FC2ブログ

《ゆめタウン》に直面している皆さんへ

 このところ、サイトの各掲示板で集中的に取り上げていますが、北部九州各地の中心市街地で《ゆめタウン》問題が起こっています。
SC一般論ではなく《ゆめタウン》という特定のショッピングセンターの動向とその影響にどう対応するか、という問題です。

 二つのパターンがありまして。
①郊外に出店してきた《ゆめタウン》との対応
②御市中心市街地に出店した《ゆめタウン》との対応

 いずれもその出店には“消費購買力の市外への流出を阻止するとともに、中心商店街への回遊を期待する”という期待が掛けられていたようですが、結果はどうだったでしょうか?

①市外のSCへの購買力流出はある程度止まった が、
②中心商店街への回遊は起こらず、むしろ商店街の顧客のSCへの移動が顕著になった
商店街は販売額の減少・空き店舗の増加・・・、こと志と異なり、中心商店街の空洞化に拍車をかけることになりました。

 計画した皆さんにとっては意外な結果だったかも知れませんが、商業理論的には予測されていたことです。

 早急に「《ゆめタウン》対策」を講じなければならない。反対した人たちは、ほら見ろ、言わないことじゃない、という心境ではないかとお察ししますが、責任の云々などで、荏苒、日にちを空費することは許されません。推進への理論的な対案=中心市街地はこうすれば活性化できる、という「方向と方法」は、誰からも提出されていなかったのですから。
一日、一時も早く「《ゆめタウン》出店後」を織り込んだ活性化への行動計画を、関係各方面、一致協力して立案することが緊急の課題です。

 既成事実としての《ゆめタウン》を中心市街地活性化の取り組みにどう位置づけるべきか?
難しい問題です。

 中心商店街の活性化に取り組んでいくにあたって、あらためて、
《ゆめタウン》をどう位置づけるのか?
どうすればゆめタウン出店の商店街に対する負の影響を最小化し、プラス効果を極大化することが出来るか?
という問題に、《ゆめタウン》を含む関係各方面が、総力を挙げて取り組まなければならない。
ということですね。

 うまく取り組めば、《ゆめタウン》の出店を「中心商店街・起死回生」のスタートにすることが出来るかも知れません。出来ないかも知れませんが。
取り組むにあたって大切なことは、この間、商店街を「買い物の場」とし充実させる取り組みは「手つかず」のままであ利、今現在も未着手のままだ、ということです。
 中心市街地活性化とは、煎じ詰めれば、中心商店街活性化であり、究極、買い物の場である「売場の活性化」ですからね。
売場革新という仕事をおっぽりだしてままでは、出来ることもできなくなるのは当たり前です。

■もちろん、この問題は北部九州諸都市にかぎったことではありません。「基本計画」に“郊外型SCとの対応”を構想していない・あるいは構想していても方向と方法が間違っている都市にとってけして他人事ではありません。」
中心市街地を「所得の場」として再構築するのか、それとも「際限なく予算を飲み込むドブ」にするのか、皆さんの取り組み如何に掛かっています。ご承知のとおり。

*)ゆめタウン:広島市に本社を構える㈱イズミが中国~四国~九州に展開するショッピングセンター。イオンと四つに組んで押し気味。その最新版が《ゆめタウン佐賀》
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ