FC2ブログ

基本計画 商業の活性化が最終目標

 基本計画の認定が着実に進んでいるようですね。

 状況を見ていて危惧されることがありまして、直裁に述べて皆さんの検討に供したいと思います。

1.商業の活性化を目指すさまざまな事業が計画されているが、それらの事業群を展開することで実現を目指す「中心市街地・商業機能が実現するありかた、機能」は明確に掲げられているか?

 大変、重要なことです。旧スキームでは、
①市街地の整備改善事業と
②商業等の活性化のための事業を
③一体的に推進することで実現を目指す目標(一体的推進の目標)を設定し、
④これを達成するために必要な事業を企画・展開する、
と言うカタチになっていました。
さらに「一体的推進の目標」としては、「TMOの任務」と言うカタチで、「ショッピングモールとしての再構築」が提唱されました。

 旧スキームにおいて基本計画が実現を目指す「一体的推進の目標」は“ショッピングモールとしての再構築”という明解なものでした。
 残念ながら、商業理論を装備していないとわかりにくい目標でしたから、多くの基本計画がこのことに気づかないまま、従来の商店街活性化構想などパターンの延長上で基本計画が作られました。

 その結果、旧スキームによる取り組みの多くが挫折したことはご承知のとおりです。もちろん、個別テーマについては成果が挙がった事業もありましたが、こと「商業の活性化」という「一体的推進の目標」が首尾良く達成された都市はほとんど無かったのではないでしょうか。

 原因は、「一体的推進の目標」の設定にあったと思います。
ショッピングモールをめざすべきところ、「賑わい作り」とか、「交流文化の街づくり」といった抽象的な文言を「目標」として掲げたことが最大の原因だった、というのが当社の見解です。
その証拠と言ってはなんですが、旧スキームにおける事業の結果として「商業集積としての機能の充実」の実現には一歩も近づけなかった、ということを指摘したいと思います。

 旧スキーム時代の取り組みについては、以上でお終いです。
問題は「商業等の活性化のための事業」に取り組むことで実現を目指すべき「目標」が明確に掲げられていなかった、ということです。

 新スキーム時代になって顕著になっていることがあります。
それは「中心市街地活性化の目標」が一見、一段と抽象的になっていることです。

 国が示される『基本方針』では、中心市街地活性化の意義として、
*****以下引用*********
活性化された中心市街地は、
①商業、公共サービス等の多様な都市機能が集積し、住民や事業者へまとまった便益を提供できること
②多様な都市機能が身近に備わっていることから、高齢者等にも暮らしやすい生活環境を提供できること
③公共交通ネットワークの拠点として整備されていることを含め、既存の都市ストックが確保されているとともに、歴史的、文化的背景と相まって、地域の核として機能できること
④商工業者その他の事業者や各層の消費者が近接し、互いに交流することによって効率的な経済活動を支える基盤としての役割を果たすことが出来ること
⑤過去の投資の蓄積を利用しつつ、各種の投資を集中することによって、投資の効率性が確保できること
⑥コンパクトなまちづくりが、地球温暖化対策に資するなど、環境負荷の小さなまちづくりにつながること
などから、各地域ひいてはわが国全体の発展に重要な役割を果たすことが期待される。
********i引用終わり**********
とあります。
①~⑥を中心市街地において実現することが、新基本計画の目的です。
なんだか、目標が増えたり、抽象的になったような印象がありますが、けしてそうではないと思います。

 商業理論を前提に読みますと、新基本計画の目的が旧基本計画のそれと根本においてほとんど変わっていない、ということが確認されるのです。なぜそう言えるか?
 エントリーを変えて検討してみましょう。

■ 中心市街地活性化の意義

 では検討してみましょう。

活性化された中心市街地は、
①商業、公共サービス等の多様な都市機能が集積し、住民や事業者へまとまった便益を提供できること


旧スキーム当時と同じです。
①都市機能の増進と②経済活力の向上が実現されます。

②多様な都市機能が身近に備わっていることから、高齢者等にも暮らしやすい生活環境を提供できること
これは、①が達成された結果として実現します。

③公共交通ネットワークの拠点として整備されていることを含め、既存の都市ストックが確保されているとともに、歴史的、文化的背景と相まって、地域の核として機能できることこれはOKです。
ただし、空洞化しているということは、来街目的としての魅力に欠けるところがありますから、①の充実が実現すれば、相乗的に都市の中心性を向上させます。

④商工業者その他の事業者や各層の消費者が近接し、互いに交流することによって効率的な経済活動を支える基盤としての役割を果たすことが出来ること①の結果ですね。

⑤過去の投資の蓄積を利用しつつ、各種の投資を集中することによって、投資の効率性が確保できることその可能性を確立するのが①です。

⑥コンパクトなまちづくりが、地球温暖化対策に資するなど、環境負荷の小さなまちづくりにつながること総合的な留意事項です。

ということで、
なんだか、目標が増えたり、抽象的になったような印象がありますが、けしてそうではないと思います。
ですよね。
商業理論を前提に読みますと、新基本計画の目的が旧基本計画のそれと根本においてほとんど変わっていない、ということが確認されるのです。なぜそう言えるか?


早い話。
中心市街地の活性化は、商業・サービス機能の活性化を実現しないことには始まらない、ということですね。

さらに。
商業の活性化は、“商業施策だけでは実現できない”と何の根拠も示さずに言い放ち、商業以外の施策に邁進する、というのがよく見かけられますが、おおきな間違い。
商業機能が商業以外の施策の結果として充実したり活性化したりすることは不可能です。
よくご承知のとおり、商業は、品揃え、サービス、提供環境の三点セットで構成されています。商業の活性化とは、三点セットを顧客ニーズのあり方に対応して再編(革新)させることを通じて実現されます。
三点セットの革新が、商業施策以外の方法で実現できますか?

 ということで、新スキームのもとで作成される基本計画、さまざまの目標が設定できそうですが、最優先の目標は「商業機能の再構築」ですからね。
三要件的中心市街地において、商業の活性化を実現できなければ、そこはもはや中心市街地では無くなる、ということを意味します。
住宅が建て込んでいたり、業務用建造物が軒を連ねる街区が島外と市の顔「中心市街地」というのは、あり得ない話。
どうしてそういう街区を「都市の顔」と呼べますか?

ということでタイトルのとおり、中心市街地活性化のキモは、商業の活性化ですね!

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ