FC2ブログ

「アクセル」関連の緊急課題

 中心市街地活性化との関連で大型商業施設、特に広域型ショッピングセンター(以下「RSC」)への対応が方々の都市で問題になっています。

 特に、「アクセル&ブレーキ」という新施策に後押しされる形で中心市街地内部に進出してくるRSCに対して、
既存商業側はどう対応したらよいか?
という問題は、一般に郊外立地のRSCよりも切実な問題となります。
※活性化を牽引する手段として活用する
※既存商業への負の影響を抑える
という課題がありますからね。

おきまりのパターンは、関係各方面の組織から宛て職でメンバーを集めて「協議会」を編制、「対応策」を考えよう、という無責任な方策。
無責任だというのは、こういう協議会で有効な施策が案出されるハズがないから。

 RSCを活用する、悪影響を抑える、いずれにせよ、施策を講じるためにはまず、「RSCとは何か?」ということを関係者が理解していなければならない。
問題を理解せずに解答は出せませんからね。
RSCを理解していない協議会で出てくる施策といえば、「回遊性の強化」=通路、交通手段の整備、共同販促と決まっています。
RSCを理解していれば、こういうありきたりでは「対応策」にならないことが分かるのですが・・・。
対応策として適切でないことを対応策として実施しても問題は解決できません。その間も問題はさらに大きく、深刻化していくことになります。
空洞化を阻止し、活性化を実現することを目的に立案された諸施策が推進されている間も、商業機能の空洞化はどんどん進行し状況はさらに悪化している、という状況はまさにこのことの証明です。

 ということで、アクセル問題への対応は、中心市街地活性化の取り組みが陥っている全体としての「閉塞状況」を打破していくつもりで取り組むことが肝要です。

 そのために直ちに取り組むべきことはなにか?
「RSCの正体を理解すること」です。
本来、“中心市街地活性化を活性化したい”と思ったとたん、まず考えなければならないことは、“郊外型商業、特に「RSCとの関係」をどう考えるべきか?”ということでした。
競合するのか、棲み分けるのか
いずれにしても、「RSCとは何ものであるか」ということの理解は大前提です。そうですよね?

 この大前提の解明をサボって作られているのが、新・旧の『基本計画』ですから、「アクセル施策」としてRSCの導入が計画されると、当然、これまでのサボリのツケが回ってきます。

 RSCを理解する、という作業抜きで取り組まれる、「活用&対応」はいずれも必ず失敗します。
なぜ、断言できるのか?
RSCの正体を理解すれば、その理由が分かります。
実地に体感したいという人には「先行事例」をご紹介します。

 ということで。
中心市街地活性化に取り組んでいる全国的皆さんに共通する緊急の課題は、「RSCの正体を理解する」というこれまで積み残してきた「大問題」にいますぐ、かつ、適切に取り組むことです。

 この作業をパスして各種事業に取り組んでも、「活性化の成功」を実現することは出来ません。
 「RSCを理解せずに中心市街地・商業の活性化は達成できない」事例は全国至る所にあるではありませんか。

 「アクセル」問題へのアプローチはまず「RSCの正体を理解する」ことから。
★【超大型SC対策 緊急勉強会】

勉強会ではRSCが中心市街地に進出してくる場合に起きることを
※進出表明が行われて起こること
※RSCがオープンしてから起こること
に分けて詳しく説明、そぞれいますぐ着手すべき対策を提案します。
※6時間という長丁場ですが、それがどうした(笑)、
いまどき、たった6時間で中心市街地活性化に不可欠の知識の共有が達成される、こんないいことは無い、と考えるべきです。

 勉強会の提案は色々あると思いますが、こういう切実・緊急課題についての勉強会は、当社がもっとも得意とするところです。

※この課題への対応を免れる都市はないわけですが、
さあ、御地はどうされますか?
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ