FC2ブログ

Web 読書会のお誘い

安 土 敏 さんの新著『日本スーパーマーケット創論』、予告以来延び延びでしたが、やっと出るようです。

 名著『日本スーパーマーケット原論』の著者による『原論』以来の本格的な小売業経営論です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4827601259/249-1617476-1950725
雑誌『食品商業』連載中、当社サイトでも話題に出ました。
さっそく予約しました。

 諸方面で「業容」を巡る試行錯誤が続いている今日、スーパーマーケットに限らず、小売業全般・企業経営全般について大きな貢献が期待される本です。
きっと当ブログご愛顧の皆さんの中にも待っている方が大勢あると思います。
この記事ではじめて見参という人は、前著にもさっそくにチャレンジしてください。
小売業について理論的にアプローチするとはどういうことか、ということが分かる唯一の本だと思います。

 新著『創 論』では、『原 論』を実践する仮説~試行のあり方が、著者のスーパーマーケット経営者としての実践の客観化を含めて展開されることでしょう。
「仮説~試行」について、こういうポジションを占めているのは、[世界中で]この人だけですからね。

 そこでご提案、当社サイトにおいて本格的な「読書会」を開催するというのは如何でしょうか。

 「読書会」は、もちろん、読んで感想を話し合う、ということではありません。
「読むことは格闘することである」と誰か言ってませんでしたっけ(笑
今回の「読み」は、参加者それぞれの「問題意識」を念頭にした「論」との格闘です。
読むこと=批判的に読むこと。今回は、きっちり「三段階の読み」を行いたいと思っています。
長丁場になると思いますが、得ることは多い(はず)。

 従って、参加とは「読み・書き・考える」というプロセス全般に参加すること、「リードオンリー」では不十分です。
(ということはリードオンリーのままでは分からない(笑 )

 「読み・書き・考える」ことを通じて、私も含めて参加者のなかで必ず「プラス」が起こります。プラスとは「問題解決能力を向上させる」という課題にとってのプラス、騙されたと思ってご参加いただくと、後で「騙されて?良かった」ということになるかも。
脳内過程にプラスが必要な人は参加してください。

 取り組みは、「参加する」と決意するところから始まります。
「参加表明」することが、脳内に意欲を喚起し、「脳」をその気にさせます。
「脳」をその気にさせる、すなわち「自脳マーケティング」です(笑 脳は、その気にさせないと力を発揮しませんからね。

ということで、まずはスレッドで続々と「参加表明」していただくと、「脳」も「掲示板」も盛り上がるのではないかと(笑

ブログランキング
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ