FC2ブログ

厳 重 警 告 ! (笑


 認定第一・第二陣の基本計画に共通する問題点

 「法」の改正で危惧されていた「商業の活性化」という基本課題がぼやけた結果、旧スキーム当時以上に多様な領域で種々の事業が立案・列挙され、「結局、なにが実現したいのか」、取り組みを総合的・一体的に推進することで実現したい目的が定かでない計画になっているのではないか。というか、目的は「中心市街地の活性化」であり、「中心市街地における都市機能の増進と経済活力の向上」なのですが、これを実現していく長期的な方向・シナリオが無いために、各方面の事業が「寄せ集め」に終わっているように思われます。
 旧基本計画は、スキームをきちんと理解しないまま(理解するには背景知識が必要ですが、これを準備しませんでした)作ったために失敗したわけですが、このあたりについて、適切な総括を行わないまま、失敗からの立て直しをスキームの変更で何とかしようというのがほとんどの計画のスタンスです。
ここれではうまく行くはずがありません。

 以下のとおり、強く警告いたします。

 新しい取り組みでは、少なくとも「商業の活性化」の取り組みは、

①当該中心市街地所在の商業機能群をショッピングモールと見立てて、(ショッピングゾーンとしての)再構築を目指す。

②「整備改善及び商業活性化のための事業」は、①を実現するための「総合的・一体的に取り組む事業ミックス」として計画される。

③中心市街地の商業機能の中核を担う中小商業者の競争力の根幹は、「店揃え・業種揃え」すなわち集積としての品揃えである。事業を通じて、「集積としての品揃え」の実現ヲ目指し、実質的にそれを担う「個店」の経営革新を最重要課題とする。

ということでないと「中心市街地の都市機能の増進」のうち「商業機能の増進=活性化」を実現することは出来ず、従って、「経済活力の向上」は実現され素、従って、「中心市街地の活性化」はまたしても成果を挙げられないまま終始することになります。
 当サイトではこのことについて、さまざまな角度から論じてきたところであり、かつ、さらに・さらに論議を深めていることはご覧のとおり。①~③については、皆さんも確信をもって賛成されることと思います。

 認定された新『基本計画』では、この基本的なスタンスがそろいも揃って欠けています。端的にいって、
①本市の中心市街地にとって商業の活性化は重要な課題である。従って(!)、
②次のような事業に取り組んでいく。
として、各般の事業が羅列されています。
しかも「ただし、商業だけではない」とか「これまでは商業に偏重していた」などという文言がチラチラすると、商業施策は従来よりもさらに影が薄くなっています。
商業活性化への言及は全体の1割にも及びませんし、推進体制については、新設の活性化協議会に丸投げという有り様。

 計画書に掲げる各種事業に取り組むことで、いったい何を実現しようとしているのか、各事業の相互の連関、個別事業の成果が集積されることで中心市街地の商業がどう革新されるのか、どのような筋道を経て活性化が実現して行くのか、ということは全く見えてきません。
どの『基本計画』をみても計画主体に「商業の活性化」とは商業機能をどう革新していくことか、という問題意識が無かった、としか思えない内容にとどまっています。

 計画が認定された今日、本来なら当該都市の商業者・商店街はさっそく、満を持して活性化の実現に向かって、一斉に取り組みのスタートを切っていくわけですが、ぶっちゃけ、認定以前となにも変わったことはないのではないか?
どこに向かって、何を使って進んでいくのか、指針となること、進むための手段は何一つ準備されていませんから。
 少なくとも「商業の活性化」に関する限り、“この計画ならあとは実行力次第”、しっかりがんばって、と評価できる基本計画はありませんね。

※これから作成に着手されるところ、目下作成中のところは、認定された・先行事例を「お手本」と考えることは出来ないと思います。
先行事例は先行として、まずはなにはさておき、問題情況を理解する・関係者が課題を共有する、というところからスタートすべきです。

 クオールエイドが提供する勉強会はそのために提供されている唯一の機会だと思います。
提供されている内容を理解せずに中心市街地活性化を語ることは出来ません!

※すでに計画を作っている皆さんへ。
 作っては見たものの、取り組んでいく仕事がない、と気づいた人は当社に連絡を。
 『基本計画』の下位計画として『商業活性化実践計画』的な計画作りに取り組み、そのプロセスで必要な能力を修得する、という画期的な取り組みを提案します。

※ちなみに 2001年の当社の記事を一つ紹介します。→参照

当時、こういうスタンスで計画を作り、事業を進めていれば、
①現状は起こらなかった
②少なくとも「商業の活性化」についてのスキームは変えなくても良かった。
ということではありませんか? 
とするならば、問題はスキームにあったわけではない、ということがさらにいっそうよく理解されることと思います。

 新スキームはよほど「背景知識」を駆使して読み込まないと、商業の活性化を列挙されている項目の one of them と理解してしまいます。
マンションを建てても病院を持ってきても、「にぎわい」は起こらず、経済活力の向上は、まったく期待出来ません。

 マンション街区で賑わっているところがありますか?
病院の周辺で関係者を相手に街が繁盛している?
根も葉もない話ですね。

 商業の活性化は、適切な商業施策の展開が行われてはじめて実現します。他の領域の事業結果の波及で商業が活性化することは、ぜ・っ・た・い・にありません!
そんなことはないだろう、よその計画だって似たり寄ったりだし、というのは、無し、です。


警告をそのとおり、と受け止めた人は:
ブログランキング

-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ