FC2ブログ

専門店の経営革新

 国が『中小企業新事業活動促進法』に基づいて推進している中小企業の「経営計画の作成」は、中小企業の「経営革新」を目的にしています。
「経営革新」とは“事業者が新事業活動を行うことにより、その経営の相当程度の向上を図ること(中小企業新事業活動促進法第2条)です。

「新事業活動」とは、
①新商品の開発又は提供
②新役務の開発又は提供
③商品の新たな生産又は販売の方式の導入
④役務の新たな提供方法の導入その他の新たな事業活動(同法第2条)
をいいます。経営革新支援法時代には、「開発又は提供」だったものが「開発又は提供及び導入」となりました。導入つまり他社が開発したものの導入も「経営革新」となるわけです。

 さて、これを小売店、それも商店街立地の中小規模の「専門店」が取り組むとすればどういう取り組みになるでしょうか?

 「革新」はなぜ必要か?
もちろん「経営の相当程度の向上」を実現するため、ですね。
経営の相当程度の向上を実現するためには「新事業活動」に取り組まなければならない。
これが「法」の問題意識です。

Q:なぜ、「新事業活動」に取り組まなければならないのか?
A:従来の事業活動の継続では「相当程度の経営の向上」が達成されないから。
Q:なぜ、達成されないのか?
A:従来の事業活動が経営が直面している市場環境に十分適合出来なくなっているから。
Q:なぜ適合できないか?
A:市場環境が変化したから。

というように考えてきますと、「経営革新」は、「繁盛再構築」が必要な中小専門店にとって必須の・避けて通れない課題であることが明らかになります。
経営革新=繁盛店づくり、です。

経営革新に取り組むにあたって、もっとも重要なことは、
「経営革新」が必要となっている経営環境の変化を適切に理解すること。
この作業を省略した「経営革新」は革新の名に値しません。


「経営革新」に取り組むにあたって、もっとも肝要なことは「経営環境の変化」特に、自店の主要客相の生活・消費購買ニーズの変化を十分理解することです。

中小企業庁は、冊子“いますぐやる経営革新”を作成、経営革新の普及に努めています。
目的・意義、経営革新計画の作り方などが説明されていますが、肝心の「経営革新が必要となっている経営環境の変化」を理解することの重要性についてはほとんど触れられていません。

経営革新=繁盛店づくりに取り組むにあたっては、な取り組みが必要か、必要となっている理由をしっかり理解しておかないと、とんでもない目先の革新に飛びついてしまうことになりかねません。

一店逸品とかインターネットショップとか。
ポイントカードとかカード決済とか。

大事なことは、「革新」に取り組むあなたのお店とつきあうお客に「何を提供するのか」ということです。
環境の変化、特にお客の生活の変化・消費購買ニーズの変化を理解すると、従来の「商品・役務」がまったく新しい意味・価値を持って受け入れられる、という可能性を発掘することも出来ます。

 誰もが「経営環境の変化」を口にしますが、その内容はどう理解されているか?
口先だけではものの役に立つ知恵は出てきません。
続きは、クオールエイド【目指せ!繁盛店】
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ