商店街 なぜ活性化できないか

答えは簡単でありまして。

「活性化」とは街がどうなることか、という定義・目標が立てられないまま事業が進められているからです。おまけに。
商店街=買い物行き先=入りたい店がそろっている、買いたい商品がそろっている、サービスが行き届いている、雰囲気もいい、などの条件がそろってはじめて「買い物行き先」として〈保存〉される訳ですが、実際に取り組まれていることといえば。
このところ、売り上げが落ちている。通りを見ると人通りが少ない。そうだ、人通りが少なくなったから売れなくなったんだ、ということで、人通りを増やす大作戦。

イベントをしたり、空き缶持ってきたら景品をあげたり・・・。
それでお客が増えるかと言えば、全然そんなことはありません。
イベントに来たお客は、イベントを楽しみに来たのであって、日頃ほとんどなじみの無い商店街のお店で買い物しなくちゃなんないほど買い物行き先に不自由している人はおりません。
イベント、楽しむだけ楽しんだらさっさと帰ってしまう。もっとも缶ジュースくらいは売れるでしょうけど。

商店街のお店の売り上げが不振を極めているとしたら、それは、
そのお店を自分の買い物行き先だ、と決めているお客がいない、ということです。そういうお客がいない=魅力があると認めてくれるお客がいない店、ということですから、イベントなどで集めたお客が買い物客になってくれることなど、あり得ない、というわけです。

想像してください。
商店街のなかに、お得意さんをたくさん持っているお店が並んでいるとします。
お客さんは、ひっきりなしにやってきます。「魅力のある店」が多いので、まだいったことのないお店にも、たまには冷やかしに寄ってみたりします。もし気に入ったら、冷やかしで入ったお店がやがて「行きつけ」になってしまう。そうすると・・、
一度街にやってくると個々、あそこと寄りたいところが多くて、あっという間に1時間、2時経ってしまう・・・。
そうすると、街に来た一人のお客が3店、4店のお客になり、来街客1が入店客4になる(笑
この商店街の通りを見ますと、大変「人通り」が多い。お客がたくさん来る上に、あちこちお店を「回遊」しますから。

で、この人通りはどうして出来たのか?
もちろん、商店街の個々のお店の魅力の集大成によって作り出された人出です。
全盛期の商店街は、確かに人通りが多かった。人があふれていた、といっても過言ではありません。
そして! 実はその人通りは、商店街の魅力、商店街の魅力に引き寄せられた人たちでした。

こう考えてみれば。
商店街、確かに人通りの多少とお店の繁盛/不振には関係がありますが、それはけして人通りの多少が原因でお店が繁盛したり/しなくなったりするということではありません。繁盛するお店の多少が商店街の人通りを左右することもあるのです。

商店街の活性化に取り組んでいる人たちの多くは、「人通りが少なくなったせいで商売が繁盛しなくなった」と考えているのですが、これは明らかに間違いです。間違った認識に基づいて対策を考えても成功するはずがありません。
商店街の活性化、なかなか実現しない本当の理由は、商店街に現在の状況をもたらしている「因果関係」について、根本的なところで誤解しているから、なのです。

では、どうしたら活性出来るのでしょうか?
答えはすでに上に簡単に書きましたが、いずれまた詳しく書くこともあるでしょう。
関係者でそれまで待てない人は、クオールエイド社のサイトを参照してください。

因果関係の誤解、今回は商店街について考えてみましたが、他の時・ところでもいろいろありそうですね。
商店街に関係のない人もご自分の専門分野で「常識」とされていることについて、あらためて一度じっくり考えてみられることが必要かも知れません。
大転換の時代、これまでの常識はこれからの非常識 というコトバさえ珍しくない時代です。

商店街 なぜ活性化できないか

答えは簡単でありまして。

「活性化」とは街がどうなることか、という定義・目標が立てられないまま事業が進められているからです。おまけに。
商店街=買い物行き先=入りたい店がそろっている、買いたい商品がそろっている、サービスが行き届いている、雰囲気もいい、などの条件がそろってはじめて「買い物行き先」として〈保存〉される訳ですが、実際に取り組まれていることといえば。
このところ、売り上げが落ちている。通りを見ると人通りが少ない。そうだ、人通りが少なくなったから売れなくなったんだ、ということで、人通りを増やす大作戦。

イベントをしたり、空き缶持ってきたら景品をあげたり・・・。
それでお客が増えるかと言えば、全然そんなことはありません。
イベントに来たお客は、イベントを楽しみに来たのであって、日頃ほとんどなじみの無い商店街のお店で買い物しなくちゃなんないほど買い物行き先に不自由している人はおりません。
イベント、楽しむだけ楽しんだらさっさと帰ってしまう。もっとも缶ジュースくらいは売れるでしょうけど。

商店街のお店の売り上げが不振を極めているとしたら、それは、
そのお店を自分の買い物行き先だ、と決めているお客がいない、ということです。そういうお客がいない=魅力があると認めてくれるお客がいない店、ということですから、イベントなどで集めたお客が買い物客になってくれることなど、あり得ない、というわけです。

想像してください。
商店街のなかに、お得意さんをたくさん持っているお店が並んでいるとします。
お客さんは、ひっきりなしにやってきます。「魅力のある店」が多いので、まだいったことのないお店にも、たまには冷やかしに寄ってみたりします。もし気に入ったら、冷やかしで入ったお店がやがて「行きつけ」になってしまう。そうすると・・、
一度街にやってくると個々、あそこと寄りたいところが多くて、あっという間に1時間、2時経ってしまう・・・。
そうすると、街に来た一人のお客が3店、4店のお客になり、来街客1が入店客4になる(笑
この商店街の通りを見ますと、大変「人通り」が多い。お客がたくさん来る上に、あちこちお店を「回遊」しますから。

で、この人通りはどうして出来たのか?
もちろん、商店街の個々のお店の魅力の集大成によって作り出された人出です。
全盛期の商店街は、確かに人通りが多かった。人があふれていた、といっても過言ではありません。
そして! 実はその人通りは、商店街の魅力、商店街の魅力に引き寄せられた人たちでした。

こう考えてみれば。
商店街、確かに人通りの多少とお店の繁盛/不振には関係がありますが、それはけして人通りの多少が原因でお店が繁盛したり/しなくなったりするということではありません。繁盛するお店の多少が商店街の人通りを左右することもあるのです。

商店街の活性化に取り組んでいる人たちの多くは、「人通りが少なくなったせいで商売が繁盛しなくなった」と考えているのですが、これは明らかに間違いです。間違った認識に基づいて対策を考えても成功するはずがありません。
商店街の活性化、なかなか実現しない本当の理由は、商店街に現在の状況をもたらしている「因果関係」について、根本的なところで誤解しているから、なのです。

では、どうしたら活性出来るのでしょうか?
答えはすでに上に簡単に書きましたが、いずれまた詳しく書くこともあるでしょう。
関係者でそれまで待てない人は、クオールエイド社のサイトを参照してください。

因果関係の誤解、今回は商店街について考えてみましたが、他の時・ところでもいろいろありそうですね。
商店街に関係のない人もご自分の専門分野で「常識」とされていることについて、あらためて一度じっくり考えてみられることが必要かも知れません。
大転換の時代、これまでの常識はこれからの非常識 というコトバさえ珍しくない時代です。


【活性化】とは

 前回も書いたように、私が所属するQUOLAID(クオールエイド)は、中心市街地活性化に特化したコンサルタント、中心市街地(その実際の内容は中心商店街)の活性化への取り組みを支援するのがその事業機会です。

 ご承知のとおり、中心市街地の活性化は、現在全国ほとんどの都市で行政・商工会議所・特設の組織(TMO)・商店街組織などが共同して取り組んでいますが、はかばかしい成果を挙げているところはきわめて少ない、という状況にあります。
 私どもは、その一因は「活性化」という取り組みを表現する言葉の定義に不備がある、というところにあるのではないかと考えています。

 そもそも「活性化」とはどう意味なのか。
実は、ちょっと古い辞書だと載せられていない新しい言葉でありまして、「組織の活性化」、「地域の活性化」などとよく使われており、ニュアンスとしては何となく分かるような気がするのですが、では、「活性化云々」ということで取り組まれていることが実際に組織や地域の「活性化」を実現しているかと言えば、実際のところ、どうもそうはなっていない、という例がよく見かけられます。本当はそんなことを目指していたのでは無かっただろう、と思われるような結果が起きており、にもかかわらず、相変わらず同じ「活性化策」が繰り返されている・・・。

 『類義大辞典』(講談社)を引いてみますと、
【活性化】:活気を失っている組織、産業、地域などを、活気のある状態にする。
と説明されています。
なるほど、日頃用いられているニュアンスに近い説明だが、果たしてこれでよいのか?

 たとえば、【商店街活性化】。
この辞典の定義に従えば、「商店街を活気のある状態にする」ということで、やはり、日頃用いられている意味に近いですね。
ところが、「活気のある状態にする」ということで取り組まれる活性化策が、活気がある=人通りが多いというように解釈され、人通りを増やすには人が集まるイベントが一番、ということで集客イベントが催されることが多い。もちろん、背後にあるのはイベントで人を集めると集まった人が店で買い物をしてくれる、その結果として街が活性化する、という理屈です。
 ところが、イベントで人を集めても集まった人は、イベントを楽しむこと自体を目的に集まっているのだから、この人たちが日頃なじみの少ない商店街の店でどんどん買い物をするという状態が生まれることはまず考えられません。
商店街に活気が戻ることを期待して取り組まれるイベントですが、実際にはイベント当日、イベント目当ての人が集まり、確かに人通りは多くなるが、それは当日限りのこと、翌日からは昨日までと同じように「活性化が必要な状態」に戻ってしまいます。

 このような状況がなぜ起こるのか?
その原因の一つは、「活性化」という言葉に込められた意味が今ひとつ明確ではない、というところにあるのではないか?
活性化=活気のある状態にする、という定義では、この言葉に本来期待されている内容がはっきり表現されていないのではないか? ということです。
 
 QUOLAIDでは、「活性化」を次のように定義しています。
【活性化】:何らかの理由で本来の機能が衰弱・劣化している組織や地域、産業などに必要な措置を講じることでその機能を賦活させること。
(【賦活(ふかつ)】:正常な状態に戻す、よみがえらせること)
如何でしょうか。

 この定義で、「商店街活性化」を考えてみますと。
商店街の基本的な機能は、お客の側から見れば「買い物行き先・買い物の場」なので、
【商店街活性化】とは「何らかの理由で買い物行き先・買い物の場としての機能が衰弱・劣化している商店街に何らかの措置を講じることで、買い物の場としての機能を賦活させること」ということになります。
 つまり、「活性化」が必要なのは、商店街が買い物の場という本来果たすべき機能を果たせなくなっているからであり、「活性化」とは「買い物の場」としての機能を再び果たせるようになるための「何らかの措置」に取り組むことだ、ということですね。
 たとえ、イベントで人を集めてもその結果として「商店街の(買い物の場としての)機能が賦活する」ことはないから、活性化されたことにはならない。
イベントなどの「活性化策」が目的を達成出来ない空騒ぎに終わってしまっている、という現実の商店街とイベントとの関係はこのことからすっきり説明されます。

 QUOLAIDは、このような路線と明確に一線を画して、商店街に「買い物の場」としての機能を賦活させる取り組みを支援しています。


 商店街に限らず「活性化」という言葉が登場する状況、場面では商店街の場合と似たり寄ったりのことが起こっているのではないか?
「活性化」に携わることがある人は、一度、ご自分の守備範囲でこの言葉がどういう具合に使われているのか、チェックしてみた方がよいかも知れません。

 「活性化」だけではありません。
リストラ、構造改革、ふつうの国などなど、私たちの周りには何となく分かっているつもりだがちょっと踏み込んで考えてみると実は「何のことやら」と言わざるをえない言葉が結構流通しています。

 私どもはこのような言葉を「阿吽語」と読んでいます。
http://quolaid.com/cgi/kforum/wforum.cgi?no=1326&reno=1252&oya=1252&mode=msgview&page=0
ときと場所によっては使うと便利なのですが、中身が定まっていないため、言葉本来の目的を果たせないどころか、こと志とは異なる結果をもたらしてしまうことがある。
本当に何かを成し遂げようとする人にとって、使うにあたっては自分自身で定義をしないと怖くて使えない言葉がたくさん流通しています。
特にマスコミの使い方。
取材先しゃべった言葉をそのまま「地」の文章に使い、垂れ流しますから、紙面には「阿吽語」があふれています。ご注意あれ。

※「買い物の場」が本来持っていなければならない機能とはなにか、ということについては、あらためて詳しく考えます。
中心市街地・商店街活性化に関心がある人は、当社のサイトを一周していただくとその概要を把握することが出来ると思います。
http://www.quolaid.com/

【活性化】とは

 前回も書いたように、私が所属するQUOLAID(クオールエイド)は、中心市街地活性化に特化したコンサルタント、中心市街地(その実際の内容は中心商店街)の活性化への取り組みを支援するのがその事業機会です。

 ご承知のとおり、中心市街地の活性化は、現在全国ほとんどの都市で行政・商工会議所・特設の組織(TMO)・商店街組織などが共同して取り組んでいますが、はかばかしい成果を挙げているところはきわめて少ない、という状況にあります。
 私どもは、その一因は「活性化」という取り組みを表現する言葉の定義に不備がある、というところにあるのではないかと考えています。

 そもそも「活性化」とはどう意味なのか。
実は、ちょっと古い辞書だと載せられていない新しい言葉でありまして、「組織の活性化」、「地域の活性化」などとよく使われており、ニュアンスとしては何となく分かるような気がするのですが、では、「活性化云々」ということで取り組まれていることが実際に組織や地域の「活性化」を実現しているかと言えば、実際のところ、どうもそうはなっていない、という例がよく見かけられます。本当はそんなことを目指していたのでは無かっただろう、と思われるような結果が起きており、にもかかわらず、相変わらず同じ「活性化策」が繰り返されている・・・。

 『類義大辞典』(講談社)を引いてみますと、
【活性化】:活気を失っている組織、産業、地域などを、活気のある状態にする。
と説明されています。
なるほど、日頃用いられているニュアンスに近い説明だが、果たしてこれでよいのか?

 たとえば、【商店街活性化】。
この辞典の定義に従えば、「商店街を活気のある状態にする」ということで、やはり、日頃用いられている意味に近いですね。
ところが、「活気のある状態にする」ということで取り組まれる活性化策が、活気がある=人通りが多いというように解釈され、人通りを増やすには人が集まるイベントが一番、ということで集客イベントが催されることが多い。もちろん、背後にあるのはイベントで人を集めると集まった人が店で買い物をしてくれる、その結果として街が活性化する、という理屈です。
 ところが、イベントで人を集めても集まった人は、イベントを楽しむこと自体を目的に集まっているのだから、この人たちが日頃なじみの少ない商店街の店でどんどん買い物をするという状態が生まれることはまず考えられません。
商店街に活気が戻ることを期待して取り組まれるイベントですが、実際にはイベント当日、イベント目当ての人が集まり、確かに人通りは多くなるが、それは当日限りのこと、翌日からは昨日までと同じように「活性化が必要な状態」に戻ってしまいます。

 このような状況がなぜ起こるのか?
その原因の一つは、「活性化」という言葉に込められた意味が今ひとつ明確ではない、というところにあるのではないか?
活性化=活気のある状態にする、という定義では、この言葉に本来期待されている内容がはっきり表現されていないのではないか? ということです。
 
 QUOLAIDでは、「活性化」を次のように定義しています。
【活性化】:何らかの理由で本来の機能が衰弱・劣化している組織や地域、産業などに必要な措置を講じることでその機能を賦活させること。
(【賦活(ふかつ)】:正常な状態に戻す、よみがえらせること)
如何でしょうか。

 この定義で、「商店街活性化」を考えてみますと。
商店街の基本的な機能は、お客の側から見れば「買い物行き先・買い物の場」なので、
【商店街活性化】とは「何らかの理由で買い物行き先・買い物の場としての機能が衰弱・劣化している商店街に何らかの措置を講じることで、買い物の場としての機能を賦活させること」ということになります。
 つまり、「活性化」が必要なのは、商店街が買い物の場という本来果たすべき機能を果たせなくなっているからであり、「活性化」とは「買い物の場」としての機能を再び果たせるようになるための「何らかの措置」に取り組むことだ、ということですね。
 たとえ、イベントで人を集めてもその結果として「商店街の(買い物の場としての)機能が賦活する」ことはないから、活性化されたことにはならない。
イベントなどの「活性化策」が目的を達成出来ない空騒ぎに終わってしまっている、という現実の商店街とイベントとの関係はこのことからすっきり説明されます。

 QUOLAIDは、このような路線と明確に一線を画して、商店街に「買い物の場」としての機能を賦活させる取り組みを支援しています。


 商店街に限らず「活性化」という言葉が登場する状況、場面では商店街の場合と似たり寄ったりのことが起こっているのではないか?
「活性化」に携わることがある人は、一度、ご自分の守備範囲でこの言葉がどういう具合に使われているのか、チェックしてみた方がよいかも知れません。

 「活性化」だけではありません。
リストラ、構造改革、ふつうの国などなど、私たちの周りには何となく分かっているつもりだがちょっと踏み込んで考えてみると実は「何のことやら」と言わざるをえない言葉が結構流通しています。

 私どもはこのような言葉を「阿吽語」と読んでいます。
http://quolaid.com/cgi/kforum/wforum.cgi?no=1326&reno=1252&oya=1252&mode=msgview&page=0
ときと場所によっては使うと便利なのですが、中身が定まっていないため、言葉本来の目的を果たせないどころか、こと志とは異なる結果をもたらしてしまうことがある。
本当に何かを成し遂げようとする人にとって、使うにあたっては自分自身で定義をしないと怖くて使えない言葉がたくさん流通しています。
特にマスコミの使い方。
取材先しゃべった言葉をそのまま「地」の文章に使い、垂れ流しますから、紙面には「阿吽語」があふれています。ご注意あれ。

※「買い物の場」が本来持っていなければならない機能とはなにか、ということについては、あらためて詳しく考えます。
中心市街地・商店街活性化に関心がある人は、当社のサイトを一周していただくとその概要を把握することが出来ると思います。
http://www.quolaid.com/

ブログのスタンス

中心市街地活性とは、法律的には中心市街地に所在する商業集積つまりは中心商店街の活性化のことです。

何だ、今どき商店街活性化とか ダサダサじゃん、といわれかねない分野ですが、どっこい、そうでもないのです(笑)。
「今どき」というのがカギでありまして。

郊外のショッピングセンター全盛というさなかに、中心商店街を活性化しようというわけですから、半端な力量では出来ないだろうとかは想像できますよね。
てか、ホントに力量があったらそんな無理メの話、首なんかつっこまないだろう? 
お~、よく分かってるじゃん(笑。

というわけで、
中心商店街をもう一度買い物行き先として仕立て直す、といったとたん、

1.郊外立地のショッピングセンターをはじめモロモロの商業施設との関係はどう考えるのか?

2.空き店舗だらけ、開いているのか閉まっているのか判然としないような店舗が多数を占める商店街、何をどうすればショッピング客がそぞろ歩いていた当時の賑わいを再現できるのか?

3.そもそもホンキで言ってるのか?

といった疑問が次から次へ、雲のように湧いてくる領域に特化している全国でもたぶん珍しい部類のコンサルタントです。

詳しくはホームページをチェックしていただくとして。
ここでは中心市街地に限らず、コンサルタントという専門家が見れば、
あれやらこれやらが、ど~ゆ~ふ~に見えるのか、
というあたりを中心にレポート、ご機嫌を伺ってまいります。

ブログのスタンス

中心市街地活性とは、法律的には中心市街地に所在する商業集積つまりは中心商店街の活性化のことです。

何だ、今どき商店街活性化とか ダサダサじゃん、といわれかねない分野ですが、どっこい、そうでもないのです(笑)。
「今どき」というのがカギでありまして。

郊外のショッピングセンター全盛というさなかに、中心商店街を活性化しようというわけですから、半端な力量では出来ないだろうとかは想像できますよね。
てか、ホントに力量があったらそんな無理メの話、首なんかつっこまないだろう? 
お~、よく分かってるじゃん(笑。

というわけで、
中心商店街をもう一度買い物行き先として仕立て直す、といったとたん、

1.郊外立地のショッピングセンターをはじめモロモロの商業施設との関係はどう考えるのか?

2.空き店舗だらけ、開いているのか閉まっているのか判然としないような店舗が多数を占める商店街、何をどうすればショッピング客がそぞろ歩いていた当時の賑わいを再現できるのか?

3.そもそもホンキで言ってるのか?

といった疑問が次から次へ、雲のように湧いてくる領域に特化している全国でもたぶん珍しい部類のコンサルタントです。

詳しくはホームページをチェックしていただくとして。
ここでは中心市街地に限らず、コンサルタントという専門家が見れば、
あれやらこれやらが、ど~ゆ~ふ~に見えるのか、
というあたりを中心にレポート、ご機嫌を伺ってまいります。

blog発信

◎このサイトは、「中心市街地活性化」をめざす全国各地の取り組みを支援し、エールを送ることを目的に開設された、㈲クオールエイドによる「中心市街地活性化への道」のサブサイト・情報発信blogです。

◎メインサイトでは、中心市街地とりわけ中心商店街の活性化を実現する具体的な方向と方法について提唱し、推進していくために必要と思われる事柄について広く論じ、提案し、中心市街地活性化の実現に貢献しています。

◎ここではそれらの事柄と共に関連する様々な情報を思いつくままに書き込んで行きたいと思います。

blog発信

◎このサイトは、「中心市街地活性化」をめざす全国各地の取り組みを支援し、エールを送ることを目的に開設された、㈲クオールエイドによる「中心市街地活性化への道」のサブサイト・情報発信blogです。

◎メインサイトでは、中心市街地とりわけ中心商店街の活性化を実現する具体的な方向と方法について提唱し、推進していくために必要と思われる事柄について広く論じ、提案し、中心市街地活性化の実現に貢献しています。

◎ここではそれらの事柄と共に関連する様々な情報を思いつくままに書き込んで行きたいと思います。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ