FC2ブログ

八代・佐世保 両市のアクセル問題

 新スキームで提示され、新『基本計画』に採用されるケースが出始めている「アクセル&ブレーキ(大型集客施設の郊外への新設を抑制し、中心市街地への進出を促す)」システムですが、安易に取り組むと新たな問題のタネになります。
特に「広域型商業施設(リージョナルショッピングセンター=以下RSC)」を誘致した都市では既存商店街との関係・域内競合及び域外競合への対応という構図で、これまでに無かった新しい問題が発生しています。

 この問題については、当社にもほうれん草が届けられており、微力ですが取り組みを支援しているところです。

 その中で痛感することがありまして、それは、「アクセル」即ち大型集客施設(特にRSC)の誘致をめぐる問題においては、これを誘致する側も、反対する側も双方とも“ショッピングセンター、特にRSCとは何か”ということについて、“小売業が地域において果たす役割、その各種業容における分担の有り様”というレベルでの理解がほとんどないまま、論議が行われているということです。
もっぱら消費者レベルの「常識」で思考・論議が行われているのではないか?
RSCについての理論的な解明無くして、対応策を講じるための建設的な議論は出来ません。
※ちなみにショッピングセンター業界におけるRSCの定義は、我々には役に立ちません。

 寄せられる「ほうれん草」への対応は、「勉強会」の提案~開催からスタートすることになります。
目下そういう取り組みが複数の都市・商店街で進行中です。

 この問題は、これまでの中心市街地活性化の取り組み、―計画作成から個別事業の実施まで― に重大な欠陥があることを何よりも雄弁に物語っています。

 重大な欠陥とは何か?
それは、旧法施行以来、これまでの取り組みにおいて「ショッピングセンターとは何ものか?」という問いが発せられることは無かった、したがって理解するための努力は行われず、もちろん基本計画において対応策は全く講じられていない、ということです。

 もし、これまでの取り組みでRSCについての理解が共有されていたなら、「アクセル」としての活用の計画、既存商店街との連携などの対応も「中心市街地の活性化の実質的な推進」を実現する方向で立案され、既存商店街等の活性化策と一体的に基本計画に載せられ、推進されたはずです。

 残念ながら、基本計画は「RSC」についての理解がないまま作成されています。そして、そのことの「ツケ」が今甘さに「アクセル」問題という形で噴出しているのです。

 さらに恐ろしいことに。
RSC理解しないまま基本計画は、おそらく「小売商業論」「商業集積論」も持ち合わせていなかったと思われます。
(そういう知識を少しでも持っていれば、RSCの解明は計画作成作業のイの一番的作業として取り組まれたはずです。)

 “商業理論ぬきで商業の活性化に取り組む”というレベルの基本計画に対する、現実からの「トガメ」は、異なった局面でもさらにきびしい問題として現れ始めています。
既に気づいている人が多いと思いますが、中には全然気づいていない人もいます。
 取り組みの見直しという問題が浮上するのは時間の問題ですが、その時、果たして適切な対応、態勢が取れるものかどうか・・・。

 前置きが長くなりましたが、現在、【都市経営】及び【商店街起死回生】において、タイトルの両市における「アクセル問題」を考えています。

 状況は、

佐世保:これから商店街直近に大規模商業集積が進出
八 代:2005年商店街近郊に《ゆめタウン八代》オープン
 ということです。

 現時点での事情は異なりますが、商店街直近の立地に進出するRSCにどう対応するか、ということでは共通した問題です。(時系列では、ちょうど両市の中間に、昨年末、アクセル=ゆめタウン別府のオープンをみた別府市があります。同市の問題情況ー対応については既に論評しました。)

 目下、それぞれのコーナーで集中的に考察中です。
なお、両市とも当社は支援業務にはタッチしておりません。もっぱら公開されている情報に基づく第三者として立場での作業です。

 都市・商店街という二つのコーナーで、両都市におけるアクセル問題、―進出済みと計画中― を論じているわけですが、対象はいずれも「アクセル的核機能」を機対されている大型商業施設ですから、重複するところがたくさんあります。
 議論を進めるにあたっては、商業論、商業施設論、RSC論あんどなど、考察に必要な前提知識の紹介も交えて進めていますが、一方のスレッドで説明したことは、他方のスレッドでは前提知識として扱います。

 「アクセル論」に関心のある皆さんは、ぜひ両コーナーにまたがって展開する記事のすべてフォローされるようお奨めします。
二コーナー、二都市分を合わせると「中心市街地活性化・切り札視されるアクセルへの対応の考え方」になるはずです。また、作業に伴い、基本計画で触れられていない「RSCをはじめとする郊外型商業への対応」の方向も自ずと明らかになり、さらに、「対応策」を考える中で「中心商店街活性化の方向と方法」も見えてくると思います。
ぜひ、集中して取り組んでください。

 特に、当社とほうれん草送受関係にある皆さんは、今後の取り組みの前提として必須課題ですから、出来るだけ関係の皆さんで共有してください。

★この企画を契機に当サイトへおいでになった皆さんへ。

 記事中にはこれまであまり聞かれたことのない用語が出てきたりして、なにやらむずかしそうな第一印象かも知れませんが、おつきあいいただき、慣れてくるとけしてそんなに難しいことではない、どちらかといえば、「当たり前」のことを言っているのだということが理解されると思います。
慣れない作業で大変だと思いますが、中心市街地活性化の実現に不可欠のことなのでちょっとの間辛抱しておつきあいください。

 ご承知のとおり。
RSCが「商店街との回遊」を標榜して直近立地に進出してきた場合、商店街は何を為すべきか、ということについてはこれまでどこからも・誰からもほとんど提案されておりません。

 当社的には、ホンキで対応し繁盛を再現したかったら、
“これくらいの勉強と実践は当たり前ですよ”
というレベルのことを提案しています。
気に入らなければ、他を当たるか、自分で立ち上げるか、いずれにしても当サイトの提案よりも易しく・実効力のある方策を見いだすのは極めて困難だと思います。
このあたり、ホントにしっかり吟味してください。

 おっと、もちろん、選択肢はもうひとつありまして、「これまでどおり、RSCなんか関係ない、という道を歩き続ける」という道ですね。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ