FC2ブログ

中心市街地活性化 推進体制はどうなっているか

 新スキームによる中心市街地活性化基本計画は、青森・富山両市の基本計画をデファクトスタンダード(事実上の標準)として全国各地で作成されていますが、認定第一号である前記両都市の取り組みがスタートして一年以上を経過しました。

 新しい取り組み、旧のそれとどこが変わったかと言えば「数値目標」が設定されたことですね。
それ以外は、だいたい、旧計画を踏襲しています。
新計画を立てるにあたっては、旧計画の見直しは必須課題ですが、
どこをどう総括したらこういう計画になるのか?
お先真っ暗な基本計画も少なくありません。

 ご承知のとおり、青森市の場合、計画の中核である集客装置「アウガ」の深刻な不振が伝えられています。web上で見る限り、打開策はまだ検討中のようでアップされておりません。

 新計画、実施段階に入った都市は大同小異でありまして、web上でTMOや中心市街地活性化協議会のサイトを巡回してみますと、「基本計画認定」までは記事があるものの、それ以降の活動状況については何ヶ月も白紙のままというところが少なくありません。サイトの動きはリアルと連動しているはずですから推して知るべし、とはこのことです。
一年を経過した時点で「中間総括」をweb上に公開できる都市が果たして幾つあるでしょうか?

 TBは、先日ヒットしたブログです。

久留米市には、中心市街地活性化たる組織がいくつもある。行政の中心市街地活性化推進室があり、会議所には、中心市街地活性化協議会、その内部にタウンマネージャーが2人在している。まちづくり会社ハイマート久留米がある。中心商店街の集合体、ほとめき通り商店街の組織がある。これだけの組織体制と人員の集合体がありながら、中心街は衰退・崩壊と向かっている。考え方によれば、責任の所在がまったくない、あっちこっちで言...
中心市街地活性化



 久留米市もなかなか大変のようではあります。確か、最近基本計画が認定されました。

 中心市街地、商店街の活性化を本当に実現しようと思うなら、取り組みの中核を担う「三(四)者体制」を構築して、繁盛店づくりに意欲的な個店群をピックアップしてその実践を協力に支援、「中心市街地立地における繁盛店再構築事例」をどんどん作っていかなければならない。

 この動きが確立され、周囲の店舗に波及していく仕組みを作らないと、商店街の活性化は夢のまた夢、これまでどおりの取り組みではこれまでどおりの結果です。
不動産を集約して利用する、というのが新着アイデアのようですが、「誰が・何に使うのか」という見通しが立たないと、遊休不動産を抱え込むことになりますね。

 劣化スパイラルに陥っている商店街に出店してくるのは、補助金目あての箸にも棒にも掛からないアイデア出店ばかり、補助金の切れ目が出店の切れ目、という状況を繰り返さない保証は「集約利用」にはありません。

 商店街活性化は、既存個店群のうち、意欲的な有志の取り組みへの集中支援から、というのが素直に考えれば一番まっとうな方法だと思うのですが、なかなか常識が通用しないのが中心市街地・商店街活性化という「世界」の現状です。 
皆さんの取り組み、はたして商店街有志の起死回生の実践とうまく連動しているでしょうか。

ショッピングモール

 新たに認定された中心市街地活性化基本計画のなかには、商業活性化の実現に向けて“ショッピングモールを目指す”ことを掲げているものが見られます。
街を一個のショッピングモールに見立てて再構築を目指すという方向は、『TMOマニュアル(平成11年版)』で提唱されていました。当時はあまり普及しなかったと思いますが、ここに来て少しずつ現場に反映してきたということでしょう。ただし、手放しで評価することはできません。

 私が読んだ限りの基本計画では、実現を目指す「ショッピングモール」とは何か、ということが定義されていないのです。
ショッピングモールをめざす、といくら大書してもそれがどういう商業機能なのか、ということを明らかにしたおかないと、テナントミックス(業種揃え・店揃え)の中味が決められません。
もちろん、もっとも重要な既存個店の自助努力も向かうべき方向がわかりません。
結局、商店街全盛時代の「自然発生的商業集積」を再現しよう、という試みになってしまうのではないか?と懸念されるのです。

 目指すべきショッピングモールとは何か?
基本計画において実現をめざすショッピングモールとは、
それを実現すれば、
①各種の郊外型商業集積が立地し、競争が激化している状況において
②劣化が著しい中心市街地の商業が
③再び買い物行き先としての集客力を実現し、
④経済活力を向上し商業機能としての存在を確立する
ことができる、
「何ものか」であるということになります。

 冒頭に書いたように、私が見る限りではその内容を定義している基本計画はありません。
振り返ってみれば、『TMOマニュアル」でもその定義は書かれていませんでした。
各般・各種の事業を集中。展開してショッピングモールを実現して中心市街地商業街区の活性化、小売機能の活性化を実現する、ということは掲げられているものの、その定義は行われていない、ということになります。

 そもそも小売業界に於いてショッピングモールとはどのような商業集積を指しているのか?

 実は小売業界全体に於いてもショッピングモールの定義は無いのです。
というか、あるにはあるのですが、中心市街地活性化の文脈でつかえるような定義ではないということです。
 わが国の商業理論、特に小売業界の実務を導く理論は、米国の影響を強く受けています。一時期は、米国の商業に追随することが成功への道さえ言われたものでした。

 その米国に於いてショッピングモールという商業機能はどのように定義されていたか?

 一般に定義には、
①どうなっているか? という形態、属性について述べるもののと
②何をするのか? という機能を述べる方法があります。
米国の商業集積の定義は、①の属性列挙です。
売り場面積の広さ、テナント数、駐車場の台数、商圏範囲、来訪頻度などなど。

 しかし、重要なことはそれらの下部機能を統合して成立している商業集積は、どのような消費購買ニーズに対応することを目指しているのか、ということについてはほとんど定義されていません。
 わが国の商業集積の定義も米国流を踏襲しており、「誰が何のために出掛けるための商業集積か」という視点からの定義の試みはほとんど行われてiいないことは、繰り返し指摘してきました。
このためSC間競争は、「属性」の優劣・大小をめぐって争われており、より大きく、より便利に、ということが競争の中味、「誰が何のために来るところか」という根源の追求は行われていません。
信じられないかも知れませんが、これがわが国のショッピングセンターの実態です。

 ショッピングセンターの実態はともかくとして、このような状況において、「中心市街地の商業集積はショッピングモールをめざす」という方向を選択し、テナントミックスの最適化を追求する、というのならショッピングモールの意味するところはきちんと定義しておかなければならない。

 何を目指すのか、ということについて曖昧模糊とした状態では実施すべき事業を的確に導き出すことができず、結局、ショッピングモールをめざす、と基本計画に書き込んであろうと無かろうと、事業のメニューは大同小異のようです。

 問題は、「ショッピングモール」と書いてさえおけば良い」という発想が出てくる・それで合意が成立してしまう、というところにあることは、皆さんご理解のとおりです。
中心市街地の空洞化、10年弱も取り組んできて達成できないのは、数値目標が無かったせいではありません。
原因はもっと深いところにあるのだと思い至らないと・・・。

 重ねて注記しておきますが、「ショッピングモール」という言葉は、小売業界にも定まった定義はありません。目標に掲げるなら小売機能のうち、どのような領域を担うショッピングセンターなのかということを、みずから考え、定義しなければならないのですが、それをスルーしてはショッピングモールとわざわざかき立てることは無いのです。

 あらためて一読をお奨めしますが、こんなこと、いつまで言えばいいのでしょうかしらねぇ。
『ショッピングモールへの転換』 
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ