不思議の国の商店街

 商店街活性化とは、『中活法』の定義によれば、

①維持に支障が生じている若しくは
②生じる虞がある商店街に
③都市機能の増進及び経済活力の向上を実現するため
④必要な施策を講じることで、
⑤維持可能にすること
ですね。

活性化とは、「維持に支障が生じている商店街の商業集積としての持続可能性を再構築すること」です。

 そのためには何が必要か?
 これが「商店街活性化策(方向と方法)」です。

ところで、現在取り組まれている活性化事業はどうでしょうか?
「活性化三種の神器」と言われる、まちゼミ、100円商店街、一店逸品などの取組で上に書いたような意味での「活性化」が実現出来るでしょうか? 出来ませんね。
出来ると思っている人は、「三種の神器」を続けているうちに商店街が「維持に支障が生じている」状態から抜け出せる筋道を説明してください。

「三種の神器」は、販売促進の一種です。
販売促進とは、ルーティーンの経営活動のなかで取り組まれる売上増進のための取組、「持続可能性の再構築」という課題にはなんの効果もありません。
こういう事業が「活性化事業」として堂々とまかり通り、基本計画に「活性化事業」として掲げられいる実態をどう見るべきか?
商店街―中心市街地活性化を取りまく迷妄の闇は深い。

□「三種の神器」が目指すもの

 商店街活性化の流行り物、誰が名づけたか「三種の神器」
まちゼミ、100円商店街、一店逸品
これらはいつも申し上げているとおり「販売促進」です。

販売促進とは、お客が飛びつきそうなネタを用意してお客を呼び、あれこれ買ってもらおう、という企画です。
これが成功するためには:
ネタに釣られて来店したお客が「思わず買いたくなる条件」を作っておくことが大事。
仕掛けが無いと単にネタだけ楽しまれてお終い。
商店街のイベントなどもそうですね。

商店街でイベントをしても個店への入店客にはならない、としてはじまった「三種の神器」、内容はイベント、お客を来店させるネタです。
したがって、準備無しで取り組むとネタだけ楽しまれて終わり、という ことになります。販売促進って難しいですよね。

活性化の神器=ツールとしての「三種の神器」はどうでしょうか?
こちらは販促にもなりません。

なにしろ、商店街立地の中小個店のほとんどが買い物行き先としての魅力が乏しくなってお客の足が遠のいている現状で、販促ネタでお客を集めれば何とかなる、という発想、始めから失敗することが眼に見えている企画です。
陳腐化しているとお客に評価されているため、客数が減っている店舗は、まず、陳腐化から脱却することが先決、これまでのお店・売り場のあり方を改革することが第一の課題、お客を呼ぶのはその後の話です。

肝心の売り場の改革に取り組むこと無く、三種の神器で繁盛を目指すというのは、店は変わらずお客に変われ、といっているようなもの。
あいにく、お客は他にも買い物行き先に事欠きませんから、自分向きに売り場づくりが出来ていないところに(例え「神器」には参加しても)買い物に出かける、お得意さんになる、と言うことはまずありませんね。

自分の頭でちょっと考えればすぐわかることですが、ほかがやっていると後先考えずに真似したくなるのは商店街リーダーさんたちの悪い癖ですが、それを可能にしている補助制度の在り方にも問題があるのかもしれませんね。

活性化論議
誰が商店街活性化を真剣に考えているのか?
関係者全員が真剣だと仮定しましょう。
真剣になれば活性化出来るのか?
出来ませんね。

活性化実現の「論理と戦略」、それを「実現する技術」が不可欠です。
これまでの取組では、論理も戦略も技術もその必要が強調されていません。
3点セットが不可欠なのに、一個も無いのですから出来ないのが当然です。

  当然でないのは、必要な条件が揃っていないことに気がつかない(気付かないふりをしている?)関係者の存在。 役所から指導機関、学識経験者からリーダーまで、殆ど全域にわたって「活性化に必要な条件」を論議しません。
それも昨日今日のことではありません。
数十年に渡って同じことが続いています。

昔、不思議な国ジャパンというタイトルの本がありましたが
商店街は“不思議な国の商店街”かもですね。

九州まちづくりBOOK(長文)




 元気なまちの元気の秘密は「人」にあり! というサブタイトルのもと、2005年3月、九州経済産業局から発行されたパンフレットです。
あらためてアップするのは他でもありません。我々が」提起している「コミュニティモールプジェクト」が、中華右方の水キームとどのよう関係兄あるか、核にしていただくため。基本計画のプランなー、タウンマネージャーさん達は、勉強なるはず。

じっくり検討したいと思います。

ずは全体の構成を見ておきましょう。
1.中心市街地活性化のための3つの視点

3つの視点とは、中心市街地活性化を推進して行くにあたっては、次の3つについてしっかり取り組んでいかなければならない、という「3つの基本事項」です。

次の通り。
視点1 都市機能の再集積
視点2 まちづくり体制の整備
視点3 個店の魅了向上

元記事が無いのでちょっと不便ですが。

2.元気なまちの三要素
 「元気なまち」という概念が登場、「元気な街の三要素」が挙げられます。

3.「元気なまち」の事例レポート
(1)元気なまちの事例 ・・・ 3カ所
(2)空き店舗活用事例 ・・・ 3カ所
(3)中心市街地活性化事例 ・ 10カ所
が収録されています。

4.最後に「TMO一覧」

という構成です。
(ダウンロードをおすすめします。) 残念ながら元記事が削除されています。

■基本視点 その1

はじめに確認しておきますが、「基本視点」とは「中心市街地活性化のための」と書かれているとおり、 「中心市街地活性化に取り組み、成功させるには次のことはしっかり踏まえておきましょう」と言うことです。

以上を念頭に3つの視点を検討します。

第一に、都市機能の再集積
    ここでは、「中心市街地を活性化していくためには、都市計画のなかで活性化の方向性が中心市街地(まちなか)に重点がれることが必要です」と書かれています。つまり、

中心市街地(正面の課題である商業等の)活性化を実現するには、計画段階で「都市計画」をはじめ上位計画及び関係諸計画との整合性を取っておくこと。「中心市街地活性化計画と都市計画等の調和がポイントとされています。
調和の着眼としては、
①都市計画における中心市街地の位置づけ
②新たな郊外開発の抑制
③まちなか居住の推進
④中心市街地への交通アクセス、回遊性の向上
⑤魅力ある施設・機能の立地誘導と市街地環境の整備
が挙げられています。

ここで注意していただきたいことが一つ。
「中心市街地」と「まちなか」はコトバは違うが指示している対象は同じものなのか、それとも違うのか?
ということです。
このあたり、ややこしい話で恐縮ですが、大変重要なことですから、ウザイと思われるかも知れませんが、きちんと取り組んでおきたいと思います。

その前に。
『基本計画』と関連計画との整合性の確保は、ごくごく当然のことです。
『基本計画』の作成にあたっては総合計画、都市計画などとの整合性を取ること、特に総合計画における中心市街地所在の商業機能の位置づけを踏まえて中心市街地活性化における「一体的推進の目標」が設定される、ということは、「基本方針」において提示されていたと思いますが、実際の作成にあたってはそのような配慮がなされたかどうか、みなさんのところでどうだったでしょうか。
このあたりのトップダウンは『武雄市中心市街地活性化基本計画』を見ていただくと百聞は一見に如かず、ではないでしょうか。

それでは次に、中心市街地、まちなか、コンパクトシティなどについて考えてみます。

●コンパクトシティ 2005/06/18(Sat) 13:57

都市の都市的機能を中心部に集約する、という都市経営上の方向は、「法」制定前後によく論議されていました。
上位目的である、コンパクトシティから見れば「中心市街地に立地する商業等の活性化」は、コンパクトシティの商業街区の活性化と位置づけられます。

ただし、『中心市街地活性化法』は、「コンパクトシティ法」ではありません。

これからはむしろ、合併などを踏まえてこれからスタートする「総合計画~都市計画の見直し」の方に大きな課題があるのではないかと考えられます。
「中心市街地活性化法」が制定され、域内の商業が適応しようとしている大状況に対応できる総合計画・都市計画を作ること。
これは大問題です。
広域合併という面的広がりと、「大転換期」という質的変化の双方を踏まえた都市計画の指針を打ち出す、という課題ですからね。
合併以前の各単位ごとの計画を持ち寄って編集する、といった安直な方法は通用しないでしょうね。

といった話題は、当スレッドの本論とは微妙にずれますのでこれでおしまい。
ただし、コンパクトシティという理念や、総合計画の見直しなどは都市経営の課題そのものですから、スレッドをあらためて考えていくこととして、ここではメインテーマに引きつけてもう少し。

商業等の活性化という問題が、広義の中心市街地さらにはコンパクトシティという都市経営ビジョンと密接に関わっており、長期的に見れば、総合的な施策展開のなかでのみ全面的な発展を期待することが出来る、ということになると思います。

そう言うことで。

1.都市計画等における中心市街地の位置づけ
2.新たな郊外開発の抑制
3.まちなか居住の推進
4.中心市街地への交通アクセス、回遊性の向上
5.魅力ある施設・機能の立地誘導と市街地環境の整備
という「着眼点」は、総合計画、都市計画など見直しが日程に上っているであろう、上位計画の条件としてしっかり確認しておかなければならないことでしょう。

コンパクトシティという視点は、中心市街地立地の商業等の活性化を目的とする「法」の問題情況としても都市的機能の集約が商業にもたらすメリットということから、熱い視線を送られるのは当然であり、ここにしめされている1~5の着眼は当然のことです。

しかし、大急ぎで確認しておかなければならないのは、
これらの事業をもって「商業の活性化のための事業」に大体することは出来ない、ということです。
ここを勘違いして、商業を活性化するためには、
1~5の事業をやればOKだ、と考えると商業プロパーの取り組みがおろそかになります。商業機能が商業特有の取り組みなくして活性化することはありませんから、くれぐれもご注意。

もっとも当サイト常連のみなさんが3つの視点の1だけを取り上げて活性化の秘策と取り違えることはないと思いますが、念のため繰り返しておきますと、ここは大逆転、総合計画・都市計画は見直しに際しては、1~5をよく考えて、ということですね。

■基本視点その2

視点1は総論、ここからが商業等の活性化をメインとする「法」のスキームによる中心市街地活性化。

視点2 まちづくり体制の整備
◇中心市街地を「ショッピングモール」に見立て、総合的に管理運営する体制づくり が提唱されています。
◆中心市街地を面としてとらえ、業種構成、店舗配置、基盤整備やソフト事業などを総合的に推進し、一体的で計画的な整備を管理・運営していく商業集積マネジメント能力の向上が必要です。

ここで大切なことは、第一に。
これまでTMOマニュアルなどではTMOの役割とされていたタウンマネジメントが、まちづくり体制という「関係組織の協働」で推進する、とされていることです。(当サイトでは「TMO体制」と言っています。ご承知の通り)
 
まちづくり体制の図を見てください。
この体制を実効的に動かして行くには、
上位計画における位置づけ、関連事業との連携実施など、視点1に示されている取り組みの重要性がいっそう明らかになります。
特に総合計画における中心市街地の分担機能の明確化と都市計画における中心市街地における商業の機能発揮を重視した計画は、必須条件ですから、「見直し」にあたっては「まちづくり体制」からの発意が大いに期待されます。

第二に。
TMO体制には、中心市街地立地の既存個店の活性化を推進する、という大事な仕事があるということです。ここでは、業種構成、店舗配置のマネジメントという形で総括されていますが、これをさらにブレイクダウンすると、

①既存個店群の活性化
②空き店舗を活用した業種構成の充実
③新規施設建設によるいっそうの充実
ということが考えられます。これらはいずれもタウンマネジメントの一部、業種構成のマネジメントと言うくくりのなかに属する業務です。

なかでももっとも急を要し、中心市街地活性化の命運を左右するのが、
①の既存個店の活性化 です。
これについては、視点その3で述べられています。

■まちづくり体制の課題

図を見れば明らかなように、中心市街地活性化は、多種多様な団体・組織の協働によって推進しされます。
それぞれが持ち場持ち場を分担しながら、事業によっては連携し・協働し・課題に対応して自在の取り組みを編制していくことになります。
これを実効あらしめるための前提条件が二つあります。

第一に。
『基本計画』の見直し。
①「中心市街地の活性化」は中心市街地立地の商業機能の活性化がメイン課題である。
②所要の事業を一体的に推進して実現をめざす目標は「ショッピングモール」である。
③ショッピングモールへの転換は、第一義的には既存店舗群の「魅力ある売り場への転換」を推進することで実現する
もちろん、各都市中心市街地固有の条件から、複合的な目標を掲げる方が合理的なところもあろうかと思います。
(ちなみに、当社所在の佐賀県武雄市の場合、商店街・温泉旅館街・愉楽街がコンパクトな市街地にゾーニングされて位置しているところから、一体的推進の目標は、「中心市街地の集客機能を一個のリゾートホテルと見立てて、整備・運営する」となっています。)
いずれにしろ、商業機能については、ショッピングモールをめざすという目標をはっきり打ち出すことが「郊外型SCとの関係からも必須です。

基本計画の目標を明確にすることで、まちづくり体制全体の目標、各組織・団体が分担する目標などが明らかになります。これは複合的な目標を様々な自律組織の連携によって達成しようとする場合は絶対に必要な条件です。

第二に。
まちづくり理論を共有すること。
というか、『基本計画』自体がある理念に基づいて目標を掲げており、その実現の方向と方法である「ショッピングモール」への転換も特定の理論に基づいて組み立てられているはずです。
(ちなみに武雄市の場合、25年ほど前にJCを中心に作られた「公園都市武雄の構想」が土台の理念になっています)

理論を各団体が共有すること。そのための研修機会を確保することは不可欠(全体必要!)、基本計画の見直しに際しては、この旨明記しておき、その機会を作りましょう。

さらに。
まちづくり体制を実質経営していく「執行部(仮称)」については、さらにつっこんだ理論の共有が必要であることは言うまでもありません。
(余談ですが、東京~福岡セミナーで当社が提供しているのはこのレベルの理論ですね。

●くどいですけど

中心市街地活性化への取り組みを導く理論を取得する。
関係諸団体がそれを共有する、ということは事業を成功させる上で全体不可欠の条件ですからね。
今後さらに財政が逼迫していくなかで、「なぜ中心市街地活性化が必要か」理論武装しておかないと四面楚歌での取り組みですからね。片っ端から説得しないと事業を進められない、という時期がすぐそこまで来ています。

関係者の誰もが、誰かを説得しないと先に進めることが出来ない、というのがこのしごとの特徴であり、それはこれからの地域経営の基本的なあり方の先取りだと思います。
事業の必要性・可能性について確信を持ち、関係各方面を説得し、必要な条件を整えていく、やりがいのある仕事ではありませんか。
組織人は、自分で自分の仕事を企画し、関係各方面の合意を得てその仕事を進めていく、というところに本領があります。

「ひま」が好きな人にとっては、自分の企画で自分を忙しくするというのは、変人に見えるかも知れませんが、本来、組織で働くとはそう言うことですよね。

ということで。
説得するには、なるほど、言われてみれば自分の職責上やってもらえたらありがたい、と思ってもらわなくてはならない。
つまり、「都市経営」上の位置づけと、実現可能性をアピールすることが必要になる。
これはもちろん、理論がないと出来ません。

「ショッピングモールへの転換」「法」の枠組みで提示されているところですが、これに本気で取り組むつもりなら「理論修得」は避けて通ることが出来ない、基礎中の基礎課題です。

もちろん、当社提供の理論でなくても結構ですが、少なくとも中心市街地活性化の都市経営上の意義、ショッピングモールとしての再構築の現実性については関係各方面(とりわけ上司、財政、トップ)にきちんと説明出来ないとダメっすよね。

もし、あなたの都市で、

行政・会議所(TMO)・商店街の三者が、
中心市街地活性化の定義・目的、
活性化実現の方向及び方法
並びに事業を取り巻く問題情況の把握

などについて「共有」出来ていたとしたら如何でしょうか?
もし、『基本計画』を作った時点でこのことが達成されていたとしたら・・・・
『TMO構想』を作成した時点で共有できていたら・・・。

状況は、今とは全く異なり、これまでの取り組みが成果を挙げつつ蓄積されていたことでしょう。なによりも

中心市街地に「魅力ある個店」への生まれ変わりがどんどん起きていたはず。

容易に想像されるところですね。
ところが残念ながら、現実はそうはなっていません(そうですよね?)

では、「必要な理論の共有が果たされていない」、という現実をこのまま放置しておくと中心市街地はどうなるのか?・・・・
これまた容易に想像できることのように思われるのですが・・・。

●商業者のポジション

> 図を見れば明らかなように、中心市街地活性化は、多種多様な団体・組織の協働によって推進しされます。

中心市街地活性化のメインテーマは、そこに立地する商店街等を一個のショッピングモールに見立てて再構成すること、です。
もちろん、その結果として「買い物客」が「郊外型商業」を横目に来街する、という買い物行き先としての充実を実現しなければならない。

そのための事業として業種構成、ゾーニング、ソフト事業、基盤整備などの事業に取り組んでいくわけですが、中でも重要なのが次項の独立させて掲げられている「魅力ある個店づくり」ですね。

中心市街地活性化、多様な事業を上手にミックスして実施することで実現を目指す「一体的推進の目標」が、ショッピングモールとしての再構築であることが理解されると、「TMO体制」の作り方に指針が現れます。

商店街など中心市街地所在の商業機能のショッピングモールとしての再構築が中心市街地活性化の中心課題ということが理解されると、中心市街地活性化における商業者の取り組みの(他では代替できない)重要性が明らかになります。
TMO体制の編制における商業者の位置づけは当然、事業全体において商業者が占める位置を反映したものであることが必要です。
「TMO体制」において商業者が占めるべきポジションも他の関係者と同列に語ることは出来ません。

■基本視点その3

個店の魅力向上

○中心市街地の活性化のためにはここの店舗がそれぞれ「魅力ある店」になることが必要 そのためには
○今という時代を直視し、日々変化する消費者ニーズを的確にとらえて「求められている商品」や「求められるサービス」を提供していくことが必要です。
と書かれています。

さらに。
◇消費者の立場に立ったマーチャンダイジング として
①誰に:主要客相を絞り込む
②何を:求められる商品・サービスをそろえる
③売り方(接客)に工夫を凝らす
と書かれています。

さらにさらに。
◇ポイント として。
商売の基本はお客様の立場にたって商品やサービスを考えること。消費者ニーズを的確に捉えた品揃えや商品PRなど、商店主の自助努力なしには、個店の魅力アップは望めません。

ということで、なにやら当サイト、繁盛店フォーラムの記事かと見間違うようなことが述べられています。

「魅力ある個店」について確認しておきましょう。

①魅力ある個店の基本は、「求められる商品」や「求められるサービス」を提供していくことである。
②商店主の自助努力なしに個店の魅力アップは望めない

ところが、下段、「魅力ある個店に向けて」を見ますと、
消費者と商業者の意識のズレが書いてあります。
このズレは店づくりにそのまま反映されて、「個店の現状」と消費者が考える「魅力ある個店」のギャップとして現れ、その集積として「商店街の現状」があると言うことになります。

このように考えを進めてきますと、問題は、
「個店の魅力向上」とは、お店の現状とお客の期待との間のミスマッチを如何に解消していくか、ということに収斂されてきます。
もちろん、「お客の期待に適応する店づくり」を店主以下の自助努力で進めることが課題です。つまり、商店街の現状は、お客の期待とミスマッチ状態にある個店の集積の結果であり、活性化をめざす取り組みの基本は、個店レベルのミスマッチ状態を解消する。という取り組みがメインになることが必要です。
このミスマッチが存続する限り、商店街への来街者が買い物客=個店に入店して商品を買い上げる-になることは期待できません。

●魅力ある個店づくり

これがメインの課題であることは明らかであり、取り組むには個店レベルでの店主以下での自助努力が必須であることは明らかです。

そのためには、「消費者ニーズを的確に捉えて、求められる商品・サービスを提供して」いくことが必要ですが、ぶっちゃけ、商店街立地の商店主のみなさんが果たしてそのような能力を〈自主的に発揮出来るようになる〉条件を備えているだろうか、ということです。
(注・私は「能力がない」とは思っていませんので・念のため)

さらにぶっちゃければ。
もし、条件が整っていたならば「魅力ある個店」はすでに実現しているだろうし、そうすると商店街の様子も現状とは大いに異なっていたのではないか、ということであり、そうならなかった・現状ご覧の通り・活性化が必要な状況に陥っているということは、とりもなおさず、店主以下の関係者に「今どきの買い物ニースにあった店づくり」を実現する能力を〈発揮できない〉状況にある、ということを意味しています。

したがって、「商店主以下の自助努力による個店の魅力向上」を実現するには、いくつかの事前準備が必要だということになります。

①自助努力による個店の魅力向上が課題である
②そのためには店づくりをお客の期待に合致するレベルに到達させることが必要だ
③自力で出来るなら早速取り組もう
④自力で無理なら取り組んでいく体制を作ろう

ということで、
①商店街活性化の根本課題である
②個店の魅力向上という課題に
③店主以下の自助努力で取り組んでいくことが重要だが
④と陸無を成功させるためのの能力発揮の方向と方法が分からないという共通の問題があるので
⑤まずはそのための条件づくりに組織的に取り組もう
ということになって行くのではないでしょうか?

もちろん当社提供の「魅力ある個店はこう作る」
及び
「商人塾」
はそのための機会の提供です。
と、当社の宣伝の挿入が全く違和感がないことが、当社提案の活性化への道が、「お国の方針」まんまだということをよく物語っておりますね。 
違和感を感じた人、ごめんなさいっす。

●「視点2」を踏まえると

魅力ある個店づくりという場合の「魅力」とは、お客からみた「買い物行き先としての魅力」であることは述べられているとおりです。

これを「視点2」の
>◇中心市街地を「ショッピングモール」に見立て、総合的に管理運営する体制づくり 
◆中心市街地を面としてとらえ、業種構成、店舗配置、基盤整備やソフト事業などを総合的に推進し、一体的で計画的な整備を管理・運営していく商業集積マネジメント能力の向上が必要です。

と合わせて考えれば、
「魅力ある個店」は
中心市街地が見立てる「ショッピングモール」を構成する一員である
ということになりますね。
つまり、ショッピングモールのテナントと見たときに「魅力がある」と評価される個店、という方向を目指すことになります。

業種構成・店舗配置を業界用語で言えば、それぞれ、テナントミックス、ゾーニングですか。
「魅力ある個店」は、何でもいいから「お客からみて魅力のある店」ということではなくて、中心市街地が目指す「ショッピングモール」のテナントミックスに所属するにふさわしい業種・業態の「魅力ある個店」であることが望まれます。

ショッピングモールとしての再構築をタウンマネジメントの目標にすれば、中心市街地に立地する各個店は、「自店をショッピングモールのテナントに見立てて、ショッピングモールの来街客から見て〈魅力あるショップ〉として再構築する」ことが目標になります。

この方向は、活性化への取り組みが必要な各個店にとって大変ありがたいものです。

●取り組み

> ショッピングモールをタウンマネジメントの目標にすれば、中心市街地に立地する各個店は、「自店をショッピングモールのテナントに見立てて、ショッピングモールの来街客から見て〈魅力あるショップ〉として再構築する」ことが目標になります。

商業集積は、テナントミックスの総合的な魅力・〈集積効果〉で集客します。
テナントは、自店独自の集客努力・固定客づくりとともに、集積、他のショップへの来店客を自店の潜在顧客と考えて、アプローチすることが出来ます。
つまり買い回り・下見・冷やかしなど「ショッピング」動機の来店者が、街のなかで生まれる、ということで、これは独立立地や自然成長的な商店街立地ではあまり期待できないメリットです。
さらに。広告宣伝費などの経費も個店レベルでは著しく軽減することが出来ます。
もちろん、このあたりは、通常、ショッピングセンターのメリットと同じですが、中心市街地活性化と「個店の魅力づくり」を「ショッピングモールとそのテナントショップ」と見立てた場合、もっとすごい、画期的なメリットがあります。

それは、「魅力ある個店づくり」「テナントショップに見立てた再構築」=店づくりの転換にTMO以下の協働で取り組める、ということです。

現在、中心市街地立地の個店の繁盛再現を目指すとき、①中心市街地立地の ②既存の場所・店舗規模で ③従来業種を軸に、繁盛する店を再構築する という取り組みはなかなか難しいことは日頃見聞されるとおりです。「①~③+店主の経営スキル」が店の現状をもたらしていることを考えれば、①~③を基本的に継続しつつ繁盛を再構築するには、店主の経営能力を大きく転換することが必須条件になリます。
これは、全体の方針がどうであれ、あるいは、方針の有無に関わらず、「共通の目標」なしで取り組まれる「魅力ある個店づくり」が必ず直面する問題です。
※※※ 商店街活性化は無理、後は個店しかない、やる気のある個店を支援する というような耳障り的に今すぐ着手でき、かつ、成果が上がりそうな雰囲気にはくれぐれもご注意。繁盛店づくり、そんな生やさしいもんとちやいまっせ。

どのようなスキルをどのように修得するか、再構築はどのような手順で取り組むのか、個店レベルの事情に合わせていたのでは、いつになったら先が見えることやら・・。
さらにその成果を他店の取り組みに活用する、ということなどとてもとても・・・。
「街がダメなら個店があるさ」といった安易な飛び移りは止めましょう(笑)

ショッピングモール&テナントに見立てた取り組みの場合。
転換に必要な理論・技術の修得は、TMO主催の講習会でOK。
もし、クオルエイド版「商人塾」のような体制が構築されれば、個店の実務レベルの取り組みの支援もOKですね。
さらに、それぞれ自店の転換に取り組む仲間同士の情報・ノウハウの交流もOKです。成功事例が出始めると全体のスピードも加速されます。
取り組みの結果は、共有ノウハウとしてTMOに蓄積しておき、後発グループに提供する。後発ほど転換に取り組むやすい条件が整備される・・・。

如何ですか。
「個店の魅力づくり」、ショッピングモールとしての再構築の一環、それも他の何者でも代替できない重要な課題と位置づけて取り組まなければならない、ということが十分理解されたことと思います。

■基本視点・まとめ

このパンフレットの提言を要約しますと。

1 位置づけ:時代はコンパクトシティへの趨勢にある(というか、努力目標ですね) 中心市街地活性化はその一環、しかも最初の環である。

2 推進体制:関係各方面が「中心市街地活性化」という山頂に向かって、それぞれ固有の目的・目標を踏まえ、得意技を持ち寄って道を切り開いていく。
そのためには、
①登る山を決める
②ルートを決める という作業が不可欠 作業の前提となる知識・技術も装備しなくては。
登頂成功の決め手は、実際に登っていくメンバーの技量とチームワークに掛かっています。

3 そこでクローズアップされるのが、「個店」の力量。
 「魅力ある個店づくり」が最重要課題として浮上して来ました。

※ここでは、イベントや駐車場その他の環境整備などよりも「魅力ある個店づくり」の方が遙かに比重が大きい、ということにあらためて注目してください。これらの事業もショッピングモールにとって重要はテーマですが、それらはTMOあるいは「TMO体制」の仕事として総括されています。

比べて「魅力ある個店づくり」は、堂々、独立してショッピングモールとしての再構築を担う大黒柱に位置づけられています。
このことはいくら強調しても強調しすぎることはありません。

何しろ、ここで。
今すぐ繁盛への道を歩み始めなければならない各個店の課題と、
中心市街地活性化という都市経営上の課題が
「ショッピングモールとしての再構築」という方向で一致した、
さらに、その方向を推進するのは、「魅力ある個店づくり」を中心とする取り組みである。
ということですね。
我田引水、ちょっと強引なまとめになったでしょうか?

●商業機能の活性化

確認していただきたいのは、中心市街地立地の商業集積の活性化を目指すにあたって、その「ショッピングモールに見立てた再構築」を目標に、「魅力ある個店づくり」をはじめ、業種構成やゾーニング、ソフト事業など「商業機能(=物販機能)の活性化」を直接の事業としていることです。

非・商業的事業への取り組みの結果として商業の活性化が達成されるということではなく、商業機能を「ショッピングモール」として再構成することでその活性化を図る、とされていることを今一度確認してください。

人通りを増やす、非物販施設を開設する、その結果として人出が増え・商店街が賑わう、という論理は全く見あたりません。

郊外型SCを考えて見ましょう。
ご承知の通り、こちらは出店するまでは通行量と言えば農作業の車がたまにと通るだけという、「店前通行量ゼロ」の立地でした。
ここにお客が来るのは、SCが「買い物行き先」として魅力があるからです。けして「駐車場があるから」ではありません。
確かに駐車場は必須条件ですが、それは立地へのアクセス条件が「車」が前提になっているから。
駐車場がどんなに完備されていても、「買い物行き先(商品を買って家に持ち帰る)」としての魅力が無ければ、お客は集まりません。

物販機能として魅力を備えたSCと非・物販機能の力で集客しようとする商店街があったとして、「買い物客」にとって魅力のあるのはどちらでしょうか。あらためて考えてみる必要もありませんね。

中心市街地の活性化。
中心市街地所在の商店街等の活性化は、商店街等の物販機能を「わざわざ出かける買い物行き先」として作り上げる以外に方法はありません。
「魅力ある個店づくり」は、繁盛を再現しなければならない、個店と商店街がともに実現を目指差すべき最重要課題だと言うことがあらためて確認されたことと思います。

●郊外型SCとの「棲み分け」

多くの(といっても私が読む機会を得た限りですが)『基本計画』、商店街の活性化について論じるにあたって、
「SCをはじめ、郊外型商業についての言及がほとんど無い」
という共通した特徴を持っています。これは不思議なことです。

郊外型商業の台頭と相まって進行した中心商店街の空洞化であることを考えるなら、中心商店街を活性化しよう、と考えたとたん、郊外型商業との関係をどのようにするのか? と言う問題に突き当たります。この問題を避けて通ることは出来ません。

郊外型商業(以下では「郊外型ショッピングセンター」をその代表として考え、「SC」と略記します)と
競合関係に入り、これを凌駕しようとするのか、
それとも「棲み分け」を目指すのか?

以下、この問題についてはお手数ですが、
http://www.quolaid.com/library/tmof/t027.htm
http://www.quolaid.com/library/tmof/t028.htm
http://www.quolaid.com/library/tmof/t029.htm
を読み返してください。

ちょうど、『基本計画』見直しの時機、見直しにあたってはここが最重点になりますね。

*********************************************

長文おつかれさまでした(^_^)
認定基本計画に関わったプランナー、タウンマネージャーさんは、この程度の任期は持っていないと業務を果たせなかったのですgそういう人は一人もいなかったと思います、
その結果が時間とお金尾の無駄愚会、教訓さえ残っていない現状に結果しているわけです。

と言うことで。
我々のb「コミュニティモール」がまさしく中心市街地活性化法のスキームの正統な推進者であることをあらためて確認しました。

中小小売商業の高度化とは

『中活法・基本方針』の「経済活力の向上のための事業」において冒頭に掲げられている「中小小売商業高度化事業」の趣旨:
 意欲的な中小小売商業者による業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト事業を総合的に推進し、周辺地域への波及効果の認められる商店街等中小小売商業の高度化を通じた中心市街地のにぎわい回復に資する取組を戦略的かつ重点的に推進するものである(『基本方針』p13)。

 高度化事業の趣旨、一言半句ゆるがせにせず、商店街活性化の取組に反映させる=導きにしないと活性化は実現できません。

以下、解説します。

意欲的な中小小売商業者による業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト
事業を総合的に推進し、周辺地域への波及効果の認められる商店街等中小
小売商業の高度化を通じた中心市街地のにぎわい回復に資する取組を戦略的
かつ重点的に推進するものである(『基本方針』p13)。

 一読しただけでは分かりにくいレトリックですが、皆さんは如何ですか。

①意欲的な商業者による
②業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト事業を総合的に推進し、
(周辺地域への波及効果の認められる)
③商店街等中小小売商業の高度化を通じた
④中心市街地のにぎわい回復に資する取組を戦略的かつ重点的に推進する
もの

如何ですか?

②・・・を総合的に推進し(することで)、④・・・を戦略的かつ重点的に推進する、と二段重ねになっていますが、これは、高度化事業を通じて中心市街地のにぎわい回復に資する取組を推進する。
ということですね。

つまり高度化事業の上位任務は、中心市街地のにぎわい回復、です。

任務を果たすためには、「高度化事業」の内容をしっかり目的指向で考えなければならない。
①高度化事業の推進を通じて商店街等中小小売商業の高度化を実現する。
②①を通じて中心市街地のにぎわい回復を推進する
わけですから、
キーワードは“高度化”です。

①高度化事業に取り組んで
②高度化を実現することで
③街の賑わい回復を推進する
ということですから、【高度化】とは、商店が伊藤中小小売商業がどうなることを意味するのか?

分かっていないと、
①高度化事業の推進を通じた高度化が実現出来ず
②街の賑わい回復が推進出来ない
ことになる可能性が高い。

中小小売商業にとって「高度化」とは何を意味するのか?
どうすれば高度化できるのか?

□高度化は質的概念

 ここで言われている“にぎわい回復”は、
通行量を増やして、とか
コミュニティ機能を使いして、などでは無くて
あくまでも
①高度化事業の推進等による
②中小小売商業の高度化を通じた
③にぎわい実現
です。
①などで②を実現すれば③が現れる
ということです。
けして、“にぎわいを作れば繁盛が実現する”ではありませんから、お間違いの無いように。

□高度化の内容

再掲です。

意欲的な中小小売商業者による業種構成・店舗配置、基盤整備及びソフト
事業を総合的に推進し、周辺地域への波及効果の認められる商店街等中小
小売商業の高度化を通じた中心市街地のにぎわい回復に資する取組を戦略的
かつ重点的に推進するものである(『基本方針』p13)。

一筋縄では読めないレトリックですが、
ここで見る限り〈高度化事業〉は
①業種構成
②店舗配置
③基盤整備
④ソフト事業
を総合的に推進することで実現します。

“業種構成”が大問題。
これは商店街に掛けている業種店を空き店舗などを利用して誘致する、といった大昔に考えられた活性化事業とはまったく異なります。

商業集積の「業種構成」とは「店舗構成」のことであり、さらに来街客にとっては、「売場構成」であり、端的に言えば商業集積全体の売り場揃え・品揃えのことです。これがショッピングセンターで言うテナントミックスですね。
即ち、既存個店と新規出店を合わせてどのようなここまで考えが及ばないと、「小売商業の高度化」とはいえません。

□目的・達成のシナリオ・事業の位置

■目 的:
 ①中小小売商業者の事業機会の維持・確保するため、
 ②商店街を商業集積として再構築する

■方 向:
 ①高度な競争への対応
 ②高度な消費者ニーズへの対応
 ③商業集積としての「あるべき姿」を自助努力主体で再構築する

■方 法:
 ①「あるべき姿」へ接近していくシナリオを描き
 ②商店街の自力を中心にした取組で実現していく
 ③高度化事業その他支援制度はシナリオに即して活用する

と言うことで、高度化事業に取り組みにあたっては、その前に決めておくべきことが色々あります。
先立つべき作業を無視し、いきなり高度化事業に取り組んで来たことがこれまでの事業が成果を蓄積出来なかった根本原因です。
高度化事業という手法が悪かったわけでは無く、事業内容が悪かったわけでもありません。
悪かったのは、活性化実現のシナリオ前提に、きちんと位置づけないまま事業に取り組んだこと。
さらに言えば、そもそも、商店街はどこに向かって進むべきか?
何を使って進んでいくのか?
という基本事項が決められていないこと。

事業に先立って事業の目的を「上位計画」から導き出すこと。
事業を成功させるため、忘れてはいけない
大事なことですね。

このような事業の数値目標を「通行量の増大」とするのですから、基本計画が挫折するのも無理は無い。
指摘すると関係各方面から石が飛んできそうですが(^_^)

商店街活性化の論理と戦略

〇商店街活性化の論理:
商店街活性化とは商店街がどうなることか
商店街活性化は何故必要か
商店街は郊外型商業とどう対応すべきか
などなど、これまでの取り組みがほとんど考えていなかったこと

〇商店街活性化の戦略
商店街の現状有りのままからスタートして、持続可能な商業集積の再構築を実現するまでのシナリオ
手持ちの戦力・資源及び調達可能と考えられる能力資源を上手に組み合sわせることで不可能ともわれることを可能にする。

この二つがそろっていないと活性化は出来ませんが、一つも持っていないのが中心市街地活性化基本計画を含むこれまでの取り組みです。

論理と戦略、これを今から自分たちで装備するのは大変な仕事、学識経験者さんたちに依頼しても(今までその必要を感じなかったのですから)これから構築するのは時間が掛かるでしょう。間に合いそうもありません。

しかし、ご安心。
「コミュニティモールプロジェクト」は、商店街を持続可能な商業集積として再構築するための「論理と戦略」そのものです。
取り組ミソのものが「戦略」であり、と仕組む過程で必要な論理⇔理論と技術を修得することが出来ます。
今皆さんが入手出来る唯一の商手内活性化への道です。

【活性化】という蒙昧語

 蒙昧語:我々が発明した用語。一見、専門用語のようにみえるが、本当はその意味が定義されておらず、また関係者によってその使い方について合意が出来ていない疑似・専門用語のこと。

「商店街活性化」もそうですね。
我々以外誰も定義していません。定義していない疑似専門用語で話が通じて用が足せるのは、話されている内容が活性化に関係のないことだからかも知れません。

 我々は、何年間も【商店街活性化】とは商店街がどうなることか、中活法のスキームを援用しながら定めた定義を提案してきましたがほとんど反応はありませんでした。
それなのに商店街が活性化出来ないことを問題にするのは、如何なものか。本当に本気でとりくまれているのか、と疑いたくなりますね。

 ということで、我々が提唱する取組は、「商店街活性化」の定義を必要としない皆さんの、取組とは違いますので、活性化という言葉を使うのを止めることにしました。

 これから我々が目指す【商店街の商業集積としての再構築】は【賦活】という言葉で表現したいと思います。

【賦活:賦活】:瀕死の状態から生き返ること、元気を取り戻すこと。

 商店街活性化関係の計画などで使われている“専門用語”はそののほとんどが定義されていません。
計画されている事業も,mなぜその事業に取り組むと活性化に効果があるのか、論理的な説明は行われていないの通常です。

説明がされていないので、その事業が本当に活性化効果がるのかどうか,事前に検討sすることが出来ません。

ご承知のとおり、事業が終わってみると、効果が無かった、という事業がほとんどです。
総務省“行政評価監視報告書”の通りですね。

どうしてこういうことが起こるのか?
あなたの商店街、中心市街地は大丈夫ですか?
なぜ大丈夫と言えますか?

ショッピングモール見立ての商店街再生

 商店街再生とは商店街を商業集積としての持続可能性が危ぶまれる状況に陥っている商店街に適切な施策を講じて、商業集積としての持続可能性を再構築すること。

 この場合、前提になるのは、商店街を取りまく広域に於いて、「商業集積間競争」が激しく展開されていること。
商店街を再生するとは。商業集積間競争に参加し、そのなかで持続可能な商業集積として「集積性」を構築しなければならない、ということ。
すなわち、商店街を一個のショッピングモールのように見たてた「業種揃え・店揃えの最適化」に取り組まなければならない、ということです。

「ショッピング見立て」について説明します。

これは、旧中活法のスキームで提唱されている中心市街地=商店街活性化の方法です。
参照:中小企業庁『中心市街地8活性課対策の実務』
(旧中活法時代のマニュアルですが、以来、これ以上の参考書は出ていません。あまぞんで古書が販売されています。)

ショッピングモールとは:ショッピングセンターの一種。
典型的な携帯は「2核ワンモール」二つの大型店を専門店テナント群を配置したモールで結んだ形。
商業施設としての「コンセプト」を定め、そのコンセプトを核店舗・サブテナント群という「店揃え」で実現しています。
店揃え=テナントミックスですね。
集積間競争とは、テナントミックスの優劣を巡って争われる競争のことです。

商店街のモール見立てとは、自然生長的に形成されている商店街の店揃えから、モールのような「コンセプト主導の計画的商業集積へ転換していくこと」を意味します。
これが「商業集積としての再構築」です。
従って、空地空店舗の有効活用はもちろんですが、既存個店群も商店街のコンセプトを分担する業容に転換しなければならない。
そうしないとショッピングモール見立て、商業集積としての再構築にはなりません。
また、商店街が実現を目指すコンセプトも自分たちの好き勝手に選ぶことは出来ません。

商業集積には大別すると三つの種類があります。 

多くの都市及びその周辺には様々な商業集積・商業施設が立地していますが、それらを使い分けている消費奪い行動の側から見ると大きく三つに分けることが出来ます。

1.コンビニエンス対応型集積:毎日の生活に必要でその都度購買す るのが合理的な消費

2.コストコンシャスニーズ対応型集積: 価格や時間にシビアな消費

3.ラグジュアリィニーズ対応型集積: 自分らしく作って堪能したい生活分野の消費

  このうち、商店街が対応出来るのは、1若しくは3です。
大都市中心部の広域型商店街を除く「地域型・近隣型商店街」の場合、「商業集積としての再生」を願うなら、目標は「コンビニエンスニーズ+ラグジュアリィ」をターゲットにする商業集積を目指します。

核になるのはスーパーマーケット。
既存のコンビニエンスニーズ対応の個店群及び専門店群の業容転換で新しい商業集積として再生を目指す。これ以外に商店街の持続可能性を維持、再構築する方法は無いでしょう。

これが我々が新しく商店街再生の選択として提唱する「コミュニティモール」です。

すでに採用を検討し始めている商店街、自治体があることを報告しておきます。

個店経営主義

チェーンストー理論のセントラルマネジメントに代わる「もの余り・店あまり時代」に不要不急・高度必需の商品を売る、という小売業にとって不可欠のアプローチです。

 業種業態、所属する商業集積などの「既成常識」にとらわれず、自店の経営資源と標的顧客の消費購買ニーズを最適に結び付ける「売り場」の構築―維持を目指す。裏付けとなるのは、問題解決論、商業理論などの一般理論と仮説―試行で作り上げる売り場づくりの技術。伝統的に継承されている立地別、業種業態別、の経営ノウハウとは全く異なるレベルで「売れる売り場」づくりの仮説―試行を導きます。

 消費購買行動は、行動圏内に新しい「売り場」が提供される度にそれをデスティネーションに加えて変化することが出来ます。
一方、既存個店には、立地・店舗面積、商品構成など、すぐには変えられない経営資源を持っています。

 個店経営の課題は、既存の経営資源を活用して変化する消費購買行動に対応すること。変化する消費購買行動のデスティネーションとしてその売り場を維持し続けることです。
消費購買行動の「受け皿」としての売買接点がリアル、バーチャルを問わず日々増えていく中で、既存の売り場をどう運用すれば「売り場」としての持続可能性を確立出来るか?
業種業態、リアル・バーチャルを問わず全ての小売業が直面しているこの課題に対して我々が提案している方法が「個店営経主義」です。

 既存の経営資源をどう活用すれば、顧客の変化する消費購買行動のデスティネーションとしての位置を確保し続けられるか? 
その解答が「個店経営主義」です。

 ところが、現在チェーン企業の中には、「地域密着」と称して店舗段階の裁量権を拡大することが個店経営だと錯覚しているケースが見られます。
「個店経営」は店舗段階で「仮説―試行」を日常的に行いますが、仮説の根拠には「商業理論」が装備されていることが不可欠です。これまでトップダウンで運営してきた店の歩を店長の裁量権を拡大すれば地域密着が実現するというものではありません。

特に心配されるのはセブンイレブンですがその話は次の機会に。

「個経営」については引き続き考えていきます。

日南市油津商店街

 賞賛している記事がありました。
『仕掛け人はシャッター商店街を「再生」したわけではない』

何をしたかというと、空地空店舗を商店街=物販以外の用途に転用
した、ということです。
29の施設が新しくオープンしたそうですが、その結果、商店街はどうなったかと言えば:
『油津銀天街を歩く』

商店街に対するプラスの効果はこれからの課題のようです。

 取り組みは「テナントミックサポート事業」という名称で商店街の商業集積としての集積度合いを向上させて活性化を図る、という
趣旨だったようですが、実際に取り組んだら空地空店舗を利用して市外からの来訪者向けの施設や事務所、コミュニティ施設などが設置された、ということでこれまで多くの商店街で取り組まれて来た事業と同じ、従来の取り組み同様、既存商店街・個店の活性化には効果が得られていません。前例では数年後には新設施設自体が撤退すると言うケースも少なくありません。

レポートを書いたのは商業、商店街活性化について経験のない人だと思いますが、それにしてもこの段階で成功事例と持ち
上げるのは良くないですよね。

商店街を商業集積として持続させる、ということで言えば、空地空店舗を利用して食堂を作り、子育て施設を設置しても商店街としての吸引力が強化されることはありません。

 本当に商店街を活性化したい、そのための取り組みなら:

1.商店街の商業集積としてのコンセプトを決定する
  その内容は『コンビニエンスニーズ対応型商業集積』
2.核となるスーパーマーケットの売場の革新
3.スーパーが不在なら誘致する
4.コンビニエンスニーズの小売店・サービス業を中心に『売れる
  売り場づくり』を推進する。
5.取り組みを商店街全体に波及させていく

という取組が不可欠です。

油津商店街、本当に取り組みの成果を獲得したければ、あらためて上記のような方向で『商店街としてのテナントミックス』を実現しなければならない。

 このままでは早晩、せっかく誘致した店舗群も陳腐化してしまいます。善は急げ、です。

 本当に商店街を活性化したい、そのための取り組みなら:
「コンビニエンスモールプロジェクト」の採用がお勧めですが、ここまで調査研究の手がのびていることは無いでしょう。

商店街は勉強がキライ?

 ショッピングモールでは,マネージャ-さんからテナントのパートさんまで,計画的に座学と実習での能力の向上に努めています。
研修は社内外から講師を呼び、実務訓練はコンテストまであって気合いが入ります。
勉強した結果は、翌日の売り場に確実に現れますからやりがいがあります。

商店街ではどうでしょうか?
あなたの商店街では最近いつ。どんな講習会が開催されましたか?
その結果あなたの売り場はどう変わりましたか?
売り場が変わらないとお客に伝わらず、お客に伝わらなければ、お客の行動は変わらず、お店の業績は変わりません。

商店街ではこれまで余り即戦力になるy9雨な講習会は開かれていないかもしれません。もっとも即戦力になる講習会は、売り場の作り方。それも当社が提供する〈お客に見える店づくり〉が最適だと思います。

一度取り組んで見ませんか?
キラリ輝く繁盛店づくり・試行版 

商店街の将来像を考える

標題は、昨年春に発表された中小企業庁の商店街活性化関係の参考資料のタイトルです。

この資料と昨年7月に」中間まとめが発表された同庁主催の「新たな商店街政策の在り方検討会」は途中でフェイドアウト
のようですね。

「ポスト基本計画」の商店街活性化の彷徨と方法を示すという役割は担いきれなかったようです。

ところで、この資料作成の委託先は三菱総研です。
我が国を代表するシンクタンクがどのような提案をしているかといウト、残念ながら『基本計画』時代の発想そのものでした。

シンクタンクの力量については過去のお付き合いからある程度承知していましたが、仮にも国からの委託事業について、こんな
内容の成果物を出すとは、問題状況を把握出来ていないか、自分の仕事を舐めきっているとしか思えません。
これでは当分新しい商店街活性化の方向と方法が提示されることは無さそうです。

毎度のことですが、商店街の近い将来のあり方を考えるには、「郊外型商業」を理解することが不可欠です。
人口減少にどう対応するか、といわれますがその前に郊外型商業にどう対応するか、でしょう。

郊外型商業への対応を決められない商店街が『将来のあり方』を決められるはずが無い。

学識経験者、コンサルタントなど商店が活性化の指導にあたる立場の人たちがこのことについてほとんど言及しないのはどういうことか、理解に苦しみますね。自分で分析できないなら『分析すべきだ』と提案して分析
する人を導入すべき。
その結果を見ながら『将来像』を提案すべきでしょう。

商店がの活性化、現状からの脱却も将来像の追求も、郊外型商業との関係をどう考えるか、ということを抜きにしてはいけません。
有限会社クオールエイド
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ