「まちづくり三法」揃い踏み

 出遅れていた?「改正都市計画法」の施行で、中心市街地活性化の新しいスキームが出そろいました。
「アクセル&ブレーキ」のうち、郊外出店規制の効果については、大店法時代を顧みれば明らか、「人の商売の邪魔をしたからと言ってうちが売れるようになることはない」。
「アクセル」には二つ問題ありまして、
一 参入を期待されている大手デベロッパーは、都心に立地可能な大規模商業施設の「業容」を持っていません。
既成的郊外型SCを中心市街地に持ってくる、というのは問題ありすぎ、よほど条件に恵まれた物件でないと難しい。
業容革新に成功すれば、「一人勝ち」という可能性もありますが、さて、相当の課題をクリアしなければならず、当面、スーパースーパーマーケットなどという業態での進出となれば中心市街地内部のパイ争奪に終わります。
※中心市街地居住者のコンビニエンスニーズ対応は、地元商業者の事業機会であり、外部資本に任せる必要はない。

二 郊外のSCを横目に中心市街地立地にお客を誘引する業容が発明され、進出したとして、これを「核」にした「回遊」が発生し、中心市街地=商業街区の活性化が実現するだろうか? 実現させるには何が必要か?
ということです。
 「中心市街地活性化」は、従来の「点や線」単位の活性化が効果を挙げられない、ということもあって新制された制度、点・線的施策の「面」的な効果波及は当然の前提ですから。

 進出を機会に面的活性化を実現するには何が必要か?
ということについての論議は、基本計画作成委員会~活性化推進協議会の任務ですが、ほとんど手つかずのはず、このまま進めばおそらくグダグダでしょう。

 昨日も書いたことですが、「ショッピングセンター」を理解せずに中心市街・商業街区の活性化を語ることは出来ません。まず、既存個店・商店街の「生き残り=勝ち残り」を実現する自助努力の組織化を実現すること、ここに活動の基軸を据えた上で、これと連動しうる業容の「核」を配置する、という段取りが「アクセル」活用のあるべき方法です。

 いつも申しあげているとおり、スキームは、取組の枠組み、活性化の成否は、
①取組を一体的に推進することで実現を目指す「一体的推進の目標」を定め、
②誰が・何に・いつ・どう取り組むかということを計画し、
目標を設定し、
③個別目標の達成の積み重ねで所期の目的を実現する
という取組が構築できるかどうかにかかっています。

 「アクセル」はこの全体としての取組を押し進める有力な施策として導入されるわけですが、果たして推進力となりうる業態かどうか、「推進」される側の体制はどうなっているか、というあたりについては十分な検討が必要です。

 私見では誘致する場合も最速2年後、それまでに商業街区の自助努力の取組がどう計画され、推進されるかが成否を分かちます。

 折しも、「中心市街地の回遊性創出を牽引する」という位置づけで計画された「ゆめタウン別府」がオープンしました。「アクセル」の第一号とも見なされるこのプロジェクトは、上述のような視点から見てどう見えるか?

 来週早々見て来ます。
報告・検証はサイトの【都市計画】で取り組みます。
お楽しみに。
おっと、ゆめタウン大牟田の増床オープンの状況なども。
中心市街地・新栄町商店街の様子なども 交えつつ。


「SC」を理解していない商店街活性化はまやかし。
strong>ブログランキング 

基本計画、SC対策が無ければ欠陥商品

 中心市街地活性化基本計画のことです。
中心市街地=都市中心部の商業街区(以下「都心商業街区」)における都市機能の増進と経済活力の向上は、中心市街地活性化法第一条で示されている「中心市街地活性化の定義」です。
日頃念頭に置いている人がどれくらいあるのか、はなはだ疑問とせざるを得ない今日このごろですが。

 さて、中心市街地の活性化即ち都心商業街区の都市機能の充実及び経済活力の向上を目指す、と決めたとたん、まず最初に考えなければならないことは、「商業機能の増進による経済活力の向上(以下、商業の活性化」)」ということです。都心商業街区の商業の実体を見れば、その理由は明白です。

 商業の活性化に取り組む、活性化実現の方向を構想し、方法を案出し、実施事業をまとめて『基本計画』を作成する。
推進体制を構築し、期間を定めて数値目標の達成を積み重ねて目的を達成する。
「法」のスキームによる取組が全国の都市でスタートし、あるいは準備されているところですが、重大な問題があります。
言うまでもなく、郊外に展開しているショッピングセンターとの機能分担をどう考えるか?ということがほとんど考えられていない、ということです。

 今日、都心の商業街区を活性化する、しなければならない、という問題意識を持ったとたん、まず最初に決めなければならないことは、「郊外型SCとの関係をどう構想するか」ということです。
もちろん、(これは「活性化の方向と方法」に直接関係します。)
都心商業の活性化とは、都市及びその周辺に居住している人々に、ショッピングセンター群を横目に見つつ、都心へショッピング目的の来街を訴求する=わざわざ出かけてくるだけの価値のある「買い物の場を作り・提供するということです。

 かっては中心商店街が担ったいたこの機能の多くを郊外型SCに代替されてしまったことが中心市街地空洞化の大きな要因であることは、サイト常連のあなたには先刻承知のところ、あらためて指摘するまでもありません。
活性化の取組にSC対策が不可欠である由縁です。

 ところが『基本計画』でマジメにSCへの対応を基本方針に掲げている都市は、現在までのところ、恐るべし、文字通り《ゼロ》であります。
由々しいことであり、このことが何を意味するのか、ということは【都市経営】上の極めて重要な問題です。

 という話は当該掲示板で続けるとして。

 都心商業の活性化を実現するためには、SCとの機能分担、SC対策を講じなければならない。もちろんそのためには「SCを理解」しなければならない。ごくごく当たり前のことですが、基本計画ではこの作業も行われていません。
こんなことで「この計画を推進すれば都心の商業は活性化する」とどうして言えるのでしょうか?

 SCへの対応策を講じなくとも都心商業の活性化が実現可能だとする基本計画の姿勢は、
①都心商業街区の空洞化の真因を理解しているのか?
②都市機能としてのSCの役割を理解しているのか?
ということに疑問を抱かせます。
都心の人口減や非商業機能の撤退が商業空洞化の原因だというのは妄論でありまして、人口分布や都市機能の分布がどう変化しようとも、適切な買い物行き先が都心以外に存在しなければ、買い物行動は都心に向かわざるを得ない、したがって商業街区の空洞化はあり得ない、というのは理の当然、にも関わらず都心の商業機能が空洞化しているのは、とりもなおさず、その機能の多くを郊外型商業とりわけショッピングセンターに代替されてしまったからです。

 このことを直視するならば、「中心市街地活性化基本計画」の作成にあたっては、その「基本方針」において郊外型SCのポジションを明らかにしたうえで、これとの関係(棲み分けか競争か)を決定しなければならない。
いずれの道を選択しても、「SCに向かっている消費購買力を引っ剥がす」ということは、当然実現しなければならない。

 活性化の実現の課題は簡明でありまして、“郊外型SC全盛時代にSCを横目に、都心にわざわざ買い物に来てもらう”という状況を作り出せばよいわけです。
当然、基本計画には基本方針~事業計画の全体にわたって、SCへの対応策が行き渡っていなければならない。
この簡明な課題に対応するためには何が必要か、ということにフォーカスしないと活性化施策にならないわけです。

 まあ、当サイトでは今さらあらためて主張するまでもないことですが、このところ、各地のSC進出というトピックを扱うことが多いわけで、あらためて「SCを論じていない基本計画は都心商業街区の活性化計画としての役割を十全に果たすことが出来ない」欠陥商品である、ということを痛感させられました。

 目下作成中の都市、作成を検討中の都市は、「SCとの関係をどう考えるか」方針を定めることの重要性を確認し、作業に着手しなければならない。
「SCを理解せずに活性化を語るなかれ」

 SCの本質を解明し、SCとの「棲み分け」による中心市街地活性化の取組を提唱しているのは、コンサルタント多しといえども当サイトを主宰する㈲クオールエイドだけ、ホンキで取り組むなら当社との連携は最有力選択肢のはずですが、如何ですか。
そんなことは考えたこともないですか、そうですか。

 連携はともかく、SC対策が欠落している基本計画は欠陥商品である、ということが理解されれば、作成作業は「SCを理解し・対応の方向と方法を構想する」という段階からやり直すことになりますが。

やり直しを目指しますか? それとも
既存路線を突っ走りますか?
重大な岐路に立っているのだ、ということをあらためて確認されたことと思います。

“なんてこったい”と思ったら・・・・
ブログランキング 

SC襲来 個店の対応

 ゆめタウン別府の情報収集の途中で当掲示板へおいでの【独立自営小売業者】さんへ

 集団としての有効な対応は今後の課題になっていますね。
組織的な対応が準備されるまで手を拱いているわけにはいきません。
SCを気にするよりも、自店の愛顧客のニーズとのよりいっそうの適合を目指してください。

とりあえず。
サイトの推奨記事などを熟読、「問題意識」を固めてから「サイト内検索」で必要な情報を収集、自店の「業容転換」に、
①お金を掛けず
②出来ることから少しずつ
③しかし、継続して
取り組んでみる、という決意が必要です。
ボツボツ、しかし着実に、試行錯誤の積み重ねで目標に接近して行くこと。

何ごとによらず。
個店・商店街の内外において、消費購買行動に変化をもたらすことが予測される変化が起こることが確実な場合・起こった場合には、その変化を
① 個店、商店街にとってプラスを極大にする 又は
② マイナスの影響を極小にする
ための取組が不可欠だということ。
これは「環境変化への対応」の大原則ですね。
だからといっていきなり「大転換」という手法は、万一間違っていたときが大変、やり直しがききません。


□ 来襲対策は個店から

 シャッターの内側の対応という問題に取り組まずに、
○○で来街者が増える・・・・・だから商売繁盛
○○で流出が防止される・・・・だから商売繁盛
ということはあり得ないことです。

 さらに恐ろしいことに、この時期起こる変化の多くは、
「対応策を講じないと個店・商店街にとってマイナスに作用する」
というのが特徴であり、さらに、「間違った対応策は、マイナスに作用する」こともあります。

 「画期的なイベント」などに取り組んでも、はるばる来街したお客に「あってもなくても(店主を除き)誰も困らない」個店・商店街だということを確認してもらうだけ・・・。
口コミは最良の広告媒体なんですが・・。

 店の外に動きがあったら、必ずシャッターの内側=売場の変化で対応しなければならない。
これは小売業の鉄則ですね。
“シャッターの内側=「買い物の場」の不備をシャッターの外側の対策でカバーする”というのは不可能です。

 ショッピングセンターの襲来を契機に、街ぐるみでの活性化への取組が抜本的に再構築され、そのなかで「買い物の場としての個店の売場の革新」が主要目標として掲げられることが極めて重要ですが、これを実現するためにも有志の先駆的な「繁盛店づくり」への精進が必要になっています。
共鳴される人はサイトへどうぞ。

中心市街地立地で起死回生を目指す皆さんは、
店あまり=買い物行き先は山ほどある
もの余り=家にはものがあふれている
という時代環境において、独立自営小売業を営んでいるのだ、ということの意味するところを突き詰めて理解しておくことが必要です。


サイトには「繁盛店への道」関連が満載、チェックしてみよう
ブログランキング 

お勉強の時間 パート2

 わが国の小売業界において、「運動」とも言えるような能力革新の取組が行われたのは、スーパーマーケットの導入~発展という時代に限られています。商店街に立地する独立自営商業者が奮起して新しい事業機会を確保すべく、商いの傍ら、自分の知識・技術の革新に邁進しました。わが国を代表する大手小売業の多くがほとんど同じ時期にスタートし、同じような能力革新の機会を活用しています。

 当時の「革新」には二つの特徴がありまして、第一に、消費が「国民」というレベルのターゲットを持ったこと、 第二に、「スーパーマーケット」という革新的な業態が完成した形で導入されたこと。
この二つの条件が相まって、小売業界、とりわけ「大量販売」という言葉に象徴される業容が小売業界を席巻したわけです。
以来今日まで、個別企業においてはさまざまな能力開発などの努力が続けられています。

 しかしながら、業界を挙げて「能力革新」の熱気があふれた、というのはスーパーマーケットの登場~普及という時期のみであり、以来、小売業界には、大店法の制定・緩和、撤廃、中心市街地活性化法の制定など、何度も重大な環境変化が押し寄せていますが、二度とこのような「疾風怒濤時代」は起きておりません。
どうしてでしょうか?

 二つの理由が考えられます。

一つは、直面している環境の変化が「事業機会」として認識できなかったこと。
経営学では「変化はチャンスである」と教えていますが、変化は従来の視点(知識・技術)を前提としていては「チャンス」と認識することは出来ません。
チャンスと見ることができる「視点の変化」が未だに実現していません。
かっては可能だったのに、その後はなぜ出来ないのか?
それが第二の理由です。

 当時は、スーパーマーケットという「成功体験」が有りました。当時の独立自営商業者、つまり皆さんの先輩方は誘い合わせてセミナー、米国視察にどんどん参加したと言われます。
当時の米国はスーパーマーケットの成熟時代、「成功事例」を目の当たりにして「小売業の未来はこれだ」と確信をもって文字通り。わき目もふらず突っ込んでいくことが出来ました。

 こうして考えてみますと、「事業機会の発見」も「知識技術の革新」も「米国の先例への追随」という条件があったことが大きく影響しています。
「知識・技術の革新」も“流通先進国・米国に学ぶ”ということで、米国詣でが続けられました。そして導入されたのがスーパーマーケットの経営理論であり、技術でした。
 スーパーマーケットの経営・技術論が「小売業の経営・技術論」として導入された、ということはしっかり押さえておきましょう。今日に至るまで、わが国の小売業の経営・技術理論は、強くスーパーマーケットのそれの影響を受けています。というか、現在の小売業の経営理論は、スーパーマーケット理論の換骨奪胎で成り立っている、と見ることが出来ると思います。

 このように考えてみますと、国民的レベルでの消費普及という課題に有効に対応し、事業機会の獲得に力を発揮した「スーパーマーケット理論」で、スーパーマーケット成熟期以降の小売業界の状況を新しい事業機会として認識できるはずがありません。
チャレンジに確信を与えた「成功事例」も存在しません。」

 で、何が言いたいのかと言いますとw、かっての大変革の時期には、「成功事例」があり、「成功を導く技術」(米国における試行錯誤の結果)が準備されていた、このことが革新を導く大きな力になったのだが、以来今日まで、変化を機会と見る視点の確保は、個別企業レベルの取組になっており、業界全体が動く、というようなことは今日までありませんでした。

 変化は機会である、という独立自営商業者の基本的な視点を確認するならば、今日の中心市街地・商店街を取り巻く変化は、これを「危機」ではなく「チャンス」ととらえない限り、「ものにするエネルギー」は出てきません。
これまでの環境変化への対応はずべて「危機への対応」であり、したがって、「守り」だったと思います。
「守り」の経営がお客に喜ばれ、支持されるはずがないではありませんか!

 ということで、中心市街地・商店街活性化への取組は、「危機」を前提に“意欲が出ないからシャッターの外側の施策で何とか”といったレベルで脱出できるものではありません。

 “中心市街地・商店街は新しい事業機会に直面している」ということに確信が持てない限り、取組はすべて「無」に帰することになります。
機会をものにするためには、前人未踏・成功事例のない「活性化への道」を切り開いていく以外にありません。
お手本がないということでは、大手小売業の創業者たちが取り組んだ時代とは比べものにならない厳しい状況ですが、独立自営商業者としての生き方を全うしたいなら、決意を新たにまずは「お勉強」から、というのが当サイトの提唱するところです。

 独立自営商業者の皆さん、時代と課題において、あなたのやるべきことは決まっていると思うんですけど。

続き→GO


独立自営商業者万歳!
ブログランキング

お勉強の時間

 先日、井上光平さんを紹介しました。
井上さんは、西武百貨店~西友ストアの経営トップを務め、さらに(財)流通産業研究所に移り所長在任中の1987年に亡くなりました。
遺稿集があります。
『流通産業の思想と戦略』

 初出はほとんどが流通業界の専門紙誌です。
つまり、当時は「流通産業の思想と戦略」といったことが、『商業界』、『食品商業』、『販売革新』、『繊研新聞』等々に当たり前のこととして論じられており、今日、大手企業のトップクラスに位置している人たちは、当時、こういう勉強をしたわけです。

 同書には「井上光平さんと私」と題して、ダイエーの中内さんなど業界のそうそうたる経営者が追悼文を寄せて、その業績を称えています。
当時の業界の雰囲気が伝わってくると思います。

 ちなみに、こういう本を読むとあらためて「黒板経済学」の至らなさを痛感するのはtakeoだけ?w

 特におすすめは、第三部 革新的商人への想い です。

第一章 人と商人と商業への想い
一 若き熱血商人、全国から輩出せよ
二 商業における「人づくりの原点」
三 現代に生きる商人と倫理
以下、
第二章 戦後流通戦国史を彩った群像
第三章 流通書ベスト100
と続いています。

 時はめぐって、あらためて商店街と郊外型商業との関係がクローズアップされています。21世紀前半の流津問題は「都市経営」という上位テーマと密接に関連しており、さらに、商業者をはじめ関係各方面の実務と理論、両面にわたる努力の必要性は、井上さんが活躍された時代のそれをはるかに越えています。

 中心市街地活性化という前代未聞の都市経営の中心課題に自分の「事業」そのものとして取り組む巡り合わせとなった「独立自営商業者」の皆さんは、誰もがうらやむポジションを確立する機会に直面しています。
ポジションをものに出来るかどうかは、ひとえにそれぞれの取組如何にかかっているわけで、もちろん、勉強抜きでものに出来るほど生やさしいことではありません。

 ちなみに、紹介した井上さんの本、アマゾンでは「ユーズド」しか入手できません。1円だそうです。
takeoの話じゃどうも気合いが入らない、という人はこの際読んでみられてはどうでしょうか。
「おれは独立自営商人だ」と再確認できればこっちのもの、かも知れません。

 いずれにせよ、小売業界は業種・業態、規模の大小を問わず、新しい「勉強の季節」に直面しています。
お勉強、昔は個人ごと、企業ごとでしたが、これからは集積単位、商店街単位で取り組まないと効果が得られません。

 井上さんの
“若き熱血商人、全国から輩出せよ”
というのはこういう人たちがどんどん出てくることでしょう。
そのためには何を為すべきか?

お勉強、中心市街地活性化にホンキで取り組む人にとって避けることの出来ない課題です。


■ ゆめタウン別府 

 いよいよオープンまで秒読み段階です。

商店街への影響について考えてみました。
『衝動入店』

 商店街を通ってゆめタウンに向かう通行者を商店街・個店のお客にするのは、「衝動入店」を誘うということです。
安易に「通行量が増えればなんとかなる」と考え、自助努力抜きで「アクセル&ブレーキ」に期待している人は、ぜひ読み・かつ・オープン後の現地の状況をチェックしてください。

RSC誘致によるアクセル&ブレーキについても。
『既成RSCの業容では中心市街地の核にはなれない』

 いずれもゆめタウン別府のオープン前という時期における現場に対する「理論に基づく予測」であることに留意してください。
今月末にはこれらの記事を含むスレッド全体の主張の適否が明らかになります。

 新スキームのキモともみられる「アクセル&ブレーキ」の壮大な試行、果たしてどのような結果が生じるのか、注目していきましょう。

 中心市街地とショッピングセンター、別府市に限らず差し迫った問題となっている都市は多い。
当ブログでも引き続き取り上げていきます。


予測の適否をチェックするのが楽しみ・・・
ブログランキング


中心市街地活性化 設備投資かムーブメントか

 認定された新基本計画の多くに共通しているのは、商業活性化に取り組んでいく上で中心とされている事業が、「法に定める特別の措置に関連する事業等」、「特例措置に関連する事業」に集中していることです。
つまり、中小小売商業高度化事業や戦略的中心市街地中小商業等活性化支援事業補助金等を活用した施設整備事業が、計画の中心となっています。つまり、設備投資主体の「活性化」というわけです。
 
 いうまでもないことですが、設備投資には目的が先行します。商業系の場合、設備投資は「デスティネーション」を充実させることを目的に行われます。商業施設の「デスティネーション」は、来店・来街目的は、「ショッピング」ですから、設備投資は「中身の充実」無しにはあり得ません。

 「中身」=品揃え・サービス・環境の充実があってはじめて新しい設備投資は効果を挙げられる、当たり前ですね。
 中身が旧態依然ではいくら新しいファサード、街路、アーケード等々の整備しても、デスティネーションは従来同様、空洞化したまんま、ということです。

 昔々、商店街立地の喫茶店などでは、“3年おきに内外装をやり変えないとお客に飽きられてしまう”といわれていたりしたのですが、当時の喫茶店は「時間堪能空間」を提供することが商売でしたから、そういうこともあったかも知れません。新規出店も相次いでいたことでしょうし。

 小売業は違います。来店してもらい・品揃えを吟味してもらい・買い上げてもらう、これで一丁上がり、というわけではありません。商品を持ち帰り、生活に組み込み、使ってみてはじめて「買い物の成果」が確認される。
小売業の仕事は、あまた製造されている類似商品の山から、当店が「顧客」と考える人たちの生活にマッチするであろう商品を吟味・集荷・陳列・提供し、来店するお客のニーズと
マッチングさせること。
この仕事がうまくやれるかどうか、お客が持ち帰った商品を組み込んだ生活に新しい満足を得られるかどうか、というところにお店の繁昌がかかっています。

 売り上げが低迷している、ということはとりもなおさず、お客のショッピングを堪能する、というニーズに応え切れていないことを示しています。
端的に言って、お客から見てあってもなくても・どっちでも良い店になっている、ということです。
こういうお店が、外装を鉄筋コンクリートに変えたり、歩道をタイル貼りにしたり、アーケードを掛けたり外したりしたからといって、お客のショッピング堪能が実現するでしょうか? 疑問符などをつける必要などないことですが。

 外見的にみた小売業は、立地、店舗面積、内外装、業種などの複合で成り立っています。当社的に言えば「業種」は「業容」であり、品揃え・サービス・環境の三点セットであることはご承知のとおり。

 さて、基本計画で計画されている活性化事業は、このうち、内外装と店前通路の整備を中心とした取組で、お客を呼び戻し、繁昌を再生しようということですが、どうでしょうか?

 内外装・店前通路を整備すれば・・・
①立地が改善されますか?
②店舗面積の不具合は改善されますか?
③品揃えはどうですか?
④サービスはどうですか?
⑤店内環境はどうですか?

何一つ改善されませんね。
つまりお客の来街・来店目的の満足に関わる項目はまったく改善されない、デスティネーションは依然として空洞化したまま、ということです。
信じられない人は、旧基本計画時代に、上記各項の事業に取組み、竣工した事例は全国各地にありますから、視察すれば一目瞭然です。

 takeoは、上記各項の事業が無意味だと言っているわけではありません。更新時期を迎えている設備は多いわけですから条件が整えば取り組むべきだと思います。
私が、「ダメだ」と申しあげているのは、あたかも設備投資でデスティネーション的な不備が改善されるかのような位置づけが行われている取組について、です。

 具体的にどういう取組かといいますと、設備投資は計画されていても、その設備投資が効能効果を発揮するために不可欠の、個店の三点セット改革の取組、商店街のショッピングゾーン、買い物の場としての「テナントミックス最適化」の取組が放棄されている取組です。

 商店街ぐるみでの「テナントミックスの充実」、それを実現する「個店の業容三点セットの改革改善」がメインの事業として据えられない限り、中心市街地が再び「ショッピングの場」として脚光を浴びることはありません。離れていった、お客が帰ってくることもありません。

 「個店の業容転換」の取組が組織され、軌道に乗っていくことこそが中心市街地活性化の成否を分かつ最重要課題、このことを自覚し、個店の経営努力・自助努力を「商店街・中心市街地のショッピングゾーンとしての再構築」という運動として組織していく、各種の設備投資は、運動にメリハリをつけ、前進させる手段という位置づけを持たせることが成功の秘訣、各種設備事業の竣工に合わせて「ショッピングの場」としての機能が着実に充実していく、というハード・ソフトの取組を一体的に推進していくことが求められています。

 「運動としての中心市街地活性化」を目指さない限り、基本計画の作成、活性化協議会の発足以下の皆さんの取組が報われることはありません。

 Web上に公開されている基本計画、どちらかといえば「設備投資」を重視するものが多いようですが、皆さんの基本計画は如何でしょうか?

 基本計画、街区整備・建物更新計画か、ショッピングの場としての再構築を目指すムーブメント(運動)の計画か、どちらを選択するのか、基本計画作成時点の「基本方針」で中心市街地の命運が大きく動きます。

 設備投資かムーブメントか、分かりやすい選択肢ですね。行政トップ以下の志向はもちろん、ムーブメントにあると思いますが、これを理論的に展開し、商業者をはじめ関係各方面に提案して合意を作っていくのは、担当部課の仕事であり、ブログ常連のあなたの仕事に他なりません。

 昨日、最近新しく認定された某市の基本計画を読んであらためて感じた次第です。


“そりゃあ、やっぱ運動だろう。”“ですよね。”
ブログランキング



またもやですが ゆめタウン別府

 いよいよオープン間近ですが、商業コンサルタントとしてのtakeoの関心は、昨年来当ブログ及びサイトで論じてきた「ゆめタウン佐賀」のショッピングとしての画期的な到達が、ゆめタウン別府にどう活かされているか、ということです。

 SC関係者でクオールエイドのサイト常連の皆さんなら当然抱かれている関心ですが、特に、真っ向勝負の最中であるイオン及び系列の皆さん及び他ならぬゆめタウン系の皆さんにとっては重大な関心事だと思います。

 あらためて「ゆめタウン佐賀についての当社の論評を再確認していたいたうえで、ゆめタウン別府をクリニックされると、いろいろと新しい発見があるのではないかと思います。

ゆめタウン佐賀についての当社の考察については、クオールエイドのサイト「中心市街地活性化への道」へどうぞ。


RSCを理解するにはそれなりの理論が必要です。
ブログランキング

中心市街地活性化 推進体制

 このところ、中心市街地活性化の根幹である商業の活性化を推進していく上での基本的な課題についてあらためて論じています。
一つは、SCとの商業機能としての役割分担であり、一つは「数値目標」です。いずれも多くの都市の取組では採用されていない視点からの提言ですが、中心市街地活性化の実践の方向と方法として評価いただいていることと思います。

 もう一つ、あらためて考えなければならないのが「推進体制」です。推進体制のあり方は、SCとの役割分担、設定する数値目標によって大きく左右されます。何を目指してどう取り組むかで組織のありかたは変わる、当然ですね。

 基本計画の軸は、
①都市広域圏において当該中心市街地が担うべき商業機能を定義する
②機能構築の方向と方法を計画する
③下位目標を定める
④推進体制を設計・構築する
というところにあります。おっと、関係各方面のスペック・スキルの現状から、
⑤人材の計画的育成 も外すことは出来ません。

 「推進体制の構築と人材育成」については、これまでも取り上げてきましたが、SCとの役割分担、数値目標などを論じているおりから、あらためて考えてみたいと思います。

 折しも、現場では「活性化協議会」に基本計画の事前評価・改善が期待されているわけですが、さて、協議会のメンバー各位は、いつ、どこで・どのようにして所要の知識・技術、能力を修得したのでしょうか?

 上で述べた三つの課題は、いずれも「法」のスキームには出てきません。これらは「法」のスキームの前提となることですから、当たり前といえば当たり前ですが、まあ、これまでの取組の経緯などを踏まえれば、「中心市街地活性化の可能性」についての事前研究・合意形成というプロセスを抜きにした協議会の答申に何ほどの効能効果があるだろうか、ということにもなるわけです。

 協議会がGOサインを出し・総理大臣が認定する、という手続きがセレモニーに終わると、無責任体制が出来上がってしまいます。
これを防ぐ手だては、法定スキームの中にはありません。
スキームに先立ち、スキームの前提として構築し、基本計画に記載しなければならない。このあたりを考えれば、「法」のスキームの理解だけでは、活性化への道の構築は出来ない、ということがあらためて確認されることと思います。

□目下、人材育成~推進体制の構築という、「法」のスキームには現れていない段階の仕事に邁進中の皆さんへ

 皆さんの取組の方向と方法が「活性化への道」であることを、理論的にもまた、関係者との交流その他、実践の場においても日々確認されていることと思います。
御地におけるこれまでに無かった取組であり困難もありますが、一面やりがいも大きいことでしょう。
時節柄ご自愛の上いっそうのご奮闘を祈念しております。

 講習会の企画も「推進体制~基本計画」づくりの基礎づくりという位置づけになると、これまでのような通り一遍では済みません。
引き続き検討していきます。


推進体制、とても活性化協議会ではおぼつかない、と思う人:
ブログランキング

ゆめタウン別府 29日 オープン

引用元: 西日本新聞朝刊 2007/11/07付朝刊
 別府市の楠港埋め立て地に建設中の大型商業施設「ゆめタウン別府」が今月29日、開店する。施設を運営するイズミ(広島市)の進出をめぐって、市街地活性化への好影響を主張する同市と別府商工会議所が対立するなど難航する場面があったものの、ようやく実現の運びになった。

 施設は地上5階、地下1階で、延べ床面積約8万6400平方メートル。1階に食料品や土産物、レストラン、2階に衣料品、3階に日用品や書籍などの店舗が入居する。地下と4、5階、屋上に約1600台分の駐車場を備える。イズミは年間の入店客800万人、売上高140億円を見込んでいる。

 営業時間は午前10時‐午後10時。開店後の12月2日までは2時間延長し、午前9時‐午後11時。混雑を緩和するため、オープン後の1週間、田の浦海水浴場(大分市神崎)など4カ所を臨時駐車場として開放し、施設と結ぶシャトルバスを運行する。

 別府市は外国人の観光客や留学生が多いことから、トイレなどの案内板を日英中韓の4カ国語で表示。また、立命館アジア太平洋大学(同市)に通う留学生十数人をアルバイトとして採用し、通訳の役割も期待する。

 開店前の27、28両日には、別府市や日出町の住民を事前販売に招き、地元密着をアピールする。

****************** 引用終わり *****************

 イオンと四つに組んでまったくひけを取らない・というかはっきり押し気味で推移している「ゆめタウン」の力量については、皆さん既にご承知のところ、ダイエー、トキワなど中心市街地既存の大型店への深刻な影響が懸念されます。

 隣接する商店街、ゆめタウン行き帰りのお客で通行量が激増することでしょうが、業績的にはどうでしょうか。
“店前通行量は増えたが入店客は減った”ということにならないよう、対策はしっかり講じられたでしょうか。

ゆめタウン別府のオープンで、
「通行量の増加はすべてを癒す」
「大型商業施設の誘致で回遊性を創出する」
「アクセル&ブレーキ」
等々の「活性化策」の適否が実証されることになります。
大型商業施設を利用した活性化策を考えている皆さんには、ぜひ視察していただきたい事例です。

 takeoは、来月早々、出かけたいと思っています。
結果については当スレッドで報告しますが、期待の「回遊」は創出できないことだけは、いまから断言しておきます。
なぜそう言えるか?
第一に、RSCを理解していれば、分かることです。
第二に、対応策を講じる立場の皆さんが、残念ながら、RSCの正体を理解されていないから。

 RSCの登場で中心市街地がどうなるか、という問題の立て方ではなく、RSCにどう対応するかを考え、適切な行動をとるのかとらないのか、ということで結果が決まります。

 別府市に限らず、商店街に決定的に不足しているのが天敵・RSCに対する理解です。彼を知り己を知れば・・・といわれているように、まずは相手の正体を見極めないと、どうにもなりませんが。

□ 別府市 課題と対応

 RSCにどう対応すべきか?

 多くの都市における中心市街地活性化の取組が真っ先に掲げ、解答=対抗策を講じて基本計画に反映させ名kればならない課題ですが、当サイト、これまで明らかにしてきたように、問題意識を掲げ、対応策を計画している「基本計画」は、当社がこれまで見た限りではほとんどありません。

 緊急に手を打つことが必要であり、あるべき対応の方向と方法についても縷々提案しているところです。
提案はしており、かつ、このところの当サイトへのアクセスの状況などから推測して、提案の問題情況への適応状況も相当程度理解されて来たように思われます。
問題は、サイトにおいでいただいている皆さんの問題指揮を、関係各方面で共有していくか、ということですが、これはもう各地各都市で状況が異なり増すから「こうすればOKだ」という道があるわけでありません。

 それぞれの都市の問題情況に即した取組を仮説・試行していく他に方法はありません。takeoが申しあげられるのは、実際にそういう仕事が既に始まっており、いまこの瞬間も取り組んでいる人たちがいる、ということ位ですね。

 さて、別府市の場合はいささか事情が異なっておりまして、行政の中心市街地活性化の方向として、RSCの進出を契機に中心市街地全体の回遊性を再構築する、という中心市街地活性化の方向が少なくとも一つははっきりしています。こういうハッキリした方向・方法を内田ている都市はこれまでのところ、きわめて少なく、注目される由縁です。

 別府市への本格的なRSCの登場は、これまでも説明してきたように、中心市街地、歩いて回遊しようと思えば回遊できる範囲への進出ということで、これまで他都市ではなかなか見られなかった状況の出現です。これを中心市街地起死回生を目指す基本計画にどう組み込むか?

 ゆめタウン別府の出店を契機に中心市街地全体に「回遊性を創出する」という試み、成否のカギを握っているのはもちろん、ゆめタウンではなくて、商店街群をはじめ既存商業の側の取組にあるわけですが、ゆめタウンの出店~回遊性の創出が織り込まれている『基本計画』が作られているようなので、公開を待ちたいと思います。

活性化協議会の対応

『基本計画』における「回遊性の創出」の全面的な展開がどう計画されているか?
ゆめタウンオープン後、「回遊性」はどう変化したか?

「アクセル&ブレーキ」方式の採用を検討されている都市にとって、別府市は格好の事例、当分目を離すことが出来ません。


□「中心市街地へのRSC進出と中心商店街への影響」

 大分前ですが、鳥栖市中心部、商店街と隣接する旧JT工場跡への進出がありました。
商店街の対応、RSCの出店後の状況、現状等々、参考になるかも知れません。
「アクセル&ブレーキ」のハシリといえばハシリです。
一見をおすすめしますが、ただし、見て参考に出来るのは「見る目」がある人に限られます。当然です。
見る目を準備しないまま見に行っても見るべきこと・ものは見えません。


同じ中心市街地での旧集積と進出したSCの関係に関心がある、続報を待つ・・・・、
ブログランキング

夢と希望の数値目標(承前)

 基本計画の良否は、最終的に数値目標の設定に現れるものでありまして、その選択にあたっては綿密な検討が必要です。
“設定する目標はなぜ活性化の達成度合いを測る目安になるのか、目標数値はなぜ実現目標になるのか”ということの説明を欠いたレベルで設定された目標では、関係者をその達成に向けて鼓舞することは出来ません。

 関係者の意欲や創意工夫などには無関係に達成できて、しかも“それを達成すれば自動的に商業の活性化という上位目的が達成される”という「数値目標」の場合は、別に関係者に「その気になってもらう」必要も無いでしょうから、特に問題にする必要は無いのかも知れませんが・・・・。

 中心市街地の商業の活性化すなわちショッピングの場としての再構築を目指すならば、具体的な買い物の場である個々の店舗のシャッターの内側の革新は絶対条件であり、その取組は経営者以下の自助努力として実践される以外にありません。
したがって、「数値目標」は個店の経営努力・自助努力と密接に関連し、その取組を導き、鼓舞するものでなければならない。

 商業領域におけるあるべき数値目標とは
(1)活性化実現の基本方針
①中心市街地活性化=都市機能の増進と経済活力の向上を目指し、
②「買い物の場」という都市機能の再構築への取り組みによる経済活力の向上 という基本方針を定め、
③中心市街地の商業を取り巻く経営環境の趨勢を踏まえて
④活性化実現の方向と方法を決定する。
⑤状況から、方向=ショッピングコンプレックスとしての再構築
方法=既存商業者の自助努力の組織化を軸とする

 ということは、必然的な選択だと思います。
具体的な目標の設定及びその数値化は、当然、上位目的~実現の方向と方法を実践していくための達成目標でなければならない。
したがって、目標は日々の経営努力の積み重ね、試行錯誤・創意工夫の蓄積として実現していくもの、ということになります。
数値目標は、組織化された自助努力によって実現されるものであり、したがって、その具体的な成否は個々の店舗の取組に大きく左右されることになります。
個々の商業者が「その気になって」取り組まないと実現できないのが「商業の活性化」を達成していくために掲げられる数値目標が持つべき要件ではないでしょうか。

 さらにいえば、従来のレベルの知識・技術による経営努力で「売場の革新」を実現することは不可能ですから、しかるべき「知識・技術」の修得は、数値目標達成の不可欠の条件です。
革新に取り組んでいくための適切な知識・技術の中心市街地への普及も当然「目標」であり、その普及度合いは「目標数値」とされてしかるべきです。

 基本計画が示す活性化の方向と方法について合意を作り上げ、数値目標の達成を目指す実践を組織して、段階的に目標を達成しつつ、実践への参加も拡大していく、という取組になります。
参加の動機は「個店の繁昌実現」であり、きれいごとではなく、個店ごとに設定する「繁昌数値」を達成する例が続出しなければ、「活性化への道」を歩いている、という実感はありません。

 結局、商売が楽しい、誇りを持って商売に打ち込んで行く、という商業者がどんどん輩出されることが、活性化へのスタートであり、目標であり、ゴールではないでしょうか。

端的に言って、数値目標は関係者にとって「夢と希望」でなければならない、ということですね。
参考: 『やったぜ!』
こういう人が輩出されることが「商業の活性化の進展」そのもの、商業者がこういうポジションに移っていくことなくして「商業の活性化」を実現することはできません。
こういうポジションにつながる目標を掲げ、その可能性を実証していかない限り、商店街の皆さんが『基本計画』の実現に「その気になる」ことはありません。

あまりにも当たり前すぎることですが、「数値目標」は、関係各方面の皆さんが“その気になれる”、「ゆめと希望のある」目標にすることが必要ですよね。

サイトの関連記事


そのとおり、数値目標は見直すべきだと思ったら・・・
ブログランキング

数値目標の設定

 総務省の行政評価において、取組の成果が挙がらなかった理由の一つと指摘されてからにわかにクローズアップされ、新スキームでは設定することが求められている「数値目標」ですが、認定第一号以来、掲げられている目標には疑問があります。

 法の定義によれば、中心市街地活性化とは“中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上”ですから、数値目標とは、一定の機関において実現を目指す、“中心市街地における都市機能の増進及び経済活力の向上”の達成を測る指標となりうる特性を持った数値でなければならない。
 したがって、目標数値の設定にあたっては、
①選択する「目標」が中心市街地活性化の特定の側面の進展度合いを測定する指標として適切であること
②設定する数値が、一定の期間における目標の達成度合として適切であること(達成可能であり、かつ、計画期間中の最終目標達成を
担保する)
を確認しておかなければならない。
至極当たり前のことです。
また、目標数値の達成が商業者をはじめ関係各方面の活性化への取組全体に対する期待に応えうる内容で無ければならないことも言うまでもありません。

 これまでチェックした見た限りの「基本計画」においては、「目標」の役割及び具体的な選定及び数値の設定について、きちんとした位置づけが行われているものはありません。
たとえば、経済活力の向上~商業の活性化という目的の達成を担保する目標として「通行量の増加」が選択されていますが、「目標としての適格性」を示す通行量の増加と商業の活性化の因果関係は明らかにされておらず、また、設定されている「目標数値」もそれが達成されることで具体的にどのような効果が期待されるのか、まったく明らかにされていません。

 こういう目標が掲げられても、誰もその目標が「中心市街地活性化」の達成を測る指標であり、目標数値の実現こそ商業活性化の現実的な達成、「経済活力の向上」を実現していくものだ、と納得して自分の仕事の中心に据える人はいないのではないでしょうか。

 特に、中心市街地における経済活力の向上とは「商業の活性化」と不可分の関係にあるわけですが、「通行量の増大」という目標、○○%の通行量アップという目標の達成に商業者が自分の商売の命運を賭けて取り組むとは思われません。
商業者が眼の色を変えて達成に取り組む目標を設定せずに中心市街地の活性化~経済活力の向上~商業の活性化~ショッピングの場としての再生(→中心市街地固有の都市機能の増進)が実現できるものかどうか。

 既に認定を得ている都市もあらためて考えてみる必要があるのではないでしょうか。
といっても、当サイトにお出でになっている関係者があるとは考えにくいのですが・・。

 目標の選択とその数値設定について考えています。
【都市経営入門】 「数値目標を考える」 http://www.quolaid.com/cgi/tkf/wforum.cgi?no=1979&reno=no&oya=1979&mode=msgview&page=0

お急ぎの方は 「目的から導かれる目標」
あるべき目標、数値設定について考えています。
これまでのアプローチが如何に浅はかなものだったか、分かりますし、総務省がなぜ「目標数値の設定」に注目したか、ということも理解されます。
認定のキモである「目標数値」の設定は、「ほんとうに活性化を実現できる計画を立てる」という作業を行ってはじめて可能になります。
ということが、心底納得できるのは、「活性化を実現できる計画」を立てた後かも知れませんが・・・。


数値目標、数値を出せばよいというものではなく・・・
ブログランキング

RSC 二題

■RSC、今そこにある明白な危機

 テナントミックスのほんとうの意義を理解していないために、「もの余り・店あまり」という状況への対応を「テナントリーシング」即ちテナントの入れ換えで済ませようとしていること。

 「陳腐化したテナントを元気のいい店と入れ換える」というのが既存SCのマネジメントの基本であることは、SC関係者周知のところですが、どこがダメかといえば持続的に実現し続けなければならない「テナントミックスの最適化」を、業績不振に陥った個別テナントの入れ替えでなんとかできる、と考えていること。

 テナントミックスの鮮度=テナントリーシングの鮮度だと勘違いしているSCマネジメントでは、既存テナントミックスの最適化を実現する「理論と技術」がありません。
「元気のいい店をいちはやく発見して不採算店と入れ換える」という路線は、競合各社が一斉に採用しているところであり、業績が落ち込んでいるSCほど実効性が挙げられないことは明白です。

 既に空きスペースが埋まらなくなっているSCは珍しくも何ともないわけですが、リーシングに頼っていると今は良くてもすぐにリーシングの候補となるお店が払底することは目に見えているわけです。
最適化をリーシングで維持しようとすれば、収益性が悪化しますし、そういう手法で実現したテナントミックスがSC全体のデスティネーションの維持に効果があるわけで無い。

 ということで、RSC業界はテナントリーシングによるテナントミックスの維持という擬似マネジメントにたようっている限り、曽於凋落は時間の問題だ、と思うのですが如何でしょう?
この問題、SC関係者で先が見える人、つまり当サイト常連のSC関係者各位には大変な戦略的問題だと思うのですが。
問題であることは十分理解されていますが、では「どう対応したらよいか」ということはほとんど見当が付いていないはず。
目下は横並び状態ですが、「見当」がつき、試行をスタートするところがでてくると、他社は大変なことになる。


■ SCを理解するということ

 彼を知り己を知れば百戦殆うからず(老子)。

 よく言われることですが、問題解決に取り組むにあたって、「彼」=問題をよく理解するということは、きわめて大切なことです。このプロセスをスルーしてできあいの解決策を採用して失敗するというのは、「いつか来た道」であります。

 心ここに在らずば、視れども見えず(心不在焉、視而不見)
という言葉もありまして、問題を的確にとらえようとする準備が無いと、いくら眼を凝らしても問題が問題として見えることはありません。
われわれは望むと望まざるとに関わらず、アタマの中に装備している「理論」を使ってものごと見ています。既存の理論が「問題を適切にとらえる」道具として不的確であれば、問題の見え方・とらえ方を誤り、「解決策」を誤ります。
 
 中心市街地活性化に取り組んでいくうえで、もっとも大切なことは、都市住民の生活・消費購買ニーズの状況を理解するということ。「多様化」「もの余り」「高齢化」「少子化」などそれらしい言葉は飛び交いますが、それらの趨勢がもたらす「消費購買行動の変化」を把握しない限り、「活性化の方向と方法」を決定することは出来ません。

 このところ推奨している広域型ショッピングセンターを理解するという作業は、「消費購買行動の変化」を理解する一環として取り組むもの、何もSCの弱点を見つけてそこをついて勝とう、という
ことではありません。
SCを理解する、という仕事は“消費購買行動を理解する”という作業と表裏一体です。
 
 消費購買行動の実態を知り、SC隆昌の裏に隠されている消費購買ニーズの変化を理解しない限り、中心市街地が再構築を目指すべき「ショッピングゾーンとしての事業機会」は見えません。
「賑わい創出」、「通行量の増加」を掲げた計画を推進しようとしている皆さんは、ほんとうにその取組の彼方に「繁昌する中心市街地」を想像できているのでしょうか?

 今日から取り組む「RSCを理解する」は、中心市街地活性化を実現しようとホンキで考えている皆さんにとって、その成否を左右する重要な問題へのあらためての挑戦です。

 彼を知り己を知れば百戦殆うからず
 心ここに在らずば、視れども見えず

 ということで、SCを理解することを通じてほんとうの問題=中心市街地において再構築を目指す新しいショッピングの場とは、どのような消費購買行動の変化に対応しようとするものなのか、一緒に考えてみましょう。

昨日に引き続き RSCの勉強はこちらで

SCも商店街も大変です。
ブログランキング

RSCは本当に脅威か

 RSC(リージョナルショッピングセンター)、数十のサブテナント群で作るモールを中核とする広域型ショッピングセンターです。イオンモールやゆめタウンなど。
アクセル&ブレーキで今後の出店戦略に関心が集まっています。
当ブログ&サイトでもこのところ、特に九州地区の動向をよく取り上げています。

 RSCは、「自然成長的商業集積」といわれる中心商店街の天敵でありまして、中心市街地・商店街を活性化しよう、と言ったとたん、真っ先に出てくるのが“RSCとの関係をどう考えるべきか”ということです。というか、RSCの正体を知り、その分際(ぶんざい:社会における身分・地位、身の程)を理解せずに「中心市街地活性化への道」を描くことは出来ません。

 ところが、実際には
旧スキームでは、「活性化への道」として“ショッピングモールとしての再構築”にTMOを司令塔として取り組んでいく、という方向が提示されていましたが、RSCを理解していないレベルで「モールへの道」を理解できるはずもなく、国内一個所もこの道を選択実践している都市はありません。
 この点、総務省の総括でもまったく言及されておらず(つまり、モール見立て~TMOという構図が理解されなかった?)、まあ、それやこれやが重なった結果、現場では“活性化できなかったのは目標が数値化していなかったから”というきわめてご都合主義の総括が行われているのではないか、と思いますが、どんなものでしょうか。

 問題は、RSCの隆昌に象徴される地域商業の現状にどう切り込んでいけば中心市街地の活性化が実現できるかということに凝縮されるわけですが、見事なまでにこれをスルーしつつ、“住む人・来る人増やし”にすべてを託しているというのが目下の主流的取組、「住む人・来る人」の消費購買行動は、RSCに向かうことは無いのか?、いま現に中心市街地に居住している人たちがそうしているように。
というあたりはどう考えられているのでしょう。

 他方、一部の都市ではナショナルチェーンの「専門店」を中心市街地に誘致することを目指しています。
“テナント誘致~買い物客の増加~既存地元店への回遊”というシナリオでしょうか。実現することは不可能ですが。
 この路線もRSCの分際を理解していないまま、最強のRSCに幾ばくなりと追随しようという情けない路線、といったら怒られるでしょうね。

 いずれにせよ、RSCについての十分な理解を持たずに中心市街地の商業・商店街の「活性化への道」が構想できるものかどうか、関係の皆さんはあらためて考えて見るべきです。
「基本計画」の認定、早いが故に活性化の実現が早い、とはならないことがよく理解されるのではないでしょうか。

 RSCについて一言も触れられていない「基本計画」はけして珍しくないのですが、ホントにそれで御市の「中心市街地の活性化」を実現できるものかどうか、もう一度あらためて再検討が必要ではないでしょうか?
当社で良ければいつでもお手伝いしますけど。

RSCを理解せずに中心市街地活性化を語ることなかれ

 “中心市街地にとって、RSCは本当に脅威か”
そんなことはない、ということをちゃっちゃと書くつもりでしたが、前説だけで長くなりました。
 続きは、明・月曜日から【理論創発】で。

 久留米、鹿児島、別府など目下当ブログで取り上げている都市をはじめ、全国の中心市街地活性化関係者各位、必読です。

「SCを理解せずして発言することなかれ」
ブログランキング

「コンセプト主導の店づくり」

書店に並んでいるノウハウ本のタイトルみたみたいですが、よく聞かれますね。

 具体的にはどういう手順で店づくりに取り組むことか?
そもそも「コンセプト」って何だ?
疑問に思ってあれこれ調べても「らしい」説明にはなかなか巡り会えません。もちろん「コンセプト主導の店づくり」などと主張し、そのノウハウを提供しているとする「専門書」などにもはかばかしい説明はされていないはずです。

 そもそも二言目には「コンセプト」を持ち出す小売業関係者って
①コンセプトという言葉の意味を理解していない
②理解していてもコンセプトが作れない
③コンセプトが作れても現場で実体化する技術がない
という「三ない=三無主義」ですからね。

 ウソだと思うなら「コンセプト」とか口癖の人に、質問してご覧なさい。
そうそう、マーチャンダイジングとか販売促進とかも「ソレってどういうこと?」と聞いてみるとはかばかしい返事が返ってこなかったりして。

それにしても。
商店街活性化関係の「専門用語」には、使っているご本人(専門家を含む)もよく分かっていないものが多い。
思いつくままに上げてみますと・・・、
○活性化 ○賑わい ○回遊 ○コミュニティ ○コンパクトシティ などなど。
○コンセプト ○マーケティング ○マーチャンダイジング ○テナントミックス などなど
どれも中心市街地・商店街活性化の根幹に関わるレベルの用語ですが、きちんと定義を自覚して使っている人はきわめて限られています。
使っている人、使いたい人は、ぜひいますぐこれらの言葉の「定義」をわきまえていただきたい。定義が自覚しないまま文言を垂れ流すと周囲が迷惑します。

 こういう言葉が「定義抜き」で飛び交うということは、これらの言葉に関連する領域についてはカッコに入れたままで先に進もう、ということに他なりません。
まあ、その程度の重みでしかない、といえばソレまでですか、“もっとまじめにやれぇ!”ということです。

 「○○をコンセプト主導で推進する」という言葉は聞き飽きているわけですが、実際はコンセプトとはなにか、なぜ必要か、どう作るか、どう作用させるか、といったことについての知識はゼロ同然ですから、出てくる「コンセプト」は、大和言葉を二つ三つくっつけたキャッチコピーのなり損ない、何の役にも立ちません。
そういえば、中心市街地活性化基本計画、基本方針のページに掲げられた「目標」も似たようなものです。

 コンセプトとは何か? なぜ必要か? どう作るか? どう活用するか?
興味がある人は、当社サイト
「サイト内検索」をどうぞ。
ついでに 用語集  充実途上ですが。

 繁盛店づくりの理論と実践に取り組む、クオールエイドでは、「コンセプト」はご法度です。
当社が提唱するのは「コンセプト抜きで進める業容革新」、なぜ、コンセプト抜きか、サイトでその理由を確認してください。

フム、確認してみよっか・・・で、
ブログランキング



中心市街地・商店街活性化の目標

 結局のところ、次のような人たちが次から次へと登場しないことには、取組の効能効果があったとは言えないのではないでしょうか?

やったぜ!
 「二・八の法則」とか援用すれば、商店街の二割の人がその気になって取り組めばOKです。

参照 ウィキさん
「数値目標」はこれで決まりですね。

 当ブログ&サイト、小難しくいろいろ言っておりますが、煎じ詰めればこういうことです。

ついでに。
サイトのこの記事もどうぞ。
『数値目標を考える』


数値目標論議、“目からウロコが落ちた”w 人は
ブログランキング
ただし、ウロコは落ちたが変わりにアワビの殻がくっついた、というようなことにならないよう・・・。

ゆめタウン久留米 久留米市の場合

商都・久留米の中心商店街の状況が、ブログ 「北九州市タウンマネージャーのまちづくり日記」 で取り上げられていました。

引用されている西日本新聞の記事によれば、
 “2003年に同市郊外に大型商業施設が開店してからは空き店舗が急増し、当時の2倍超になっている。”

 鳥栖市、佐賀市など,かっては広域商圏と見なしていた都市に広域型SCが次々にオープン、消費購買力の来街をストップしたばかりか、逆に久留米市及び周辺地区の消費購買ニーズが流出する、という状況が生まれており、市内適地にショッピングセンターを誘致し、流出を阻止することは、当市にとって長年の課題でした。
 久留米ゆめタウンの進出には
①佐賀方面への流出を阻止すると同時に、
②中心商店街に対する回遊を実現する
という期待がありました。

 実状はどうだったか?
ゆめタウン久留米のオープンから4年、上記エントリーでかいたろさんが指摘されているような状況が生まれたわけですが、これは「必然」の道だったのか、それとも別の選択肢・行動があり得たのか。
考えてみましょう。

 もちろんこれは別府市に限らず、これから「アクセル&ブレーキ」という手法の採用を考えている都市にとってけして他人事ではありません。

ゆめタウン久留米の出店、地元は何を期待していたでしょうか?

①消費購買ニーズ的期待
 久留米にも大型SCがぜひ欲しい。鳥栖や上峰に行くのは情けない
②商業振興的期待
 市外への流出が無くなれば、中心市街地への回帰もあり得る。

 もちろん、商店街の皆さんは①については沈黙、②については否定的だったと思います。立て前としてどういう態度だったのか、ということは分かりませんが。

なぜこういう結果になったのか?
商店街活性化、これからどう手を打つべきか?

その前に、前記西日本新聞の記事は必読です。
ちなみに、久留米市はゆめタウン久留米のオープンでtakeoが言う「商店街活性化・三つの基礎条件」が揃いました。
活性化の三条件:
①商店街の空洞化が進んでいる
②郊外にショッピングセンター(以下「SC」)が進出しており、消費購買行動のデスティネーションとなっている
③お客のショッピングに対する評価がシビアになっている
※詳しくはDaily Flash (11月10日)参照

この条件を踏まえて適切な施策を講じないと、「活性化の三条件」が「崩壊の三条件」になってしまいます。

続きは、当社サイト【商店街・起死回生】コーナーで取り組みます。

スレッドのテーマであるゆめタウン別府と別府市中心商店街を考える上でも、あるいは一般にSCと中心商店街の関係を考える上でも重要な問題だと思います。

サイトの方も読んでみようか、という人は
ブログランキング

商店街活性化、成功への三つの基礎条件

 一般に商店街という立地で商売をしている人が直面している経営環境の現状は次の三つに集約することができる思います。
①商店街の空洞化が進んでいる
②郊外にショッピングセンター(以下「SC」)が進出しており、消費購買行動のデスティネーションとなっている
③お客のショッピングに対する評価がシビアになっている

 通常、これらの現象は、商店街立地での商業経営にとって厳しい条件だと理解されているわけで、もちろん、それはその通りなんですが、これをそのまま「その通り」と考えていたのでは商店街活性化の可能性など発見出来るはずがありません。

 考え直してみましょう。
①について。
 これは、“これまでの商売は続けられない”ということをイヤというほど示しているわけで、今後とも商売を続けたい・続けなければいけない、という人に対して“商売のありかたを変えないと続けられない”ことを何よりも雄弁に物語っているということ。変えよ、という圧力がかかっている。
ただし、“変わらなければ”と分かっていても“ではどう変わればよいのか”ということが分からないと行動に移れない。
今、商店街はそういう状況にあるのではないか。
だとすれば、「方向と方法」が提案され、納得すれば行動が始まる可能性がある。

②について。
 ショッピングセンターでの買い物が普及し、お客はそれに習熟している、ということは二つの意義がありまして、当該都市において、
その一 全国平均的消費財が普及している
その二 セルフの買い物に習熟している
ということです。
全国平均=人並みレベルの消費が普及している。

③について
 「もの余り・店あまり」という状況においてショッピングを続けているうちに、「自分の好み」がハッキリしてくる。
「自分の好みを基準に作りたい生活領域・買いそろえたい商品群」が現れてくる。作り上げ・堪能するには「提供側」の協力が不可欠である。

 ということで三つの条件は、従来どおりの“商店街商売”(*)を続けるという人にとっては「じり貧加速の条件」だが、“商売を続けていける方向・方法を見つけ出して頑張りたい”という人にとっては、またとない好条件が揃っている、と考えることが出来ます。
(*)商店街商売


 新しい繁昌を実現する方向と方法を発見し、その可能性を実証すれば、商店街ぐるみでその方向へ転換していくことも不可能ではありません。みんな困っており、活用を待っている空店舗もある。
国が“中小商業者の競争力の根幹”と位置づけ、取り組みを提唱している「テナントミックスの最適化」の実現に取り組んでいける客観的条件が整ったわけです。
中心市街地・商店街活性化は、三つの条件が揃ってはじめて実現性が出てきたのだ、ということですね。

 三つの条件が揃っていなかったらどうか。考えてみましょう。
①´商店街立地のお店の景況は、業種・規模その他の条件でばらつきがある。=足並みを揃える客観的な条件が揃っていない。

②SCが登場していない=全国平均・人並みの消費に対するあこがれがある。生活、消費購買行動の選択肢が限られ、「自分らしさ」を実現するという課題が生まれない。

③お客の生活に対する「期待」が低い
 消費購買行動の基準が低く、「量販」で間に合ってしまう。
「生活を堪能する」という意欲や期待が普及しない。

 如何ですか。
「三つの条件」が揃ってはじめて商店街活性化の可能性が生まれているのだ、ということが実感されたでしょうか?
ただし、もちろん、「三条件」は「必要条件」でありましてこれらがセットで揃っているからといって「適切な努力」ヌキで街が活性化に向かう、ということはありません。
いうまでもないことですが、念のため。

 ということで、都市経営上の課題として商店街活性化に取り組んでいくためには、こういう鳥瞰的な視点が必要です。
ますは、活性化実現の可能性について、「方向と方法」を仮設し、試行的に取り組む「先行グループ」を発進させ、実証していく、という取り組みが、必要になります。

 三つの条件をプラスと理解し、それを活かす方向で活性化への取り組みを組み立て、実証していく。
当社が提供している「クオールエイド流・商人塾」は、そういう趣旨の取り組みです。

 ありがちな商人塾:
①成功者の体験を聞く
②品ぞろえ・販促・陳列など各分野の「専門家」の話を聞く
というものとは根本的に違いますので、念のため。

ちなみに、
○成功した人が本当に「自分が成功した理由」を理解しているとは限らない
○これまでいつでも・どこででも通用していた「専門領域の知識」では、新しい方向・方法の店づくりは不可能
ということがあります。

※総合的に見て、現在の商店街内外状況を“活性化を目指す立場にとってプラスである”、“活性化を実現出来る外的条件が整っている”と判断できないようなレベルでの取り組みで、個店~商店街が地域の人たちから見て“有ると生活が豊かになる、無いと困る”買い物行き先となることはできません。

 “とりあえず、昨日と同じ生活でOK”という消費購買行動の受け皿は、どこのまちにも有り余っています。その競争に敗れた商店街が再起のため同じ条件で競おうというのは、出来ない相談です。

 せっかく「三つの条件」が整ったわけですから、これを存分に活かした「商売繁盛への道」を一日も早くスタートさせてください。
“幸運の女神に後ろ髪は無い”そうですが、せっかく商店街に揃った「三つの条件」も、放置しておくと使い物にならなくなることが懸念されます。

※ 商人塾が目指す方向への追い風としては、“「シャッターの外側の施策」で何とかしたい”というこれまでの取り組みがことごとく成功していないとぴうこと。
買い物はすべて個店のシャッターの内側で行われます。
商店街が「買い物行き先としての充実」を目指すなら(他に活性化を実現する方法はない)、シャッターの内側=個店の売り場の改革・改善は最重要課題のはずです。

三つの基礎条件、活かすためには個店の売り場の改革、適切な方向と方法による取り組みが不可欠です。


“「基礎条件」は、そういう見方も出来る、シャッターの内側の取り組みは、まったくそのとおり、と思った人は
ブログランキング


SCテナント情報とか

 このところ、ブログ、サイトとも“SCの進出が気になって仕方がない”という人たちのアクセスが増えている気配ですが、気になる人たちには共通していることがありまして、“SCについて話すと、何となく経営についての話をしたような気持ちになる”ということ。
もちろん、ただの誤解です。
だって、なんの打つ手もないわけですから。

□ Web上を駆け回って情報を収集するのは、“うちを脅かすテナントが入っているかどうか”を知るため、というのが一番の動機ではないでしょうか。
“○○市にオープンしたSCには××が入っていて、そのせいで○○市の同業者はひどい影響を受けている、既に○店も廃業した”などという「情報」が問屋や同業者経由で流れてきます。
“今度来るSCには××が入っているかいないか”一日も早く知りたい・・・。
情報を得たからといって、入っている・いないに関わらず、「打つ手」が有るのかといえば、全然持ち合わせていないのですが・・・。

 さっそく、Webで情報収集というのは、今どきらしいことかも知れませんが、「知ってどうするの?」ということがあるわけです。


□ ところで、ご承知のとおり、商店街立地のお店には「後継者問題」という難題がありまわけですが、立場が変わると問題のとらえ方が変わります。
当たり前ですが。

後継者さん:おやじが実権を渡さないから何にも出来ない・・・
    (いざ渡されると、ネット販売とか・一点逸品とか、どこかで聞きかじった話しか思い浮かびません・・・)

親父さん:いまどき自分の成功体験が通用するとは思えないが、だからといって息子が良い考えを持っているとも思えない、いまのうちに何とかしたいのだが・・。
    (シャッターの外側に関する施策の会議では強気の発言に終始していますが・・・)

 というような状況も散見されるわけでありまして、ちなみに当社が一括受託する「商人塾」では、夫婦、親子揃っての受講を推奨しています。
クオールエイド流商 人 塾
その成果の一例

 ということで、後継者問題といえば「後継者がいない」ことが問題だと思われがちですが、いればOKということではなく、個店レベルでは“いなければ廃業できるのに・・・”ということもないわけではありません。
さらに“「後継者問題」とは商店街の若手が勉強していないことである”ということもあり得るわけで、まあ、後継者問題に限らず、商店街の諸課題はなかなか一筋縄ではいきません。

ところで、後継者を自認しておいでの皆さんは、“代替わりしても勉強していないからあんまり期待出来ないよね”などと言われたら腹が立つものでしょうか?

腹が立った人は、迷わず
ブログランキング

imabari towel(今治 タオル)

 先日、NHKで今治市のタオル業界の新しい動きが紹介されました。
「五感で堪能できる」

Iimabari towel

という統一ブランドが立ち上げられました。 

 今治市は世界有数のタオル産地として有名ですが、長年に渡って中国製品との競合に苦しんでいることは、国内消費財産地の例に漏れません。
高度な技術を活かして新市場を開拓する、という課題を掲げて産地ぐるみで取り組みが行われてきました。
取り組みに招聘されたデザイナーの佐藤可士和さんの提言で、多角化ではなく、タオルそのものを極める、という方向が選択されました。
詳しくは、サイトで確認してください。
タオルに求められる本来機能は、「想定される環境において瞬時に水分を吸収すること」「皮膚にやさしく・安心・安全」ということ
でしょうか。初心に帰ってタオル本来の機能を妥協することなく突き詰めた、ということでしょう。
「魚が最後に気づくことは、環境としての水の存在だ」といった人がいますが、「あるべきタオル」への気づき、外部からの提言だった、それもデザインを期待して招聘した人による、というのが示唆的です。

imabari towel  フェイスタオル 小売価格 1,260円です。

ちなみにGMSでは一本100円からありますが、100円と1,260円、競争などは全く無いはずです。
デザイナーズブランドですとimabari以上の価格もあり得ますが、使い勝手は100円とどこが違う、という程度、馬鹿なタオルは100円に劣ります。

 ショップでは「五感で堪能できる上質なタオルを」というコピーが使われていますが、てらうことなく・思わず「堪能」という言葉が使えるかどうかは、これからの「繁昌への道」ではないでしょうか。

 伝統的な消費財産地の多くは、もはや産地の体を成していないところが多くなっています。活性化への取り組みが続けられていますが、「優れた技術を他の方面に活かす」、あるいは「デザインで付加価値を」という方向が多いようです。
産地にとっては「新しい試み」でも進出分野にとっては新しいとは限りません。なかなか実らないわけです。

 そうしたなかで今治では、たぶん「技術を活かした新分野への進出」を期待して招聘したデザイナーさんの提言で「タオル」を見直すことになったわけです。
テレビでは佐藤さんの提案(期待していた方向とはちがったわけですが)が検討され採用される会議の様子などもみられました。

 産地が果たしてきた「生活」におけるポジションを「生活の堪能」という視座からとらえ直すことで、“生活のなかで期待されていることの実現を支える”という本来業務に徹する中から、新しい消費材産業としての可能性を獲得しつつある、というのがimabari towel の現在のポジションです。
「方向」が決まれば迷いはありません。次々に新しいチャレンジが行われているようです。

 本来業務を「生活」という視座から見直し、そこで求められていることを再定義して実現、提供していくという方向はメーカーも小売も同じ、「活性化への道」ですね。

 いまどきの日本国内で何とかしたい消費財産業は、この方向を極めること、もの余り店あまり時代には存在意義を明確にすることが大事です。
存在意義が無いものが儲けられる時代ではありません。

 imabari towel、三越に常設売り場が出来たそうです。
こういう商品、あなたのお客さんにも使ってもらいたいと思いませんか?
“うちは田舎で人口も少なく、そんなタオルは売れない”というのはあなたの思いこみでしょ?
あなたの思いこみがあなたのお客の「生活堪能」を妨げ、あなたのお店の繁昌を阻害しているのかも知れません。

 地元の生活・消費者を「どうせここは田舎だから」と断定し、田舎的生活を押しつけているのは、他ならぬ小売店の業容だ、と言われたらご腹が立ちますか?

 「もの余り時代にものを売る」という立場の人はあらためて考えてみるべき。

 ちなみに、クオールエイドが定義する「堪能」とは:
“期待していた〈情⇔景〉を実現して、そのなかで心が喜んでいる”ことです。ラグジュアリィそのものですね。
“これ高かったんだから”なんてことは、まったく関係無い話でしょう。

「産地ニッポン」、活性化への道だ、と思われたら
ブログランキング

中心市街地活性化、「数値目標」の有効性

 新しい『中心市街地活性化法』では、新たに作る『中心市街地活性化基本計画』に活性化の達成度合いを測るための「目標数値」を掲げることが求められています。
これまでの取り組みがうまく行かなかった原因の一つに「目標が明確でなかった」ということがあるからだそうです。

 これまでに10数個の都市が『基本計画』を作成し、内閣総理大臣の認定を受けていますが、もちろん、それらの計画にはそれぞれ「達成目標」とその数値が掲げられています。
 「商業活性化」「賑わい創出」の目標として、ほとんどの都市が掲げているのが「通行量の増大」です。
通行量を増やせば、商店街・中心市街地は活性化する?
どうして「通行量」が商店街活性化の進展を測る基準になるといえるのか、そんなことは言えないでしょ、ということから。


□目標としての通行量

 世間広しといえども“中心市街地活性化にとって「通行量の増加」が最終目的、中心市街地活性化とは通行量が増大することである”と主張する人はありますまい。
 ではなぜ、「通行量の増大」がわざわざ目標数値を設定するほど重要な目標と見なされるのでしょうか?

 第一に、通行量の増減と中心市街地の景況に因果関係が有るのか無いのか、ということについて。

 活性化実現の目標として通行量の増大をそれも数値目標として掲げると言うことは、当然、“中心市街地の通行量について、この数値を達成すれば活性化が達成される”ということですね。ではその根拠はどこにあるのでしょうか?
これまで「通行量の増大」を目標に設定している基本計画で通行量と活性化の達成との間の因果関係を明らかにしたところは、ただの一個所もありません。不思議な話ですね。
「活性化を達成するための数値目標」を設定するからには、
①それが目標になる、ということの論証
②掲げた特定の数値が目標達成に直結していることの論証
という2段階の論証が必要です。
でも、だれも・どこも論証していません。

 目標数値を達成したとき、中心市街地はどうなっているのか?
ぜひ、説明していただきたい。


□たとえば

 特定の規模の「通行量の増加」が実現したら、たとえば、現在の通行量の二倍にお通行量を「目標数値」と設定したとして、その通行量が実現したら、中心市街地あるいは「通行量測定地」に何が起きていることが想定されているのでしょうか?

 想定されていることは、「通行量の増大」によって起こることなのか、それとも通行量の増大が「何ものか」に作用した結果起こることなのか、ハッキリしていません。

 目標通行量数値が達成されると何が起こるのか、それはなぜ中心市街地活性化の目標足りうるのか?
 ということを説明している基本計画は皆無です。


□ 手段が目的に・・・

 なぜ通行量が目標になるのか、ということの論証抜きで設定された「通行量の増大」は、いつの間にか「目的」になってしまいます。
「商業の活性化のための事業」全体が「通行量の増加」を実現するための事業に成り下がってしまいます。

曰く・
イベントの効果で○○名増加
施設の整備で○○名増加
交通機能の整備で○○名増加・・・・

ということですね。
事業はすべて目標である「通行量増加」を達成するために取り組むわけですか?
その結果、いったい何がどうなるんですか?

 通行量の増加がどうして中心市街地活性化のバロメーターになるのか?
設定した数値はホントにこれを達成すると「理想的な・あるべき中心市街地」が実現する、と自信を持って言える数値なのか?
「あるべき中心市街地の姿」は、通行量という目標数値の達成で実現できることが論証できるのか?
 
 というあたりになると、関係各位、たぶん誰も返事が出来ないですよね。
もちろん、招聘されて数値設定に協働した専門家さんも含めて・・・
 
 ということで、ホントに皆さん、こんな数値を掲げてずうっと事業に取り組んでいくんですか? 
5カ年後に通行量が目標数値に到達するとして、それがどうした?
5年間、ひたすら通行量が増えるのを待ち続けるんですかぁ?
ということなんですけど。

 “そんなこといったって、どこも同じことやってるし”というのは言い訳になりません。最終的にあなたが責任を問われるのは、あなたの基本計画の数値について、ですからね。
よそのまちの基本計画、その目標数値がどう設定されているか、ということはあなたのまちの中心市街地活性化に何の関係も無いのではないでしょうか?

 もちろん、目的~目標から論理的なプロセスをきちんと経て設定された数値目標の事例があれば、それを導入することは問題ないと思いますが、ともかく、よそが「通行量」を目標にしているから、言われてみればいろいろ問題もあるようだが、ともかく、よそが採用しているんだからうちもとりあえず採用しよう、という流れがあるとすれば、問題ですね。

□「通行量の増加」は目標にはならない。

 以上の検討で「通行量の増加」は中心市街地活性化、商店街活性化、賑わい創出などの取り組みにおける「目標」としてはまったく適切ではないことが理解されたことと思いますが如何ですか?
“「数値化」出来るものと言えば通行量くらいだろう、他の都市でもやってるし”という安易な考えで目標を設定するようでは、従来の取り組みと同じ轍を踏むことになりかねません。

 あらためて「中心市街地の活性化」=①都市機能の増進 と ②経済活力の向上 という最高目的に照らして、有効適切な「目標」とその「達成すべき数値」を決定することが必要です。


話としては筋が通っている、と思われたら。
ブログランキング

ラグジュアリィに進路を取れ

 Daily Flash で imabari towel タオル 世界有数のタオル産地・今治市タオル製造業界の新しい動き について書きました。
 産地の取り組みは、当社がいう「ラグジュアリィ」志向の新しい取り組みと見ることが出来ます。

 このところ、クオールエイドのサイトは「今秋の課題」として、中心市街地活性化~基本計画関連に集中していますが、活性化の基本は「繁盛する個店」、個店の取り組み無くして「繁昌する商店街」、ひいては「経済活力がみなぎる中心市街地」の実現はありません。

 『中心市街地活性化法』・新スキーム発足以降の状況を見ますと、新しい「法」のスキームによる取り組みに移行しなかった都市の中には、この機会に中心市街地・商店街活性化以外の重点施策への転換を選択したところがあるように思われます。なにしろ問題山積ですからいつまでも結果のでない中心市街地活性化にばかりかまけてはいられないということかも知れません。
そういう都市の商店街・個店は文字通り、自力思考による自力更生が必要になっています。

 このような状況から、サイトではあらためて「繁盛店づくり」についても、しっかり取り組んでいきたいと思います。

 まずは、「ラグジュアリィ」について考えます。
サイト、ブログとも「ラグジュアリィの意味」という検索でのアクセスも結構ありまして、たいていの場合、どういうわけか、
ショッピングセンター関連用語の整理が、この記事では当社的ラグジュアリィの説明としては不充分ですね。

次の各記事が正面から論じています。
サイトでは:
「ラグジュアリィ」
おなじく 「ラグジュアリィ」 
ブログでは:
「ラグジュアリィ」について
ラグジュアリィ 吟味 堪能 得意
などが説明としては詳しいと思います。

 今回はこれまで以上に詳しく、基本概念の検討から、メーカー、問屋、小売各段階の取り組み方まで「決定版」として考えていきます。
ラグジュアリィに進路を取れ

 ちなみに、ラグジュアリィをマーケティング的理論語として使っているのは、これまでのところ、当社だけのようです。
「堪能」も同様ですね。


当ブログでも「個店の業容革新」がらみでラグジュアリィ関係の記事を増やしていくつもりです。
ブログランキング

『基本計画』は有効か?

 と、挑発的なタイトルにしてみましたw

 多くの都市がこういう、問題&関係者多すぎ、成功先行事例なし、期限付き・待ったなし、という課題に総合的な計画を立てて組織的に取り組む、というのはあまり前例の無いことだと思います。

 従来の商店街活性化、商業近代化計画の延長上で取り組まれるパターンが多いような気もしますが、そもそも、「法」~新スキームによる取り組みは、従来の「点」や「線」の事業が所期の成果を挙げられない、という総括に基づいてスタートしたものです。
「点」や「線」で成果を挙げられなかった事業をそのまま「面」に拡大すればなんとかなる、ということはありません。第一、「面」の取り組みといっても、個別の事業は「点」や「線」で取り組まれることにかわりはありません。

 ということは何を意味するか?
言うまでもありませんが、これまでどおりの事業(商店街活性化事業とか商業近代化事業とか高度化事業とか)にこれまでどおりの要領で取り組んだのでは結果は自明である、ということですね。

 このことは、『整備改善・活性化法』に基づいて作られた初代基本計画においてしっかり確認されていなければならなかったのですが、残念ながら「面」の取り組みに移行するにあたって、従来の商店街活性化関係の事業を抜本的に見直すという作業を行った例はきわめてすくなかったと思います。
 実は、ここに初代基本計画による取り組みが挫折せざるを得なかった根本的な原因があったのです。
これまで当社の支援を受けたことがある人にとって、このことはもはや常識の域ですが、一般にはたぶんゆめにも思ったことは無いこと、もちろん総務省など国の関係機関による評価・総括にも出てきません。

 「整備改善活性化法」のスキームでは、「整備改善・活性化」の事業を一体的に推進して商業の活性化を実現していく「目標」といて「ショッピングモールとしての再構築」を提唱し、その推進に当たる機関として「TMO」の創設を計画の要件としました。

 このことの意味することは何であったか?
残念ながら、このことを理解し、その上で『基本計画』を作った都市は、きわめて限られていました。せっかくスキームの意図を対して作られた基本計画も実施段階で障碍に突き当たり挫折するということもあったようです。現在、「これが活性化実現を展望できる計画~取り組みだ」と評価される取り組みを推進している都市が、さて、幾つあるでしょうか?

 プランニングという領域で言えば、初代基本計画を作成する時点で、従来の取り組みをきちんと総括、これと明確に訣別することが必要だったのですが、ずるずると従来のパターンを引きずったまま、「法」のスキームに取り移ったわけですね。

 さて、「法」の改正によって取り組まれた『旧・基本計画』の見なおしは、どのレベルで行われたのか?
という問題がありまして、何ですか、
①地域を拡げすぎた
②事業のメニューが多すぎた
③商業施策だけでは活性化出来ない
などという、おそるべき「総括」が行われ、その結果、
①地域を狭める
②事業を絞り込む
③商業以外の分野の取り組みを拡張する
さらに、総務省の提言を受けて、
④「数値目標」を設定する
という大枠がいつの間にか決まっているようです。

 ここで指摘している、「法」以前~「整備改善活性化法」を貫いて取り組まれてきた「商業活性化策」に問題があった、特に画期的な方向と方法として提唱された「ショッピングモールとしての再構築」については、ほとんどの都市が計画出来ず、全く取り組まれず、そのことについての総括も行われないまま、屑籠行きです。

 新しいスキームでは、「ショッピングモールとしての再構築」といった「方向と方法」は示されていないわけですが、では自分たちで「活性化の方向と方法」を構想・決定し、その実現を目指して計画の全体が立案されているかといえば、そんなことは全然ないわけで、『基本計画』とはいったい何をどうするための計画なのか、そのことは基本計画のどこを見れば分かるのか?

 皆さんの基本計画は如何ですか?

 ということで、基本計画、計画立案プロセスに大きな問題があり、その根本にはこういう計画の立案に習熟した担当者を宛てることが出来なかった、というところにあったのではないか?
このままで行けば、三次、四次の計画も従来どおりの計画になる可能性が高いのではないでしょうか。
あらためて『基本計画』の性格・要件について考えてみたいと思います。
 既に作成・認定過程をクリアした都市は、たとえば「商業活性化実施計画」といった計画をあらためて作成して、実効ある取り組みを組み立てることが必要だと思いますが、如何でしょうか。
そんなものは必要ない、という人もとりあえず、議論に参加してみてください。 【都市経営・入門編】

『基本計画』あらためて検証してみませんか?
ブログランキング



ゆめタウン別府 イオンモール大牟田

 このところ、ブログ、サイトとも「ゆめタウン別府」と「イオンモール大牟田」の進出関連をキーワードにしたアクセスが増えているようです。
PVが結構上がりますから、おそらく商業者・商業関係者のアクセスが多いのかなと思われます。
 
 ①商店街関係者、②SC関係者、③中心市街地活性化関係者の順でアクセスがあるようです。商業者は、「繁昌」再現に自助努力をもって取り組むことが、日々の経営そのものだと思いますが、商店街・中心市街地とSCとの関係、中心市街地活性化の取り組みの状況などを理解し、必要に応じてその取り組みを「我田引水」することは、商店街活性化~自店の繁昌実現を左右する重大問題です。
 そのつもりで取り組んでいただくことを期待しています。
“SC対策なんて有るわけ無いだろうが”と思っている人は「これまで何をやった来たか」が問われているんですからね。

 現在、サイトの 【商店街起死回生】で、「ゆめタウン別府」の進出を取り上げています。「消費購買の流出阻止」を目的に誘致されたSCと地元既存の商業の共存をどう実現するか、実現するために中心市街地は何にどう取り組むべきか?

 あらためて考えてみますと、多くの都市の『基本計画』に共通する問題点の一つは、「郊外型SCと中心部・商業街区との関係をどう考え、対処するか」ということについて、ほとんど問題意識が無かった、ということです。
 本来ならば、これは『基本計画』の「基本方針」に特筆大書しなければならなかった、少なくとも「商業の活性化のための事業」はこれを踏まえて計画されるべきことですからね。
これを抜かしてOKと考えるくらいで、はたして中心市街地の活性化、ホントにホンキで取り組むつもり?という疑問が起こることを禁じ得ません。

 ということで、サイトの 「ゆめタウン別府」 のスレッドは、もう少し考察を続けます。
取り扱うのは、上記「基本計画の根本問題」から「商店街の緊急対応策」まで多岐に渡ります。
スレッド長くなり杉なので、きりの良いところで新スレッドに移行するつもりですが、それまでは読みづらく・不便をおかけしますが現スレッドを続行します。

★ 念のために申しあげておきますが、当該スレッドは個別「別府市の問題」を取り上げているわけではありませんからね。
それぞれ「うちの街の話だ」と受け止めていただくと嬉しいです。

 なお、「イオンモール大牟田」については、もう少し待ってください。「流出阻止vs地元との共存」という大牟田市が直面している問題については、当面、「別府市」スレッドで考えています。

SCの正体を見極め、適切な対応を心掛けましょう。
ブログランキング

映画とポップス (秋の夜長に四)

 お気に召すと良いのですが。

◇映 画
『灰とダイヤモンド』http://www.youtube.com/watch?v=ZuqPOluaJS8 ビル・ワイダ監督 ポーランド旧時代の名画。 
 『ヒトラー最後の十二日間』 
女性秘書の眼を通して描くベルリン陥落までの十二日間。
「急進的コンパクトシティ派」の皆さんはぜひ鑑賞すべき。
補 遺:
 DEAD MAN はいかがでしたか?
ノーバディが主人公と間違えた、詩人/画家のウィリアム・ブレイクの作品
バックのCrystal Shipはご存じDOORSですね。
The Doors - When The Music's Over

◇ポップス
 セリーヌ・ディオンは如何でしょう。
 『タイタニック』の主題歌でROMさんにもフアンがおいでのことと思いますが、これは初視聴ではないでしょうか。

Celine Dion & Paul Anka - It's Hard to Say Goodbye
※ 表現力抜群のご両人の絶唱です。歌詞

セリーヌ初体験という人に、おまけ。
Celine Dion - falling into you

もう一曲w 葉加瀬太郎との競演を。
Dion & 葉加瀬太郎 To Love You More


堪能していただくと紹介の甲斐があるというものですが・・・
ブログランキング

プランナー/タウンマネージャーの確保

 中心市街地活性化、ホントに達成したかったら、標題どおり、基本計画作成の一部始終をマネジメントし、出来上がった計画に基づいて実施計画の作成プロセスをマネジメントし、実施段階を仕切っていく。
そういう人材を確保することが「基本計画作り」に優先します。

 考えてみてください。
活性化の達成を測る基準となる「目標」を設定し、さらにこれを数値化してマネジメントしていく、という仕事をするためには、基本計画の「目的」「基本方針」などを踏まえ、もちろん前提として、中心市街地の現状を把握し、郊外のSCの力量・将来の予測などは必須条件ですからね。
このあたりが把握されていないと、とても「数値目標」などは出しようがない、通行量の積み上げなんかおかしくって、というのが商業活性化のプロですね。
で、
皆さんの基本計画作成プロセスではそういうプロを参画させていましたか?
その人は出来上がった計画の推進にどういうカタチで関わっていますか?
まさか、プロ無しで活性化を実現出来る計画、とかお作りになっていませんよね?

 まあ、プロ不在で作ってしまった「基本計画」を提示されて「さあ、これで活性化して」と言われ、「OKっす」というのは、よほどの達人か、ほとんど仕事の内容を理解していない人か、どっちかではないでしょうか。

 前の記事にも書きましたが、タウンマネージャーはスゴ腕でないと勤まりません。
問題はそういう人を・それも計画作成に入る前の時点で確保出来るかどうか。

 これは、当社これまでの各都市における取り組みの支援を踏まえて、“これを言わないとどうにもならない”と思い至ったことです。
ホントはあまり言いたくないことなんですけどね。

 言わなくても分かってよ、と言いたいところなんですがどういうわけか、これまで分かった人は五本の指にも達しません。
黙っていると必ず安易な方に流れる、見ていてもどうしようもないので、ぶっちゃけた次第ですw

確保すべき人材、どれくらいスゴ腕でないといけないかと言うことは、以上を踏まえれば察しが付くことと思います。
分からない人はその旨メールかサイトに書き込むかしていただくと、詳しく論じます。
『プランナー/マネージャーに要求されること』
というテーマで【都市経営】でいかがでしょう。


“そうかも”ビビッと来たら
ブログランキング
 

基本計画の見なおし

 おなじみ、「北九州市タウンマネージャー・かいたろ」さんのブログで、和歌山市の 『認定基本計画』の見直しが取り上げられています。

 かいたろさんは、商業系のコンサルタントといまも「二足の草鞋」をはいている、タウンマネージャーとしては異色のキャリアかも知れませんが、本来業務を考えれば、こういう人を招聘するのが筋です。
SC出身者に的を絞るのは感心できません(いつも申しあげているように、経歴ではなく資質ではありますが)。

 さて、ブログでは「認定」制度の問題点がかなり厳しく取り上げられています。
計画見直しは、岐阜市に続き二件めですね。
出来るだろうと思っていたがとん挫した、さっそく見直し、とまじめなところが評価されます。

 この段階での見直しは誰の責任か、ということについては、ブログで論じられています。
takeo的にはプランニングの専門家が第一番に挙げられるべき、というか、この人が中心になって次の手を考えていかなければならない。ところが、プランナーさんは、計画書が印刷に回った段階でお役ご免、でしょうから後は地元で善後策を協議するというか、当該事業を削除して報告・・・。

 皆さん、プランニングを甘く考えているととんでもないですからね。認定計画を参考に「見よう見まね・手作り」というのは、問題を知らず・己を知らず・・・、いい結果は期待できません。

 あらためて考えていただきたいのは、計画~実施段階、特に商業・商店街の活性化という、計画期間を通じ、さらに以降も引き続き取り組んでいかなければならない仕事は、誰が、どのような権限と責任を持って担っていくのか、ということです。
特に、認定以降、だんだんフォーカスされてくること必定である「商業・商店街の活性化」について、商業者の指導・教育、タウンマネジメント要員の育成などはだれがどう担っていくのか、という大きな問題がありますからね
いつかも申しあげたように、中心市街地活性化という大仕事におけるタウンマネージャーという職能は、「前代未聞」ですからね。
欧米の手法をまんまで導入する、という傾向もあるようですが、条件・環境違いすぎ、役に立つはずがありません。

 ということで、「認定」要件をクリアすれば何とかなる、と思っておいでの皆さん、残念ながら認定以降に本当の問題が始まるのです。

 和歌山市は転んでもただでは起きない、という根性が大切、この機会に「商店街活性化の方向と方法」をレビュー、再構築すると“災い転じて福となる”わけですが。

“そうかも”ビビッと来たら
ブログランキング
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ