FC2ブログ

商業集積と売場連携

 一口に商業集積といっても、定義次第でいろいろです。

 商業関係の「専門用語=業界用語」は、使う人によって定義がまちまち、中には「定義抜き」・固定名刺と同じような感覚で使っている人もいます。本人はどういうつもりであれ、中心市街地・商店街活性化について、業界用語を用いて考えたり・話したりする場合、本人の中では必ずそのコトバの意味が前提にされています。

 業界用語の多くはその定義が、業界関係者に共通しているわけではありません。
「中心市街地活性化」「商店街活性化」といった最も基本的な用語さえ、定義は共有されておらず、「共有が必要だ」という問題が取り上げられることもありません。
同じ業界用語を用いて論議をしていても、議論が噛み合わない、総論は合意形成出来るが各論に入ると頓挫する、というのは言葉の問題も多いに関係しています。

 「商業集積」なども定義が共有されていないのに会議や計画で頻繁に用いられている用語の一つです。

商業集積とは何か?
理解していないと、「中心市街地の商業集積を一個のショッピングモールと見立てて・・・」というタウンマネジメントの根本が分かりません。

 「商業集積」という専門用語を思考・実践の道具として使うためには、「売場連携」を理解しておくことが必要です。
もちろんその前提としては「問題解決としての消費購買行動」とそれをビジネス機会とするための「商業理論」が必要です。
 いつも申しあげていることですが、このあたりの課題について従来的商業理論は無力です。

 続きは、サイトの【理論創発】で。
『商業集積論』、もちろん、商店街・商業集積関係者にとってその修得は必須課題だと思いますが如何でしょうか。

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ