FC2ブログ

北九州市の基本計画を読む

 目下勉強中ですが、みなさん、いかがでしょうか。

 昨日開催された勉強会でも申し上げたのですが、この時期、“商店街を活性化しよう”といった途端、まず、何はさておき回答を出さなければならないことは、郊外のショッピングセンターとの関係をどう考えるのか、ということと、商店街既存の各個店の活性化に同取り組んでいくのか、ということです。
この二つの問題をあたかも存在しないかのごとく無視して、「活性化出来ないのは点や線の取り組みだったから、とか、商業施策に偏重していたから、と「総括」してもそこから有効な手立てが出てくることは期待できません。

 基本計画は作成するに先立って、この二つの問題について、「方向と方法」を明らかにしない限り、作ることは出来ません。
本来「計画」とは、ある目的を達成するために必要な取り組み・仕事の計画ですが、それは一定の「方向と方法」に基づいて組み立てられた全体としての仕事の段取り=シナリオがなければ、本来期待されている機能を発揮することが出来ません。
これは事業の性格や規模に関わらず共通していえることです。

 大規模な区画整理などで街区の店舗群の改造を計画する場合、改造計画に先立って、まず、当該街区が都市広域において担うべき商業機能を決定司、これを実現する方向で街区の改造に取り組む、というのはごく当たり前の方法だと思うのですが、果たして実際の基本計画における事業はそのような段取りで計画されているでしょうか?

 また、街区・商店街が分担する商業機能は、個店の売り場によって担われるわけですが、既存個店の売り場の転換、空地空店舗を利用した新規売り場の導入などは、どのような方法で実現sれようとしているのか?

 このあたりを、①魅力ある個店づくり ②テナントミックス、テナントリーシング手法の導入 などと一言で済ませている計画は、“何も分かっていない”人が作った計画です。
実際には、既存個店をどのような方法で「魅力ある売り場」に転換していくのか、OVSを実現するためには空地空店舗どのような売り場をどこから誘致するのか、それらの活動は計画期間を通じてどのように展開するのか、といったことは中心市街地活性化基本計画のもっとも基本となる部分ですが、既存の基本計画からはものの見事に欠落しています。

 目下取り組んでいる北九州市の基本計画のレビューについては、パブリックコメントが要請されているという事情もありますし、先方にお断りしての作業です。
この機会に、青森・富山両市の基本計画が敷いたレールを徹底して見直す作業としてさらに続行したいと思います。
表見、北九州市の計画の検討という形をとっていますが、上述のとおり、両市の基本計画に随従して作られている基本計画全体に共通する検討のつもりです。

 みなさんは、出来るならば、計画決定から一年を経過した両市の基本計画の内容及び実際の取り組みの現状と照合させながら検討していただくと幸いです。

 作業の趣旨・目的は、言うまでもなく、
①これから計画を作る都市の参考に供するため
②作り終えている都市の計画の見直しに資するため
さらにパブリックコメントの趣旨に即して
③北九州市の計画の改善に資するため
ということですが、もちろんこれはtakeoの主観ですから、みなさんや当事者には果たしてどう受け取られるか、なかなか予測しがたいとところであります。

 takeoとしてはお役に立つことを望むばかりです。

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ