FC2ブログ

中心市街地の「核」

 「アクセル&ブレーキ」強調文がこれからわが国小売業界に大きな影響を及ぼすことは明らかです。

 これを機に中心市街地に郊外型SCを誘致しようというのは、「A&B」を利権にするようなものですが、活性化の推進に寄与するよりもむしろ衰退に拍車をかけることになりかねません。
もちろん、きちんとした「活性化のシナリオ」を描ける場合は別ですが。

 「アクセル&ブレーキ」、アクセルとしての活用については、次のような留意が必要でしょう。

第一に、新しい「核」の設置は、既存商業者の自助努力の組織化と車の両輪と位置づけること。当たり前ですね。
「車の両輪」ですから相乗効果を発揮すること。これが実現できないと後述する「核」候補の食指が動きません。

第二に、「核」に期待することを明確にしておくこと。
「期待」というより“中心市街地を活性化するために果たしてもらう役割」です。これを明らかに出来ないと「核」誘致が既存商業者の「その気」を喚起できませんからね。
期待される役割は、
①郊外のSC群を横目に中心市街地へショッピング目的で来街する「デスティネーション」性を持っていること。
②広範な客相・生活局面に対応した業容であること
③核を目的に来街したお客が、面としての中心市街地を回遊する可能性が高いこと。
④都市の人口条件で成立すること
といったところでしょうか。
「中心市街地の核」といったとたん、これらの条件が即座に要求されるわけです。

 もちろん、現存する業種・業態にはありませんから、新たに構想し、地元の力で作り上げるか、デベロッパーや大手企業に提案することになります。
初代タウンマネージャーさんの仕事は、既存商業者をその気にさせることと、平行して「核店舗」の業容・テナントミックスを設計、関係各方面にアピールして実現すること。

 タウンマネージャーさんの腕の見せ所です。

 ということで、「A&B」時代の中心市街地活性化、これまでにもまして「商業理論」が重要になった来ます。もちろん、いますぐ装備しなければならない。『基本計画』作成段階で装備しておかないと大変なことになります。
この時期、中心市街地隣接にSCを誘致しなくては、などというのは「無血開城」ですからね。
中心市街地の住民の買い物は「便利」にはなりますが、せいぜい全国水準の買い物条件が整うだけ、「生活堪能」は実現できません。

 考えてみれば、郊外では易々と出来る商業施設を、大きな犠牲を払い、今頃になって中心市街地に引っ張ってきてどうすんの、ということでしょう。

 ということで、中心市街地の大型空地・空店舗の活用による「核店舗」の設置は、「核の誘致で実現したいこと」をどんどん列挙して、それらの条件を満たす業容を定義し、適格者を選定する、適格者が無ければみずから作り出す、という取組が必要です。
何でもいいから来てくれれば有り難い、といった話は無し。

 ということで、どこかにも書きましたが、以上について心の底から納得、ホンキで取り組みたい都市、企業はぜひ頑張ってください。頑張れないところはもちろん、当社が支援します。

支援の提案、あなたの都合に合わせられるのは今だけかも。
ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ