FC2ブログ

基本計画に過度の期待は禁物

 ネット上で「良くできている」と評されている基本計画を見ました。

商業の活性化については、
○ショッピングモールとしての整備
○テナントミックスの推進
という事業が立てられています。しかし、内容を読んでみますと。
□ショッピングモール=アーケードの整備
□テナントミックス=再開発事業の保留床の活用
だそうです。
評判を聞いていたので脱力感もひとしお・・・。
果たしてこれで旧計画の総括を踏まえていると言えるでしょうか。

 中心市街地・商店街は、基本計画に「商店街の自助努力の組織化による都心型商業機能としての再構築」という方向が打ち出されていない限り、基本計画の推進だけに活性化の実現を期待することは、当面、出来ません。
活性化を実現するため、また、計画されている各種事業の本来の目的を達成するためにも、皆さんの自助努力による取り組みを早急にスタートすることが必要です。

 カタチとしては、基本計画の見なおし―「都心型商業」としての再構築に関係各方面が一体となって取り組んでいく―ということがベストですが、残念ながら「見直しの必要性」が共通の認識となるまでには、さらに数年が掛かるかも知れません。そのころには、活性化への原動力が枯渇していたりして・・・。

 基本計画所載の事業にすべてを託して手を拱いていては商店街の空洞化はさらに深刻化、再起不能となる可能性が高いことが危惧されます。

 基本計画に計画されている事業群はそれぞれ取り組んでもらいつつ、その一方で商業者の自主的な取り組みとして「商店街・活性化への道」を切り開いて行く、という課題に直面している商店街が多くなっているわけです。

 ということに思い至りまして、今後【商店街・起死回生】コーナーは、自力更生を目指す商店街の皆さんが取るべき「活性化への道」に限定して「方向と方法」を提案して行きたいと思います。
 商店街の自助努力の適切な位置づけ及びそれとの協働を掲げていない基本計画の推進だけに頼っていたのでは、真の意味での商店街活性化=商業機能としての再生=ショッピングの場としての再構築は極めて難しいと思います。

 他方、基本計画は、計画に上げなかった、商店街独自の自助努力の取り組みが形成され、これと連動することが出来てはじめて基本計画としての役割を果たすことが出来る、というこちらも難しい状況に直面しているわけです。

 関係各方面の皆さんがうすうす気づいておられるとおり、基本計画所載の事業を消化すれば(商業者の自助努力は無くとも)中心市街地・商業街区がショッピング行き先として再評価されるようになる、ということは絶対にあり得ません。

 個店がそれぞれがターゲットと想定している客相から「買い物の行き先」として認知され、活用されること、そういうレベルの個店が軒を連ねるようになってはじめて、中心市街地の商業の活性化は実現します。
最終的に商業施設が「買い物の場」となるかどうかはそこに立地している個店群の業容如何に掛かっているわけですから。

 商店街の皆さんは、みずからの自助努力でその道をこじ開けていかなければならない。これが新・基本計画のあるなしに関わらず、多くの商店街が今現在直面している状況です。
残念ながらというべきか、なんと言うべきか、事態はそういうことになっています。

 如何に取り組んでいくべきか?
続きはサイトの【商店街 起死回生】で考えます。あなたもぜひどうぞ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ