FC2ブログ

商店街活性化、成功への三つの基礎条件

 一般に商店街という立地で商売をしている人が直面している経営環境の現状は次の三つに集約することができる思います。
①商店街の空洞化が進んでいる
②郊外にショッピングセンター(以下「SC」)が進出しており、消費購買行動のデスティネーションとなっている
③お客のショッピングに対する評価がシビアになっている

 通常、これらの現象は、商店街立地での商業経営にとって厳しい条件だと理解されているわけで、もちろん、それはその通りなんですが、これをそのまま「その通り」と考えていたのでは商店街活性化の可能性など発見出来るはずがありません。

 考え直してみましょう。
①について。
 これは、“これまでの商売は続けられない”ということをイヤというほど示しているわけで、今後とも商売を続けたい・続けなければいけない、という人に対して“商売のありかたを変えないと続けられない”ことを何よりも雄弁に物語っているということ。変えよ、という圧力がかかっている。
ただし、“変わらなければ”と分かっていても“ではどう変わればよいのか”ということが分からないと行動に移れない。
今、商店街はそういう状況にあるのではないか。
だとすれば、「方向と方法」が提案され、納得すれば行動が始まる可能性がある。

②について。
 ショッピングセンターでの買い物が普及し、お客はそれに習熟している、ということは二つの意義がありまして、当該都市において、
その一 全国平均的消費財が普及している
その二 セルフの買い物に習熟している
ということです。
全国平均=人並みレベルの消費が普及している。

③について
 「もの余り・店あまり」という状況においてショッピングを続けているうちに、「自分の好み」がハッキリしてくる。
「自分の好みを基準に作りたい生活領域・買いそろえたい商品群」が現れてくる。作り上げ・堪能するには「提供側」の協力が不可欠である。

 ということで三つの条件は、従来どおりの“商店街商売”(*)を続けるという人にとっては「じり貧加速の条件」だが、“商売を続けていける方向・方法を見つけ出して頑張りたい”という人にとっては、またとない好条件が揃っている、と考えることが出来ます。
(*)商店街商売


 新しい繁昌を実現する方向と方法を発見し、その可能性を実証すれば、商店街ぐるみでその方向へ転換していくことも不可能ではありません。みんな困っており、活用を待っている空店舗もある。
国が“中小商業者の競争力の根幹”と位置づけ、取り組みを提唱している「テナントミックスの最適化」の実現に取り組んでいける客観的条件が整ったわけです。
中心市街地・商店街活性化は、三つの条件が揃ってはじめて実現性が出てきたのだ、ということですね。

 三つの条件が揃っていなかったらどうか。考えてみましょう。
①´商店街立地のお店の景況は、業種・規模その他の条件でばらつきがある。=足並みを揃える客観的な条件が揃っていない。

②SCが登場していない=全国平均・人並みの消費に対するあこがれがある。生活、消費購買行動の選択肢が限られ、「自分らしさ」を実現するという課題が生まれない。

③お客の生活に対する「期待」が低い
 消費購買行動の基準が低く、「量販」で間に合ってしまう。
「生活を堪能する」という意欲や期待が普及しない。

 如何ですか。
「三つの条件」が揃ってはじめて商店街活性化の可能性が生まれているのだ、ということが実感されたでしょうか?
ただし、もちろん、「三条件」は「必要条件」でありましてこれらがセットで揃っているからといって「適切な努力」ヌキで街が活性化に向かう、ということはありません。
いうまでもないことですが、念のため。

 ということで、都市経営上の課題として商店街活性化に取り組んでいくためには、こういう鳥瞰的な視点が必要です。
ますは、活性化実現の可能性について、「方向と方法」を仮設し、試行的に取り組む「先行グループ」を発進させ、実証していく、という取り組みが、必要になります。

 三つの条件をプラスと理解し、それを活かす方向で活性化への取り組みを組み立て、実証していく。
当社が提供している「クオールエイド流・商人塾」は、そういう趣旨の取り組みです。

 ありがちな商人塾:
①成功者の体験を聞く
②品ぞろえ・販促・陳列など各分野の「専門家」の話を聞く
というものとは根本的に違いますので、念のため。

ちなみに、
○成功した人が本当に「自分が成功した理由」を理解しているとは限らない
○これまでいつでも・どこででも通用していた「専門領域の知識」では、新しい方向・方法の店づくりは不可能
ということがあります。

※総合的に見て、現在の商店街内外状況を“活性化を目指す立場にとってプラスである”、“活性化を実現出来る外的条件が整っている”と判断できないようなレベルでの取り組みで、個店~商店街が地域の人たちから見て“有ると生活が豊かになる、無いと困る”買い物行き先となることはできません。

 “とりあえず、昨日と同じ生活でOK”という消費購買行動の受け皿は、どこのまちにも有り余っています。その競争に敗れた商店街が再起のため同じ条件で競おうというのは、出来ない相談です。

 せっかく「三つの条件」が整ったわけですから、これを存分に活かした「商売繁盛への道」を一日も早くスタートさせてください。
“幸運の女神に後ろ髪は無い”そうですが、せっかく商店街に揃った「三つの条件」も、放置しておくと使い物にならなくなることが懸念されます。

※ 商人塾が目指す方向への追い風としては、“「シャッターの外側の施策」で何とかしたい”というこれまでの取り組みがことごとく成功していないとぴうこと。
買い物はすべて個店のシャッターの内側で行われます。
商店街が「買い物行き先としての充実」を目指すなら(他に活性化を実現する方法はない)、シャッターの内側=個店の売り場の改革・改善は最重要課題のはずです。

三つの基礎条件、活かすためには個店の売り場の改革、適切な方向と方法による取り組みが不可欠です。


“「基礎条件」は、そういう見方も出来る、シャッターの内側の取り組みは、まったくそのとおり、と思った人は
ブログランキング


-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ