FC2ブログ

中心市街地活性化に対応する個店の取り組み

 毎度のことながら、中心市街地活性化と銘打ってどのような施策が講じられようとも、中心市街地の太宗を占める商業集積、そのほとんどは商店街ですから、商業の活性化が実現しない以上、中心市街地活性化とは有名無実に終わります。
中心市街地活性化に取り組む場合、商業の活性化は最優先で取り組まなければならない課題です。

 なかでも重要なことは、既存個店群の活性化、「劣化スパイラル」に陥っている既存個店を如何にして中心市街地の商業機能を担う存在へと転換していくか、ということです。
既成の「基本計画」ではほとんど問題にされていませんが。

 商業機能とは、言うまでもなく「ショッピング機能」でありまして、お客にとって「入店してみる価値がある」店舗が揃っていないとその機能は果たせません。
これはもう、誰がなんと言おうと、何をしようとどうすることも出来ないことですね。

 劣化スパイラルに陥っている個店群が軒を連ねる商店街、活性化するには個店の劣化スパイラルの進行を押しとどめ、繁昌実現スパイラルへと反転させなければならない。
もちろん、その取り組みの方向は、個店の好きに任せる、ということでは実現できません。
「中心市街地の商業集積群が一体となって実現を目指す商業集積」を構成するにふさわしい業容へへの転換無くして個店の繁昌はあり得ない。というか、組織的・街区的な取り組みとしてはそれが必然です。

 問題は、いつまで経ってもこのことが理解されないこと。理解しても実現しようとしないこと。

 中心市街地活性化、先行事例の挫折が報じられても、誰もなんのショックも内容です。
あなたのまちの基本計画って、挫折したケースをモデルに作ったものだということをすっかりお忘れのようですね。ほれ、「数値目標は通行量」というのは、先行事例への追随でしょ。
他に「通行量を目標数値に選定する根拠」は明らかにされていませんからね。

 もっぱら、先行事例頼みで作った基本計画、先行事例がこければ当然、我が基本計画もこけることになりますが、分かりますか?

 挫折の原因の一つは、「劣化スパイラル」に陥っている既存個店群の自助努力を方向付け、取り組みを組織化すること。
これは中心市街地活性化の成否を直接左右する方針ですが、掲げている都市は本当にすくないです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ