FC2ブログ

『基本計画』は有効か?

 と、挑発的なタイトルにしてみましたw

 多くの都市がこういう、問題&関係者多すぎ、成功先行事例なし、期限付き・待ったなし、という課題に総合的な計画を立てて組織的に取り組む、というのはあまり前例の無いことだと思います。

 従来の商店街活性化、商業近代化計画の延長上で取り組まれるパターンが多いような気もしますが、そもそも、「法」~新スキームによる取り組みは、従来の「点」や「線」の事業が所期の成果を挙げられない、という総括に基づいてスタートしたものです。
「点」や「線」で成果を挙げられなかった事業をそのまま「面」に拡大すればなんとかなる、ということはありません。第一、「面」の取り組みといっても、個別の事業は「点」や「線」で取り組まれることにかわりはありません。

 ということは何を意味するか?
言うまでもありませんが、これまでどおりの事業(商店街活性化事業とか商業近代化事業とか高度化事業とか)にこれまでどおりの要領で取り組んだのでは結果は自明である、ということですね。

 このことは、『整備改善・活性化法』に基づいて作られた初代基本計画においてしっかり確認されていなければならなかったのですが、残念ながら「面」の取り組みに移行するにあたって、従来の商店街活性化関係の事業を抜本的に見直すという作業を行った例はきわめてすくなかったと思います。
 実は、ここに初代基本計画による取り組みが挫折せざるを得なかった根本的な原因があったのです。
これまで当社の支援を受けたことがある人にとって、このことはもはや常識の域ですが、一般にはたぶんゆめにも思ったことは無いこと、もちろん総務省など国の関係機関による評価・総括にも出てきません。

 「整備改善活性化法」のスキームでは、「整備改善・活性化」の事業を一体的に推進して商業の活性化を実現していく「目標」といて「ショッピングモールとしての再構築」を提唱し、その推進に当たる機関として「TMO」の創設を計画の要件としました。

 このことの意味することは何であったか?
残念ながら、このことを理解し、その上で『基本計画』を作った都市は、きわめて限られていました。せっかくスキームの意図を対して作られた基本計画も実施段階で障碍に突き当たり挫折するということもあったようです。現在、「これが活性化実現を展望できる計画~取り組みだ」と評価される取り組みを推進している都市が、さて、幾つあるでしょうか?

 プランニングという領域で言えば、初代基本計画を作成する時点で、従来の取り組みをきちんと総括、これと明確に訣別することが必要だったのですが、ずるずると従来のパターンを引きずったまま、「法」のスキームに取り移ったわけですね。

 さて、「法」の改正によって取り組まれた『旧・基本計画』の見なおしは、どのレベルで行われたのか?
という問題がありまして、何ですか、
①地域を拡げすぎた
②事業のメニューが多すぎた
③商業施策だけでは活性化出来ない
などという、おそるべき「総括」が行われ、その結果、
①地域を狭める
②事業を絞り込む
③商業以外の分野の取り組みを拡張する
さらに、総務省の提言を受けて、
④「数値目標」を設定する
という大枠がいつの間にか決まっているようです。

 ここで指摘している、「法」以前~「整備改善活性化法」を貫いて取り組まれてきた「商業活性化策」に問題があった、特に画期的な方向と方法として提唱された「ショッピングモールとしての再構築」については、ほとんどの都市が計画出来ず、全く取り組まれず、そのことについての総括も行われないまま、屑籠行きです。

 新しいスキームでは、「ショッピングモールとしての再構築」といった「方向と方法」は示されていないわけですが、では自分たちで「活性化の方向と方法」を構想・決定し、その実現を目指して計画の全体が立案されているかといえば、そんなことは全然ないわけで、『基本計画』とはいったい何をどうするための計画なのか、そのことは基本計画のどこを見れば分かるのか?

 皆さんの基本計画は如何ですか?

 ということで、基本計画、計画立案プロセスに大きな問題があり、その根本にはこういう計画の立案に習熟した担当者を宛てることが出来なかった、というところにあったのではないか?
このままで行けば、三次、四次の計画も従来どおりの計画になる可能性が高いのではないでしょうか。
あらためて『基本計画』の性格・要件について考えてみたいと思います。
 既に作成・認定過程をクリアした都市は、たとえば「商業活性化実施計画」といった計画をあらためて作成して、実効ある取り組みを組み立てることが必要だと思いますが、如何でしょうか。
そんなものは必要ない、という人もとりあえず、議論に参加してみてください。 【都市経営・入門編】

『基本計画』あらためて検証してみませんか?
ブログランキング



-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ