FC2ブログ

「テナントミックスの最適化」への挑戦

 ご承知のとおり、国の『基本方針』では商業活性化の基本課題として“中小小売商業の競争力の根幹”である「業種揃え・店揃えの最適化」の実現=小売商業の高度化が挙げられています
もちろん、これは商店街の欠業種を空き店舗に誘致する、といった取り組み(既に空き店舗活用事業などで破綻が実証されている)ではなく、商店街で現に営業中の商業者の自助努力による繁盛再現の取り組みとしてスタートしない限り、実現することは出来ません。
当サイトでつねづね論証しているとおりです。

 既存個店の自助努力の組織化を中核とする「テナントミックス最適化事業」への具体的・体系的な取り組みが計画されていない『基本計画』は、その他の事業がどれほどしっかり計画されていても、こと中心商店街の活性化に関する限り、まず、達成することはできません。
(中心市街地活性化のすキームの主ターゲットは商店街の活性化、ですよね)

 現在までのところ、既存個店の自助努力を組織化して取り組む「テナントミックスの最適化」によるショッピングゾーンとしての再構築(=RSCと棲み分ける都心型商業の再構築)という方向と方法を提案し、その取り組みを支援するノウハウを持っているのは当社だけです。
これは恐ろしいことでありまして、当社とご縁のない都市は、この課題にどう取り組んで行こうとされているのか?
まさか、新スキームに旧計画のお色直しを載せてOKという判断は無いと思いますが・・・。

 新しく取り組みが始まった都市では、関係各方面の関係の改革はもちろん当たり前、商人塾に参加した個店の取り組みが奏功して、「客数・客単価の向上」という成果がさっそく出始めています。
よく“商人塾は漢方薬だ”といわれますが、漢方薬=遅効性とは限りません。商人塾は“取り組めば即日客数・客単価アップという効果が現れる”のが特徴です。

 既存個店の取り組みからスタートする「テナントミックス最適化事業」、これに取り組まずに“商店街を何とかしよう”というのはあまりにも虫が良すぎる話、郊外型商業全盛時代に通用する話ではありません。
何としても「自助努力の組織化」の実現に知恵を出し、汗を流さないと、お金も時間もドブに捨て、商店街はスラム化するという結果に終わることが目に見えています。

 あなたはどう行動するつもりですか?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ