FC2ブログ

中心市街地活性化 二つの難問

 昨日に引き続き中心市街地活性化と「頭数」の問題です。

 中心市街地活性化を一言でいえば、「空洞化している中心市街地の機能を蘇らせる」ということです。中心市街地の機能とは何か?

ご承知のとおり、中心市街地にはさまざまな都市機能が存在していますが、なかでも中心市街地固有の都市機能といえば中心商店街であり、空洞化が著しいのもここであることは言うまでもありません。

 中心商店街の機能とは、「買い回り型ショッピング」のデスティネーション(来訪目的)です。この機能が劣化・衰退していることが空洞化の原因であり、ほんとうに中心商店街を活性化したかったら、施策は「中心商店街の買い物行き先としての機能の再生」に的を絞って展開しなければならない。
私どもは一貫してそう主張し、志を共有する都市、商店街の皆さんの取り組みを支援しています。
問題が二つあります。

○第一の問題
 中心市街地~商店街活性化への取り組みの難関は、その仕事の成否が中心市街地に立地する各個店の繁盛再現という「計画できない事業」に掛かっている、というところにあります。商店街の活性化とは、商店街が買い物行き先として再評価されるようになることであり、そのためには一店、一店にお客が来店し、そこで買い物をする、ということが起こるようにならなければならない。

 これはもちろん、これまでかって誰も経験したことのない課題、何しろ郊外のショッピングセンター全盛という時代に、ショッピングセンターを横目に見ながらわざわざアクセス劣悪な中心商店街まで買い物に来る、来てもらうに値するデスティネーション(来訪目的)をあらためて作り上げる、ということを意味しています。

 つまり、個店レベルの取り組みがお客に支持される「店づくり」として実現しない限り、中心商店街の活性化はぜったいに実現できません。
この取り組みをどう推進するのか。
 問題は、活性化を推進するための計画、たとえば『中心市街地活性化基本計画』などにおいて、「個店の活性化」を主要課題として掲げ、施策を計画していても、それで個店の転換が実現するわけではない、ということです。

 個店の転換は『計画』にいつまでにどうする、と明記できません。
いや、記載したければしてもいいのですが、しかし、それは実行できる取り組み、としての計画ではなく、「できたらいいな」という願望でしかありません。
 個店は、①品揃え ②提供サービス ③提供環境 の「三点セット」の転換に取り組むわけですが、これは「こうすればよい」というモデル・成功事例もほとんど無い未知への挑戦、「試行錯誤」として取り組む以外にありません。さらに、この取り組みにはこれで終わり、ということもありません。誰か代行するということもできません。誰かが指導したとしても「コンサルタントが帰ってから本当の仕事が始まる」という「コンサルトンのオキテ」がある(笑

 ということで、中心市街地活性化のメインとなる仕事は、そこに立地する個々の店舗のシャッターの内側における「終わりのない試行錯誤」として店主以下によって営々と続けられていく取り組みだ、ということになります。  
 この取り組みは個々の店主にとってはこれまで経験を遙かに超えた課題であり、多くの店主にとって自分の能力だけで対処出来るところではありません。成功させるには「買い物の行き先」としての再生の方向と方法を示し、必要な支援を強力に行うことが必要です。

 にもかかわらず、現状は、個店レベルの取り組みを喚起し・支援するという取り組みがまったく行われていません。ここに第二の問題がある。

○第二の問題
 すでにお分かりのとおり、「中心市街地活性化」は、計画することのできない、個店の経営者の意欲的なチャレンジに負うところがきわめて大きい仕事です。

 ところが、目下各地で展開されている取り組みは、「中心市街地の人口を増やす」、「商店街の人出を増やす」といった「シャッターの外側」の施策がほとんど終始しています。
「わざわざ中心市街地に買い物にやってくる」=来街目的作り=「買い物の場としての充実」として個々の店舗の改革を推進しなければならない、という課題はもっぱら個店の責任とされ、事業としての取り組みは行われていないのです。 これは何を意味するか?
 頭数が増えても街が活性化することはないことは明らか、現在の施策を続けるならば中心市街地の活性化はかならず失敗する、ということではないか?
もっとも「活性化とは頭数が増えることだ」と定義するなら話は別ですが・・・。

 以上、簡単にみたとおり、中心商店街を活性化する、という課題には二つの難しい問題があります。
一つは、「買い物の場としての充実」という目標を実現する取り組みが、個々の店舗によって担われる他に手だてが無く、個店経営者の意欲を喚起し、取り組みに必要な支援をすること。
これはそう難しいことではありません。現に私たちが支援している都市では顕著な成果が挙がっています。

 もう一つは、個店レベルの改革がもっとも緊要であるにもかかわらず、現在、実際に取り組まれていることは、居住人口を増やす、とか、人出を増やす、とか本末転倒したことばかりだということ。
 商店街が空洞化しているのは人通りが少ないからだ。人通りが少ないのは人口が減ったせいだ、という短絡的な発想で、マンションを建てる、学校や病院を誘致する、大型店を誘致するなどなど、肝心の「買い物行き先の充実」以外のことなら何でもやる、ただし、個店の内側は店主の聖域、これについては一切云々しない、という現在主流となっている取り組み、その取り組みを作っているものの見方/考え方こそが大問題です。

 「個店レベルのデスティネーション再構築」という難問への取り組みを展開しなければならないところに「頭数がすべてを癒す」という思いこみが覆い被さって邪魔をしている、という「二重の難問」状態が起きているわけですね。

 この流れを作り出しているものの見方/考え方を変えない限り、活性化実現の方向と方法が変わることはなく、したがって活性化が成功することは無い、と断言することが出来ます。
ものの見方/考え方というものはそう簡単に変わるものではない、ということを考えれば・・。

ということで中心市街地活性化への取り組み、二つの課題への取り組みを巡って、二つの潮流がありまして、一つは「人出を作れば全ては解決する」というハード試行の大きな流れ、もう一つは「活性化するには来街目的の再構築が必要だ」として個店の転換を中心に取り組むことを主張する少数派。
 
 で、もちろん、私ども㈲クオールエイドは少数派です(笑

 中心市街地活性化に使える時間はきわめて少なくなっています。
皆さんの都市ではどのような取り組みが行われているでしょうか。
「みんなで渡れば怖くない」、ひょっとしたら「中心市街地活性化」といえば、住む人・来る人の「頭数」を如何に増やすか、ということばかりに論議・施策が向いているかも知れません。
ご注意あれ。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

進化する売場研究会

  • Author:進化する売場研究会
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ