FC2ブログ

その後の七不思議

 今からおよそ5年前、『商店街の七不思議』という記事をサイトに載せました。

全国の都市で何年にもわたって取り組まれているのになぜ商店街は活性化できないのか?
どうして出来ないのか、その理由はともかく、商店街、活性化の取り組みにはこんなに不思議なkもごがある。
ということで、アップしたところ結構興味を持っていただいたようです。

あれからもう5年、七不思議はどうなっているでしょうか。

上記の記事は長いので抜粋を紹介します。
七不思議その一
 「商店街活性化」とは街や個々の店舗がどうなることか、誰も定義していない。
七不思議その二
 活性化に取り組んだ街の話はよく聞くが、成功した、という話はほとんど無い。
七不思議その三
 活性化が必要な商店街の役員さんたちが事業のメニューを決めている。
七不思議その四
 物販以外の集客施設を誘致すれば活性化が出来る?
七不思議その五
 業績が低迷している組合員に「後は個店の問題」と活性化の切り札を一任している。
七不思議その六
 指導者は本当に活性化を指導できるのだろうか?
七不思議その七
 「売れる個店づくり」というどこから見ても正当かつ緊急の目的達成に組合を挙げて取り組むべきだ、という声がなかなか挙がらない。

(この抜粋はブログ「まちづくり便利帳」からの引用です。感謝)
http://blog.goo.ne.jp/cheolsaito/e/0031e8860a269aa83119fe2d52911273

さて、当記事の初出から早や5年、「不思議」はどう解決され、あるいは解決に向かっているでしょうか・・・。

◇七不思議その一について
当時:「商店街活性化」とは街や個々の店舗がどうなることか、誰も定義していない。
現在:あれから5年、誰かがどこかで定義しましたか?
活性化とは何がどうなることか、定義しなくても良かったのは。
わざわざ「活性化」とか言わなくても、

①折り込みチラシを入れて売り出しをすればお客が来た・ものが売れた
②イベントをすればお客が来た・ものが売れた
③「店内改装」と宣伝すればお客が来た
④在庫一掃といえばお客が来た・ものが売れた
 という時代のことです。

こういう仕掛けがほとんど効果がなくなった時代に、「活性化」という 取り組みの名前を付けて①~④に取り組んでも効果が挙がらないのはあたりまえ。

 ほんとうにもう一度儲かる商売にしたかったら、儲かるには何をなすべきか、しっかり考えて取り組まなければならない。考えるよりやるのが先、というのはこれまで散々経験してきた。

ということで。
活性化の定義は必要だと思うのですが・・・。

◇七不思議その二
○当時:活性化に取り組んだ街の話はよく聞くが、成功した、という話はほとんど無い。
●現在:あれから5年、ほとんど無い、という情報を覆す情報はほとんど無い(笑

◇七不思議その三
○当時:活性化が必要な商店街の役員さんたちが事業のメニューを決めている。
●現在:これも不変ですね。

 最終的にどういう事業に取り組むかは、役員さんたちが決定し、その「取り組み方」もお手盛りです。
事業修了後の評価・反省もしたのかしなかったのか、少なくとも以後の取り組み方が変化するようなレベルでなかったから、5年後の今も続く現状がある。

 活性化が必要な状態を作り出している皆さんが自主的に取り組むべき事業とその取り組み方を決定し、実行すれば活性化は達成できる?
出来ないでしょ(笑

◇七不思議その四
○当時:物販以外の集客施設を誘致すれば活性化が出来る?
●現在:あれから5年、取り組んでみたところは結果が出ていることでしょう。

◇七不思議その五
○当時:業績が低迷している組合員に「後は個店の問題」と活性化の切り札を一任している。
●現在:あれから5年、当サイトをはじめ(笑、「繁盛店への道」を切開した人はいるが、街なかに伝搬できない。
したがって、「業績が低迷している・・・」について変化無し。
あ~あ(笑

◇七不思議その六
○当時:指導者は本当に活性化を指導できるのだろうか?
●現在:あれから5年、現れましたか?

◇七不思議その七
○当時:「売れる個店づくり」というどこから見ても正当かつ緊急の目的達成に組合を挙げて取り組むべきだ、という声がなかなか挙がらない。
●現在:ここはちょい変化。一店逸品、ファサード統一などの取り組みが散見されます。
「商人塾」もその末席に連なっています。

ということで、皆さん。
さて、当記事の初出から早や5年、「不思議」はどう解決され、あるいは解決に向かっているでしょうか・・・。

 七不思議、一々吟味してみました。
結果についてあなたはどう思われましたか?
ここはひとつ、立場は不問、ハンドルは何でもあり、忌憚のない真実のご意見(笑 をいただけますと、私が助かりひいては商店街の命運にもなにがしかの効能効果が出てこないとも限りません。
格式など気にせず、ざっくばらんにお願いします


情報には情報をもって報いる、
というのがWebの暗黙のご了解とか、よろしくお願いしますね~。
え? 情報をもらった覚えはない? え?暇つぶしに来てるだけ?
では、
暇つぶしには暇つぶしをもって報いる。
ということで(笑

ブログランキング
http://blog.with2.net/link.php?162886
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ