FC2ブログ

北九州市 中心市街地活性化基本計画 レビューのスタンス

 なぜ、レビューが必要か?
あらためて確認しておきたいと思います。
(※もちろん、この作業は同市がサイト上における「パブリックコメント」の公募に呼応したものです)

 『整備改善活性化法』当時も、
①市街地の整備改善
②商業等の活性化
以外にも
③都市型新事業の立地促進
④公共交通機関の利便促進
その他の事業に取り組むことが期待されており、もちろん②関連の施設設置では「住宅付き」は当然でした。

 と言うことで、当社とおつきあいのある某市などは、“新法のスキーム中、「商業の活性化」以外は旧法当時に大体やってしまった、問題は「商業の活性化」を実体的にどう実現するかだけ”ということですから、新「法」のスキームに基づく『新基本計画』作成の課題は、
「整備改善活性化法時代に実現できなかった商業の活性化をどう実現するのか?」
それも「商業活性化以外の事業に過度に依存することなく」と言う条件付きで。
ということです。

 新基本計画で計画されている非商業的施策については、予算措置さえクリアすれば、商業活性化とは別のスケジュールでどんどん進んでいきます。その結果については、従来の経験や他都市の取り組み状況など、参考事例は山ほどありますから、「過度に依存」すると商業だけが置いてけぼり喰らってしまう、と言うことはもはや「ニッポンの常識」ではないでしょうか。

  「『整備改善活性化法』当時的商業の活性化事業」プラス「(福利施設プラス居住施設の整備)」という、これまでの新「法」対応『基本計画』、即ち、青森&富山両市の『基本計画』のパターンに右へならえしたレベルの計画では「中心市街地の商業の活性化」という目的は達成できない。
 本当に中心市街地の商業の活性化を実現したかったら、両市の『基本計画』が敷いた、「旧法当時の商業活性化方策プラス非商業的施策」という「商業活性化の方向と方法」に明確に訣別、新しい方向と方法を模索・確立しなければならない、

ということを論証する作業だと理解してください。

 私見では検討中の『北九州市中心市街地活性化基本計画』は、その基本的な視点・姿勢において、青森・富山両市の『基本計画』が敷いたスキームを踏襲しているように思われます。
両市が敷いたレールの(商業活性化に関する取り組みの)問題点は、
「基本計画 見直しへの5つの課題」
で検討しているとおりです。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ