FC2ブログ

イオンの課題

(承 前)
イオンの最大の欠陥は、中核事業である「ジャスコ」の業態定義が出来ていないこと。
 量販店、GMS、日本型GMS、ビッグストア、大型スーパーなどなど、ホントにまちまちによばれているのが、ジャスコ、ダイエー、イトーウヨーカドー、セイユーなどが作っている業態です。
定義していないということは、ジャスコがターゲットにしている消費購買行動という対象も明確にされていない、したがって「業容A3」の整備という、小売業一般が直面している課題への対応もほとんど意識されていないわけです。

 日本型GMS(と便宜上呼んでおきますと)の出生の秘密については、安土敏『日本スーパーマーケット原論』(ぱるす出版)に詳しく説明されています。(同書は中心市街地・商店街活性化関係者必読)
米国から輸入された「スーパーマーケット」が折からの高度成長期を背景に「大量に売れそうなものなら何でも売る」という情念に推されてその方向へ、無自覚的に業容の中身を「もっと売れるように」改善していった結果が日本型GMSとして「結実」しているわけです。
日本型GMSは、「総合通販業」からスタートした米国のGMSとは似て非なる出自、両者のA3は根本的に違います。

 「大量に売れそうなものなら何でも売る」という情念に基づいて無自覚的に形成されている業容を指して、当サイトは「量販百貨店」と命名したわけです。“量販出来そうな百貨を扱う店”ですね。

 さて、スーパーマーケットを作るつもりが(間違って)量販百貨店を作ってしまった量販百貨店業各社ですが、その後、この自分たちが作ってしまった業容を定義するという仕事は、ジャスコに限らず、どこもやっておりません。
業態の定義抜きで商売が出来る、マネジメントが出来る、と考えているのが量販百貨店各社の現状です。
この情況を見て、“量販百貨店はもうお終い”というのは簡単ですが、それをいうなら“中心商店街は活性化できない”と宣言するのが先でしょう。

 さて、米国からSM業態を輸入し、その自然成長として量販百貨店という「「成長路線」に乗った各企業は、消費購買行動の変化をキャッチして業容を調整していく、と言う機能を装備することがありませんでした。

 「もの余り・店あまり」と総括される時代環境における、ジャスコの存在価値とは何か、量販百貨店が分担する小売機能とはどのようなものか?
という問いが社内的に自覚されているのかどうか、少なくともリーズナブルな解明が為されているとは思えません。
量販百貨店各社の経営は「漂流時代」に入っています。

 ということで。
 イオン最大の課題は、中核事業であるジャスコの「事業の定義」がされていないこと。
ジャスコが定義されていないということは、イオン全体が「事業定義の必要性」を理解していないレベルにあるということですから大変です。この欠陥は「日本がダメならアジアがあるさ」ということで解決されるものではありません。

 伝えられる不採算店の撤退も基準は「業績」でしょうから、いわば、消費購買行動の趨勢に随従する、ということであり、反転攻勢の戦略がありません。もちろん、消費購買行動に対しては、ライバルからの強力な働きかけがありますからね。
「逐次撤退」という最悪の結果に陥らないとも限りません。

 「業態連合」として成立しているイオングループをより統合性を強化していこうという方向もあるようですが、これは「定義無き統合」、さらには「小売理論無き小売業態統合」ですから、・・・。

 ということで、今回の中期経営方針の陰には、「過渡期」に直面しているイオンの苦悩がかいま見えるわけですが、はっきりしていることはこの基本方針では過渡期を新たな成長へのスタートにすることが出来無い、ということではないでしょうか。

 それもこれも、ジャスコの業態定義が出来ないということ、ひいては業容論を含む商業理論が装備されていない、という経営の根幹部分の欠陥に起因しているのではないか、というのが当社の見立てです。この見立て、あなたはどう評価されますか。

 こうしてみると、あらためて「中心市街地・商店街活性化の定義」や、「来街目的の再定義」の重要性が実感されるのではないでしょうか。

 イオンが直面している課題は、もちろん、日本型GMS各社、さらにはRSCの戦略的な課題でもありまして、当社サイトで「ワンビジットショッピング」というテーマを切り口にさらに専門的に論じます。
 『ワンビジットショッピングとテナントミックス』 

 ちなみに、ワンビジットショッピングという専門用語を創発、駆使して商業集積論を展開する、というのは当社の独壇場です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ