みなさん、所要の情報はどこで確保されているんでしょうね。

 もちろん、例外はありまして、③的取り組みを「当然のこと」としてこなしている指導員さんもあります。
もちろん、takeoも気合いが入りますし、「四者体制」もきっちり出来ており、「認定」を受ける予定はありませんが、基本計画も案ができあがり、現在、活性化協議会を立ち上げ中です。
 そのうち「全体像」を紹介出来るかも知れません。

 ということで。
経営指導員さん、きっちり役割を果たすには、商人塾の開催がベターですよ、という提案です。

※御地に当サイトの所在を知らないかも知れない関係者がおられるようでしたら、是非お声がけをどうぞ。
共通の土俵に上がらないことには何事も始まりません。

商人塾と産地活性化

商人塾に取り組まれる都市の中には、陶磁器、織物、宝石などの産地があります。
国内消費財産地の多くが厳しい業績不振のさなかにあることはご承知のとおりですが、その原因として当社は二つのことを挙げています。

1.流通経路の劣化・崩壊・・・お客に届かない
2.製品の消費購買ニーズとのミスマッチ・・・お客がいない

 この課題に取り組むためには、消費購買行動の変化、競争の変化、立地環境の変化という「三点セットの環境変化の」なかでビジネス機会を発見・再構築するというアプローチが必要です。
もちろん、これは商人塾のかだいと同様でありまして、産地は「業容革新」に取り組むことを迫られています。
これらの課題はいずれもこれまでの産地の経験を越える課題であり、活性化への戦略を構築するのは容易なことではありません。

 このような状況において、「産地における直販システム」の構築を模索する動きが各地で生まれており、特に、商人塾に参加している「製造業」「製造小売業」のなかには“産地でのショッピング”というデスティネーションを構築することで、
① 業績の好転
② 新しい消費購買ニーズへの仮説~検証
を実現するとともに、このプロセスで創られる小売ノウハウを消費地小売業(多くは中心商店街に立地している)に対するデイラーヘルプスの革新を目指します。

 場合によっては、直営店の展開もあり得ます。

 ということで、商人塾は直接には商店街立地の小売店の繁盛再生を目指す取り組みですが、よって立つ商業理論~業容理論は、製造~流通段階の戦略的課題へのチャレンジにも大いに力を発揮します。
業種を問わず、消費財産地の有志による「流通経路革新」の研究を提案したいと考えています。
 
 産地活性化は、産地を抱える都市にとって大きな経営課題ですが、目下のところ、今治のタオルなど例外的なケースを除いて、ほとんど劣化スパイラルに陥っています。
脱出・活性化のシナリオを持っていないところが多く、大枚を投じて作成された「産地活性化基本計画」も「中心市街地活性化基本計画」と同じレベル、作っては見たものの・・・、というのが実状ではないでしょうか。

 各地の商人塾を横断した「産地活性化」へのチャレンジ、今月中に新しい取り組みを提案する予定です。

 このところ、商人塾と都市経営上の諸問題との関連について述べることが多くなっていますが、もちろんこれは商人塾がよって立つ理論的基盤が「消費購買行動~商業」を一体的に把握する内容で作られているから可能なことですね。
当サイトの各記事、商人塾ほど一挙に体系的な展開にはなっていませんが、長くおつきあいいただけば「都市経営」上の様々な課題に対応出来る汎用能力を開花させることが出来るはずです。
都市の関係各方面、お誘い合わせの上、おつきあいいただくと「戦力アップ」間違いなし。

商人塾と一店逸品

 当社が「一店逸品」について“販売促進であり、劣化スパイラルからの脱出策=繁昌点づくりの手法としては奨められない、と評価していることは皆さん既にご承知のとおり。

 一方、現に取り組んでいるところ、これから取り組みを計画しているところは結構多いようです。
「成功事例」と言われ、視察先として紹介されても出掛けてみると「店づくりの転換」、「商店街活性化」ということでは効果が挙がっていないところがほとんどでしょう。
せっかく始めた「運動」ですから何とか実らせたいものです。

 そういう人に朗報です。
『一店逸品・起死回生』
 リンク先にも書いていますが、改善への取り組みを希望される場合は、メールでどうぞ。
右から左へと言うわけには行かないかも知れません。

 各種事業の成り行きから、「やはり、個店が大事だ、個店が繁昌しないと」ということになり、「魅力ある個店づくり」という声が挙がるところが増えてきます。手っ取り早いところで「一店逸品」を、という取り組みをスタートさせるところも多くなりそうです。取り組むにあたっては、
①買い物行き先の魅力とは何か
②それは一店逸品で作ることが出来るのか
ということをしっかり確認してから、ということで。

 それにしても。
「一店逸品」とか、「所有と利用の分離」とか、ちょっと自分のアタマを使って考えれば、ど~しょ~もない、アイデアにどうしてむざむざ乗っていくのか、昨日今日始まった話でもないのに、と思いますよね。

商人塾と高度化事業

 近年、小売商業高度化事業の上位目標は、「業種揃え・店揃えの最適化」である、とされています。
残念ながらほとんど普及していませんが。
基本計画に掲げている例でも空店舗に欠業種を誘致する、といった従来からの「空店舗活用」の域を脱していないようです。
本当は、「テナントミックスの最適化」のことであり、したがって、商業集積としての「デスティネーション(分担する商業機能)を明確に定義してからでないとほとんど効果がないことは、既に幾度も説明してきたとおりです。
中小小売商業高度化事業の目的が明確に「業種揃え・店揃えの最適化=テナントミックスの追求」に変化したのは、「整備改善活性化法」が制定され、「基本的な方針」が示されてからですね。以来、今日まで中小小売商業高度化事業の目的は変わっていません。

 商店街活性化が「中心市街地活性化」というスキームで取り組まれるようになる以前、各商店街単位で取り組まれていた当時、商店街vs大規模店間に競争が激化していた当時の高度化事業の主要な任務は「規模のメリット」を実現することでした。

 商店街立地の小売店は大型店との競争に「経営の規模」において遅れを取っていることから、これに対抗するために店舗規模、経営行動の両面にわたって、「共同事業」に取り組むことが必要であるとして、共同施設事業、共同経済事業というジャンルで高度化事業が準備されました。
 共同店舗、アーケード、カラー舗装、スタンプカードなどの事業が実施されました。言ってみれば、中小小売店が共同化することで大型店の「規模」に対抗しようとしたわけです。

 当時の高度化事業の評価については、これまで述べていますので割愛するとして、当時の取り組みに欠けていたのは、大型店対策が「見た目に映った」大型店への対抗策でしかなかった、ということです。大型店(チェーンストア)の特徴は、規模ではなく、組織・人材開発という側面にもあったわけで、当時、大型店の従業員は企業内教育システム、外部セミナーへの派遣という企業の取り組みばかりではなく、時間外にも自費でセミナーや通信教育を受講するなど能力開発に懸命でした。
米国渡来のスーパーマーケット企業として成長していくためには、同じ方向を目指す同業他社との激烈な競争にうち勝つことが課題であり、その武器は「人材」でした。

 同じ時期、商店街では何に取り組んでいたかといえば、上記のようなレベルの高度化事業や販促事業など、「能力開発・勉強」といえば、年に一、二度開催する毒にも薬にもならないレベルの「精神教育」程度でしたから、とても話になりません。
「人材開発」という問題意識はほとんど無く、“個店の経営者は商売のプロ、商売の仕方についてあれこれ指摘するのは失礼”ということでした。その流れは今でも健在、“組合はイベントで人を集めるのが仕事、集めた人お客にするのは個店の仕事”といったデタラメがまかり通っています。
劣化スパイラルに転落している個店が通行人を入店客に出来るはずが無い。

 当時取り組まれた高度化事業の成果は、「対大型店」で効果があったというより、もっぱら「高度化事業に取り組まない・隣接商店街との競争戦術」というレベルでした。
高度化事業で建設された共同店舗は、チェーン型大型店同様に商店街に打撃を与えましたし、高度化事業の成功事例といわれる商店街には、競争に敗れて空洞化著しい商店街が「セット」になっていたものでした。
 最近の「成功事例」にもたぶん、「劣化スパイラル」が加速化した商店街がセットになっているのではないでしょうか。

 さて、新スキームにおいて「小売商業高度化事業」は、“中小小売商業の競争力の根幹である「業種揃え・店揃えの最適化」を実現する”枠組みとして活用することが期待されています。
今どきの「業種揃え・店揃え」とは、ショッピングセンターで言えば「テナントミックス」のこと、商店街既存の各店舗も基本計画が目指す新しい「商業集積」を構成する「テナント」にふさわしい業容に転換していくことが必要です。
この転換が無ければ、テナントミックスは「コトバ遊び」に終わります。また、取り組みの結果全体が活性化しても、転換に取り組まなかった旧態依然の店舗の業績は劣化スパイラル・錐もみ状態が加速するだけ、ひいては商店街活性化の足を引っ張る存在になっていきます。

 ということで、中小小売商業高度化事業の成果を挙げるためには「テナントミックスの最適化」に追求が不可欠であり、これはいますぐ・業績不振に悩む既存個店の「繁昌回復」の取り組みとして推進されることが望ましい。
核店舗を誘致すれば回遊が発生し、頑張る店も旧態依然の店も一様にその恩恵を被ることが出来る、などというのは“基本計画”の世界にしかない絵空事です。

 「勉強無くして・個店転換無くして高度化無し」です。
一時的な成功事例は半年もすればメッキが剥がれ始めます。

 ということで、当社提供の「商人塾」は、有志が取り組む個店レベルの業容転換からスタートする「ショッピングモール」としての再構築の道です。
これに取り組まない商店街、中心市街地は、どういう手法をもって「小売商業の高度化」を実現しようと言うのか?
もちろん、見よう見まねで作られた『基本計画』にはこういうことは一言も触れられておりません。
さあ、どうしましょうか?

 このところ数回に渡って中心市街地活性化を推進していく上での、「戦略的事業としての商人塾」についてその機能・効果を様々な角度から述べてみました。

 目下、当社が提案している「商人塾」に代替可能な事業プログラムは存在しないと思います。
事業全体の起死回生策としての採用をお奨めします。

 もちろん、「商人塾」は当社流であることが絶対条件、他に類似の企画があっても、目的・内容でまったく異なっています。
この点、くれぐれもお間違いの無いように。

「商人塾」と中心市街地活性化への道

 商人塾では必要により、最終段階で「商店街経営」と「中心市街地活性化への道」を講義します。3時間×2回です。

 これまでに修得し、実践で体得してきた個店レベルの「業容改革」について、相乗効果の発揮を目指し、中心市街地全体への波及を目指します。もちろん、中心市街地活性化の側から見れば「買い物行き先の充実」という基本的な課題への取り組みに端を発する中心市街地の商業機能の活性化の取り組みそのものです。

 これは、個店レベルの取り組みを足し算していけば自然成長的に成就できる、というものではありません。基本計画に基づいて「行動計画」を作り、推進組織を立ち上げて取り組んでいくことが不可欠であることはいうまでもありません。

 商人塾の受講者は、このところ再三強調しているように「業容改革」に成功することで、
①繁盛店を再現する
②商業立地としての可能性を実証する
という課題を成功させ、
③取り組みを拡大して「商業集積」としての再構築を果たす仕事に取り組んでいきます。これはすべて「自店の繁昌」と直結します。

 つまり、商人塾では「中心市街地活性化・実現の方向と方法」について体系的に学びます。
これまでに学んだ、「個店の自助努力」およびその組織化=「業容改革の連鎖と空地空店舗の活用によるラグジュアリィモールの構築」を推進するために必要な「中心市街地活性化論:を修得して、実質的な推進の指導的・牽引的立場での担い手としての素質を確立します。

 個店レベルの実践に基づく取り組みですから、仲間をはじめ関係各方面への説得力抜群の「希望の星」ですね。

 中心市街地・商店街の活性化の取り組み、最先端を担うグループの存在無くしては自力推進は不可能です。
好むと好まざるとに関わらず、「所有と利用の分離」による他力本願とならざるを得ませんが、さて、中心市街地の空地・空店舗を利用して、商業機能の核となりうる機能を果たす業容とはいったいどうあるべきか、誰が構想し構築し配置するのか、既に推進中の事例については、興味津々・お手並み拝見、と言っておきましょう。

 「所有と利用の分離」という手法にはこれまで既に多くの事例があり、ほとんどが活性化の担い手になるどころか「空洞化スパイラル」にまきこまれ、「新しい難題」になっていることはご承知のとおり。コトバが変わったからと言って「再開発ビル」の中味について革新的方向が創発されているわけではありません。

 いずれにせよ、「商人塾的:理論と実践」を修得した商業者の先駆的集団無くして、どういう方法で「商店街活性化」を実現して行こうというのか、商人塾的取り組みを計画していない中心市街地はそれぞれ独自の方法を案出・実行することが必要ですが、まあ、路ちらかといえば、そういうことが必要だ、という問題に想到していないレベルの取り組みが多いのかな、と感じられる今日この頃です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ