FC2ブログ

百貨店vsセルフ百貨店

 ゆめタウン~イズミをあちこちとウオッチングした結果、“イズミはGMSではない、名付けるとすれば「セルフ百貨店」である”という結論に至りました。
セルフ百貨店、GMSとどう違うのか、また、既存の百貨店とはどう区別するのか、ということがありますが、そのあたりはぼちぼちと取り組んでいきます。

 面白いことに、定義をきちんと固めると、それを基準-色眼鏡としてあらためて対象を観察する、そうするとこれまで見えなかったところが見るようになったり、いろいろと改善・改革の余地が発見されます。
「コンセプト」のあまり意識されていない効能効果ですね。

 とりあえず、百貨店の皆さんは夢タウン-イズミを観察、どこがどう百貨店なのか、チェックしてみられることをおすすめします。
平場の技術など、うらやましいだろうな、と思ったりしますが如何でしょうか。一度視察されると「あるべき百貨店」のあるべき姿の一端が見えてきたりするのではないかと思います。


 話は変わりまして。
セルフ百貨店・ゆめタウンの登場/増床の最中にある別府、大牟田両市を見ますと、中心市街地のアクセル&ブレーキ、RSCやセルフ百貨店では「回遊性の核」という期待される機能を果たすことが難しいことがよく理解されます。

 特にSCの場合は、「歩いて暮らせる」どころか、非中心市街地からの車客の来店が見込めないと、SC自体の存続がおぼつかない。
郊外のRSCと真っ向勝負となればすなわち規模の競争ですから狭小な中心市街地では勝ち目はありません。
 もちろん、SCを中心市街地に作ったからといって、そこから直ちに回遊性が生まれるということはありません。結局、SC誘致はよほど条件が揃っていないと難しいでしょう。

 別府・大牟田の場合は好むと好まざるとに関わらず、中心市街地にその巨体が出現したわけですから、何とかこれを「活性化」につなげなければならない。
まずは、SCとは何か、セルフ百貨店とは何か、ということの理解から始めなければならないわけですが、問題が二つありまして、
その一、いまどきそういうレベルから着手しなければならないということ。
その二、ということさえ課題として共有されているだろうか、とうこと。
けして他人事ではありません。

 さらに問題がありまして、現に進出が決定している郊外型SCへの対応です。
イオンモール大牟田の出店がスケジュール化している大牟田、荒尾、柳川各市の中心市街地、何とかしなくては、と思うなら今のうちです。

 SCとは何か?
しっかり勉強しないと打つ手が分からないはずですが、勉強の機運をどう盛り上げていくか、なかなか大変そうです。

 SCも百貨店も「勉強の季節」
ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ