FC2ブログ

理論と実践

 古くて新しい問題です。

商業学・都市計画学は多分、中心市街地活性化に関わりがある学問分野としては双璧を為していると思いますが。
二つの分野において「理論」と「実践」は、それぞれどう関連づけられているか?

 おそらく、なぁ~んにも論じられていませんね。
学問として考究するならば。
商業を理解する、商業分野の問題を解決する、という問題への取り組みにおいて、理論はどのような役割を果たすことが期待されているか、そのためには理論はどのような機能を持っていなければならないか、といった問題にも当然目配りが必要ですが、このあたり、学校ではどう取り扱われているのでしょうか。
(以上については「商業」を「都市計画」に置き換えれば、そちらにもドンピシャ当たる話です。

「理論」は「問題の解答」です。
「商業論」は「商業を理解する」という問題への解答です。

個別中心市街地の商業活性化という問題に商業論が必要な理由:
“個別商業を活性化する”という問題に取り組むには“商業を活性化する”という問題の解答=理論が必要だから。

「商店街を活性化する」という問題への解答は、「商店街活性化計画」として提出される。計画=「活性化への道=解答」ですから、これは理論そのものでなければならない。
基本計画に書かれている一行、一節、すべてが一般理論に裏打ちされた個別具体の理論そのものでなければならない。

 理論とか知識とかを舐めてかかると、とんでもないことになります。
上述の商業学・都市計画学には、多分、「理論についての理論」が欠けていますから、「舐められるのも当然」かも知れませんが、舐めた本人は解決すべき問題の方から手ひどいしっぺ返しを喰らうことになる。

 両方の学問について、機会があれば「序論」あたりで「理論についての理論」がどう取り扱われているかチェックして見られることをお奨めします。
特に学生諸氏には大事なことかも知れません。

 おっと、もちろん、実践の最中にある皆さんにとってはさらに重要なことです。こちらは「やり直し不能」な取り組みに今まさに取り組んでおられるわけですから。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ