FC2ブログ

「ゆめタウン佐賀」 ランキング

 コンサルタントの小島健輔さんが「最新SCを評価する」という論文を発表しています。
雑誌『販売革新07年6月号』に掲載されたものだそうです。

********** 引用スタート ****************

『昨春以降開業主要SCを総括する』

 昨年は前年を18上回る79SCが開業し、商業施設面積4万平米超物件は21、5万平米超物件は15と大型SCの開発も加速した。(中略)
07年は11月末の改正都市計画法施行を控えて駆け込み開発が殺到しており、3万平米超級だけでも33SCが開業を予定。08年も既に同28SCが計画されている。(中略)
 昨春から今春にかけて開業した主要大型SCの販売成績を出店したテナント企業のアンケート回答(当社SPAC研究会加盟のファッション関連34社336店舗)から集計してみても、SCによって「期待以上」級から「失望」級まで明暗が大きく別れている。
デベロッパーが売上を公表するケースが減って外部から実情を掴むのが難しく、公表していてもSC全体の売上傾向とテナントの評価は必ずしも一致しないから(デベの公表数字には大本営発表を疑わせるものもある)、出店したテナントの生の声を集計するのが確実なのだ。

 集客力評価ベスト5
1)ららぽーと横浜、
2)ラゾーナ川崎、
3)イオン浦和美園SC、
4)静岡パルコ、
5)ダイヤモンドシティ・エアリ/イオンナゴヤドーム前SC、

売上評価ベスト5
1)ラゾーナ川崎、
2)ららぽーと横浜、
3)静岡パルコ/アリオ亀有、
4)ゆめタウン佐賀/イオン高崎SC、

利益評価ベスト5
1)ラゾーナ川崎/ららぽーと横浜、
2)アリオ亀有、
3)イオン高崎SC、
4)静岡パルコ/ダイヤモンドシティ・エアリ/ゆめタウン佐賀。

 トータルすればラゾーナ川崎とららぽーと横浜が突出と、三井不動産物件が上位を独占。これに続く静岡パルコ、アリオ亀有、イオン浦和美園SCまでがベスト5だが、イオン高崎SC、ダイヤモンドシティ・エアリ、イオンナゴヤドーム前SC、ゆめタウン佐賀も僅差で評価されている。
(後略)
*********** 引用終わり ***************

 行政人口20万、商圏人口最大60万の佐賀市において、車時間20分程度の直線に、モラージュ佐賀、イオン大和ショッピングシティと5万㎡級3SCが激突するなかでの「ゆめタウン佐賀」の健闘が光り輝いております。

ちなみに、同論文後半ではfcn社の「SC格付けの計算方法」が紹介されています。
果たして紹介されているようなアプローチで「ゆめタウン佐賀」の業績が予測~説明出来るものかどうか、どうでしょう?
興味のある方はチェックしてください。

当社の「ゆめタウン佐賀の評価」もどうぞ


ブログランキング

中心市街地活性化必携

 ご承知のとおりクオールエイド社サイト【中心市街地活性化への道】では、『改正中心市街地活性化法』のスキームによる中心市街地活性化の取組、方向と方法について、法改正以降「読み解き」を行い、さらに新スキームに基づく「基本計画の作り方」を研究してきました。

①「『整備改善・活性化法』の挫折

②『中心市街地活性化法を読む

③「『基本方針』を読む」 (1)~ (6)&まとめ

④「基本計画を作り直す

⑤「新基本計画の諸問題

当社が提唱する「中心市街地活性化への道

中心市街地 こうすれば必ず成功する

中心市街地 こうすれば必ず成功する

中心市街地 こうすれば必ず成功する

 新スキームを活用して中心市街地の活性化=都市機能の増進と経済活力の向上を実現していく、各般の取組の文字通り基本となる計画を(前回の挫折踏まえて)作り直すためには、作成に先立ってこの程度の調査研究は当たり前です。

 今日は暇だったので、認定済みの基本計画を一通り読んで見ました。
これまでも読んでいたのですが、今回は全都市分を「目標」と「商業の活性化のための事業」に絞って一覧する、ということを試みました。
各地の活性化協議会の取組状況もWeb上で見せてもらいました。

 あらためて痛感させられたのは、「にぎわい」、「通行量」という文言のチカラです。
ほとんどの計画が「目標」に掲げています。これを実現すれば「経済活力の向上」は自動的に達成されるかのようです。
当サイトにとって『藻谷流』は既に“過去の話”と思っていたところ、どっこい、根強く活躍しています。
「商店街は住む人・来る人・通行量を増やせば活性化できる」=藻谷流活性化論の批判

 目下計画を作成中のところ、準備中のところは、なにはさておき「通行量がすべてを解決する」「にぎわいから繁昌が生まれる」という暗黙のご了解を否定してスタートすることが必要です。

商店街の通行量

にぎわい」:

 このあたりの論考としっかり格闘していただかないと当サイトが提案する「活性化への道・方向と方法」を御市の取組に活用することは出来ません。
状況は切迫しているかも知れませんが、だからといってパスすることは許されない課題です。新しくおいでになった方は、大変でしょうが格闘してください。

 新スキームはもちろん有効ですが、有効にするためには活用する側に相応の努力が必要です。
先行各都市の取組、果たして効果的な取組が計画されているかどうか、【都市経営】であらためてケーススタディのスタートです。

 その前に、紹介している各資料、未読の人は制覇してください。
もちろん、既読のかたももう一回通読されるとさらに吉。
中心市街地活性化を担う「専従者」・「専門家」としての基礎力はOKだと思います。

残暑厳しい折ですが、気合いを入れて取り組みましょう!



ブログランキング

商業理論の必要性

 スキームに「アクセル&ブレーキ」が組み込まれたことから、これへの対応をめぐって、小売業界の戦略的な動きと中心市街地との関係が強まって来ています。
 当サイトでも、ゆめタウン別府やライフスタイルセンターといった話題に反映しています。

 中心市街地の商業活性化を牽引する「核」として大型の商業施設を誘致することは、これから多くの都市で検討されるのだろうと思いますが、進めるについては条件があります。

 「商業を理解するために必要な理論を準備する」という仕事が必要です。
クオールエイドのサイトでは目下、別府市の事例(*)を検討していますが、中心市街地に新しい商業機能を導入することで全体としての商業の活性化を実現するというのは、言うは易く・達成はなかなか難しいことです。実現のシナリオは別府市のケーススタディを参照してください。
(*)『ゆめタウン別府 中心市街地へのSC進出
総合的・計画的な施策を展開する必要が実感されると思います。

 新しいところでは昨日紹介した「ライフスタイルセンター」があります。
“都市における商業の新しい趨勢と中心市街地の結合”と考える人もあるようです。

 『商業界9月号』の特集記事は、ライフスタイルセンターについていくつかの視点から専門家の意見を集めていますが、中には「中心市街地活性化」に照準を合わせた「プレゼンテーション」的論文もあります。

 耳障りのよい「解説」を聞いて“これからはライフスタイルセンターだ”とか“SCを核にすれば回遊性が創出される”などと飛びついたりすると、空洞化を「加速」することになるかも知れません。慎重な検討を要するのは、出店するデヴェロッパーさん、テナントさんも同様です。


 さしあたって、SCとは何か、ライフスタイルセンターとは何か、こういう基本的なことをきちんと理解しないと、中心市街地活性化の総合的な取組に適切に位置づけることが出来ません。いつも申しあげているとおり。

 SCやライフスタイルセンターの的確な定義はまだ見あたりませんからね。定義無しでそのコトバが指示している対象について考えるというのは、知的訓練に乏しい段階ならいざ知らず、今日のわが国における社会的・組織的行動として ―少なくとも立て前としては― あってはならないことでしょう。

 当サイトと熱心におつきあいいただいている方はよくご承知であり、また、これからスタートするライフスタイルセンター論議では、さらに明らかにできると思いますが、わが国(だけとも限らないようですが)の商業理論は、現実の商業界の動きを説明する、あるいは予測する、という「理論としての機能」をうまく果たせない水準にあると思います。
この機能が果たせないと「活性化への道」を構想することも出来ません。

 状況が変化するなかに位置するものごとの将来について考えるにあたっては、その前に対象について「それは何か」ということを理解しておくことが不可欠です。

 「理解」するとは「分かる」こと、「分かる」とは“分け方が分かることだ”という人もいます。
互いに類似したものがたくさんあるなかで、「これは何か」を理解するには、「区別」すること、類似と分けることが必要であり、そのためには「区別が出来る」仕組みが必要です。

 「区別が出来る」、「分け方が分かる」とは、「分類出来る」ということであり、「定義が出来る」ということです。
「定義する」ということは「対象を理解すること」であり、その対象について考える第一歩の仕事です。

 商業のように複雑多岐に渡る領域に存在する対象を理解するには、全体を把握(説明)できる「理論」が必要です。
「定義」は理論体系のなかで行われることが必要ですが、その点、既存の理論は物足りないところがあります。
実のところ、中心市街地活性化がうまく行かないのも「理論」的な不備が大きく影響しているのではないか?
常連の皆さんは疑問を共有されていることと思います。

 この期に及んで理論の勉強とは大変な回り道のようですが、適切な理論に基づかないレベルでの取組は、「繁盛店が軒を連ねるショッピングゾーンの再構築」という究極の目的達成に効能効果を発揮できないことは、これまでの経験で十分確認されています。

 現在、適切な商業理論の装備は、中心市街地活性化関係者のみならず、広く小売業界全体の課題です。


 「ライフスタイルセンターを考える」
【理論コーナー】でスタートしますが、まずは「対象を知る」その定義から。
業界ではどう定義されているか、知るとびっくり、かもです。


ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ