FC2ブログ

コレット井筒屋

小倉伊勢丹の後継4月1日誕生 店名は「コレット井筒屋」 団塊ジュニア照準

西日本新聞

 井筒屋(北九州市)は25日、経営を譲り受ける小倉伊勢丹(同)の新店名を「COLET IZUTSUYA(コレット井筒屋)」に決定したと発表した。小倉伊勢丹は3月25日で営業を終了し、4月1日から新店が開業する。新店は、35歳前後の女性を主な客層に想定し「本店と異なる特色を出したい」(江本幸二・井筒屋社長)としている。

 商号の株式会社小倉伊勢丹も4月1日、新社名を「コレット井筒屋」とする。新社長には、井筒屋執行役員の荒牧浩一氏(63)が就任する予定。

 「コレット」は、「一緒に」「集める」「…しよう」などの英語を組み合わせた造語。約20点の新店名を候補に挙げ、社員に提案したところ、若手女性から最も多く支持を集めたという。

 新店では当面、小倉伊勢丹の売り場を現状のまま引き継ぐが、今年秋にも改装に着手し、来年春までに本店とすみ分けを図る方針。団塊ジュニア世代の35歳前後向けに「生活スタイルに合わせた売り場構成にしたい」(荒牧執行役員)としている。地下食品売り場は残す。また、約300メートル離れた井筒屋本店と新店の間で、シャトルバスを運行することも検討している。

********* 引用終わり *********

コレットですか、なるほど・・・・
http://www.colette.fr/
ではなくて、「一緒に」「集める」「…しよう」と集荷業務を前面に出した・・・?

 「団塊ジュニア狙い」って本当でしょうか?
もっとも「群れ」たくない人たち、「一緒 しょ」=ひとくくりに、という客相ではないのではと思いますが・・・。

とするならば、当然のことながら、自主編成売場の構成=コレクトショップ・コンプレックスの構築が「命」ですが、さて、目下取り組まれているであろう基本的な課題を想像してみますに。

1.本店のノウハウを抽象~理論化、「井筒屋一般論」を創る。
2.コレット井筒屋にブレイクダウン
3.業容A3展開
4.ショップ編成
という段取りになりますが、どれをとっても難しいですね。

1 が出来ていないことは、久留米店他を見れば分かる。
2 は標的客相が「とてつもない」からブレイクダウンもとてつもない。
3 は2的条件から当然難しい。
4 はどこにあるわけ?
さらに
5.人はどうする?

 ということで難問山積、本店で蓄積されているノウハウ群がどう加工し、どう駆使して[コレット]するのか興味津々です。
いずれにしてもコレットコンプレックス=コレクト売場コンプレックス構築へのチャレンジですから、「これがこれからのデパートだ!」としっかり創ってもらいたいものです!

基本計画事例

 昨年5月に認定されています。
認定以来10ヶ月、かいたろさんのブログで近況が取り上げられました。
商店街のアーケードははリニューアルされているようです。
Befor
それにしても「祝! 基本計画認定」の垂れ幕はスゴイですね。
意気込みがひしひしと伝わって来ます。

 ところで。
 このところしみじみ感じるのは、商店街近代化計画~商店街活性化構想~中心市街地活性化基本計画と、計画つくりが進むにつれて、内容が商業の活性化に直結しなくなっている、ということ。
最近では、単位商店街の類型特性(最寄り・買いまわり)を踏まえた施策計画などもなくなっています。商店街の取り組みといえば販促事業だけ。
お為ごかしに「意識改革のためのセミナー開催」など。

takeoは、「基本計画の見直しを勧告する」で、商業活性化の計画事項では、
1.広域的に分担する商業機能が明らかになっていない。
2.郊外型SCが「不在」と見なされている。
3.既存店舗の自助努力の重要性の指摘と支援制度の設置が欠落している
4.核的施設(百貨店など)の活性化に関心が届いていない。
5.商業活性化を推進する体制(四者体制)構築が放棄されている。
という最も基本的な課題の検討及び施策が欠落しており、「使い物にならない」ことを明らかにしています。

 新しい基本計画、果たしてtakeo的批判の対象になるかならないか?
【都市経営・入門編】でしっかり検討します。

 関係各方面の皆さん。
当ブログにお出でになることはないと思いますが、万一お出でになったら、ぜひまっ正面から対決してください。
他ならぬ、御市中心市街地活性化の成否に関わる問題です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ