FC2ブログ

地に足の着いた「合意形成」

 『基本計画』作成のプロセスでは、関係各方面の合意形成の重要性が言われ、新たに制度化された活性化協議会は、組織を構成する関係各方面の団体・組織が一堂に会して計画を審議、所要の建議などを経て正式に合意を決議することになっています。

 問題は、特に「商業の活性化」方面にあります。
他の方面はともかく、商業の活性化については、既存商業者の取り組みに大きく依存しており、というか、中小商業者の経営の活性化は、中心市街地活性化の重要な目的であり、同時に、その活性化の取り組みの成功無くして、商業の活性化ひいては中心市街地活性化の達成もあり得ない、というポジションにあります。

 このことを考えるとき、『基本計画』、特に商業の活性化についての計画は、中小商業者の活性化を実現する計画であると同時に、中小商業者の「自助努力」の計画、それを組織化して推進していく計画であること、ここの商業者が自分の経営の将来を託して取り組んでいく計画であることが求められます。
商業の活性化が中心市街地の商業集積群の「買い物の場としての機能の再構築」である以上、このことを否定することは出来ません。

 とするならば、『基本計画』に対する中小商業者の合意は、絶対不可欠だということになります。出来るだけ多くの商業者が『基本計画」を検討し、“この計画を推進すれば、商業の活性化が実現できる。自店も繁昌を再現できる”と心の底から納得、自分が取り組むべき課題についての取り組みも含めて「合意」する、ということが必要です。
 商業者の合意とはこのレベルで確保することが大事でありまして、宛職で協議会のメンバーになっている「商業者代表」の合意でははなしになりません。これらの代表者がホントに上述のような合意形成が不可欠であり、自分が責任をもってその形成に取り組み、協議会にその結果を持ってくる、という仕組みを作っているところは別ですが。

 『基本計画』における「商業の活性化」が以上のような趣旨で企画されているとすれば、取り組みの主役は当然、既存中小商業者ということになりますから「合意形成」は代表一任というわけには行きません。認定を受けたが、実際の取り組みは全く動かなかった、ということになりかねませんから。

 ということで、実際には合意形成も協議会メンバーのレベルでOK、ということで進んでいく『基本計画』は、計画する事業の内容も特に商業者の決意を必要とするものでもない、「推進体制」も個別事業毎に処理すればよい、というレベルなんだろうな、ということが容易に推測されるわけで、事実、Web上で閲読できる基本計画のほとんどはそういうことになっています。

 総理大臣認定の基本計画が出来上がったからといって、記載されている各種の事業が進展すれば、個々の商業者の商売に日がさしてくるということはありません。もちろん、個々の「売り場の革新」などは計画に一語も書かれていませんから、商業者が取り組むべき課題などは皆無ですから、計画の推進によって商業者の行動パターンが変わることもありません。

 「にぎわい創出」「回遊性の構築」がすべてを癒す、商業者はそれまでじっと待つように、ということかも知れませんが、この路線はこれまでさんざん取り組んできて成果を挙げられなかった手法であることを思い出せば、新基本計画のもとでの商店街・商業者の将来もけして明るくはないと思います。

 計画を作成中のところ、これから着手するところは、是非、基本中の基本ですが「合意形成」の必要性とその中身について、じっくりと考える機会を作ってください。
ちょっと「足踏み」と考える人もいるかも知れませんが、こういう事業で「拙速」は禁物です。
 ここで半年や一年進んだり遅れたりしたところで、失敗するに決まっている計画を作るよりはよっぽどましですからね。

 ということで、毎度の広告宣伝ですが。
当社が提供する「合意形成」セミナー
“合意形成の最短距離『中心市街地活性化・実現の方向と方法』”http://www.quolaid.com/seminar/seminar0507.htm
 都市経営のトップから商店街の店主の皆さんまで、一度はきちんと理解する手間暇を掛けなければならない、「活性化の成否」を左右する仕事です。

 もちろん、当社が提唱している道が唯一の道ではないと思いますので、選択肢を確保、十分吟味した上で取り組んでください。
このレベルの「合意形成」を省略して計画を作り事業を進めることは、「中心市街地活性化」の目的・目標・取り組みについて、必要な合意を経ていない、地に足の着いていない取り組みになります。

 計画ができあがり、後ろを見たら誰も着いてきていなかった、ということになりかねません。
え?、最初から誰も着いてこなくても出来る事業ばかり計画している? 
なるほど、それなら時間とお金は確実に費消出来ますね。

 成果を確保するためには、商業者との間に「取り組みについての合意」が必要です。『基本計画』を作り上げるプロセスは同時に「合意形成」のまたとない機会ですからね。
計画つくりの期間は、合意形成とそれに必要な「勉強」に取り組む期間でもあります。そのつもりでしっかり企画して充実した活用を実現しましょう。

当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング


「高齢化」対策 

 商店街活性化の取り組みとして、地域における高齢化の進展にどう対応するか、ということがあります。
「環境の変化は中立、活用するも敗退するも当方の心掛け次第」というのがマーケティングの鉄のオキテ、「高齢化」は人跡未踏のビジネスチャンスですから、何とかものにしようとするのは商売人なら当たり雨です。

 ということなんですが、「企画」が全くおそまつ。
何ですか、補助金をもらって「ご用聞き・宅配サービス」などに取り組んでおられるご様子ですが、失敗することが目に見えていますね。

 ショッピングは「生活財の調達」だけではありません。
下見・冷やかし・暇つぶし・情報収集・・・、「生活を作る・楽しむ」ということに必要なこと、付随すること、その多くがショッピングの範疇に入ります。
「ショッピング」を「ご用聞き・宅配」で代替することは出来ません!

 現在の高齢者は、日本で最初にファッションの先例を受けた年代です。この人たちが加齢するにつれてショッピングから縁遠くなってしまったのは、小売業をはじめマーケティングを仕掛ける側の責任、高齢者の「ファッションを楽しみたい」というニーズの受け皿がどこにもありません。

 こういう“美味しい”ところを狙って業容を構築すれば、競争皆無のスイートスポットを獲得することが出来ます。業種とか無関係。
郊外のショッピングセンターに出来ることは、当期流行の普及版のセルフ販売に限定されていますからね。“蚊帳の外”です。

 というように考えれば、商店街の生き残り=勝ち残り策も見えてきます。ラグジュアリィショップが軒を連ねるラグジュアリィモールが目指すところですが、その中心ターゲットは「生活熟練客相」であり、これまで商業者が目もくれなかった「生活熟練者のラグジュアリィニーズ」です。

 高齢化対応=ご用聞き・宅配という短絡をするようでは、マーケティング業の看板をはずさなければならない。
地域コミュニティなんかとっくに崩壊していますから、高齢者が「コミュニケーション」を楽しむ機会も「ラグジュアリィモール」が請け合うべき。もちろん商売をかねていないと、お互いに楽しくなりません。
お客だってお金を使うプロセスを楽しみ、買った商品を持ち帰って楽しむ、という「一粒で二度美味しい」ショッピングの楽しさを提供しなければならない。少々の身体の不自由は押してでも街に出かけて来ることがショッピングの醍醐味です。

 商店街ぐるみの取り組みで成功しているのが、とげ抜き地蔵どおり商店街ですね。

 ここはある時、「とげ抜き地蔵に参拝に来る客相」をターゲットに「ショッピングの場」づくりをスタート、客相の消費購買行動に合わせたまちづくりに取り組んできた結果、現在の景況が出現しています。
けして、「とげ抜き地蔵のおかげで商店街が繁昌している」わけではありません。“とげ抜き地蔵への参拝客の店前通行で繁昌している”というのなら他の有名神社仏閣の門前商店街を思い出してみましょう。

 とげ抜き地蔵どおり商店街は、全国の「活性化しなければならない商店街」の先進モデルです。
取り組みの経緯は理事長さんに聞いてください。

 ということで、商店街が「ショッピングの場」として再構築を目指す、不振に陥っている個店が再生を目指す、繁昌するためなら目いっぱいがんばる、というのなら迷わず「熟練客相のラグジュアリィニーズ」を狙った業容を目指すべきです。

 参考記事は、クオールエイドのサイトで「サイト内検索」を使って発見、活用してください。
近々、【目指せ!繁盛店】でも取り上げます。

 間違っても・補助金が付いても「ご用聞き・宅配事業」などに手を出さないこと。自己負担分と時間の無駄とせっかくのビジネスチャンス、「機会損失」と大損することになります。

当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング


 

一店逸品運動の活性化を支援します。

 クオールエイド社が、「理論的なことこそ実践的である」と主張していることはご承知のとおり。
当社の「逸品」は、「実践段階の支援・指導」です。

 さて、「一店逸品運動」について、当社はその現状をつ義のように理解しています。
 『一店逸品・私はこう思う』 
運動の基本的なネライとその結果について考えています。

これを踏まえてさらに。
 『一店逸品・起死回生』 
で「繁昌店づくり」という最終目標を達成する手法としての一店逸品運動のありかたを提唱しています。
 両方とも「一店逸品運動」に展望を見いだせなくなっている関係者必読の記事、未読の方は是非どうぞ。

 つきましては、上記記事の内容に基づいて“一店逸品運動の改革による繁盛店づくり”に取り組む商店街を募集いたします。

※支援は、
○繁盛店づくりにおける一店逸品運動の活用法
○「逸品」から始める売り場づくり
○繁盛店の品ぞろえ・サービス・内外環境
などの考え方を研修によって修得し、それを踏まえて個店ごとの実際の取り組みを直接支援します。
○支援は、逸品の選択から提供方法、品ぞろえ・サービス・店舗環境等のについて「お金を掛けない改革」を具体的に支援します。

※経費等
 基本的中小企業基盤整備機構の 商業活性化アドバイザー派遣制度 を活用します。


※実施要領
 両者協議して決定します。

※メールでご連絡ください。


☆「一店逸品」に限らず、既存事業の活性化を通じて繁盛店を続出させる、商店街活性化を実現していく取り組みを支援します。
詳細はメールでお問い合わせください。


当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ