商業系コンサルタントは不要か

 世の中には相手を見極めるのに「実績」を問うことが良くあります。
コンサルタントの場合、問われるのはもちろん「指導実績」ということです。
①これまでにどれくらい類似ケースの指導実績を持っているか。
特に商店街活性化の場合は、
②これまでに何カ所を指導しているか
ということが問われるようです。
不思議なことに、
③指導した結果、その商店街はどうなったか
ということについては不問です。

 これはホントに不思議なことでありまして、全国各地、挫折するケースが続出している折から、「実績」こと指導回数だけを基準にしてコンサルタントを選定するととんでもないことになる、という懸念は無いものでしょうか?
場合によっては実績回数≒挫折回数ということもあり得るわけですが・・・。
経験が多いからといって、活性化の実現に実績を挙げた、ことを意味するわけではありません。当たり前のことですが要注意です。

 というか、それ以前の問題が。
このところ、「商店街活性化」の指導支援を専門とするコンサルタントは激減しているのではないかということです。
如何でしょうか。

 「販促」「ポイントカード」「一店逸品」といった個別分野の指導者は相変わらず多いようですが、街を一個の商業集積と見立てて活性化を実現する、という「法」のスキームに基づくトータルの取り組みを指導する人は少ないようです。

 もちろん、計画作成のプロセスで活躍したシンクタンクや都市計画・ハード設計系のコンサルタントさんたちが「商業集積としての活性化」を指導するとは思われません。

 「商店街活性化」を指導・支援する専門家が少ない、特に活性化の方向として「商業集積としての再構築」を提唱し、実現への道を指導する、という領域を専門とする商業系のコンサルタントは、圧倒的に不足しているのではないか。

 その理由として考えられるのは、これまでの商店街活性化の取り組みではそういうスキルが要請されなかったし、現在もその要請は極めて限られている、ということでしょう。

 中心市街地活性化の取り組みで活躍する商業系コンサルタントがほとんど見あたらないのは、現場=都市側がそれを求めていないから、ということですが、もちろん、求めていないのは不要だからではなく、必要なことが理解されていないから。

 中心市街地・商店街活性化という分野で活躍する商業系コンサルタントが少ないのは、関係各方面においてその必要が認識されていないからですね。
果たして商業系コンサルタントの支援無くして活性化を実現できるだろうか。
というあたりを考えると、背筋がぞっとするわけですが、現場では思い当たる人が限られています。

 どういう立場の人がどういう方法で「商業系コンサルタント」導入の必要性を周知させていくのか?
いまどきこう言うことが問題になること自体、トンデモな状況なのですが。

中心市街地活性化に対応する個店の取り組み

 毎度のことながら、中心市街地活性化と銘打ってどのような施策が講じられようとも、中心市街地の太宗を占める商業集積、そのほとんどは商店街ですから、商業の活性化が実現しない以上、中心市街地活性化とは有名無実に終わります。
中心市街地活性化に取り組む場合、商業の活性化は最優先で取り組まなければならない課題です。

 なかでも重要なことは、既存個店群の活性化、「劣化スパイラル」に陥っている既存個店を如何にして中心市街地の商業機能を担う存在へと転換していくか、ということです。
既成の「基本計画」ではほとんど問題にされていませんが。

 商業機能とは、言うまでもなく「ショッピング機能」でありまして、お客にとって「入店してみる価値がある」店舗が揃っていないとその機能は果たせません。
これはもう、誰がなんと言おうと、何をしようとどうすることも出来ないことですね。

 劣化スパイラルに陥っている個店群が軒を連ねる商店街、活性化するには個店の劣化スパイラルの進行を押しとどめ、繁昌実現スパイラルへと反転させなければならない。
もちろん、その取り組みの方向は、個店の好きに任せる、ということでは実現できません。
「中心市街地の商業集積群が一体となって実現を目指す商業集積」を構成するにふさわしい業容へへの転換無くして個店の繁昌はあり得ない。というか、組織的・街区的な取り組みとしてはそれが必然です。

 問題は、いつまで経ってもこのことが理解されないこと。理解しても実現しようとしないこと。

 中心市街地活性化、先行事例の挫折が報じられても、誰もなんのショックも内容です。
あなたのまちの基本計画って、挫折したケースをモデルに作ったものだということをすっかりお忘れのようですね。ほれ、「数値目標は通行量」というのは、先行事例への追随でしょ。
他に「通行量を目標数値に選定する根拠」は明らかにされていませんからね。

 もっぱら、先行事例頼みで作った基本計画、先行事例がこければ当然、我が基本計画もこけることになりますが、分かりますか?

 挫折の原因の一つは、「劣化スパイラル」に陥っている既存個店群の自助努力を方向付け、取り組みを組織化すること。
これは中心市街地活性化の成否を直接左右する方針ですが、掲げている都市は本当にすくないです。

書評 『経済学とは何か』

根井雅弘『経済学とは何か』2008 中央公論

出張中、トランジットの新大阪駅構内の書店にありました。
根井先生は、経済思想史専攻、京都大学教授です。

 takeo的・アンチ主流経済学の門外漢にとって、こういうタイトルはいたくそそられるのでありまして、いろいろ持っています。
アンチ的傾向をもっていなければ、こういうタイトルはつけられません。お師匠さんは「何か」などとは考えていませんから。

 さて、門外漢としては「経済学とは何か」というタイトルから推測する内容は、「経済学とはなにについてどう語る学問か」ということがいろいろと述べてある、ということですね。
これまで詠んだ経済学関係の本で「何についてどう述べるか」ということを問題にしているものは無かったものですから。

 経済学とは何か、この本ではどのようにアプローチされているでしょうか。
取り組んでいます。

理論と実践

 古くて新しい問題です。

商業学・都市計画学は多分、中心市街地活性化に関わりがある学問分野としては双璧を為していると思いますが。
二つの分野において「理論」と「実践」は、それぞれどう関連づけられているか?

 おそらく、なぁ~んにも論じられていませんね。
学問として考究するならば。
商業を理解する、商業分野の問題を解決する、という問題への取り組みにおいて、理論はどのような役割を果たすことが期待されているか、そのためには理論はどのような機能を持っていなければならないか、といった問題にも当然目配りが必要ですが、このあたり、学校ではどう取り扱われているのでしょうか。
(以上については「商業」を「都市計画」に置き換えれば、そちらにもドンピシャ当たる話です。

「理論」は「問題の解答」です。
「商業論」は「商業を理解する」という問題への解答です。

個別中心市街地の商業活性化という問題に商業論が必要な理由:
“個別商業を活性化する”という問題に取り組むには“商業を活性化する”という問題の解答=理論が必要だから。

「商店街を活性化する」という問題への解答は、「商店街活性化計画」として提出される。計画=「活性化への道=解答」ですから、これは理論そのものでなければならない。
基本計画に書かれている一行、一節、すべてが一般理論に裏打ちされた個別具体の理論そのものでなければならない。

 理論とか知識とかを舐めてかかると、とんでもないことになります。
上述の商業学・都市計画学には、多分、「理論についての理論」が欠けていますから、「舐められるのも当然」かも知れませんが、舐めた本人は解決すべき問題の方から手ひどいしっぺ返しを喰らうことになる。

 両方の学問について、機会があれば「序論」あたりで「理論についての理論」がどう取り扱われているかチェックして見られることをお奨めします。
特に学生諸氏には大事なことかも知れません。

 おっと、もちろん、実践の最中にある皆さんにとってはさらに重要なことです。こちらは「やり直し不能」な取り組みに今まさに取り組んでおられるわけですから。

再論「個店不沈の法」

元記事は、
S034■うちだけは生き残りたい!「個店不沈の法」を求めて 

さらにその前は、当コーナー及び【商店街起死回生】の前身である【商店街活性化コーナー】で連載したものです。
当時、結構読む人が多かった記事です。

 このところ再度アクセスが増えているようなので、あらためて最近の「繁盛店づくり」などの経験も加味して充実させましょう。
なお、読んで面白かった人はレズなりメールなりをよろしく。

あなたの脳は、GIVE & TAKE が基本のはずですから、GIVEを伴わない TAKE に基づいて知恵を出したり、行動を律したり、あなたの思い通りになるとはかぎりません。
情報には情報をもって報いる、のことが「脳的原則」です。
続きは:

推進体制の不備

 商店街活性化、スキームは変われど取り組み体制のビヘイビアは全く変わらず。
成果は挙がらないわけですから、関係各方面間の相互不信は最高潮です。そんなことはない、というところは表面を取り繕っているだけ、というのが当社の見立てでありまして、取り繕っているところは、一皮むくと「怨嗟」がみなぎっていたりするかも知れません。
いないかも知れません。

 ともかく。
関係各方面に共通しているのは、「自分以外の関係セクションに問題がある」という認識を持っていること。
この点はみごとに共通しています。

 当社が見るところでは、他にも共通しているところがありまして。
関係各方面が一般に「専門」と見なされている領域について、識見・技術を持っていない、ということ。

○行 政=都市経営の中核としての経営管理(計画立案・組織化・統制・評価・・・)のノウハウが使いものにならない。
○商工会議所=経営改善普及技術の不備。何十年も取り組んできたわけですが、この時期、中小零細企業の経営改善を指導する「体制」が構築されていません。外部講師に頼る、というのはあり得ることですが、「改善を達成する」シナリオが描かれておらず、サービスの内製化問い課題が自覚されていない。
○商店街組織=十年一日、高度化事業と販促が仕事だという認識から脱却することが出来ない。個店レベルの劣化がどんどん進んでいるが手を拱いているだけ、為す術を知らない。
○TMO=作ってみただけ。従来は商店街組織が担っていた事業を肩変わりしただけ、わざわざTMOを立ち上げた根拠はなにか?
なのための組織か、ハッキリしません。TMOの要員さんたちも自分の任務を「中心市街地活性化推進の司令塔」という方向で定義しなければ、という問題意識もありません。

 ということで、新体制、一年目の総括の中心は「推進体制の不備」それも推進体制を構成する関係各方面の内部的状況にその遠因がある、というのが妥当な見立てのはず、見立てを誤る当然処方も間違いますからね。
この時期、関係各方面から選抜されて「推進体制」を担う巡り合わせとなった皆さんには、他では味わえない「組織での仕事」の醍醐味が
あるわけですが、どう楽しむべきか、楽しむためにはノウハウが必要ですが、OJT中心の組織でありながら、あいにく先輩方は教えてくれません。

コンセプチュアライジングというお仕事

 当サイトの課題の一つは「問題解決論」です。
久しぶりで、取り上げてみたいと思います。

 『最新英語情報辞典』(小学館)によれば。
conceptulizer:(大規模な戦略を理論的に)概念化する人
などとあります。キャッチフレーズを作る? どうもよく分かりません。

takeoが「コンセプチュアライザー」と自称していることは、皆さんすでにご承知のとおり。次のような仕事を担当します。

 一般に問題解決プロセスは、
①解決すべき問題を定義する
②最適解=目標を設定する
③現状から目標達成までのプロセスをシナリオ化する
④結節的業務を設計する
⑤計画を立てる
⑥実施体制を立ち上げる
⑦実施を統制する
⑧結果を評価する
というように分節されると思います。

 経営学などでは「経営管理過程」として、⑤~⑧が挙げられるのが一般的ですが、「計画」の前段階に①~④という仕事があります。
この仕事をコンセプチュアライジングと名付けています。
この仕事にあたるのがコンセプチュアライザーです。

 計画以下の仕事がうまく行くかどうかは、「課題をどう定義するか」コンセプチュアライジングの出来映えに大きく左右されます。中心市街地を活性化したければ「住む人来る人を増やせばよい」というのは藻谷式コンセプチュアライジングですね。

 コンセプチュアライジングは、特に、組織がこれまで取り組んだことのない問題や、経験したことのない環境下における取り組み、活用したことのない経営資源の採用といった状況における問題解決の場合に、は極めて重要な概念、仕事の分節です。
「中心市街地活性化」などの場合、その必要性は典型的ではないでしょうか。

 コンセプチュアライジングにおいては、「問題の定義」にあたって必要と思われる知見を総動員するわけですが、現存する知見が状況の理解を指導できないなど、場合によってはみずから新しい「理論」を構築しなければならない。
中心市街地活性化における「商業理論」などがそうですね。
従来の商業理論では、「中心市街地の商業の活性化」の方向と方法を導出することが出来ません。

 中心市街地・商業の活性化の取り組みを導く理論・コンセプトの必要性は、従来の取り組みの挫折が明らかになってくるにつれて高まってくるものと思われます。
課題は、新しい取り組みを構築していく人材を確保すること。
なかなか難しいと思いますが、問題を解決するためには何としても確保しなければならない。場合によっては育成することも選択肢です。

 さしあたっての問題は、こういう喫緊の問題があるのだ、ということが関係者になかなか理解されないこと。
先に気づいた人はのたうち回らなければならない。
 状況は都市によって大きく異なりまして、すんなり新しい次元へ移行できるところと、障碍に阻まれて困難なところがあります。
前代未聞の取り組み、産みの苦しみと考えて楽しむ以外にありません。

 「コンセプチュアライジング」を駆使すれば、プロセス通過を短縮できるかも知れません。
 冒頭の問題解決プロセスのうち、①~④についてあらためて問題の定義~取り組むべき仕事を考えてみなければならない状況もあると思います。

 ということで。
コンセプチャライジングという仕事は、我々が日頃、問題解決において無意識のうちに行っている作業ですね。
このプロセスを分節し、それぞれの作業を批判的にとらえ直しあらためて定義しておくと、具体的な問題解決過程において適切な定義~シナリオを作るために大いに役立ちます。

 皆さんもぜひ「コンセプチュアライジング」に着目、所要の能力の涵養に励まれると、「問題の解決=自分にとってのプラスの増加とマイナスの軽減」に大いに貢献すると思います。

中心市街地 商店街活性化喫緊の課題

 最大の問題は、「問題は何か?」ということが理解されていない、ということ。
さらに突っ込めば「問題を正しく理解していない、ということが自覚されていない」ということですね。

 中には(当サイトご常連のみなさんのように)自覚している人もありますが、問題に対処するためには、関係各方面で「問題を正しく認識することの必要」について、合意を作らなければならない。
今頃になってとんでもない話ですが、
1.これに取り組んで正しい問題を共有する
2.解決の方向と方法を確立する
という作業に取り組まない限り、いくら「活性化事業」に取り組んでも(焼け石に水〉です。

 先日開催された勉強会で出された質問を取り上げています。

商店街活性化研究会

 都道府県によっては、TMO研究会、賑わい仕掛け人養成塾、商店街活性化研究会といった組織が立ち上げられています。名前はいろいろですが、いずれも市町村、商工団体、TMOの実務担当者を一堂に集めて、これまでの取り組みを総括し・「活性化への道」を切開していこうという趣旨で設置されているようです。当社は時々お手伝いをしています。
設置されていないところももちろん多いですね。

 多くの中心市街地が直面しているのは、自覚しているか否かはともかく、依拠している「理論」がおそまつきわまりない、ということです。
参照:
こうして読んでみると「そのとおり、これはトンでもない」と納得されることが、大手を振ってまかり通っている、というのが中心市街地の大通りですね。
中心市街地活性化には「理論」がつきもの、エ?うちは理論は装備していないが・・? というところも「通行量が増えると商店街は活性化する」とか「これからの都市経営はコンパクトシティだ」といった「理論」に基づいて行動しているわけです。
もっともそれらの理論を採用するにあたってどの程度吟味作業が行われたか、ということは大きな「?」です。

 先行・成功事例と黙されていた青森市の取り組みの挫折が報じられますと、「青森市的事例」を導いた理論をそのまま採用する、という「前例踏襲」が通用しなくなりました。
認定から一周年、他に真似るに値する前例も無いようですし。

 この状態を突破するについて、方法・方向は各市町村に任せる、というのは本来市町村の課題ですから当然といえば当然ですが、これは組織のあり方からすると当然、担当者個々の才覚に任せる、ということを意味します。

 もちろん、担当者が①これまでの取り組みを総括し ②新たな道を仮設し ③関係各方面の合意を得て ④新たな道へ踏みだしていく、という仕事をするのは並大抵ではありません。よほどの情熱とスキルを備えていないと難しい。
 実務レベルの合意形成は極めて重要な仕事ですが、これに中心市街地ごとに取り組むというのは、素人が障害物競走にエントリーするようなものです。

 そこで都道府県には、
①これまでの全国的な取り組みを総括、
②「活性化への道」再構築の必要性を確認して、
③しかるべき「選択肢」を準備して提案する
という仕事が期待されます。
デキル市町村の場合は当然、自前で取り組むわけですが、そうはいかない、取り組んでもうまく行かないという理由には事欠きません。
都道府県の出番ですが、出てくればOKというわけにもいきません。

 ①および②については、おおむね理解されているところ、問題は「適切な選択肢」を選定して提供する、という段階です。
これは難しそうですね。
takeoも経産局主催の研究会をはじめ、数回お手伝いしましたが、なかなか結実するには至らないようです。
結実とはつまり新たな「活性化への道」が関係各方面合意のもとに選択される、ということですが。

 目下、当社が考えているのは「研究会+クオールエイド」という取り組みです。
研究家で当社的活性化への道を提案、採用を決めた市町村にあらためて個別に支援する、という二段階。
なんだか都道府県さんに当社のアピールの機会を作ってもらうようなカタチになりますが、でも、「新たな方向と方法」を提案する、というのは突き詰めればそういうことではないでしょうか。

 ということで。
われこそは「中心市街地活性化」全国的取り組みの先頭に立つ、という気概のもと。
市町村に向けて新しい「活性化の方向と方法」として当社的「活性化への道」の採用を提案される、というのは如何ですか?

中心市街地にとって理論とは何か

 中心市街地活性化フォーラムという催しがあります。
主催は国、地方自治体、各種団体と多様です。
仕事がら、壇上に登ったり、たまたま行き会わせて聴講したりすることが時々あります。

 いろいろな立場の人が登場して、議論を行うわけですが、この手の催しのあり方は十年一日、ほとんど進歩も蓄積も無いはずです。
催しですから、何らかの目的を持って取り組まれているはずですが、最後には“それではみなさん、これまで同様、がんばっていきましょう”ということで、何が獲得したかったのかよく分からないまま来年もまた、ということでしょうか。
残念ながらフォーラムを契機に中心市街地の何かが変わった、という話は皆無です。
商店街活性化フォーラムも同様ですね。

 そもそも、活性化をめぐって議論をする、とはどういうことか、なのために議論を行うのか、というあたりについて主催者自身も定見が無いのではないか、と思われる節もないわけではありません。
継続は力なり、などと申しますが、何をおっしゃる、継続は劣化なり、かも知れません。

 会場で飛び交う発言はそれぞれ、発言者が「活性化、私はこう考える」という理論に基づいて行われているわけですが、いったい全体、「理論」とは何か、どういう機能を持っているのか、といったあたりについての共通認識があるのかないのか、そもそも「中心市街地活性化」にとって「理論とは何か?」ということも考えておくことが必要かも知れません。
中心市街地活性化、実際に取り組んでいけば行くほど、前後左右にやらなければいけないことが現れます。

続きは【都市経営】で。

ダメぽなお猿さんの得意技

 “無能なコンサルタントは「事例」に逃げる”ということがありまして、あるいは“事例が不足しているコンサルタントほど事例を紹介する”ことも。
 人が悩み、決断して獲得した成果を、さも自分が取り組み成功させたことのように紹介したりするわけです。

“コンサルタントを見分けるの法”
つきあいに値しないコンサルタントを見分けたかったら「失敗事例」、それも本人が関わった問題で、自身の至らなさが原因で解決に失敗した事例を聞いてみる、というのがおすすめです。
特に商店街~中心市街地活性化領域では、なにしろ成功事例がほとんど皆無という状況ですから、関わっているコンサルタントは当然「失敗事例」を持っているはずですからね。

 自分が関わった事例について、自分はどういう位置で関わったたか、取り組みはなぜ失敗したか、失敗において自分はどのような役割を果たしたか、等々について教訓付き・自己批判付きで紹介できるか否か、というあたりをすらすら紹介できるかどうか、コンサルタントを見極める根拠の一つになりそうです。

 失敗事例を紹介出来ない人は、「失敗」ということの意味を理解しておらず、総じて「問題解決」が分かっていないという可能性があります。要注意です。

 中には紹介できる失敗事例を持っていない専門家もあったりするでしょうが、もちろん、本人は失敗するほど深く問題に関わることが無かった、ということを意味しています。
このことをどう理解するかはケースバイケース。

 もう一つ。
無能なコンサルタントの逃げ道といえば「コンセプト」談義です。
何事によらず“コンセプトを作成して“とか“コンセプトに基づいて”とかを連発する専門家さん。
こういう人に遭遇したら「コンセプトって何ですか?なんの役にたちますか」とその定義と効用を尋ねてみることをおすすめします。
さらに「コンセプトってどうしたら作れますか?」というのもいい質問でありまして、まあ、「コンセプト」を連発する専門家さんから納得できるようなまともな答えが返って来ることはないと思います。

 コンセプトは、
①作るのが大変難しい
②作れても役に立てるのはさらに難しい
というものでありまして、一般に未経験者に「作ってみよ」とか「利用せよ」などとおすすめできるものではありません。

 「コンセプト」話が得意な専門家とは、そういうことが分かっていない、つまりは自分でコンセプトを作る、活用するといった仕事をしたことがない人・出来ない人かも知れません。
「コンセプト」にまつわるお話も、コンサルタントなど「問題解決」に関する支援を生業とする専門家を見極める道具に使えます。

 おっと、「コンセプト」ば問題解決にとってきわめて有意義なツールですから、その定義や要件などについては機会を作って理解すること、「作る・使う」に習熟されることをおすすめします。

 ちなみに「正しいコンセプトの作り方」などはありませんので念のため。

基本的課題としてのTMO再編

 当サイト、毎日毎日、きわめて基本的な問題について論じているわけで中には飽き飽きした、とか、もっと実践的な話題はないのかと感じておられる人もありそうです。

 takeo的にも個別具体の取り組みについて論じたいという気持ちはあるのですが、基本が固まっていないと具体もへったくれもないわけで、全国津々浦々、基本を省略した具体的な事業の結末はご承知のとおり、やはり基本的な問題をおろそかにするわけにはいきません。同じようなテーマの話題になってしまう所以です。

 さて、まちづくり会社ことTMOについて。
旧スキームで「街を一個のショッピングモールに見立てて、業種揃え・店揃えの最適化、すなわちテナントミックスを構築、あるいは再構築することを任務として設立されたわけですが、新スキームへの移行に際して、この任務はどこにどう継承されたのか?
このあたり、『一般的な方針』でも提案されておらず、都市ごとに対応することになっていますが、TMOの使命、果たしてしっかり継承されたでしょうか?

 大いに疑問でありまして、それというのも元々TMOが立ち上げられた時、TMOの任務がしっかり定義されただろうか、という問題がありまして、多くの都市の場合、TMOを設立しないとスキームができあがらない、という一点を以て設置した、というのが真相では無かったか、ということです。

 あるべきTMOが設置されるためには、その前提として中心市街地活性化の「一体的推進の目標」として「ショッピングモールとしての再構築」が掲げられていることが必要でしたが、これを掲げたところはほとんど無かったようです。
とするならば、当然の帰結として、TMOがんbほんらいあるべき体制として設置されることは望むべくも無かった、ということになります。

 このような経緯の元で存続されるあるいは新たに設置されるまちづくり会社ですが、さて、その任務はどう定義され、体制はどう構築されているでしょうか?

 当社の見聞するところでは、「あるべき姿」にはほど遠いものがあるようです。
タウンマネージャーという肩書きを持たされた要員も確保されていますが、端的に言って、よそがおいているからうちもおいてみた、というところではないでしょうか。
TMOが本来的業務を担っていない以上、タウンマネージャーの業務などあるはずがない。

 まちづくり会社、これからいよいよ「鼎の軽重」が問われるわけですが、まあ、TMOさん的には「立ちすくむ」以外に対応手段は無いでしょうね。
TMOをどう機能させるか、という難問は、基本計画を所管する行政以下、関係各方面がこぞって解決に当たらないと、機能するTMOを再構築することは出来ません。

 ということが理解されていない都市が多い、というのが現状でありまして、中心市街地活性化の行く末は、いよいよ混迷の度合いを深めていくわけです。
取り組みの混迷は、TMOの機能不全に象徴的に現れています。
当サイトとしては、TMO、TMO体制の活性化こそが再喫緊の課題であると考えておりまして、「TMO及びTMO体制はいかにあるべきか」今後、さらに「歯に衣着せぬ」直截な提言を心がけていきたいという感を強めているところ、関係のみなさんには、「いますぐ着手すべき仕事=TMO再編の取り組み、その方向と手順」について今週中にメールで提案いたします。

商業理論の高度化

 新法に基づいて作成される中心市街地活性化基本計画では、達成目標の具体化・数値化が要求されています。
今更言うまでもないことですが。

 実際に作成され、Web上に公開されている基本計画を見ますと、いずれも定住人口や来街人口、商店街の通行量などが数値目標として掲げられています。
問題は、商業の活性化という事業分野において掲げられる「通行量」という数値目標です。
商店街の景況ととおりの通行量との関係は一義的ではありません。確かに繁盛している商店街の通行量は、ショッピング目的の来街者を中心に多いのは当たり前ですが、他方、繁盛していない・売り上げが低迷している商店街でも通行量としては全盛期とほぼ同じ、という例もあります。
この場合、もちろん、「通行量」たる来街者の来街目的がショッピングではないものが相当含まれている、というわけです。

売り上げが低迷している商店街が、活性化努力の達成目標として通行量の増大を掲げるとするなら、その「通行量」の中身は「ショッピング目的」の来街者でなければならない。
他の目的で来街(通過)した人が買い物客に変わることは、そうそう期待できることではありません。商店街ではイベントなどの折りに十分経験しているとおりです。

 とするならば、商業の活性化を目的として「通行量の増大」を目指す取り組みは、「ショッピングの場としての充実」を目指さなければならないわけです。
商店街活性化の取り組みが「ショッピングの場としての充実」を目指さなければならない、というのは活性化関係者以外、特に消費者から見ればごくごく当たり前の話です。

 ところが実際の取り組みではもっぱら「ショッピングの場」を充実させるこ取り組みはほとんど計画されず、他の来街要因の整備による来街者・通行量の増大を目指している計画がほとんどです。
公共施設の整備、イベントの充実など。

 商業の活性化については、旧法時代の取り組みと大同小異、プラス通行量増大措置、というのが新基本計画の「新」の内容であるという基本計画が多いわけです。

 旧法当時の基本計画に共通していた欠陥は、適切な「商業理論」
を装備しないまま、商業の活性化を構想した、というところにあります。
劣化し、空洞化している商店街を活性化するには、商店街を空洞化に至らしめた「環境の変化」を適格に把握することが不可欠です。
商店街の劣化をもたらしたのは、商店街全盛時代以降に商圏内に登場した多種多様な商業機能の影響及びそれらと相即的に進んだ消費購買行動の変化であることは言うまでもありません。

 この変化を体系的に説明しうる「商業理論」を装備していないと、“環境の変化、商店街の現状にも関わらず、こうすれば商店街は活性化できる”という「活性化への道」を構想することが出来ません。事実、多くの基本計画は「商業活性化・実現への道」を提出しないまま、何の根拠も占めさないまま、「通行量の増大」を目指して施設の整備・イベントの企画に終始している、というわけです。したがって、もちろん、事業がいくら進捗しても商業の活性化は実現せず、商店街の空洞化はさらに進展するばかりです。

 今必要なのは、これまで断片的に蓄積してきた「商業理論」を子細に検証して体系的な理論として整備すること、商業理論の高度化です。
この作業には、それなりのスキルが必要であり、個別各都市がそれぞれ作業に取り組むというのは困難です。
このような場合、外部から提案されている理論を吟味・選択するというのが一般的な方法ですが、商店街活性化の場合、外部から提供されている「理論」が限られています。
有効な理論としては、当サイトが提案している「活性化への道」以外に提供されているのかどうか、なかなか見つけることが出来ません。

 当サイト的活性化への道に納得して採用される場合はよしとして、「道」が納得できないとか、「道」が提案されていることを知らない場合は、困難に直面することになります。
もっとも「理論」整備の緊要性を自覚していない場合は、こういうことに悩む必要はありません。ひたすら通行量の増大に邁進することになります。

 中心市街地活性化への取り組み、今、もっとも緊要な課題は、商業について考え、論議するための「理論」を課題に答えうるレベルに高度化すること、です。
あまり切実感が無いかも知れませんが、適切な理論に基づかない取り組みで商店街活性化出来ると信じるのは、商店街を取り巻く環境はその全盛時代と変わっていない、と信じているのと同じことです。

攻めの中心市街地活性化

 既出は こちら
 中心市街地の商業はもはや商業施策では活性化できない(①)、とか、中心市街地は商店街ばかりではない(②)とか、中心市街地の商業は中心市街地のための最寄り型商業に徹すべき(③)とか、これまでさんざん商業活性化と冠を付けた事業に取り組んできたあげく、他人事のようにこういうことをしれっと書いている基本計画があったりまします。

 今更何をおっしゃるやら。
中心市街地は「攻め」の計画を以て取り組まないと、まず、成功することはありません。
以下、①~③的主張を批判しておきたいと思います。

①中心市街地の商業はもはや商業施策では活性化できない:
 誰がいつ、「活性化できない」と論証したでしょうか?
誰もしていませんね。ただの思いつき、の閾を出ていません。
論証抜きで「活性化できない」と称して商業活性化から撤退しようとする人たちの、これまでの「商業活性化」とはどのような「論理に基づいて計画され取り組まれてきたのでしょうか?
これまで依拠して来た理論は破産した、ということでしょうか?
「破産」したのは、これまであなたが依拠していた理論だけ、祖のことをもって「商業は活性化できない」と主張することは出来ません。(あなたの「理論」が破産した、ことだけは確かですが)
「商業は活性化できない」と主張するなら、なぜそう主張することが出来るのか、きっちり論証しなければならない。
あそこでもここでも活性化できないでいるではないか、というのは「論証」になりませんからね。

②中心市街地は商業ばかりでは無い。:
「中心市街地の三要件」から当たり前です。
しかし、同じく三要件から中心市街地所在の主要な都市機能が小売商業であることも明らかです。
「中心市街地所在の都市機能は商業ばかりではない」からといってそこに立地する商業・商店街を軽視することは出来ません。
軽視できるとするならその理由を示すべき。
現有商店街・商業集積を軽視する、ということですからね。

③中心市街地の商業は中心市街地のための最寄り型商業に徹すべき
 これも根拠は示されません。
本気でこれを実現するなら、既存の商業集積の規模は不要です。
不要になった地域は何に転用するのか、明示すべきですが、知らぬ顔。

 この「中心市街地活性化の商業活性化離れ」とも言うべき傾向は何を物語っているか?
その結果、中心市街地はどうなっていくのか?

実際にこういう方向で活性化に取り組んだ都市の中心市街地には見るも真残な状態に陥っている例があります。

なぜこういうことが起こるのか?
続きはサイトの「都市経営」で。

先行事例の「挫折」に何を学ぶか

 全国の商店街の多くが衰退の趨勢ないしその恐れがある、と言われるようになって久しいわけですが、もはや問題は単に衰退趨勢ということだけではなくなっています。
衰退の趨勢は、手を拱いていた結果ではありません。この間、全国の商店街、至る所で様々の対策が講じられてきました。
ご承知のとおり。

 にもかかわらず、衰退趨勢を押しとどめる、反転繁昌への道を切り開くことに成功した、という事例は五指に満ちません。
このことは、しっかり確認しておくことが必要でしょう。

 問題は、「活性化策」として取り組まれた個別の事業はそれなりに「成功」するのですが、それらの事業が目的としていた「商店街の活性化」に接近することは出来ない、ということです。
ソフト・ハード、事業の性格を問わず、活性化を目指して取り組まれた個別事業は、整斉と実施され当初の計画通りに終了します。
事業は「成功」です。
しかし、その成功がもたらすはずの「商店街の活性化」はほとんど実現しません。

 商店街の活性化を目的に取り組まれる個別事業は「成功」しているが、その目的である商店街活性化は実現しない。
これまで取り組まれてきた商店街活性化の総括です。

 事業は成功したが期待した結果が出ないということは、端的に言って、商店街活性化を実現することを期待して企画された縫策・事業が活性化につながらなかった、ということであり、これは“商店街の活性化はこれらの事業に取り組むことで可能である”という「理論」が誤っていたわけです。

 事業は成功するが結果が出ない、この間の取り組みはこういうことの繰り返しであり、その原因は“この事業は商店街活性化の実現に直結している”と主張している「理論」にあったのだ、ということです。

 ところが。
「事業は成功したが活性化は実現されなかった」という事態が全国的に起きているにもかかわらず、個別事業の挫折(事業は終了したが目的は達成できなかった)は、その原因まで遡ってきちんと総括されていません。その結果、これらの事業を導いた「理論」が責任を問われることはほとんどありません。

 理論を実践した取り組みはほとんど挫折して要るにも関わらず、理論は淘汰されずに生き残り、相変わらず「個別事業」の根拠となり、相変わらず挫折が続いています。
状況を虚心に眺めれば誰の眼にも明らかだと思います。

 事業は成功したが結果は得られない、という事態が続発するならば、事業を導いた理論を疑わなければならない。当然のことでありまして、理論を批判的に検討して、その欠陥を剔抉(てっけつ・えぐり出すこと)しない限り、同じ過ちを繰り返すことになりかねません。商店街活性化、中心市街地活性化の取り組みにおいては、takeoの知る限り、取り組みを指導する「理論」がその資格を問われたことは一度もありません。

 ここで「理論」と言っているのは、特に体系的な整合性を持った
理論に限りません。“商業はまちの花、住む人来る人が増えれば商業は活性化する”というのも商店街活性化のための取り組みを指導する「理論」の一つです。この理論を信じる人は、商店街の活性化を実現することを目指して、「住む人・来る人」を増やすための事業を計画し、取り組むことになります。
その結果、事業は成功し「来る人・住む人」は増えたが、商業は活性化しなかった、という事態が起きたとすれば、これは明らかに「理論」が間違っていたということであり、次の段階では「理論」を改善するか、別の理論を採用することになります。
というか、そうしないと「失敗」に学ぶことにはならず、具体的な事業は変わっても指導理論は温存され、相変わらず「住む人・来る人」を増やす事業に精を出し、その結果・・・、ということを繰り返すことになるわけです。

 もはやこういう繰り返しが許される事態では無いことは、ちょっと自分のアタマを使えば誰にでも分かることですが、自分のアタマを使わないと分からないことでもあります。

 というわけで、相次いで報告される「挫折」事例に何を学ぶのか、ということがあらためて問われています。
「数値目標」を立てていなかった、とか「所有と利用の分離」とかいろいろと企画が提供されていますが、根本問題は、それぞれの都市の取り組みが依拠している「活性化理論」は、果たして信頼に値するものであるか否か」ということをあらためて検証しtみることです。

 いくら数値目標を立てたり、所有と利用を分離しても、それが「住む人・来る人」増加の指標だったり、そのための施設整備であれば、今までどおり「挫折」する可能性は極めて大きい。

 「挫折」を危惧するなら、事業計画を立てる前に依拠する理論をしっかり吟味することが必要です。
従来どおりの理論を採用し続けるのであれば、相次ぐ「挫折」は理論には責任がない、ということを検証してからにすべきでしょう。

 人間は、実践での失敗を最小限にするために、「理論」をしっかり検証してその「過ち」を発見し、改良又は放棄します。
実践で失敗しないために、実践に先だって「理論の失敗」を発見しなければならない。
そのためにわれわれは「自分のアタマで考える」という武器を持っています。

 この武器を磨き、使い方についてあらためて習熟すること。
どうやらこのあたりに中心市街地活性化をめぐる「本当の問題」があるようです。

 あらためて、自分たちはどのような「理論」に基づいて中心市街地・商店街活性化に取り組んでいるのか、取り組みが依拠している「理論」を検証することが急務になっていると思われます。

 中心市街地・商店街の活性化はなぜ成功しないのか?
取り組みが依拠している「理論」が不適切だから。
理論が不適切なら、理論に基づいて、理論に導かれて企画され・取り組まれる事業で活性化が達成できるはずがありません。

 一日も早く「理論」の不適切さを見極め、淘汰しないといつまで経っても「事業は成功したが活性化は実現できない」という状況が続くことになります。

yahoo検索 “業種揃え、店揃え”

 次のとおり

 ご承知のとおり、国の『一般的な方針』において、“中小小売商業の競争力の根幹と位置づけられ、小売商業高度化の方向とされている、最重要キーワードですが、中心市街地・商業の活性化関連では、あまり使われていないのか、「基本方針」の文脈でヒットするのはおおむね当サイトの記事に限られているようです。

 「自助努力の組織化を中核とするショッピングゾーンの再構築」を目指す場合(他に中心商店街の活性化を実現していく方向と方法はないと思いますが)、この言葉を無視することは出来ません。
基本計画その他においてこの言葉が出てこないということは、『一般的な方針』を読みこなせないレベルで計画作りに走った、ということかも知れません。認定第一号となった青森・富山両市の基本計画では使われていませんでしたから、この二カ所をモデルに計画を作った都市は推して知るべし。

 商業理論抜きで「法」や「一般的な方針」、「マニュアル」などをいくら読んでも、そこから「活性化への道」を導き出すことはできません。
「業種揃え・店揃え」や「テナントミックス」などの重要概念を“空き店舗に不足業種を誘致すること”程度に理解して「中心商店街の再生」を考えていたのでは、失敗は目に見えていると言わなければならない。

 それにしても、ニッポン省思考列島では、相も変わらず自分のアタマを使ってものごと考える、という習慣がどんどん劣化しているような気がします。
「納得期待」という言葉がありまして、“よく分からないが、みんなそういってるからホントのことだろう、そのうち誰かが説明してくれれば自分も納得できるだろう”という理屈でもって、大勢に従うわけです。
 でも、いつまで経っても誰も納得できる説明はしてくれません。しかし、訳も分からないまま、深みに入り込んで抜き差しならなくなる、というのが省思考組の「いつもの道」です。

 「将来誰かがきちんと説明して納得させてくれるだろう」と受け止められる当の言説を説いている人たちも「説得期待」状態にあるのでありまして、俯瞰すれば納得を期待しながら・納得できていない方向に動いている大群が有ったりするわけです。
もちろん、言い出しっぺさんは「納得の必要性」などは考えたことのありません。彼だってどこかで仕入れた「未納得言説」をもとに自分の言説を加上しているのです。

 いずれ納得出来る説明があるだろう、という期待に基づいて動くと、とんでもないところに連れて行かれるというか,
付いていってしまうことになりかねません。
 納得できないことがあったら、「納得できない」という位置に踏みとどまって納得出来るかどうか、しっかり検討してみることが必要です。
大勢に随従すれば、そのうちシャッターの内側が繁昌するようになる、ということは金輪際ありません。

 さて、大勢を引っ張っていくポジションにある人たちも納得しないままで取り組んでいるわけですが、それでも、一年、二年と経てばだれの眼にも明白なカタチで「失敗」が明らかになる。
その時、しまった、と分かっても遅すぎ、です。
中には失敗してもまだ失敗したことに気づかない人もいたりして、相変わらず引っ張って行こうとしたりして大変です。

 ちなみに、関係者に「納得したがり」さんが多いのは中心市街地だけではありません。納得出来る言説か否かを検討するには、幾ばくかのレトリック批判能力が必要なわけですが、言霊の咲きにおう国には、言挙げせぬという麗しい慣習をもった組織が多く、レトリックはご法度らしい。
納得の変わりに「納得期待」をもって代替する、というのはありがちな組織風土です。

“自衛隊は戦闘地域には出さない、ゆえに自衛隊がいるところは戦闘地域ではない”とか“改革には痛みが伴う”といった明らかに論理破綻した言説をとっちめることが出来ないのが、我が「言論の府」だと思えば、レトリックの劣化は無理もないのかも知れません。

 というか、「言論の府」はともかく、中心市街地に限っては「納得期待」という態度はキッパリ捨てて、「繁昌しなければ商店街ではない」という定義をきっちり胸に抱いて「納得できないことは納得しない」という構えを作りたいものです。
 「消費購買客」の消費購買行動は、“そのうち商品の良さを説明してくれるだろう”などという「納得期待原理」では動きません。自分のショッピング行動を振り返れば一目瞭然です。

 何度も紹介しているように、「業種揃え、店揃え」は『一般的な方針』のうち「商業の活性化」の三大施策の第一、小売商業高度化事業の中心概念です。
この意味するところについてきちんと〈納得〉しておかないと、商店街の活性化は実現できません。
納得していない言説に基づいて行動したのでは、繁盛再現に不可欠の「知恵」が出ませんから。

 お後は、「サイト内検索」でどうぞ。
まとまった記事はこちら

数値目標の怪

 基本計画、認定から一年が経過した都市は順次「中間総括」に取り組むことになります。
事業の進捗状況や目標数値の達成度合いなどについて、一年間の取り組みの成果を報告するわけです。

 報告をまとめるのに苦労するところが多いでしょうね。
あらためて「目標」の選定や「数値目標設定」のアプローチの至らなさに気づかれたところもあるのではないでしょうか。
特に「通行量」や「販売額」の数字としてのアップを標榜したところは大変でしょう。

 まず、「通行量」について。
「商業機能の充実」以外の取り組みをもって「通行量の増大」を目指したところは、
①事業の結果、通行量は増えているが商業機能の活性化には結びついていない。
 すなわち、人通りは増えたが空き店舗は増えこそすれ減る徴候は見られない。

②事業取り組みにも関わらず、通行量は増えなかった。
 「核」施設の集客分だけ来街者は増えたが、回遊はほとんど発生していない。

 ということで、いずれも「商業の活性化」にはつながっていないようです。これは大問題ですね。
多くの基本計画が「商業活性化」の目標数値として「通行量」を掲げているのですが、通行量の増減と商店街活性化の成否とはほとんど関連が無い、という状況が起こっています。
かねて当サイトが警告しておいたとおりです。

 通行量という目標数値の成否に関わらず、商店街の空洞化は止まらない、ということですから、あらためて
①目標数値の立て直し
②目標達成のための事業の立案・実施
が課題になっているわけですが、さて、
③適切な目標(数値化可能な)が設定できるでしょうか?
設定できたとして、さらに
④目標数値を達成するために取り組むべき適切な事業を選定する
という作業もありますね。

 最近認定を受けた都市は、アッという間に一年が過ぎると、同じ問題に直面することになります。

 次に、「販売額」を目標に設定したところについて。
これも達成は難しい。
スタート一年経過時点ではどう頑張っても長期下落傾向からv字回復とはいきません。趨勢は依然として長期下落、中に施策の成果を享受できる体制を作ったところだけがアップに転じることになりますが、その数は知れています。
結果、一年目の成果としては売り上げの下げ止まりは実現できない、というのがホンネではないでしょうか。
これから4年間でどこまで目標が達成されるかは、「ショッピング行き先」としての充実の実現ぶりに掛かっていますから、「買い物の場としての再構築」を実現するための事業が適切に計画され、事項されるか否かに掛かっています。
再構築を目指す事業が計画されていないところは、このままでは4年経っても「下落傾向」が続くことはあっても「反転向上」は望むべくもありません。

 こんなことは、もちろん、スタート時点で分かり切っていたことでありまして、ウソだと思う人は各掲示板の「過去ログ」をチェックしていただくと分かります。
別に資料にあたらなくても、普通に自分のアタマを使って確認する習慣を持っている人なら、自力で理解できる話です。

 これから数値目標を考える人は、「自助努力で達成できる目標」を選択することが肝要です。
例えば、商人塾参加者数とか、経営革新計画認定者数とか、繁盛店(対前年比120%程度の売り上げアップを実現)数とか。
こういう数値は、自分たちの努力で達成することができます。

しかし、「通行量を増やす」というのは難しいですからね。
増やすのが難しく、増やしたからといって「繁昌」につながるものでもありません。
そういえば「通行量=賑わい」というトンチンカンもありました。
賑わいというのは「ものが売れてナンボ」ですからね。
折しも「夏祭り」の時期ですが、
①夏祭りの来街者が街で買い物をしたか
②翌日以降、来街者が増えているか
というあたりを測るもってこいの季節です。
イベント来街者の○%が商店街の愛顧客に変身する、という何の根拠もない「想定」も行われていたようですが。

 ということで、「数値目標」は怪だらけです。
このまま放置しておくと、中心市街地の劣化スパイラルは止まるところを知りません。
一周年という節目を利用して「数値目標の再設定」を思い立つ、というのは如何でしょうか。これを口実に「三(四)者体制」の再構築に取り組む、という取り組みもスタートさせられます。

 今、喫緊のテーマは「三(四)者体制」の構築です。
一日も早くこれを実現しないと、何をやっても最終成果に結びつけることは出来ません。
もちろん、体制の任務は「商業の活性化」であり「ショッピングコンプレックスの再構築」でることは言うまでもありません。

 この課題に着目した取り組み再構築があちらこちらでスタートしようとしています。
遅れを取ることが有りませんように。

「商人塾」の効能効果

 このところ、毎日、勉強会のテキストを作成していますが、あらためて「商人塾」ないし商人塾的取り組みの不可欠性を痛感しています。

 ご承知のとおり、「商人塾」は、「三点セットの環境変化」が振興するなかで、「繁昌する個店」づくりを通じて「中心市街地・商店街活性化」を実現していく取り組み。
文字通り「中心市街地活性化への道」を牽引します。

 劣化スパイラルからの脱出を目指す商業者の起死回生の自助努力の導きであるとともに、中心市街地所在の商業集積をショッピングコンプレックスとして再構成する「中心市街地・商業の活性化」の中核的取り組みです。
 活性化の取り組みに不可欠である「四者体制」の実務担当者も参加することで、実践を通じた「共通の土俵」の構築が実現します。

 本年度、既に二カ所が講義・実践段階に入っており、今月中にもう一カ所スタートします。
あらためて考えるのは、「商人塾」に取り組まない中心市街地の皆さんは、「活性化への道」を歩むために必要な「自助努力のための理論・技術の修得」「個店レベルの自助努力を組織化する方向と方法」、「推進体制の整備」といった、およそ商業集積としての活性化を目指す以上、必ずクリアしなければならない課題にどう取り組んでいくつもりなのか、ということです。

 この課題、もちろん『中心市街地活性化基本計画』にはおそらくほとんど記載されていないと思われますが、不可欠の課題であることに疑問の余地はありません。
「商人塾」的手法を採用するか否かはともかく、何らかの方法でクリアしていくことが必要です。
基本計画の目標達成度合いも、おそらく「自助努力の組織化」「推進体制の整備」が大きく影響するものと考えられます。

 既に認定を得ている都市は「行動計画」の作成で、これから基本計画を作るところは基本計画で、それぞれ、「商人塾」的課題への取り組みを計画しないと「大変なことになりますよ」。

 一年後の「中間総括」はたぶん不可能になると思います。
「自助努力の組織化」と「推進体制の整備」は商店街活性化成功のメルクマールです。

自助努力の組織化と中心市街地活性化

 新スキームに基づく取り組み、先行事例の蹉跌が伝えられていますが、さてこの先、しっかりした展望を持って取り組んでいる、と胸を張ることが出来る中心市街地が幾つあるでしょうか?

 杖とも柱とも頼んできた、というか、基本計画作成にあたって文字通り「導き」としてきた事例が挫折したわけですから、途方に暮れているところもあるかも知れません。
気を取り直して前進するわけですが、これから基本計画スタートから一周年を迎えるところがどんどん続くことになります。
スタート一カ年の総括が求められるわけですが、果たして総括と展望、きちんと出来るものでしょうか?
総括はともかく、次年度以降の「実効ある取り組み」は計画されているのでしょうか?

 あらためて確認しておかなければならないことがありまして。
ホンキで商店街の活性化を実現しようと思ったら、業績下落傾向が続く既存個店群の活性化、繁昌再現のための自助努力の方向と方法を明らかにし、歩み始めるための準備、体制を整えることが最初の仕事です。
本来なら基本計画に掲げて、イの一番に着手すべきことですが、残念ながらほとんどの都市が手つかずのまま、今後の課題となっています。

 この困難な仕事にあたるのが当社が提供する「商人(あきんど)塾」です。皆さん既に百もご承知のとおり。
ご承知ではありますが、残念ながら事業として採用されるには至っておりません。
他方、採用・着手された都市もありまして、スタート直後から顕著な成果が現れています。

ご承知のとおり、当社提供の商人塾は、中心市街地活性化に関わる各方面の実務担当者と商店街の有志がともに学び、ともに実践するなかで共通の土俵を作り、かつ、商店街活性化の中心課題である「業種揃え・店揃えの最適化」を実践する組織を構築していく、というまさに、中心市街地・商店街の活性化の根幹となる取り組みです。
はじめての方は

 商業者の自店の繁盛再現を目指す取り組みの組織的な展開無くして中心市街地・商店街の活性化を実現することはぜったいにできません。
各種の事業に取り組むに際しては、必ずそれと並行して商業者の繁盛再現という自助努力が伴わないと、どんな事業でも「買い物の場」としての中心市街地の再構築を実現することは出来ません。

 一日も早く取り組みの構築に着手することが肝要です。
当社、商人塾の合間を縫って、九州~北陸~関東と商人塾の説明を兼ねた勉強会に飛び回る日が続きます。
御地でも説明会を兼ねた勉強会の開催、如何ですか?
自助努力の組織化という仕事をすっぽかしたのでは、すべての事業が「実効」をもたらすことは出来ませんからね。

経営革新と商店街の活性化

 昨日は、ゆんぬ商人塾の件で鹿児島県商工会連合会を訪問しました。
ゆんぬ商人塾は、「商店街立地の小売業の経営革新」と中心市街地・商業の活性化を一体同時に推進しようとする画期的な試み、『中心市街地活性化基本計画』の中核となる事業です。
基本計画:

今年度は商工会連合会の事業に採用され、「創業人材育成事業」として実施されます。連合会では「経営革新」に直結することが期待されています。

小売業の経営革新

関連で、連合会さんの『地域力連携拠点事業』の専門相談員を仰せつかりました。微力ですがご期待に添うよう頑張ります。
事業のスタートは今月23日から。静岡から東京経由直行です。

せっかくの機会でしたから、県・市・商工会議所と挨拶に行きました。いずれもはじめての訪問でしたが、皆さん、意欲的な執務ぶりがよく伝わってきました。
『基本計画』の認定が終わり、本格的な事業展開の時を迎えています。そろそろイオンのボディブローが効いてくる時期でもあります。
施策のパンフレットをいただきましたが、よく整備されています。
多くの都市にとってよい参考になると思います。

後はどう「魂」を入れていくか、ということですね。

商人塾と空き店舗対策

 空き店舗対策については、“商店街空洞化のメカニズム”を理解した上でないと対応を誤ります。誤ると対策どころか促進策になってしまいかねません。

 商店街の空洞化、まずは様々な要因による個店の業績低下から始まります。

①売り上げが下がると業容が劣化する
②適切な対策を講じないと劣化スパイラルに陥る
ということは、最近説明しました。

 業績の低迷悪化が伝えられる商店街では多くの個店が劣化スパイラル状態にあると考えられます。
このような商店街で空き店舗が発生すると、どうなるか?

 空き店舗が起業者、新規参入希望者から出店機会と評価されるためには、当該空き店舗周辺の既存店の景況が大きな目安になります。周辺の既存店舗が明らかに劣化スパイラルに陥っていることが見て取れるような空き店舗を事業機会として利用する人は少ないでしょう。商業機能が劣化した商店街において、空き店舗が埋まらず、やがて街が「シャッター通り」となっていく理由はここにあります。

 かっての商店街では空き店舗が発生しても、すぐに誰かが参入機会として利用したものでした。新規参入者は多かれ少なかれ、「革新」的な要素を持っていることが多く、参入は商店街の自然発生的テナントミックスに「新陳代謝」的効果をもたらしました。空き店舗の発生はテナントミックスの革新を意味したのです。

 劣化スパイラルに陥った個店が軒を連ねる商店街の場合、もはや空き店舗を利用した新規参入などは望むべくもありません。
空き店舗はシャッターを降ろしたまま固定化し、シャッター通りと化してゆくわけですね。機能と景観の空洞化。

 既存店が軒並み劣化スパイラルに陥っているとおりに新しく出店しようという人は限られています。
空き店舗となった物件をもう一度店舗として活用する、とおりを「買い物の場」として再構築する“業種揃え・店揃えの最適化”に取り組んでいく一環として、空き店舗のテナントリーシングを図る、というのは並大抵のことではありません。
家賃補助などをインセンティブに出店しても継続することが出来ません。補助金の切れ間で営業の切れ目。
いったん、空き店舗となったシャッターを再び上げるのは容易なことではありません。

 他方、劣化スパイラルに落ち込んでいる店舗を「繁盛店」にすることは、商人塾などの例から考えれば、出来ないことではありません。放っておけば空き店舗となるであろう「空き店舗予備軍」を劣化スパイラルから脱出させることは、もちろん、商人塾の使命の一環です。

 空き店舗対策の三原則
①これ以上空き店舗を増やさない、
②繁盛店を創り出す 
③出店者の誘致 
は、当社の提案するところですが、『商人塾」はその実践でもあるわけです。 

 昨晩の商人塾では、前回話題になった空き店舗を利用した出店について、ベーカリーを誘致したいということで、候補者との折衝が始まっていることが報告されました。業種揃え・店揃えの最適化を目指すなら、空き店舗への出店は、とおりに欲しい業容の店舗を想定して条件を満たす店舗を誘致する、というのが当然です。
シャッター通りの場合、誘致は難しそうですが、商人塾の取り組みなど「商業集積としての再構築」の動きが認められると、可能性が見えてきます。

 これ以上空き店舗を出さない、繁盛店を増やしていく、という取り組みが先行しないと、空き店舗の「業種揃え・店揃えの最適化」への活用は難しいと思います。
万一実現しても既存個店群との「相乗効果=テナントミックス効果」が実現されず、開店早々劣化スパイラルに見舞われることになりかねません。

 水ヶ江商店街のベーカーリー誘致、成功すれば画期的なことです。
勉強会では「回遊の促進」についても積極的な方向を提案しました。実現の成否は、参加各店の「業容転換」の進み方次第、今日は午後から臨店巡回です。

☆「空き店舗対策三原則」は商店街だけではなく、「劣化スパイラル」に陥るつつある商業集積、とりわけRSCにおいても修得推進が課題となっています。

セルフメイドからオーダーメイドへ

 商人塾のネライは、
①参加者の繁盛を実現する。ことに止まるものではなく、そのプロセスにおいて、

②中心市街地・商店街の商業立地としての可能性を実証する。
上手に頑張れば、商業集積としての再構築は現実性がある、と商人塾の実践で証明し、後続の商業者の奮起、空地空店舗利用の新規参入を促します。さらに、行政・商工会議所・TMO・商業者組織の実務担当者がともに受講することで、

③「四者体制」による“活性化への道”の共有が実現する。
という不可欠だが・これまでどこの取り組みも実現していない「推進体制」の基礎が構築されます。
これらを踏まえて、

④『基本計画』を基本に、商人塾の実践を踏まえた『行動計画』の作成に取り組む
という仕事も実現性が生まれます。

 可能性の実証、理論の共有、組織体制の構築、行動計画の作成というプロセスは、すべての中心市街地が取り組み、解決すべき課題ですが、さて、実際に取り組んでいるところが何カ所あるでしょうか。

 あらためて商人塾事業の戦略的ポジションが認識されるわけですが、商人塾にも課題がありまして、開催すれば即・①~④のクリアが保証されるものではありません。
特に、①のスタートにおいて、関係各方面の以後のプロセスについての合意が出来ていないと、難所が続くかも知れません。

 また、合意が出来ていたとしても、関係者がホンキでそれを遂行しようとしないと、話は話だけで崩れてしまいかねません。
そのメルクマールは、さしあたり、関係各方面・実務担当者の受講状況で一目瞭然です。もちろん、受講すれば①~④のくリアが保証されるというわけではありませんが、万一、受講しないということなら、①~④を達成することはできない、ということですね。

 このあたりの重大性は、経験が無いと理解できないかも知れませんが、気づいたときでは遅すぎたりします。
これまで商人塾に取り組んだ都市で先に進めなかったところは、三(四)者体制の構築に至らなかったことが最大の原因です。
商人塾が継続できない=三(四)者体制が構築できなかった、ということでありまして、したがって、三(四)者体制が構築できない、という状況は以降も継続しているわけで、体制が整わない以上“活性化への道”を構築することも出来ません。

 新スキームのもと、いろいろと新しい文言を並べ立てても、「推進体制」が不備ならば、こと「商業の活性化」という本来目的に関する限り、成功することはできません。
 この点、目下商人塾の採用を検討されている皆さんはくれぐれもご留意ありたく。といってもなかなか実感出来ないでしょうから、採用を目指す場合は、「計画段階」から当社との協働を実現されることをお奨めします。場合によってはこれも実現に課題があるかも知れませんが・・。
 成功の秘訣は、推進体制に当社をどう位置づけるか、ということです。全体としての推進に参与させる、というポジションを実現することが望ましいと思います。
そもそも、タウンマネージャーをセルフメイドで確保する、というのは大変難しい問題なのですから。

 いずれにせよ、参加し・実践した人は「繁盛店」の実現に確かな道を歩み始めることが出来る、ということは間違いありません。
やればやっただけのことがある、というのが「実践」ですからね。

 管見によればこのところ、認定計画を持っている都市間の「視察」が多くなっているようですが、“「見よう見まね」でなんとかなる”ということはないのだ、と自覚すべきではないでしょうか。
失敗の総括もそこそこに新しい「流行」的事業を採用する、というパターンは包括的に破産しています。
理論の裏打ちがない新規事業の採用は、間違いなく「いつか来た道」への逆行を意味します。

 『新基本計画』初年度の総括が始まっていますが、将来に向けて展望のある総括ができた都市は皆無ではないでしょうか?
「総括らしい総括」が出来ない、という都市が多いはずでありまして、その原因は“基本計画が理論に裏打ちされていない・思いつき的事業の列挙”に過ぎないからです。
一年目の総括の時期、この時にしっかり総括業務が出来ないと、二年目、三年目の総括も同じことの繰り返し、結局、新スキームもものに出来ない、中心市街地の活性化は最終的に挫折、ということになりかねません。

 理論無くして活性化無し。
当サイト、開設以来提唱してきたところですが、採用される都市は極めて少ない。すなわち、当社的視点では、「活性化への道」ヲ歩み始めている都市は極めて少ない、ということになるわけですが、反論できる人はいないと思います。

 ということで、当社の主観としては「商人塾・普及の時代」にならないと中心市街地活性化は、「壮大なゼロ」に終わるわけでありまして、今月はあちらこちらと「提案」に出掛けますが、状況に鑑み、従来にも増してシビアな内容になります。
 要望は「自分たちだけで歩ける活性化への道」を提案することだと思いますが、自分たちだけでは活性化への展望を切り開くことはできない、というのがこれまでの取り組みの最大の教訓ではないでしょうか。

 「中心市街地活性化への道」セルフメイドから、オーダーメイドへ。
「専門家」の招聘・活用を検討すべきではないでしょうか。

石川県の皆さんへ

 次のとおり、御地へのクオールエイド社の「初御目見得」です。

○テーマ:『商店街立地に繁盛瀬店を再建する』
○講 師:takeo
○主 催:石川県商店街振興組合連合会
○日 時:平成20年7月14日 19:00~21:00
○場 所:小松市

せっかくの機会ですから、ぜひご参加をお奨めします。
振興組合関係者以外の方も主催者に頼めば聴講が実現できると思います。

 厳密にいえば、小松市には今年2回目の出前です。
イオンの出店が迫っていますが、迎撃体制の整備は進んでいるでしょうか。。

 「繁盛店づくりの具体的な手法」ということで、そうであればなおさらのこと「理論的」になるのがクオールエイド流、理論抜きで具体策が生まれたり、取り組めたりするはずはないのです。

なお、13、14,15日、小松市で中心市街地・商店街活性化についての「無料相談」の機会を提供します。希望される方は、メールでどうぞ。

☆☆ 水ヶ江商人塾 ☆☆

本日午後巡回臨店、夜7時から第三回の講義です。
甲府商人塾では、「具体策」に入る前から既に「一見客」が増えた、入店客の動きが変わっ13とレポートされる受講者がみられます。どういうわけか「お店の取り組みが外に伝わる」というのは商人塾に共通する特性のようです。
水ヶ江ではどうでしょうか? 

「成功事例」をめぐる二、三のこと

 商人塾、既にスタートしているところが三カ所、目下仕込み中のところが三カ所という状況で、なかなか大変です。
だんだんよくなる・・・、という言葉がありますが、忙しくなるとアタマの動きもよくなります。
あなたと私、あなたのアタマと私のアタマ、商人塾の協働は常識的には二人のところ、実質四人で取り組みます。
ま、参加し実際にお店で取り組んだ人にしか分からないかも知れませんが。商人塾もだんだん成果が出始めました。
“ファサードをいじると、どこからともなく、一見さんが増える”というのが商人塾の経験則ですが、新規来店に際しての一見さんのセリフも決まっておりまして、
「一度入ってみたいと思っていたんです」・・。
ウソみたいな話ですがホントです。
もちろん、ホンキで取り組んでいるお店に限られる話です。どうしてこういうことが起こるのか?
そのあり得る理由(合理的な仮説)はまた今度。

 さて、商店街の勉強といえば、一般に「成功事例」の話と相場が決まっておりまして、こういう話もあるのですが。


 だれであれ、コンサルタントが紹介する「成功事例」を取り組みの根拠にしてはいけません。
幸いというか、商人塾では「成功事例を話して」という人はいませんが。単発の講習会では要望があったりします。
事例聞いてどうするんですか? takeoの答え。

 ついでに商人塾でほとんど出ない質問:
その一 新規顧客の作り方
その二 通行量の増やし方
その三 効果的な販促の打ち方
 こういうお話しは最初から最後まで話題にもなりません。参加されている人は気づいていないかも知れませんが。

 引用先の記事にもあるように「成功事例」を聞きたがるのはその時点で「問題意識がアウト」です。
商店街活性化・繁盛店の再構築といった、皆さんが直面している問題について、
①成功事例がある
②又聞きでそのエッセンスを修得できる
③自分にはそれを活用する能力がある
ハズがありませんから、「成功事例」話は時間のムダ。
そういう話を聞きたがるのは、日頃アタマを使って「活性化」に取り組んでいない何よりの証拠。

 講習会の企画的にはそういう話が得意な講師は、ハナから敬遠する、というのが正しい方針であり、そういう勉強の企画を立てるようではそもそも「活性化」のイロハについて、企画担当者自身の勉強が必要だということですが、まあ、そういう人は当サイトには来ないでしょうから、自覚する機会が無い。
誰かが指摘しないといつまで経っても「時間のムダ」につきあうことになりかねませんね・・・。

 「成功事例」、暇つぶしには役に立つかも(もちろん、講師にとってこんなラクな仕事はありませんし、これしかできない講師もいるかもしれません)、ですが、あなたがおバカな話を面白がったり、「目からウロコが落ちた」りしている間、あなたのアタマはあなたに対して「こいつ、ホンキで取り組むつもりはないんだな」と判断しているかも知れません。その結果、脳は休眠状態に入るかも。
たかが講習会、されど講習会、ですね。

 あなたのアタマにどういう経験をさせるか、「自分のアタマにいい経験をさせる」ということはとても大切なことですからね。

 「成功事例」についての質問は。
たった一つ効果的な場合がありまして、「人通りが増えると街は活性化する」などといった論証抜きのご託宣に対して“成功事例がありますか”と返すこと。
一番効果的なのはそういうお話しの場に行き合わせないことかも知れませんが。

 ついでに「コンサルタントの見分け方」
“成功事例よりも失敗事例を、それもあなた自身が関わった失敗事例を紹介して”
というのは、コンサルタントを見極める早業です。
プロであれば、自他の失敗事例、たちどころに10や20は出てくるはず。特に自分が関わったケースでしかも自分の言動が失敗の原因を構成しているケース、について詳細に事例を紹介・説明出来ない人は「一人前」では無いかも知れません。
商店街活性化、失敗事例山積のなかで「専門家」なら必ず「失敗事例」を持っているはず、「失敗していない専門家」は失敗する機会を持たなかった、中途半端な関わり方に終始した、ということかも知れません。

 ちなみに、コンサルタントにとって“あなたの専門分野は?”と質問するのは「致命的」な効果があるのですが、知ってました?
①顔色を変える
②話題を変える
③専門分野を披露する
という反応が考えられますが、さて、「本物」はどれでしょう?

 ということで。
「成功事例」を質問するようでは先が思いやられる、
ということを説明したつもりですが、如何でした?

アタマとの二人三脚

 私たちは日頃、脳の潜在的な能力のごく一部しか機能させていない、とはよく知られていることです。
ほんらい持っている能力の「氷山の一角」だけを使って生きているわけです。

 とするならば、本来備わっている脳の力をさらに活用するにはどうしたらよいか、能力をどう引きだすか、という問題がありますね。

 何ごとによらず、私たちは自分の脳を使ってものごとを観察し、判断し、行動を組み立てます。自分の行動の元になるのは、究極、自分の脳による働きです。私たちが最後に依拠しているのは、「自分の脳」だということです。

 したがって、「自分の脳とどうつきあうか」ということを吟味し、付き合い方を決めておくことはとても大切なことでありまして、日頃、あれこれ工夫しておられることと思います。
中には工夫していない人もあるでしょうけど。

 商人塾のネライは、「自分のアタマの使い方」を自覚し、改善しよう、というところにもあるのでありまして、その方面でもいろいろと手を打っています。
いろいろと取り組むことで、お店が変わり、お客の動きが変わり、繁盛店を作っていくわけですが、その間に“アタマの働き方”ももちろん変わります。

 アタマの働き方が変わると、これは一生の財産です。

 アタマの働き方が変わるには、アタマの働き方を理解し、促進しなければならない。
ひとことで言えば、アタマが喜んで働く条件を整えなければならない。
アタマについての仮説、自分とアタマとの二人三脚が上手になることは、商人塾の隠れた究極の目標であり、もちろんその目的は「よりよい人生」です。

商店街活性化の真贋を分かつもの

 基本計画の認定から一年を経過すると、目標達成状況について中間総括をすることになります。
設定している数値目標の達成度合いはどうなっているのか?
目標のクリアに向けて順調に滑り出しているか否か?
都市によっては、より根本的な“そもそも『基本計画』の全体はこれでよかったのか?”という問題に直面することもあるかも知れません。

 認定から一年を経過した都市の場合、目標達成状況は当然ながらケースバイケースですが、達成状況の如何に関わらず、共通している浮上してきた課題がありまして、
①中心市街地既存個店群の業績は好転していない、
②むしろ劣化のスパイラルはさらに進展している、
ということです。

 一年経過した時点での統括に当たっては、数値目標の達成状況もさることながら、この劣化スパイラルを直視し、対応の戦略を講じることが最大の課題になるはずです。
というか、このことに気づき、解決すべき課題として直視することが出来ない、という状況だとすると、2年目・3年目の総括はどうなるのか?
想像しますと、言葉がありません。

 課題はハッキリしておりまして、「中小小売業の競争力の根幹」といわれる「業種揃え・店揃え(以下、「テナントミックス」)の最適化」をどう計画し、取り組んでいくか、ということに尽きます。
既存個店群の自助努力の組織化及び空地空き店舗の活用を車の両輪として実現を目指すテナントミックスの最適化へのチャレンジという、すべての中心市街地に共通する「活性化のための戦略課題」への取り組み、とりわけ、これまで直接の取り組みを避けてきた前者にどう取り組んでいくか、いよいよ切実な問題です。

 この戦略的な取り組み(現状からスタートして取り組みが軌道に乗るまでのシナリオを具備した)を構築ないし再構築することなく、一年目の総括と二年度以降の展望が得られるはずはありませんが、課題を念頭にあらためて一年間を振り返ってみると、「テナントミックスの最適化」にチャレンジ・実現していくために必要な人的条件作りはほとんど進展していません。

 人的・組織的条件の常として、進展していないということは劣化しているわけで、「マイナス」状態、すなわち関係各方面の信頼関係の再構築から再スタートしなければならない。
この難儀な取り組み、何を軸に進めるかと言えば、これはもう、「商業者の自助努力の組織化」に着手すること以外には考えられません。もちろん、この時期、あらためてこれを組織するには相当の努力、それも周到なシナリオに基づく取り組みが求められ、まあ、従来的・見よう見まね的取り組みの延長上で何とかなる話ではありませんが、何とかカタチをつけないことには、二年目のスタートが切れません。一年目の総括が総括にならないわけです。

 先週は機会があって、TMOの社長さんをはじめ、三者体制の実務を担当するみなさんとこのあたりについて率直な意見交換をする機会がありました。
当社のことですから、もちろんご明察のとおり、再スタートは「商人(あきんど)塾の組織化」の着手とするべきだと提案させていただきました。基本的に実施の方向で、問題はいつ・どのような方法でスタートするか、ということ。
状況及び事業内容から、着手の合意が難しそうですが、三者の決心が固ければ、実現は意外なくらいスムースに行くはずです。
劣化スパイラルからの脱出は、商業者共通の切実な課題であり、そのシナリオの提示は何よりも優先します。
問題は、切実な状況にある商業者の汽船に触れる企画であるかどうか、ということですが、
①投資を伴わず
②出来ること、やれることから着手して
③確実に業績の好転を実現する
④意欲的な個店の取り組みを突破口に「テナントミックスの最適化」を追求する体制を構築していく
という商人塾の取り組みへの潜在的期待は疑いの余地はありません。

 ということで、まずは当社から「提案」を出すことになりますが、どのくらいの頻度でキャッチボールが出来るか、ということがカギになります。計画ができあがり参加者が確定したらコンサルタントを呼ぶ、というパターンの取り組みは、うまく機能しないと思います。「商業者への打診」というプロセスは信頼関係の再構築というプロセスでもあるわけですから。

 認定された基本計画、これから逐次一年間の総括~二年度以降の展望について知恵を出して行くことになりますが、計画所期の成果を確保していくためには、この時期を利用してあらためて「商業者の自助努力の組織化」に着手することが不可欠、総括の時期を逃すとまた一年間棒に振ることになります。そうすると計画期間は余すところ3年、待ったなしですね。

 基本計画の総括、その適否を分かつのは商業者の適切な自助努力の方向と方法を提示し、組織化することを目指すか否かという一点にあるといって間違いありません。
問題意識を共有し、組織化への着手が出来るかどうか?

 基本計画の作成時点でスルーしてきた「事業主体としての商業者の合意形成」の必要性にあらためて直面しているwさけですが、商人塾事業の採用は状況を一挙に打開するとっておきの一案です。
もちろん、事業は「商人塾」と命名さえすればOKというわけではありません。現時点では当社提案の商人塾事業だけが唯一・問題状況への解決策となり得る内容を持っています。
ご承知のとおりですが、“商人塾か、よし分かった”と独自に計画して失敗したケースがありますから、念のため。

 中心市街地活性化の根本問題は、商店街の活性化であり、その取り組みはもちろん、広域的に展開している多様な商業集積群に伍して、地域の生活を充実させるために不可欠の商業集積としてのあり方を再構築することです。
再構築の取り組みの真贋を分かつのはもちろん「劣化スパイラルからの脱出を目指す商業者の自助努力の組織化を実現する取り組み」が適切な方向と方法によって計画されているか否か、ということですが、都市によっては問題の的確な設定さえ出来ないところもあることでしょう。

 この時期、中心市街地活性化」の
①根幹的な問題は「商業者の自助努力の組織化」にあること
②有望な取り組みを提案しているのはクオールエイドだけ
ということをあらためて確認していただきたいと思います。
商店街の活性化、ホントに実現したかったら当社との協働を検討すべき、というのが当社的・我田引水ですが、間違っているでしょうか?

 折しも、某県のTMO研究会組織から、上記の問題状況への対応についての提案を要請されています。
きわめて時宜に適した企画が示されており、気合いが入ってします。
状況に対する当社の提案はもちろん「商人塾への取り組みの勧め」です。

高度化事業と商人塾

 各地の商店街で取り組まれてきた共同施設事業及び共同経済事業。
もちろん?、業容転換(つまり業種揃え・店揃えの最適化)は、計画書の上だけのことでした。
それでもそれなりの「成果」が得られたのは、この事業に取り組んだ結果、「高度化に取り組まない」隣接商店街との「差別化」という効果があったからです。

 “高度化事業で活性化に成功した”といわれる事例の多くが、その影響で劣位化~劣化~空洞化した商店街とセットになっていました。takeoは「先進事例視察」におつきあいするたびに、成功事例よりも「波及効果」で空洞化が進展した隣接商店街の方を重点的に見たりしたものです。
成功事例とは、本来目的とされていた「流出阻止」は実現出来なかったが、域内競合に勝利?した、事例だったわけです。

 この時期、百貨店を誘致したとか、土地の所有と利用の分離で一街区をそっくりモール化した、といった「成功事例」を聞くと、かっての高度化事業の成功事例が思い起こされます。
新しい成功事例、果たして隣接街区に何をもたらしているか?
「事業街区」を起点とする「回遊」などが発生しているでしょうか・・・。

 takeoが現地視察抜きで憶測する限りでは、回遊が発生するどころか、来街客の事業実施街区への一極集中が起こり、かっての高度化事業同様、隣接街区の劣位化~劣化~空洞化の促進を結果しているのではないか?

 ということを商人塾で話したところ、視察してきた人がいて、「大いにあり得る」とのことで、街区の活性化は実現できたが中心市街地全体の活性化の展望は果たしてどうだろうか、というところまで話が進みました。

 “これでは中心市街地活性化基本計画は、中心商店街活性化につながらないのではないか”という意見もありまして、takeoは“おっしゃるとおり。みなさんのように商人塾への取り組みを先行させずにハード事業に取り組んでいるケースは挫折する可能性が高いと思う”と述べました。
上述のとおり、これは「いつか来た道」ですからね。

 甲府市中心市街地商人塾、まだ総論段階ですが、すでにファサードを中心に個店ごとの実践が始まっています。
昨日は講義に入る前にそれぞれの取り組み状況を報告していただきました。みなさん、積極的に発表されてお互いに刺激になったことと思います。
すでに売り上げアップを実現した、という報告もあったりして、報告を聞くとお互い「その気になる」ことが出来ます。
相乗効果が発揮されます。

 クローズの専用掲示板には、さっそく、商人塾の趣旨そのままの成果を目指す発言などが書き込まれており、これは是非みなさんにも読んで貰いたいもの、【目指せ!繁盛店】あたりでご披露させていただきたいところです。

 来る7月7日は恒例の七夕、すでに絢爛豪華な飾り付けが行われています。たくさんの来街者にお店をどうアピールするか。
さっそくファサード演出の本番を迎えています。
今日・明日・あさってと引き続きファサードを中心にした取り組みです。

 ファサードなど「店舗環境」整備の各論的勉強は、まだ先の話、現在取り組まれているのは「勉強」以前の取り組みです。
勉強抜きで取り組むファサードの改善、もちろんこれには特別の意味がありまして、自前の技術を作るには、それ相当のアタマの働きというか、働くアタマを作らなければならない。

 というあたりの作業に楽しみながら?取り組んでおられる参加者のみなさん、よろければ【目指せ!繁盛店】へ取り組みの様子など報告してください。

“賢者は他人の失敗に学び・・・

 愚者はおのれの失敗を繰り返す”という言葉がありますが。
他人の失敗を繰り返し真似る人たちを何と呼べばいいのでしょう・・?

 活性化といえば昔から「成功事例・先進事例」を視察する、というのがお定まりの取り組みの一つ、事例視察に先立って「視察要領」を作るという作業さえ行われていないところも多々あるようで。どうせ行くなら遠いところ、とか、近くに温泉があるところ、とか。

 事例視察にあたっては、
①自分たちの問題情況を確認する
②課題を確認する・・先行事例に学ぶテーマを設定する
③成功事例を調査する・最適事例を発見
④先進事例の研究・結果の共有
⑤視察事例としての適性の確認
というプロセスは、当然、視察以前にクリアしておかなければならない。
が、クリアしていることは極めて限られると思います。

 自前の問題意識がしっかりしていないと、「視れども見えず」、先行事例の「自慢話」ばかりが印象に残り、話の途中で見え隠れするる「教訓」は全く耳に入りません。

 ということで「オラがの街」でも失敗事例を追体験することになります。これからもいろいろありそうですね。

 「失敗に学ぶ」ことは大切ですが、学び方を理解しておかないと学び、活かすことが出来ません。
「失敗に学ぶ」に限らず、経験(自分及び他者)に学ぶ」ためには相応のノウハウが必要でありまして、「メタ」に属する知識です。

活性化施策の上滑り防止

 各地の取り組みを取材していますが、痛感させられることは標題のとおり。

 様々な施策が講じられているわけですが、業容劣化スパイラルに陥っている個店群で構成されている商店街の「ショッピング行き先としての再構築」というメイン課題には「かすり」もしていません。空洞化は進展するばかり、です。

 言うも愚かながら。
空洞化は、まず各個店の業容の劣化~機能の空洞化からはじまるわけで、「空き店舗」=目に見えてからでは遅すぎます。
劣化スパイラルに陥っている業容を革新することと、空き店舗に最適テナントを誘致すること、圧倒的に後者が難しいことを考えれば、個店の業容革新は、現下最重要課題ですが、まだ分かりませんか。

 認定一年を経過した中心市街地は、目標の達成状況を報告することが求められていると思いますが、数値達成の状況はともかく、空洞化スパイラルの進展を押しとどめ・反転、活性化実現の目処が立った、すなわち、新・基本計画の方向と方法は適切だった、と胸を張って報告できるものかどうか・・・。

 もし、もんだいがあるとすれば二年目以降の取組で軌道修正が必要かとも思われるのですが、このとき大事なことは、これまで手つかずで来ている「業容劣化スパイラル」への切り込みです。
スパイラルからの脱出の実効的な取り組みを計画し、その達成度合いを新しい数値目標に掲げる、くらいのことはしないと新計画施行一年の不毛を挽回することは出来ないと思います。

 業業劣化スパイラル、状況を直視すれば直接的に効果のある施策を企画しないと、反転することが出来ないことはこれまでの経験が教えてくれているはず、「賢者は失敗に学び・愚者は失敗を繰り返す」、住む人来る人を増やせば通行量がふえ、入店客が増え・街は活性化する、などという「風が吹けば桶屋が儲かる」的思いこみにはキッパリと訣別、「売れる店・儲かる店」の再構築を目指す取り組みを組織しなければならない。
「自助努力の組織化」です。

 シャッターの外側でどんな施策を展開しても、その結果、個店の業容が改革改善されることはありません。業容の賦活に結びつかない施策は、いくら立派な看板を掲げても上滑りするだけです。上滑りを防ぐには、基礎となる事業にしっかり取り組むこと。
つまり、「業容劣化スパイラル脱出事業」を構想・企画し、取り組まなければならない。これ以上、各種事業の思いつき~上滑りは許されません。

 いよいよ重大となってきた「業容劣化スパイラル」からの脱出ですが、課題がいくつかありまして、その件は【商店街起死回生】で。

 なお、クオールエイド社のサイトは、ご承知のとおり、中心市街地・商店街活性化の取り組みに不可欠の情報を満載しています。このサイトとつきあわずに活性化を実現しようというのは、難しいと思います。「不可欠の情報」の中には同サイト以外では入手できない情報がたくさんあります。

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ