FC2ブログ

『行動計画』作成のお奨め (再)

 当社は、
①出来上がった基本計画に明らかに不備があるが、
②諸般の事情で改正が出来ない
という事情にある中心市街地に対して、計画の不備に対応することで活性化の実現を担保するため、対応策として『中心市街地活性化行動計画(仮称・以下単に『行動計画』)』の作成を提唱しています。

 多くの『基本計画』は後で確認しますが、基本的な構造に不備があり、このまま計画を推進してもその結果として中心市街地が活性化される可能性はほとんど期待できません。
このところ集中的に取り組んが『基本計画』の検討や、各地の計画内容の検討を通じて、このことはさらに鮮明になったことと思います。

 しかし、『基本計画』の不備があきらかになったとはいえ、作成から一年足らずで大幅な改正をするというのは、制度的に難しいかも知れません。「改正」には相当のエネルギーが必要であり、その分、肝心の活性化への取り組み、意欲に負の影響がでないとも限りません。
 また、『基本計画』には市街地の整備改善や都市機能の増進などについての計画も多数含まれているわけですが、現時点での「見直し」ともなると、各方面への予測しがたい影響が出る可能性も否定できません。

 ということで、あらためて『基本計画』を上位計画としながら、新たに「行動」レベルの計画を作成してその「不備」に対処することで、基本計画本来の目的を達成しようというのが『行動計画』の趣旨です。

 これまで何回も引用、説明しているとおり、国は、『基本的な方針』において、従来、商業の活性化についての取り組みが期待されたような成果を挙げられなかった原因として、
①個々の商店街ごとの活性化努力にとどまり、複数の商店街による広域的な中小小売商業の発展に結びついていないこと
②もっぱら基盤整備などの周辺事業にとどまり、中小小売商業の競争力の根幹である業種揃え・店揃えの最適化に関する取り組みが不充分であったこと
③主に事業を営む中小小売商業者を中心とした取り組みであり、地権者等との連携が不充分であったこと
④まちの様々な事業主体との連携が不足していたこと
が挙げられています。
 これらを踏まえて、今後の取り組みは、
1 商業者を取り巻く様々な関係者との連携に立った意欲的な中小小売商業者による
2 業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト事業を総合的に推進し3 周辺地域に波及こうかの認められる商店街等中小小売商業の高度化を通じた
4 中心市街地の賑わい回復に資する取り組みを戦略的かつ重点的に促進する
というように枠組みされています。
(『基本的な方針』第7章2 (1)中小小売商業高度化事業②趣旨) 
 この構枠組みを当該中心市街地の問題情況を踏まえて、「シナリオ」に作り、かつ、具体的な取り組みの連鎖として計画するか、ということが『基本計画』の主任務ですが、実際の計画ではこの「趣旨」が期待するものにはなっていません。

 取り組みの枠組みを簡潔にまとめてみますと、
①事業主体は中小商業者である
②主要な事業領域は「業種揃え・店舗配置」、「基盤整備」、「ソフト事業」である
③関係各方面と連携しつつ、戦略的に、重点的に事業を実施する
ということです。( あらためて身近な『基本計画』の骨格と比較して見てください。)

 当社が提唱する『行動計画』は、この「商業の活性化」への取り組みの中核部分について、あらためて
①『基本的な方針』及び当該中心市街地の問題情況を踏まえ
②現状からスタートする「活性化への道」をシナリオに描き、
③「活性化への道」をたどるために必要な各般の事業を計画し、
「実現への行動」を組織するものです。

 キーワードは、
「中小小売商業者が事業主体」「①業種揃え・店舗配置、②基盤整備、③ソフト事業の一体的促進」ですね。

 行動計画の作成にあたって、特に留意しなければならないこと:
①「業種揃え・店舗配置」は既存店舗の業容革新を含む
②既存中小商業者の経営技術の向上・革新が喫緊の課題である
ということ。
この二つの課題への取り組みを如何に効果・効率的に立案できるか、というところに『行動計画』の成否、ひいては中心市街地化の成否が大きく左右されるといって過言ではありません。

 作成されている『基本計画』の基本的な「欠陥」、補完するための『行動計画』の必要性、『行動計画』の要件などについて、あらためて確認してみました。

 ということで、当社は研究者ではなく「業者」ですから、“出来ないことはいわない、言ったことはやる”わけでありまして、“『行動計画』の作成」が必要であり、作成しなければならない”
という境地に至った皆さんの取り組み、計画作成~実務実践のプロセスを首尾一貫、指導支援する、というのが㈲クオールエイドの事業機会です。

 このところ強調しているところですが、当社のキャパから支援可能な件数は自ずと限られます。目下「協働体制」の構築を目指していますが、機能するようになるまでは時間が掛かりそうです。
「アクセル」問題など、喫緊の取り組み構築が必要な中心市街地、商店街の皆さんは、なるべく早くコンタクトをとってください。
 
 いろいろと事情につい思案する前に、何はともあれ、当社に事情を説明されることをお奨めする次第です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ