FC2ブログ

基本計画の見なおし

 おなじみ、「北九州市タウンマネージャー・かいたろ」さんのブログで、和歌山市の 『認定基本計画』の見直しが取り上げられています。

 かいたろさんは、商業系のコンサルタントといまも「二足の草鞋」をはいている、タウンマネージャーとしては異色のキャリアかも知れませんが、本来業務を考えれば、こういう人を招聘するのが筋です。
SC出身者に的を絞るのは感心できません(いつも申しあげているように、経歴ではなく資質ではありますが)。

 さて、ブログでは「認定」制度の問題点がかなり厳しく取り上げられています。
計画見直しは、岐阜市に続き二件めですね。
出来るだろうと思っていたがとん挫した、さっそく見直し、とまじめなところが評価されます。

 この段階での見直しは誰の責任か、ということについては、ブログで論じられています。
takeo的にはプランニングの専門家が第一番に挙げられるべき、というか、この人が中心になって次の手を考えていかなければならない。ところが、プランナーさんは、計画書が印刷に回った段階でお役ご免、でしょうから後は地元で善後策を協議するというか、当該事業を削除して報告・・・。

 皆さん、プランニングを甘く考えているととんでもないですからね。認定計画を参考に「見よう見まね・手作り」というのは、問題を知らず・己を知らず・・・、いい結果は期待できません。

 あらためて考えていただきたいのは、計画~実施段階、特に商業・商店街の活性化という、計画期間を通じ、さらに以降も引き続き取り組んでいかなければならない仕事は、誰が、どのような権限と責任を持って担っていくのか、ということです。
特に、認定以降、だんだんフォーカスされてくること必定である「商業・商店街の活性化」について、商業者の指導・教育、タウンマネジメント要員の育成などはだれがどう担っていくのか、という大きな問題がありますからね
いつかも申しあげたように、中心市街地活性化という大仕事におけるタウンマネージャーという職能は、「前代未聞」ですからね。
欧米の手法をまんまで導入する、という傾向もあるようですが、条件・環境違いすぎ、役に立つはずがありません。

 ということで、「認定」要件をクリアすれば何とかなる、と思っておいでの皆さん、残念ながら認定以降に本当の問題が始まるのです。

 和歌山市は転んでもただでは起きない、という根性が大切、この機会に「商店街活性化の方向と方法」をレビュー、再構築すると“災い転じて福となる”わけですが。

“そうかも”ビビッと来たら
ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ