FC2ブログ

基本計画は商業者を鼓舞できるか

 『中心市街地活性化基本計画』とは何か。
中心市街地に「望ましくない現状」があり、その状況から脱出して「望ましい状況」へ移動する、移動を確実にするためには、移動のシナリオを作り、それを実現していく仕事を決め、段取りよく実行しなければならない。
この段取りが中心市街地活性化計画の役割です。

 「法」における基本計画の主要な目的は、言うまでもなく中心市街地(都市の商業街区のこと・「中心市街地の三要件」を想起せよ)における都市機能の増進と経済活力の向上を実現することです。基本計画を作成して中心市街地の活性化に取り組む都市は、このような意味での「中心市街地活性化」に課題として取り組むことを決意したことを意味します。

 商業街区の活性化 ―都市機能の増進と経済活力の向上― のための取り組みの主要な対象となる都市機能とは何か?
言うまでもなく商業機能ですね。

 中心市街地活性化の主要目的は都市中心部・商業街区の活性化であり、商業機能の活性化である、ということを了解すれば、二つの問題に直面することになります。
(難しい問題、未経験レベルの問題は「解決可能な問題に置き換える」作業が不可欠、ただし「置き換え」には理論と能力が必要です。)

 第一、業容が環境の変化に対応出来ていないため、空洞化している既存商業をこの取り組みにどう位置づけるのか。

 第二、商業街区の空洞化と並行して発展した「郊外型商業」との関係をどう規定するのか。競争かそれとも別の道を見いだすのか。

 この二つの問題への解となる方向と方法、即ちシナリオの構想無くして、活性化のための施策・事業を考えることは出来ません。
もちろん、さまざまな「活性化施策」がストックされていますが、それらの施策を活用して活性化を達成するには、まず、「移動」のためのシナリオを作り、これに基づいて既存の施策を選択し、あるいは新たな施策を考案して、適時適所で実行して個別事業の成果を集積していくことが必要です。、「シナリオ」が先行していないと基本計画は作ることが出来ません。
シナリオに沿って、いつ、どこで、だれが、何を、どうするのか、という作業のマトリックスが計画ですからね。

 さて、二つの課題への解決には、「既存商業者の自助努力を組織して取り組む」ということが方針になることは言うまでもありません。
その根拠:
①商業街区の活性化とは既存商業施設の活性化である。
②郊外との集積間競争に対処するには商業街区を商業集積として再構築することが必要である。
つまり、中心市街地・商業街区の活性化とは、
①既存商業者の自助努力を組織して、商業街区を一個の商業集積として再構築する
②再構築を目指す商業集積が担う機能は、郊外の集積とは異なるものである
ということが大方針になります。
これは、どのような基本計画を作ろうとも、それに先だって存在する「目的」から直接導き出される・基本計画が従わなければならない方針です。(本来こういうことを書いておくのが基本計画の冒頭:「基本的な方針」の項の役目でしょう)

 既存商業者、個店・商店街・その他の商業移設・・、それぞれの自助努力を、同じ期間に、一定の方向へ集中させることで、各経営単位の繁盛と集積としての再構築を同時に実現していく、これが基本計画に課せられた任務です。
これまで存在しなかった問題に取り組む、未曾有の取り組み成功させなければならないわけで、シナリオ~計画~実施には相当の能力・努力を要することは当然です。

 スタート時点で特に重要なことは、商業者をその気にさせる、ということ。
多くの商業者が事業の将来についての展望、繁盛再生の道を確定できず、模索している状況において、「これが活性化への道・繁盛への道だ」と方向と方法を提起し、合意を形成しなければならない。
 この合意があってはじめて「合意された方向と方法」に基づく基本計画を作成する、という段階に進むことが出来ます。出来上がった基本計画を主要に推進していく尾はだれの仕事か、ということを考えればごくごく当たり前のことですね。そうでしょ?

 実際に作られている基本計画は、本末転倒しています。
国のスキームが出来たから基本計画を作る。先行事例に真似て作る。合意形成は基本計画が出来あがってから。
という取り組みでは、もちろん、商業者の「自助努力の組織化」などは言い出せません。
「自助努力が必要な現状」の分析も出来ません。

 基本計画はもっぱら自助努力の有無、水準とは直接関係なく取り組めるシャッターの外側に集中、お為ごかしに一店逸品などの「販促活動」を組み込んで一件落着。

 これまでのところ、そういうことで進んできたわけですが、いよいよ、「魅力ある売り場」「ショッピング行き先としての充実」をシャッターの外側で作ることは出来ない、ということが、本当に・だれの目にも・明らかになってきました。

 そこで問題。
あなたの都市で作られている基本計画は、商業者を「その気にさせる」、この計画に自分の商売の命運を賭ける・賭けても悔いはない、というレベルで作られているでしょうか?
いつ・どこでそのことは確認されましたか?
いつ・どこで確認するのですか?

 ということで、一読した商業者が取り組み意欲を鼓舞され、従来の行きがかりなどとは無関係に「自助努力の組織化」に集中できる内容を持っていない基本計画は、出来るだけ早く見直すこと、その際は「計画」に先立って「シナリオ」を作り、商業者の合意を得てから作ること、作成過程の一部始終を商業者の参画のもとに推進すること、などはこれまでの記述から当然の実現しなければならないことですね。

 あなたのまちの基本計画、商業者を鼓舞することが出来たでしょうか?
まさか商業者が何も知らない間に作ってしまった、認定も済んだ、ということは無いでしょうね。
イヤ、商業者代表は参画した、ってあなた、既存組織のトップはこういう中心市街地の命運を左右する計画作りに商業者を代表する、と言う権能は持っていませんからね。
だれも認めていませんよ、当の委員会に参加した人を含めて。

 ということで、基本計画、これから作るところは、作成体制をスタートする前に、「活性化へのシナリオ」を作り、商業者に提示して合意を確保しておくこと。

 商業者が「その気になって」基本計画作成過程を注視し、一語一句について論議する、完成を一日千秋的期待をもって待ちわびる・・。
こういう状況が現出するか否かに、基本計画作り、引いては中心市街地化の成否が掛かっているのだ、ということは常識中の常識だ、と思うのはそんなに非常識でしょうかねぇ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ