商店街活性化 取組の恒常的効果を実現する

 活性化施策の効果は個店のシャッターでたたずむ、ということで、
いくらイベントや空き店舗対策、マンション建設などなど「来る人・
住む人」を増やしてもその結果として街が活性化する=持続可能(再
投資可能)なレベルまで業績が向上する見込みが出てきた、ということは
起きません。

 「人の動き」を商店街活性化に結びつけるには、そこに立地する
個店~商店街の愛顧客になってもらう条件を整えることが必要です。
商店街のお客だが個店のお客では無い、という人は一人もいないはず、
商店街が賑わうためには個店のお客をたくさん作ることが必要です。
個店のお客を作るのは個店の仕事ですから、商店街活性化の成否は
個店の愛顧客作り如何にかかっている、といっても過言ではありません。

 従って、商店街は個店の【愛顧客作り】の支援にもっともっと
力を向けなければならない。
これからの商店街活動のテーマは、【個店の愛顧客作り】を大きな
柱にすべきだと思います。
このテーマを中心に他の事業も上手に配置することで組合の活動全体が
【個店の愛顧客作り】につながり、目に見えて実績を挙げていく、
そう言う取組を試行しなければならない時期に来ていると思いますが
如何でしょうか。

 活性化のために取り組む事業が本当に活性化=恒常的繁栄に結び
つくには、その成果が顧客の行動として蓄積されることが必要です。
前述のとおり、商店街の顧客とはどこかの個店のお客ですから、
個店のお客を増やす、来街者が個店のお客に変換するが無いと
お客は増えず、街の活性化はいつまで経っても実現出来ません。

商店街組織の活動は、【個店の愛顧客を増やす】ことを目的に組み立て
直すことが必要になっています。
まず、第一に為すべきことは、
今後組合は【個店の愛顧客を増やす】ことを行動の目的にする
と宣言して組合員の合意を得ること、組合に集中させること。

 取組(その中味がなんであれ)の成果は、個店の愛顧客の増加として
現れない限り、街の活性化実現にはつながりません。

 そのためには何を為すべきか?
もちろん、個店が取り組む「お客が堪能できる店づくり」=キラリ輝く
繁盛店づくり」ですね。

「キラリ」に取り組まずに商店街を活性化出来るか?
出来ると言う人は、キラリ以外の「個店繁盛への道」を提案しなければ
ならない。もちろんその「道」は業種を問わず、誰でもこうすれば繁盛
出来る、という内容をもっていなければならない。

 そういう「道」をこれから新しく作って行くのは大変です。
幸い、ここに「キラリ」があります。これまで取り組んで来た人はさらに
キラリが商店街活性化実現の不可欠の仕事であることをあらためて確認
し、その拡充に努力しなければならない。
事情は色々あると思いますが、あらためていうまでも無く、それらの
「事情」こそがこれまで街の活性化を阻んできた張本人、張本人に遠慮
したのでは出来るはずのことも当然不可能になります。
「事情」は抱え込むのでは無く、むしろ事業に取り組むべき理由、事業
に取り組むことで解消しなければならない課題、です。

それやこれや考え合わせると、「キラリ」に専念する、一日も早く
キラリを街全体の合言葉にしていくことが「商店街活性化への道」
そのものだ、ということになります。

日ぼろの仕事を通じて個店~街全体の活性化を実現する、という
取組は、これまでのところ、「キラリ」以外にはありません。
事情を云々する前に「キラリの拡充」の取り組むことを決意する
こと。事情は取組方を工夫することで変えていくことが出来ます。

勉 強 元 年

      
       あけましておめでとうございます。 

       清々しく新年をお迎えのこととお喜び申しあげます。

 新中心市街地活性化法の施行から丸一年、いよいよ取り組みの真価が問われる時期を迎えました。
各地の状況を見ますと、都市規模や施設規模を問わず、環境変化に対応出来ない商業者は退出せざるを得ない、という原則がいよいよ目に見える形で作動する、これまで「だましだまし」やって来たことが通用しなくなる時代です。

 「勉強無くして活性化の実現なし」
 いつもながらのことですが、顧客の生活・購買行動の変化、競争の変化、立地・集積の変化について透徹した理解を持たずに商売繁盛を実現することは出来ません。規模や立地、業種業態を問わず、これまでの経営常識を問い直し、新しい顧客満足の実現に向けて「業容革新」に取り組んで行くことが唯一の商売繁盛実現への道、繁盛実現には「勉強」が不可欠です。
当ブログ及び㈲クオールエイドは従来にもまして「勉強」に励む一年を決意しております。

 これまでよりもなおいっそうシビアに「勉強」への邁進を目指す皆さんとの協働の機会を作って行きたいと思います。

   よろしくおつきあいのほどお願い申しあげます。

 2007年元旦

 quolaid.com


トラブル修復しました

 12月8日以来、エントリー不能になっていましたが、本日ようやく復旧しました。
この間も変わらずアクセスいただいていた皆さんにお礼とお詫びを申しあげる次第です。

エントリーについては、サイトのDaily Flash から日付分をアップしました。
未読の方はお暇な折りにでも遡及してくださいませ。

年末を迎えましたが、新年早々の取り組みを企画しておいでの皆さんは、まだまだこれからが正念場だと思います。
中心市街地活性化という取り組みというのは、しっかり取り組むまでははなはだ漠然としておりますが、方向を定めると、実は成るもならぬもひとえに関係各部署の担当者各位の働き次第、ということが痛感されることと思います。
その分、やりがい、面白みがあるわけで、これはホンキに成って取り組む人にしか味わえない境地だと思います。

 当社もキャパの限り、成功に向かう実践の構築・推進に微力を尽くして参ります。
年内、もう一息の頑張りを期待しています。

 当社は新年早々新企画のスタートがありまして、目下、準備というか状況把握&機運醸成&資料作成と気合いの入った「三連休」です。

乞うご期待、必ず参考になります。
ブログランキング

地域主導型道州制とか

 標題は先日みた新聞広告の新刊のタイトルです。
(以下は、広告の書籍とは無関係)

 地方分権とか地域主導とか冠につければ、万事うまくいくかのような風説が作り出され、東西南北、行ったり来た利しているうちにだんだんホンモノっぽくなってきます。
もはや関係業界においては誰も文句の言えない流行り言葉となっている今日この頃です。

 流行り言葉の常として、“自分はよく分からないが、東京あたりではエライ先生が体系的に論じており、みんなそれを踏まえて使っているに違いない”ということでどんどん使われているわけですが、こういう立派なことには当然、「成立要件」というものがあるわけで、“これまでの非・地方分権ではうまく行かなくなったからこれからは地方分権だ”といたからといって「待ってました」と要件が自動的に揃うことはありません。

 そうしますと、オソロシや、集権的仕組みと分権的仕組みのそれぞれ短所ばかりが集約されて“こんなハズじゃなかった”結果にならないとも限りません。
新しいことに取り組むにあたっては、関係各界各層各位、じっくり考えてから、というのが中心市街地活性化の教訓ではないかと思うのですが、如何でしょうか。

 どうも、「今度は○○だ」と掲げる旗の色を変えれば、それにふさわしい能力、組織関係などがかけ声一つで現れる・・・と考えている人たちが多すぎるのではないか。
 一犬虚に吠ゆれば万犬真に吠ゆ といいますが、中身のない標語を頼りに動いたのでは、取り返しのつかない羽目に陥ってしまうだろうことが、だんだん見えてきたわけですが。

 さて、「中心市街地活性化の方向と方法」の実現を目指して奮闘されている各位には、あらためて、中心市街地活性化に端を発する「自立型都市経営」の構築が「アタリ」であることが確認される日々ではないかと拝察しています。

 このところ、「核心は商店街活性化、繁昌する商店街の再構築だ。それも待った無しで取り組むべき」と問題意識が共通する人たちとあちこちで出会うようになりました。
当面の取組は、「同志」を発見する、作り出していくことがまずとっかかりの仕事、「同志」を見つけるたびに喜び・それを糧にさらに前進する、ということです。
難しい条件を一つ一つ地道に現場で解決していかなければ先に進めないという情況ですが、お互い、励まし合い・知恵を出し合って乗り切っていきたいものです。

 特に課題は、独立組織間の連携というか、具体的には組織の担当者個々人の連携の実現ですね。
組織を越えて一緒に事に当たる仲間・同志という関係をどう作っていくか。
中心市街地に限らず、自立的経営を目指す都市には不可欠の条件だと思います。
難しくもあればやりがいもある取組、面白がって取り組まないと長続きさせられませんが、健康その他基礎的条件の維持・確保には十分に留意しながら取り組んで行きましょう。

ブログランキング

「啓蒙」について

 当ブログの伏流水は、啓蒙=「自力思考」です。
啓蒙=蒙を啓く(もうをひらく)とは何か?

蒙とは:
新明解:知識が無く道理に暗いこと
岩 波:道理に通じない、幼い、幼いもの、まだ道理に暗い子供
広辞苑:くらいこと
といった感じです。
広辞苑は毎度のことながら、最近は新明解の至らなさが目に付きます。

啓蒙とは、カントさんによれば、幼児的な考えから抜け出すこと、でした。この場合、「蒙」とは“ものの見方・考え方における幼児的状態”のことです。
「年齢」には関係なく、世間やエライ人(つまりカントの言う〈後見人〉のお説教を無批判に受け入れ、それにもとづいてものごとを考えたり、行動したりすること。

啓蒙とは、暗い状態から抜け出すこと。ものごとについて後見人からの伝授されることを丸呑みするのではなく、自分自身の力で「批判的」に検討すること。
そのためには、検討に必要なものの見方・考え方を修得しなければならない。これが当サイトが提唱する「自力思考のススメ」、なかなか由緒のある考えだということが分かりますねw
 
 啓蒙とは、お馬鹿な辞書が書いているような「間違った考えを持っている人に正しい考えを教え、正しい方向へ導くこと」などとはまったく違います。これだってアナタ、「後見人」であることに違いはありません。世の中、そういう意味での啓蒙主義者、多すぎ。

 独立自営小売業者の皆さんは、「自力思考」を心掛けないと、「明日の業業容」特に〈品揃え〉がうまく行きません。
自店の品揃えについて、年中誰かに指導してもらう、というのは不可能です。

 独立自営小売業者の皆さんにとって、「啓蒙」=「自力思考」は何が何でも修得しなければいけないこと。
当サイトの全体は、意識的にそのお手伝いをしています。
しっかり読んでいると、徐々に〈自力思考力〉がついてきます。

 促成を目指す人は、サイトの掲示板の利用をどうぞ。
興味のあるスレッドに書き込むか、新たにエントリーを投稿するか。
イヤでも〈自力思考力〉が増進します。
騙されたと思って試行あれ。

「自力試行」力を開発するぞ!
ブログランキング

映画とポップス (秋の夜長に四)

 お気に召すと良いのですが。

◇映 画
『灰とダイヤモンド』http://www.youtube.com/watch?v=ZuqPOluaJS8 ビル・ワイダ監督 ポーランド旧時代の名画。 
 『ヒトラー最後の十二日間』 
女性秘書の眼を通して描くベルリン陥落までの十二日間。
「急進的コンパクトシティ派」の皆さんはぜひ鑑賞すべき。
補 遺:
 DEAD MAN はいかがでしたか?
ノーバディが主人公と間違えた、詩人/画家のウィリアム・ブレイクの作品
バックのCrystal Shipはご存じDOORSですね。
The Doors - When The Music's Over

◇ポップス
 セリーヌ・ディオンは如何でしょう。
 『タイタニック』の主題歌でROMさんにもフアンがおいでのことと思いますが、これは初視聴ではないでしょうか。

Celine Dion & Paul Anka - It's Hard to Say Goodbye
※ 表現力抜群のご両人の絶唱です。歌詞

セリーヌ初体験という人に、おまけ。
Celine Dion - falling into you

もう一曲w 葉加瀬太郎との競演を。
Dion & 葉加瀬太郎 To Love You More


堪能していただくと紹介の甲斐があるというものですが・・・
ブログランキング

天下三分の計 (秋の夜長に三)

(てんかさんぶんのけい)出典:ご存じ 三国志 

 さる24日、印・露・中三国の外相会議がハルピンで開催されました。
二十世紀中はこの三国が三国で共同歩調をとるとは予想も出来なかったわけですが、まあ、こういうことになったわけです。


 本家・孔明さんの三分の計は、チャイナ正州を三分するという内向型でしたが、新版は違います。三国はユーラシア大陸のど真ん中を北極海からインド洋まで文字通り縦断・蟠踞しておりまして、もともと、世界史とはついこの間までユーラシア大陸史、そういえばこの三国はいずれもモンゴル帝国の継承者のそのまた継承者、というポジションにあります。

インド:ムガール帝国、ムガールとはモンゴルのこと
ロシア:ロマノフ王朝はその正当性を黄金ハン国から王位を禅譲されるという形式を取った
中 国:チベット領有の根拠は元の版図。元はもちろんモンゴル。
ということで、みんなモンゴル帝国の末裔といっていえないこともないw

 ちなみに、中国のチベット併呑の根拠は元・清の版図ですね。漢民族にとっては両者とも制服王朝であり、当時の版図を主張するとするならその根元的権利はモンゴルにあるというものです。もちろんそうしますと、その時、中国はぜ~んぶモンゴル共和国に帰属することになるわけで。

 何しろ地中海~日本海の内側はことごとくモンゴルですからね。
中国の現在の領土をかくあらしめたのは、もちろん興亡を繰り返した北方遊牧集団でありまして、漢民族(正州住民)ではありません。

 さて、本家の「内向三分の計」に対して、新御三家のそれは「外攻三分の計」というのが特徴で、ヨーロッパ、アフリカ、アメリカを誰がどうするか、今世紀の中盤以降を見据えた体制構築ではないか、というのが「秋の夜長」のテーマです。
もちろん、こういう談合がまかり通ってはたまったもんじゃない、という面々は面白くないわけで、つい先日はダライラマさんが米議会から最高の勲章を贈られたりしています。
何で、この時期に、ということですよね。

 それにしても新御三家、勢いがありますからね。
「天下分け目」については、今世紀前半、至る所で多様多彩な駆け引きが繰り広げられることでしょう。
 仲良きことは美しきかな、ではありますが、天下三分的視点で見ると、日本って何なんだ?ということにもなるわけで、GT- R 作ったとか、ブランドイメージの向上だ、とかいまどき、なんのこっちゃ、というのはお門違いかw
そういえば、『自由と繁栄の孤』というのもありました。
と過去形で語るのは失礼かも知れませんが、対中国・外周戦略ということですが、モンゴル同盟・インドで遮断されます。

 まぁ、というようなネタが暇つぶしになる時期を迎えているわけですが、わが国では高校の世界史を必須課目からはずそうか、どうしようかと言った話があったりしております。
歴史といえば世界史のことである、という時代がすぐそこに見えているというのに。
一般には世界史を勉強するのは高校のときだけだというのに。

 そこでおすすめの一冊。
 『図解 世界史』 
週末の夜長、予定の無い人はどうぞ。
64ページの地図、必見です。
日本は版図に含まれていませんが、そのうち「おまえんとこの足利義満を「日本国王」の任命したのはこっちなんだけど」とか言われたりして。


と, まあ、秋の夜長の妄想堪能のネタとしてw
ブログランキング

「啓蒙」のすすめ

 啓蒙:辞書的には「アタマの中の間違った考えを正しい考えと入れ替えること」であり、その多くは「間違った ・遅れた考えを持っている人たちを正しい方向へ導くこと」という意味を持っています。我が国では他人を啓蒙することが好きな人たちがたくさんいますが、これまで自分が持っていた考えを他人から聞く新しい言説と入れ替えるのは、啓蒙ではありません。

 啓蒙とは「蒙を啓く」ことです。
蒙とは何か? アタマのなかが「幼児的状態」にあること。
「幼児的状態とは?」親や先生から聞いたこと、「世間の常識」などをなの疑問も抱かず(吟味することなく)、自分の考え・行動パターンとして受け入れることです。
幼児の場合、やむを得ないところです。

 「幼児性」を未だに活用しているのが「蒙」であり、これを吟味・批判して「使える/使えない」をみずから判別する態度、これが「啓蒙」です。
啓蒙とは「みずから判別する」というところがキモでありまして、間違った考え、遅れた考えを他人が主張し提供する、正しい考え・進んだ考えといれかえることではありません。

 「みずから吟味し、判別する」力を付けていくことが《啓蒙》です。どう取り組んでいくか?

 これはもう、みずから開発していく以外にありません。
カントはそのための取り組みとして、「公開討論」への参加を提唱しました。
「参加」とは直接の参加及び「討論」を見聞することです。

藻谷流「商店街活性化論の批判的検討」
 

またか、といわずに制覇してください。

 もちろん、この作業はけして、藻谷説からtakeo説への「無批判的・幼児的」乗り換えを提案しているわけではではあリません。

 このスレッドは、藻谷説は「商店街活化論」として筋が通っているか、提案されていることにまじめに取り組めば、藻谷さんが言われる「商店街活性化の目的=活性化が達成されている状態」に接近していくのか・いかないのか、シビアに検討しているつもりです。
みなさんにお勧めしたいのは、takeoの作業が本当に藻谷説の「吟味」になっているかどうかを吟味していただくことです。

 啓蒙・自力思考の能力をしっかり高めたいと思っている人、そんなものはもっとるわい、という人、どちらも「商店街活性化の論理と戦略」の装備はまだこれからのはず、実践的な課題への取り組みを通じて「自力思考」を強化するチャンスだと思いますがいかがででしょうか。

 自力思考、しっかり身につけないと、あなたの問題を解決するのは結局はあなた自身、さんざん取り組んだあげく“間違っていた”と気づくのは「幼児」でもできます。
出来ますが、では次はどうする?ということは出てきませんから。

 「啓蒙」とは自分で考えること。
啓蒙について論じている本があったら「啓蒙とは自分で考えるチカラをつけることだ」と強調されているか否かをまず確認。
“正しいものの見方・考え方はこれだ”などという論調の本は、アナタを幼児性に止めておこうという陰謀か、それともそんなレベルについては考えたこともない水準か、いずれにせよ敬遠した方が良いかも。

一理ある、誰かの役に立つかも、と思われたら
ブログランキング

好き嫌い か 損得か

 暇にまかせてWebを徘徊しておりますと、ブログでは天下国家をめぐる議論が百花斉放状態ですが、面白いのは論の根拠が「好き嫌い」になっているものが多いこと。

  ※投稿 | 2007/09/26 02:53
   アメリカは嫌いでも、シナを応援する気には全く
   なれない。普段の行いって大事ですね。チベット
   活仏もシナ共が勝手に指名した、ただのガキがチ
   ベットを闊歩している。ついでにシナカトリック
   のオッサンもシナ共の勝手な指名。そして東南、
   南アジア近辺もマオイストなんとかだかの赤い兵
   隊が闊歩している。シナ共が支配する世界などウ
   ンコの世界。
   欧米が支配する世界は血まみれの世界。
   どっちも御免で御座候。

 人間は理屈で出来ているわけではありませんで、「好きは知恵の源」といっておりますように、根元的なところは理屈にはならない「好き嫌い」であると思っております。

 「天下国家」を論じるにあたっても全く同じ。
理屈抜きで「日本が好き」というところからスタートしないと始まらないのでありまして、「○○だから日本が好き」「××じゃないから日本が好き」といった「理屈」は関係ありません。

この“理屈以前に「日本が好き」”という立場から、行動にあたっては“日本にとってプラスを増やし・マイナスを減らす”ように行動しよう、という規範が生まれます。
「日本が好き」は理屈以前・理屈が始まるのは、「日本が好きなら損得を勘定して行動せよ」というところから。

 「諸外国への対応においては損得を勘定せよ」、間違っても対外関係において「好き嫌い」などを基準にしてはならない、ということですね。

 わが国のリテラシーといえば昔から「読み書き算盤」の三点セットですが、いくら読み書き算盤が得意でも肝心の「日本が好き」、“無条件で好き”ということが自覚されていないと、せっかくの三点セットを上手に使うことが出来ません。

 嫌韓、嫌中、嫌米、嫌露などなど「○○だからキライ」とか「キライじゃないからスキ」といった幼児的二項対立しか考えられない・損得の計算が出来ない人たち多すぎ。
「○○がキライ」を○○に対する行動原理にしたい人は、「日本が好き」とは全く無関係、というか、「○○がキライ」を実践するためには、たぶん「日本などどうなってもいい」となる可能性がある。
「そんなはずじゃなかった」とならないためには「日本が好き」という色眼鏡を掛けて徹底して算盤を弾かなくちゃ。

当ブログの主張、もっと普及させるべきだと思われたら
ブログランキング

瀬島龍三氏 逝く

 昨日瀬島龍三氏が亡くなりました。
 昭和14年11月(ノモンハン事件は同年5月・第二次世界大戦勃発は同年9月)から20年7月まで、すなわち、「大東亜戦争」の全期間を通じて一貫して陸軍参謀本部作戦部作戦課(さらにその「奥の院」作戦班)に勤務、対米作戦を一手に立案・指導した人です。
階級としては大尉~中佐でした。このクラスの軍人が一国の戦争~国家の命運を握るというのは、近代国家の常識を越えているのですが。

 この人の特徴は、自分が取り組んできたことについての「説明責任」をほとんど果たさなかった、ということ。
このため、解明されないままになっていることがホントにいろいろとあるわけで、こういう立場にあった人が率先して「総括」業務を推進してくれたら、言っても詮無いことですが、いろいろ違った道があったかも知れません。
無かったかも知れません。

 戦争に限らず、経験が教訓として活かされる・活かされない、という結果が生まれるにあたっては、立場立場にある個人のそのときどきの立ち居・振る舞いが大きく作用するわけです。

 日米戦争の全期間を通してキーパーソンとしてのポジションを占め続けていたという希有の人・瀬島氏について客観的に言えることは、この人はしかるべき時点でしかるべき総括作業に取り組むべきだった、その責任を負っていたはず、ということ。
責任を果たしていたらなにがどうなったか、ということとは別の話ですが、少なくとも氏の戦後の軌跡が違ったことは確かです。

 戦争の経過~結果に責任のある人で、一番最後まで生きていた・長寿を全うした人でした。

※以下、話はかわりますが。
 一般にプランナーさんは職人肌の人が多く、自分の仕事のに他から口出しされるのが大嫌いです。
能力についての自負心強大、情報関係などは手足も同然という認識だったりすると、情報の取り扱いをあやまり、ときに元も子もなくすこともありかねません。
立案作業を終了、実施段階に入った段階で得られた、計画立案の前提を覆す情報などは“握りつぶす”可能性だってありますから要注意です。
プランナーさんも周りの人も。

 瀬島さんについては、サイトでも少し触れています。

 takeoはこの人にプランニング、プランナー、責任者の説明責任などという項目で関心を持っています。 

ブログランキング

有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ