fc2ブログ

商店街衰退の本当の原因は?

商店街衰退の原因
環境の変化により
①商店街に存在しなかった業容の店舗、集積が登場して、相当な量の消費購買行動がそち らに移動した。
この変化に対して対策を講じたが
②革新的業容の登場、消費購買行動の移動という環境の変化への適応に失敗した(現在も 失敗が続いている)
ことが商店街衰退の原因です。
この2つのことがなかったら商店街が商業集積の機能の劣化、買物行先としての利用の漸減、空洞化は起こりませんでした。

冒頭に紹介した、一般に商店街衰退の原因として挙げられることが多い項目のうち、①~⑥は、消費購買行動の変化の直接の原因ではありません。これらの変化があったとしても、①新商業集積の登場による顧客の移動 ②対応策の失敗 が無かったと仮定すれば顧客の減少→商業機能の劣化→衰退趨勢の定着という結果は起きなかったはずです。 
もちろん、これらの変化が商店街の環境変化の促進に作用したことは間違いありませんが、衰退の直接の原因では無かった、と言うことです。

結局、商店街が衰退趨勢に陥ったのは、それまでの顧客群が新しく登場した商業施設に移動したことが主要な原因です。
これまで商店街を買物行先としていた人たちが新しい商業施設が登場する度にそちらに顧客が移動していくわけですが、なぜそうなるのか?
その理由ははっきりしており、商店街を活性化する、衰退趨勢から脱却するためには衰退の原因をはっきり掴み、真に有効な取り組みを構築し直す以外に方法は無いと思います。

衰退趨勢から脱却し、商店街を活商業集積として活性化していく方法を構築し直すことは、全国の商店街、地方公共団体共通の課題ですが、その内容については、あらためて詳しく説明したいと思います。

ここで確認しておきたいことは、これまで商店街の衰退の原因と間がられ的たことは、実は種立つ原因では無い、主要な原因は別にあること、従ってこれまで活性化策として取り組まれてきたソフト&ハードの各種事業は衰退原因に直接作用して趨勢を押しとどめ、反転、持続可能性の向上強化に効果が期待出来るものでは無い、ということです。
もちろん、このことは、全国の商店街の取り組みとその結果として証明されているところですが、あらためて商業理論的な視角から検討しました。

引き続き商店街活性化、商店街の商業集積としての再構築に向けて必要と思われる情報を提供して参ります。
よろしくおつきあいください。

〈通行量増大〉は商店街を活性化できるのか?

という取り組みですが、前述したようにほとんど効果がありません。

「商店街活性化」を解決しなければならない問題としてとらえ、合理的、客観的に解決策・活性化実現のシナリオを描く、という本来あるべきアプローチを採用せず、通行量が減っている、通行量を増やせば活性化出来る、という条件反射的取り組みが続いている。

関係各方面が一糸乱れず成果が得られた例しがない〈通行量の増大〉に粛々と取り組んでいる光景は、


実は笛〈通行量が増えれば商店街は活性化する〉を吹いているものはいない。
吹かれていないのに、あたかも導きの笛が鳴り響いているかのように論証抜き=取り組みの目的合理性を客観的に検証することができない、検証の必要を関係者が常識として感じない、というのが現在の商店街活性化の真実。
関係者が自分の頭を使って考えない、考える必要が無いことになっているのが商店街活性化界隈の実相。

実は笛=〈通行量が増えれば商店街は活性化する〉を吹いているものはいないのです。
吹かれていないのに、あたかも導きの笛が鳴り響いているかのように論証抜き=取り組みの目的合理性を客観的に検証することができない、検証の必要を関係者が常識として感じない、というのが現在の商店街活性化の真実。
関係者が自分の頭を使って考えない、考える必要が無いことになっているのが商店街活性化界隈の実相。

その究極の原因は、個店、商店街の〈小売業についての考え方〉にある。
商店街立地の中小小売店はほとんどが業種店、業種店は先行同業種店の〈見よう見まね〉、業種問屋、業種メーカーの支援+創意工夫で作られているが、それでは現在の多様化している消費ニーズに対応することが難しい。来店客が増えない原因はここに有る。
商業集積としての商店街も同じ発想で運営されており、業種が違うと売場づくりも異なる、他店の売場づくりに口出しは出来ない、という不文律が行き渡っているのです。
〈業種店発想〉が個店、商店街の衰退趨勢へのスパイラルにがんじがらめにしていると言って過言では無いと思います。
商店街活性化が実現への道を歩き始めるにはまず、見よう見まね、業種発想から脱出することが最優先課題では無いでしょうか。

商店街の通行量維持・増大装置は個店売場である!

商店街活性化の見果てぬ夢は、いつの日にか、通りに歩行者が溢れ、売場という売場が賑わう、という商店街以外には小売店が立地してなかった頃の情景がよみがえること。
もちろん、歩いているのは商店街に買物に来た人たち・・・。
どうすれば通行量は増えるのでしょうか?

実効性抜群の対策を提案します。

その前に、一口に商店街の来街者と言っても目的はいろいろです(別図参照)。
実現したい通行量の増大は、買物目的の来街と回遊による通行量の増大です。
他の目的での来街者を増やしても目的の買物目的の来街者増にはつながらない。
先行事例で散々実証されている。
·
商店街が実現を目指す通行量の増大とは、買物(買い回り)目的の来街者の増大。
イベント客やコミュニティ施設目的の来街者を買物客に変身させるのは容易なことでは無い。客数が漸減趨勢に陥っている商店街、個店にできることでは無い。
本気で通行量増大を目指すなら、以上を確認しておくこと

通行量増大=賑わい復活を目指すなら、まず
このことを肝に銘じて。

それでは本論です。

商店街の通行量増大、調査の目的は活性化事業の効果の測定です。事業の前後に同じ要領で通行量を計測してその増加を確認、目標数値に達しているかどうかを見ます。
計測するのは商店街の平常日(特別のイベントなどが開催されない)、営業時間中に所定の調査ヶ所を通行した人の数です。そ調査対象は、来街者数だけでは無く、一定時間滞在し、通りを回遊する行為も計上されます。
·
調査目的が活性化=賑わい度の変化(向上)なので当然ですね。

したがって、通行量を増やすには、来街者増大策と並行して回遊可能性=買い回り機能の充実が課題になります。
通行量増大策=来街者増大と買い回り増大の二つがありますが、現在取り組まれているのは、「新規来街者の増大」のみ。

新規に来街を期待する人たちは、目下は商店街以外に買物行先をもっているので、来街訴求には、物販以外の特別の来街目的を提供しなければならない。その手段として取り組まれるのが集客イベントです。
魅力的なイベントを催して、新規のお客を来街させ、そのまま商店街の顧客にしようという試み。
ところが、イベントにはその趣旨、内容からして買物行先を変更させる力はありません。したがって、イベント来街を契機に来街客が増えることは起こりません。

集客イベントが通行量増大につながらない理由です。どうすれば良いか?
どうすれば来街客数、買い回り客数は増えるでしょうか。考えてみましょう。

新規来街者の増大を目的とする集客イベントの不発、目的未達を踏まえながら、あらためて通行量を腑分けしてみますと:
通行量=「①来街者数」+「②平均買い回り店数」が基本です。
さらに「①来街者数は」、「③従来からの愛顧客」+「④新規来街者」です。

こうして来街者を分解してみると、これまでの取り組みは、「④新規来街者の増大」という最も難しい問題に限られた取り組みだったことが分かります。
来街動機の向上となる「⑤買い回り可能性の向上」についてはほとんど取り組まれていません。
⑤は、来街目的となる店舗及び来街した折には立ち寄りたい店舗の増加ですが、これはほとんど未着手ですね。
ということは、 集客イベントなど一過性の来街訴求策で来街した人に再度の来街を訴求する(AIDMA)魅力を持つ店舗の増加にはほとんど取り組まれていない、総じて既存店舗群の売場のAIDCA、AIDMA機能は改善しないまま、新規客を創ろうとしていることになります。さらに。
·
活性化が必要な商店街では既存店舗の愛顧客の漸減趨勢が常態ですが、商店街の愛顧客(=個店の愛顧客)を維持・増大する取り組みは各個店に依存しており、商店街組織の取り組みはほとんど無い状態。
組合は街に人を連れてくる、来街者をお客にするのは個店の仕事、と言うことですが、その個店売場は陳腐化し、愛顧客が漸減している・・・、
·
ということで愛顧客が漸減する店舗の店前通行量が増えれば個店のお客が増える、通行量を増大して個展の事業機会の増大に貢献する、理屈が成り立ちますか?
いつも指摘しているところですが、取り組みが始まった、という話は「がんばる商店街」等にも紹介されていません。通行量増大策、取り組みの企画では従来の取り組みの不毛性を総括し、前後左右の状況を確認すべき。

もう一つ、さらに重要な施策がまったく取り組まれていない。
それは既存の各個店の愛顧客を維持・増大する取り組み。
この取り組みが重要なのは、これが最も確実な個店の「売上=客数✕客単価」の向上策であり、同時に買い回り店舗数の増加と相まって、通行量の増大にとっても確実な施策だからです。

未踏の商店街活性化の推進派は“経験と勘”では無く、“仮説―試行” 肝に銘じて。

 ―幕 間―
考察中の通行量増大策は、上位課題である「業種
発想から業容指向へ」の転換を促すものです。
ご承知の通り、「業容指向」はわれわれが独自に
提唱する商店街活性化の方向と方法です。
活性化の停滞を突破する「ゲームチェンジャー」
ゲームチェンジャー(game changer)
所期の成果が得られず低迷している状況を打開
する力を持つ個人や組織、戦略、プロダクト
などのこと。
(もとはスポーツのゲームで途中出場して流れを一変させる選手)

商店街活性化の限界突破にはゲームチェンジャーの“方向と方法」の採用が不可欠です!

本論に戻って。

現在取り組まれている通行量増大事業の欠陥は、既存顧客(愛顧、常連客)を維持する取り組みが専ら各個店に任されており、組織としての取り組みが行われていないこと。
個店では顧客の漸減が続いており、顧客の維持努力が必要なのは百も承知ですが、何を為すべきか、方向と方法が分からない。これを個々の売場に任ていせる、というのはあまりにも状況を理解していない証拠では・・・。

結局、集客イベントの取り組みでは新規顧客の創出は実現出来ず、他方では既存顧客の離反、流出が続く、という状況が続いているわけです。起死回生の状況打開策は、“ゲームチェンジャー」を導入すること。ゲームチェンジャー=「既存顧客を大事にする」こと、売場のカスタマーロイヤリティを強化すること。方法は後述するとして、カスタマーロイヤルティが高まると何が起こるか?

現在取り組まれている通行量増大事業に欠けているのは(繰り返しになりますが)既存顧客(愛顧、常連客)を維持する取り組みが専ら各個店に任されており、組織的な取り組みが行われていないこと。
個店では顧客の漸減が続いており、顧客の維持努力が必要なのは重々分かっていますが、何を為すべきか、取り組みの方向と方法が分からない・・・。全国の商店街立地の個店が打開策を持っていないのに、我が商店街の個店だけが持っているはずが無い。

結局、集客イベントで新規顧客の創出は実現出来ず、他方では既存顧客の離反、流出が続く、という状況が続いている。状態打開の“ゲームチェンジャー」が「既存顧客を大事にする」こと。ストアロイヤリティを強化すること。方法は後述するとして、ストアロイヤルティが高まると何が起こるか?

その前にストアロイヤリティとは?
その売場(個店)が扱っている商品群に対するニーズを意識したら、迷わずその売場に出かける、という購買行動の対象のこと。
お客の脳内において、AIDMAの対象として不動のポジションを占めている状態。構築にはカスタマーロイヤリティの提供が絶対条件(後述)

ストアロイヤルティが高まると何が起こるか?
=AIDMAの確固とした対象となるので:
①来店頻度が向上する
②都度のアイテム買上点数が増える
ことが期待される。(「口コミ」効果の期待も)
業容指向→カスタマーロイヤリティ指向→ストアロイヤリティの実現を指向する売場が増えれば来店頻度と買い回り回遊店舗が増大する。商店街の商業集積としての魅力が個往生すれば新規顧客の増加が期待できる。これが商店街再生への道です。

その結果:
一定期間中のたtろえば「来店頻度3回」が「4回」に向上し、毎度の買上額が一割アップすれば業績への影響は如何ですか?
来街回数の増加、回遊度合いの向上による通行量の増加、回遊先での購買・・、と商店街活性化:経済活力の向上への効果は歴然ですね。
既存愛顧客の満足度維持・向上(カスタマーロイヤリティの構築)は商店街活性化の未使用兵器。

このところよく見かける「売場、店舗のブランド化、ブランディング」は実はカスタマーロイヤリティを追求した結果としてはじめて実現されることだということですね。

と言うことで。
商店街活性化の目標:通行量の増大の実現は、新規来街者を招集する一過性の集客イベントでは無く、既存個店群の愛顧客を維持する=顧客満足度合いを高めるための売場のあり方を業種発想から業容指向へと漸進的に移行する仮説―指向であるべき、これが本記事の結論です。

もちろん、われわれが提唱する仮説―試行ですから、
①お金を掛けない
②計画を立てない
③新規の客を欲しがらない
④既存のお客が離反するような改革は禁止
⑤やり直しができない大規模な変化は禁止
等々の “ちまちま” した〈仮説―試行〉の積み重ねで実現を目指します。

なお、われわれは既存売場をカスタマー指向の売場へと転回する方法を「業種発想から業容指向への転換」として提案しています。このことはあらためて説明します。

長文おつきあいいただきお疲れ様でした。
質問などあればコメントでお願いします。きっと他の人にも役立つと思いますので。

商店街活性化は「来街者増大」から「カスタマーロイヤリティ」へ

商店街活性化、究極の通行量増大策は?

商店街活性化の見果てぬ夢は、いつの日にか、通りに歩行者が溢れ、売場という売場が賑わう、という商店街以外には小売店が立地してなかった頃の情景がよみがえること。
もちろん、歩いているのは商店街に買物に来た人たち・・・。
どうすれば通行量は増えるのでしょうか?
実効性抜群の対策を提案します。

その前に、一口に商店街の来街者と言っても目的はいろいろです(別図参照)。
実現したい通行量の増大は、買物目的の来街と回遊による通行量の増大です。
他の目的での来街者を増やしても目的の買物目的の来街者増にはつながらない。
先行事例で散々実証されているところです。

商店街が実現を目指す通行量の増大とは、買物(買い回り)目的の来街者の増大です。
これを現在取り組まれている通行量増大策、
①イベント目的の一過性の来街客
②コミュニティ施設目的の来街者
等の増大策によって来街者を買物客に変身させるのは容易なことではありません。
客数が漸減趨勢に陥っている商店街、個店にはなかなか難しいことです。。
本気で通行量増大を目指すなら、以上を確認しておくこと

通行量増大=賑わい復活を目指すなら、まずこのことを肝に銘じておきましょう。

それでは本論です。
商店街の通行量増大、調査するのは商店街の平常日(特別のイベントなどが開催されない)、営業時間中に所定の調査ヶ所を通行した人の数です。その内容は、来街者数だけでは無く、一定時間滞在し、通りを回遊する行動も含まれます·
調査目的が活性化=賑わい度の変化なので当然ですね。
したがって、通行量を増やすには、来街者増大と並行して回遊可能性=買い回り機能の充実が課題になります。

通行量増大策=来街者増大と買い回り増大の二つがありますが、現在取り組まれているのは、「新規来街者の増大」のみ。

新規に来街を期待する人たちは、目下は商店街以外に買物行先をもっているので、来街訴求には、物販以外の特別の来街目的を提供しなければならない。集客イベントですね。
ところが、イベントには買物行先を変更させる力は無いので、イベント来街を契機に来街客が増えることは起こりません。
集客イベントが通行量増大につながらない理由です。

どうすれば良いか?
どうすれば来街客数、買い回り客数は増えるでしょうか。考えてみましょう。

新規来街者の増大を目的とする集客イベントの不発、目的未達を踏まえながら、あらためて通行量を腑分けしてみますと通行量=
①来街者数+②平均買い回り店数が基本です。
さらに①来街者は、③従来からの愛顧客+④新規来街者です。
こうしてみると、これまでの取り組みは、
④新規来街者の増大という最も難しい問題に限られた取り組みだったことが分かります。
来街動機の向上となる⑤買い回り可能性の向上についてはほとんど取り組まれていません。
⑤は、来街目的となる店舗、街に来たら立ち寄りたい店舗の増加です。
これはほとんど未着手ですね。ということは、 集客イベントなど一過性の来街訴求策で来街した人に再度の来街を訴求する(AIDMA)店舗の増加にはほとんど取り組まれていない、総じて既存店舗群の売場のAIDCA、AIDMA機能は改善しないまま、新規客を創ろうとしていることになります。さらに。
活性化が必要な商店街では既存店舗の愛顧客の漸減趨勢が常態ですが、愛顧客を維持する取り組みは各個店に任されたままですね。
組合は街に人を連れてくる、来街者をお客にするのは個店の仕事、と言うことですが、その個店は愛顧客が漸減している・・・、

ということ、で愛顧客が漸減する店舗の店前通行量が増えれば個店のお客が増える、という理屈が成り立ちますか?
いつも指摘しているところですが、取り組みが始まった、という話は「頑張り商店街」等にも紹介されていませんね。通行量増大策、取り組みの企画では状況の前後左右を確認すべきです。

もう一つ、さらに重要な施策がまったく取り組まれていないことも指摘されます。
それは既存の各個店の愛顧客を維持する取り組み。
この取り組みが重要なのは、これが最も確実な個店の「売上=客数✕客単価」の向上策であり、同時に買い回り店舗数の増加と相まって、通行量の増大のための確実な施策だからです。

未踏の商店街活性化の推進は“経験と勘”では無く、“仮説―試行” を肝に銘じて。

□商店街活性化のゲームチェンジ:来街者の増大からカスタマーロイヤリティ指向へ

考察中の通行量増大策は、上位課題である「業種発想から業容指向へ」の転換を促すものです。
ご承知の通り、「業容指向」はわれわれが独自に提唱する商店街活性化の方向と方法です。

活性化の停滞を突破する「ゲームチェンジャー」
ゲームチェンジャー(game changer)
所期の成果が得られず低迷している状況を打開する力を持つ個人や組織、戦略、プロダクトなどのこと。
(もとはスポーツのゲームで途中出場して流れを一変させる選手)

商店街活性化の限界突破にはゲームチェンジャー的“方向と方法」の採用が不可欠です!

現在取り組まれている通行量増大事業に欠けているのは既存顧客(愛顧、常連客)を維持する取り組みが専ら各個店に任されており、組織的な取り組みが行われていないこと。
個店では顧客の漸減が続いており、顧客の維持努力が必要なのは百も承知ですが、何を為すべきか、方向と方法が分からない。

結局、集客イベントで新規顧客の創出は実現出来ず、他方では既存顧客の離反、流出が続く、という状況が続いている。状態打開の“ゲームチェンジャー」が「既存顧客を大事にする」こと。ストアロイヤリティを強化すること。方法は後述するとして、ストアロイヤルティが高まると何が起こるか?

現在取り組まれている通行量増大事業に欠けているのは既存顧客(愛顧、常連客)を維持する取り組みが専ら各個店に任されており、組織的な取り組みが行われていないこと。
個店では顧客の漸減が続いており、顧客の維持努力が必要なのは百も承知ですが、何を為すべきか、方向と方法が分からない。
結局、集客イベントで新規顧客の創出は実現出来ず、他方では既存顧客の離反、流出が続く、という状況が続いている。状態打開の“ゲームチェンジャー」が「既存顧客を大事にする」こと。ストアロイヤリティを強化すること。方法は後述するとして、ストアロイヤルティが高まると何が起こるか?

その前にストアロイヤリティとは?
その売場(個店)が扱っている商品群に対するニーズを意識したら、迷わずその売場に出かける、という購買行動の対象のこと。
お客の脳内において、AIDMAの対象として不動のポジションを占めている状態。構築にはカスタマーロイヤリティの提供が絶対条件です。

カスタマーロイヤリティ構築の結果、ストアロイヤルティが高まると何が起こるか?
=AIDMAの確固とした対象となるので:
①来店頻度が向上する
②都度のアイテム買上点数が増える
ことが期待される。(「口コミ」効果の期待も)
業容指向→カスタマーロイヤリティ指向→ストアロイヤリティの実現を指向する売場が
増えれば回遊が向上する

その結果:
一定期間中の「来店頻度3」の向上と共に買上点が4が向上し、毎度の買上額が一割アップすれば業績への影響は如何?
来街回数の増加、回遊度合いの向上による通行量の増加、回遊先での購買・・、と商店街活性化:経済活力の向上への効果は歴然、愛顧客の満足度維持・向上は商店街活性化の未使用兵器です。

このところよく提唱されている売場、店舗のブランド化、ブランディングはじつはカスタマーロイヤリティを追求した結果としてはじめて実現されることです。

と言うことで。
商店街活性化の目標:通行量の増大の実現の取り組みは、新規来街者を招集する一過性の集客イベントでは無く、既存個店群の愛顧客を維持する=顧客満足度合いを高めるための売場のあり方を業種発想から業容指向へと漸進的に移行する仮説―指向であるべき、これが提案の結論です。

もちろん、われわれが提唱する仮説―試行ですから、
①お金を掛けない
②計画を立てない
③新規の客を欲しがらない
④既存のお客が離反するような改革は禁止
⑤やり直しができない大規模な変化は禁止
等々の “ちまちま” した試行の積み重ねで実現を目指します。

なお、先に紹介した参考書籍はおおむね同じ方向を提案していますが、違うところが一つ。
それは、われわれが既存売場が目指す売場への転回を実現する方法を「業種発想から業容指向への転換」として提案していること。 ストアロイヤリティを向上させるカスタマーロイヤリティの構築にはこの〈取り組みの転換〉即ち「ゲームチェンジ」が不可欠です。
このことを是非肝に銘じて自店の繁盛、街の賑わい創出に取り組んでいただきたい。

長文おつきあいいただきお疲れ様でした。
質問などあればコメントでお願いします。きっと他の人にも役立つと思いますので。

通行量神話の呪縛から解脱せよ

“通行量を増やせば商店街は活性化出来る”
全国の商店街活性化関係者の圧倒的多数がこのことを前提に活性化に取り組んでいます。
商店街活性化事業の趣旨も「通行量を増大して商店街立地の中小商業者の事業機会の拡大に貢献する」ことが目的になっています。

そういうことで。
商店街活性化の一丁目一番地は商店街内の通行量を増やすこと、と言われて異論がるのはわれわれぐらいぐらいかも知れませんが、全国で取り組まれている商店街活性化、
①成功した、と行く事例は極めて少ない しかもごく少数の通行量が増えた事例でも
②通行量は増えたが街が賑わう様になったようには感じられない
という有り様です。

われわれは、通行量の増大=商店街活性化という図式は根拠の無い思い込みであり、百害あって一利無し、と考えています。
そこで今日は、あらためて商店街活性化と通行量増大の関係について書いてみましょう。
読みやすいように「箇条書き+アルファ」スタイルで

①商店街の通行量は「結果」である
  商店街の通行量は増やそうと思って増大策を講じれば増える、というものではありません。
  通行量の増減は商店街の来街・来店客数の変化にともなって変化する“従属変数”です。

 通行量の減少=買物客減少の結果
 通行量の増大=常連客増大の結果

ということですね。
このことを確認すると

②“結果をいじって原因を左右することは出来ない」ので
  通行量を増やしても買物客は増えない
  ことが理解されます。

③商店街活性化で取り上げられる通行量は、道路整備などで実施される通行量調査とことなり、一定の時間、商店街に滞在して調査時点を通過して人数を調査します。F来街者数では無く、街区内滞在回遊したため計上された人数。来街者数も滞留者数でもありません。
強いて名づけるなら、通行量調査=賑わい度調査ですね。前回の調査から(家政科事業に取り組んだ結果)まちの賑わいがどう変わったか、と調査するものです。
賑わい度は、来街者増と来街者の回遊範囲・時間増によって向上します。来街増と滞留増は、商店街を常用的買物行先とする愛顧客の増加によって実現します。商店街内の個店を愛顧するお客が増えることが賑わい度を公助憂っせる最も確実な方法です。
従って、

③通行量増大→顧客増大は「本末転倒」である
もう説明不要ですね。一過性の来街訴求イベントで賑わい度が向上することは無く、商店街活性化が進むことはありません

④通行量増大志向は活性化の妨げである
これも説明不要。
商店街活性化策として通行量を増大する。
来街訴求イベント
非物販集客施設の整備
観光資源の開発
等々で来街者を増やそうとしても一過性止まり、愛顧客の生成は出来ません。

如何ですか。
福沢諭吉は“門閥制度は親の敵”と言いましたが、
「通行量追求路線は商店街活性化の障害である」
ということになりかねません。

通行量増大という神話から脱却すると「活性化への道」が開けてきます。
「通行量増大」から“売れる売場づくり”へ
詳しくはブログ内検索で“売れる売場づくり”“キラリ輝く反応店づくり”を検索してくさい。

通行量量調査は“賑わい度”の変化の調査である

商店街活性化は、「通行量の増大」に始まり、「通行量の拡充」として永続しなければならない。
商店街組織の使命=タウンマネジメントは一言でいえば「通行量の維持・拡充」ですが、
商店街にとって「通行量」とは例えば交通政策上の必要から行われる通行量とは全く内容が異なります。

商店街にとって「通行量」とは何か?
どんな意味があるのか?

そういえば近年、「商店街が抱えている問題」に "通行量の減少" は挙げられなくなっているようです。
実は「抱えている問題」は通行量が減少したために起こっている問題なのですが・・・。
あらためて「商店街の通行量」を考えてみましょう。

商店街にとって「通行量」とは何を意味するのか?

通行量調査とは
何時、何を目的にどのように行われるか?
何時:商店街の環境に変化が起きた(起きる)時
   例:大型店の郊外出店、GoTo商店街事業など商店街活性化事業
目的:変化が商店街に及ぼした影響の調査
方法:変化の前後の通行量の変化を測る
   街区内要所に測量点を設置、一定の時間内にそこを通過する歩行者を算える。

特徴:
①来街者数の調査では無い
②調査法から一人の来街者が調査点を通過する度何度でも計上される
③一人の来街者の行動の通行量への反映は、街区内での行動、滞在時間の長短で変化する。

環境変化の前後に調査される通行量は、来街者数の変化だけでは無く、街区内に於ける行動、滞留時間の変化を測るものですね。

通行量調査が実施されるのは、
①広域商圏に新しい商業集積、施設が進出したとき
②商店街が新しい活性化施策に取り組んだとき
などにその商店街に対する影響を測るためです。
「出来事」の前後に行われ、その結果が「出来事」の影響(プラスであれ、マイナスであれ)と見なされます。


重要なことは、影響調査の対象となる「出来事」の起こる前と起こった後の2回計量し、その差違を影響と見なす、ということ。
変化する通行量は「出来事」の結果として、街区内で起きた来街者の行動の量の変化を意味します。
(後で見るように量の変化は行動の質の変化です)

「出来事」が原因となって起こる通行量の変化とは:
①買物目的の来街者数
②来街者の立ち寄り店数
③来街者の回遊距離・時間
によって起きます。
これらの変化は、直接通行量の変化をもたらします。

ここで、通行量調査の目的を表現する用語を決めておきましょう。

我々は通行量調査の目的を「買物行先としての商店街に対する「出来事」が及ぼした影響の調査」であると考え、その影響とは「商店街の買物の場としての賑わい状況の変化―「賑わい度」の変化であると考えます。「賑わい度」我々の造語ですが、意味するところを少々説明しておきましょう

商店街最盛期、通りは肩が触れあうほど通行量が多かった、とよく懐古されますが、この場合、通行量とは「住む人来る人」では無く、買物目的で来街、回遊する人たちによって創り出されている「賑わい」でした。
「出来事」によって賑わいがどのように変化したか、を測るための用語が「賑わい度」です。

ここで注意しておきたいことは「賑わい度」は、買物=消費購買行動に直接影響する「出来事」の結果、商店街に起こった変化を理解するための専門用語。
消費購買行動に直接影響しない「出来事」の変化が賑わい度を急激に変化させることはないと前提しています。

商店街通行量の研究

「定義されない商店街活性化」の頼みの綱は〈通行量の増大〉です。
通行量増加→事業機会の増大と直結しているように語られるが果たしてどうか。
検討してみましょう。

通行量とは何か?
どうすれば増えるか?
増収増益に結びつけるには?

一口に「通行量」といっても歩行目的によって様々。大きく4つに区分出来ます。
①遊歩:商店街にショッピングに来ている
②居住:商店街に住んでいる
③用務:商店街にショッピング以外の目的で来ている
④業務:商店街で働いている

商店街の歩行者相

通行量の増大」は、増やしたい歩行者の性格によって増やし方が異なります。
①遊歩:商業機能を充実させる
②居住:居住空間の整備
③用務:ショッピング以外の来訪目的(施設、催事)の提供
④業務:就業機会の増大

活性化が必要な商店街が増やしたい歩行者相は〈遊歩相〉ですね。

遊歩客相:ショッピング目的で来街し、街なかで過ごす時間を堪能している、または堪能したい客相
ショッピング:
買物、買い回り、下見、情報収集、暇つぶしなど、売場―商店街の機能を利用して出来る
こと

この客相を増やすには、ショッピング機能を充実させることが不可欠です。

商店街活性化=衰退趨勢に陥っている商店街に適切な施策を講じて商業集積としての持続可能性を再構築すること、とすれば、増収増益、客数増大は必須課題、「通行量増大」の目的は、遊歩(買物・買い回り)客数の増大です。

遊歩以外の客相の場合、遊歩相への転換というステップが加わります。

遊歩以外の目的で街区を歩いている人:居住、用務、業務者を増収増益と結びつけるには、来街―歩行目的外の行動を取ってもらうことが必要です。
【遊歩(ショッピング)客相への転換】ですね。
目的外の行動を訴求するわけですから、相当の誘因(インセンティブ)が必要です。

何気なく目に入った売場の魅力が強烈で思わず入店してしまった、という行動が客相の転換です。AIDCAの法則発動

客相の転換には相当魅力のある売場が供覧されていることが前提条件です。

ここで「一過性集客イベント」を目的に来街した人の場合を考えてみましょう。
(商店街の愛顧客では無い)
彼/彼女の来街目的はイベントを楽しむこと、ショッピングは予定に入っていない。
この人たちを「遊歩客相」に転換しないとイベント開催の目的は達成されない
·
イベント目的で通りを歩いていたら、魅力的な売場が眼に飛び込んできた、思わず注視、とても楽しめそうな感じだったので入ってみることにした・・。
AIDCAです。
あるいは今日は予定があるので近く必ず出かけてこよう・・。
AIDMAですね。
·
イベント目的の来街者を遊歩客相に転換するには、イベントに先立ってAIDCA、
AIDMAの対象となる魅力を持った売場を準備し、供覧しなければならない。
この準備が無いとイベント客の遊歩客への転換は起こりません。
イベントはやまぶきイベントで終わる実の一つだに無きぞ悲しき

「通行量の増大を目指す事業と通行量の増大の関係について」
通行量増大事業は通行量を増やすことが出来るか?

〈通行量の増大〉を目的に取り組まれている事業は多様ですが、ここではまず第一に、
通行量の増大を目指して取り組まれる〈一過性集客事業〉を検討します

一過性集客事業の目的は、「事業に取り組むことで商店街の通行量を増加する」ですね。
一過性の来訪者を恒常的な来訪客=商店街の愛顧客に転換する←これが一過性集客事業の
目的です。

いいですか?
集客事業の目的は、集客イベントにお客を集めることではありません。
集めたお客を商店街の「遊歩客相」に転換しないと街の恒常的な通行量の増大は実現
出来ないのです。

そのためには、売場が「AIDCA、AIDMA」機能を十分発揮出来る状態で作られており、
それが通りから確認出来なければならない。
一過性集客事業が通行量の増加を実現するための必須条件です。

これまで取り組まれてきた一過性集客事業が当日の集客には成功しながら、恒常的な通行量の増加を実現出来ないのは、集客事業に参加した客相を「遊歩客相」に転換する仕組みが実現していなかったため。
〈見える・魅力ある売場〉を作り、供覧するというステップが取り組まれていなかった。

一過性集客事業が通行量増大事業として成功するためには、
①集客力のあるイベント事業の催行と
②イベント客を遊歩(ショッピング}に転換する魅力的な売場の供覧

①は取り組まれたが、②はほとんど取り組まれていないことが、従来の一過性集客事業が目的を達成出来なかった原因です。

イベント催行と魅力ある売場の供覧が〈車の両輪〉として展開されてはじめて一過性集客事業が商店街活性化の実現につながる「通行量の増大」を実現します。
確認して下さいね。

さらに「魅力ある売場づくり」と活性化そのものである「遊歩客相の増大」の関係について。

「遊歩客相の増大」と「魅力ある売場づくり」の関係について。

遊歩目的の通行量増大:
(1)ショッピング目的以外の来街者の
 ①お試し入店促進
 ②愛顧客への転換

(2)既存顧客の
 ①来街回数の増加
 ②買い回り店数の増加
に取り組む。
(2)既存客への訴求が特に有効


遊歩客相の通行量を増大するには:
「ア新規顧客増+イ愛顧客の頻度向上」の二法がある。アに向かいがちだが結構難しい
比較してイは取り組みやすく成果が得やすい。

いずれにせよ、来街者からみて〈魅力ある売場〉が揃っている、漸進的に増え続けている、状況を一日も早く実現したい。

ちなみに (1)を狙いがちだが、新規客の候補者は今現在はどこか他店のお客。
こちらを向かせ、愛顧客にするのは容易では無い。
その点、 (2)は今現在街区内のどこかの顧客だから、〈売場の変化・魅力アップ〉に気づきやすく、反応しやすい。
取り組みの第一標的は (2)既存得意客相。
·
既存客の来街回数・買い回り店数増は、「通行量増大」の取り組みの最優先目標
この目標の達成―売場の魅力アップを通じて新規・一見客の増加の可能性が向上する。

通行量増加を目指すなら、通行量増加催事に取り組むよりも〈魅力ある売場〉づくりに集中すること
通行量増加と並行して個店の増収増益が実現する。
逆から言えば、個店が増収増益を実現するほど魅力ある売場を作らない限り、商店街の見果てぬ夢・通行量の増大は達成出来ない。

集客イベントで通行量を増やす、という短絡条件反射では通行量は増えません。
毎度のイベントで体験しているところ。

結論:
目標=通行量増大を掲げるなら、取り組む課題は来街訴求イベントでは無く、「魅力ある売場づくり」です。
通行量が減った―増やせ、空店舗が増えた―減らせ、といった対症療法は、対応のあり方として根本的に間違いです。

よろしく確認の上、「魅力ある売場づくり」に舵を切りましょう。

〈遊歩通行量〉維持・生成装置としての〈魅力ある売場〉について

以上見てきたとおり、商店街活性化を実現する通行量の増大とは、ショッピング客相=遊歩客相の来街・遊歩の増大のことであり、それを維持(既存顧客)・生成(新規、遊歩以外の客相の転換による)するのは〈魅力ある売場〉の任務ですね。

俗に言われている「通行量の増大が事業機会=繁盛店を作る」のではなく、常識とは真逆、
「魅力ある売場が通行量を維持、生成、増大する」というのが論理的思考に導かれて到達
した結論です。

集客イベントは一見イベント客への「魅力ある売場のお披露目」である
GoTo商店街的事業の実施に際しては、先行して「魅力ある・売れる売場」づくりに取り組みその成果を披露して、AIDCA、AIDMAの起動を促すこと。
売場の準備を怠ってはいくら集客力に優れたイベントを催しても遊歩通行量の増大、個店の増収増益は実現出来ないのだと肝に銘じて下さいね。

定義無き商店街活性化は壮大なフェイクである

「商店街活性化」の定義がないので:
個別弥縫事業が活性化事業と思われて
①陳腐な弥縫事業のせいで活性事業は陳腐化した、これからは(定義しない)まちづくりだ、という輩が現れた。
②面々好き勝手に「活性化事業」を名乗る
③個々の事業が大文字の商店街活性化事業を名乗る
④③の事業終了を活性化事業の終了―成功と誤解する関係者、メディアが登場、持ち上げる
⑤「商店街活性化」は、特に成果を収める必要の無い、年に数回取り組む「風物詩」に成り下がっている

以上定義無き活性化のデメリット。
専門分野の学術用語さえ定義しない学識者が活性化を定義しないために起きている混乱。
学識経験方面には「廉恥」とか「知的廉直」とかは死語らしい。

「定義無き商店街活性化」のデメリット(続き)
上位目的が定義が無ければ下位事業も当然定義無し。
①タウンマネジメント
②通行量増大
③テナントミックス
④コミュニティデザイン
⑤核店舗開設等々
いずれもこれさえ取り組めば商店街活性化できる、と大見得を切っての取り組みだが数年以内に挫折、成功事例と持ち上げたメディアから「失敗事例」とはしごを外される

本来ならこれらは上位目的=商店街活性化に貢献する内容で実施されるべきところ、上位目的が定義されていないので、事業自体が自己目的化する。
竣工をもって成功事例と称揚される由縁。

如何ですか、思い当たることの数々・・・・。

ということで。
定義無き「商店街活性化」の名の下に展開される事業群はトータルの展開で実現を目指す目的も無く、個別事業間の道後作用、相乗効果も期待出来ない。

結論:
定義無き商店街活性化の名の下で取り組まれる事業群は壮大な活性化のフェイク事業である。
※反論所望

とするならば、喫緊の課題は、「商店街活性化」を正しく定義すること。(ですよね?
定義の方向は、旧中活法当時のTMOマニュアル所載:
タウンマネジメント=中心市街地所在の商店街等を糾合して持続可能な商業集積として再構築すること、辺りで如何かと。

「商店街活性化を定義する取り組み」が必要ですよね。
関係省庁、地方公共団体、関係団体・組織、指導者、商店街、独立自営商業者等々で所属不問、問題を共有する人士の取り組みを期待する次第。

頑張りませんか。

ポストコロナ危機突破緊急講習会開催のお勧め

「売れる売場づくり」は活性化「最後の一手」!

 商店街を活性化する方法はいろいろある、といわれますが、いろいろあるのは〈活性化事業のメニュー〉であって、この道を歩めば商店街は持続可能性を獲得出来るという「商店街活性化実現の道」はまだ確立されていません。
半世紀に渡ってメニューを変えながら活性化事業を繰り返して来たのに「実現への道」が確立されていないのは何故でしょうか?
 当社はその理由を「商店街活性化の三大欠陥」として繰り返し対応を提起してきました。

三大欠陥とは:
1.商店街活性化とは商店街がどうなることか定義されていない
2.現状を理解し、持続可能性を構想する「商業理論」が装備されていない
3.個店売場を持続するために必要な技術が不足している
の三つです。どれが欠けても活性化の実現が難しいことは誰にでも分かる条件が三つ揃って欠けているのですから、いくら熱心に事業メニューに取り組んでも活性化が実現しないのも無理はありません。

 そうした中で襲来した新型コロナウイルスの災禍は、状況を一挙に悪化しました。既存個店群の多くは未曾有の減収減益に陥っており、消費増税以来の体力消耗を考えると、存続に赤信号が点滅している場合も少なくないと思われます。
給付金の支給も当座の運転資金として役立ちましたが、経常経費の支払いでたちまち費消、事業継続には営業活動の持続―収益の確保が絶対条件です。収益可能性を再構築するめどが立たなければ、融資を確保することも難しい。既に廃業した人、思案中の人も少なくありません。このまま推移すれば、廃業が新しい廃業を誘発するという「負のスパイラル」が生じることはあきらかです。
 まずは、既存個店群の持続可能性の維持・再構築=売上の確保が緊急課題です。

そのために何をなすべきか:
 個別案件毎に打つべき手はあると思いますが、すべての個店に共通する課題は「売上の維持・再構築」であることはいうまでもありません。
この問題にどう対処したらよいでしょうか。
第一に気になるのは、この問題が関係者〈行政・会議所・まちづくり会社・商店街〉の間で共有されていないのでは無いか、ということです。
重大問題であり、方針を出すことが必要であると分かっていても、方針が出る可能性が見当たらなければ協議の呼びかけも出来ません。
商店街組織の内部でもこの問題:「個店の売上確保」の方向と方法」が話し合われたところがどれくらいあるでしょうか。「三大欠陥」がある中では話し合っても方針は出にくいのでは無いか・・・。
三大欠陥のもとで事業メニューを推進しているところへコロナの襲来ですから当然と言えば当然のことだと思います。

事態は放置できない
 個店毎に事情は多様であり、例外的に「妙手・奇手」を手に入れる人もあるかもしれません。しかし、一般に誰もが採用できる “これさえ取り組めば大丈夫]” という「王道」は無いと思います。
 そうした中で、何にどう取り組めば急場をしのぎ、かつ、将来に希望が持てるのか?
多くの関係者が一様に向き合っておられる問題だと思います。
状況は「三大欠陥」のさなかにありますから、おいそれと対策が得られるとは考えられません。
 至上課題である「売上の再構築」を実現する方向と方法は個店ごとに工夫する以外に無いのでしょうか?
未曾有の環境変化に個店がその「経験と勘」で対応せよというのは大変に厳しい条件であり「負のスパイラル」を脱却する方法として適切とは考えられません。
何をなすべきか?

当社の提案:
 すでにご明察の通り、「売れる売場づくり」です。個店の事情によっては別に「妙手・奇手」があり得るでしょうが、そういう条件が無い場合は愚直に「売れる売場」の構築を目指す以外にこれさえ取り組めば大丈夫という方法は無いと思います。もし他にいい方法があればそれを実行しながら、並行して「売れる売場づくり」に取り組めば相乗効果が期待出来るのもこの取組の特徴です。
取組については本号末尾に「開催要領」を添付しました。

問題は、取組を提案すること:
誰がどのように提案すれば事業として採用―実施できるのか? 難しい問題です。
ご承知の通り、これまで「売れる売場づくり」は活性化事業のメニューにありませんでした。その理由は三つあって、
1.売場のあり方は業種業態によって異なり一般に共通する売場づくり技術は無い、と考えられていた。
2.商業者は商売のプロであり、店前通行量が増えれば入店客を増やせるはず。
3.公共の資金を使う活性化事業で個別売場の売上増進を実現するのは補助金の趣旨にそぐわない

反論は次の通り:
1.について:
  多くの店舗が「売場」としての条件が整ったおらず、業種の特徴を云々する前に「売場の原則」を実現しなければならないレベルにあり、頑丈からの脱却は業種業態を超えた共通の課題である

2.について:
  店主のこれまでの「経験と勘」では未曾有の環境変化の最中で「売れる売場」を作り維持することは難しい。

3.について:
  平時ならそうかも知れないが現在は非常事態、「売れる売場づくり」は全国全商店街立地の中小小売業共通の課題であり、取組はモデル的性格を持っていると同時に立地する商店街の商業集積としての充実、魅力ある売場の点から線、線から面への拡大の担い手である。その支援は個店の増収を最終目的とするものでは無い。

  如何でしょうか。緊急事態から脱却する方法として、即効性、所要の時間、経費等の 諸条件も優れており、検討の機会が得られれば採用される可能性が高い企画です。
 「土俵」である緊急事態を突破する方法を協議する機会の設定が課題かも知れません。

問題は:
 1.状況を突破する方法があるとは思われない
 2.苦情的活性化事業で手一杯
 3.行政は給付、商品券などで手が回らない
  という状況で誰が「発起人」になれるか?
   御地の状況に応じて進めていただくことになりますが、取組自体はけして難しくはありません。人出が不足しているなら「実行委員会※」方式という方法があります。
  (※事業参加者のグループに事業運営を任せること}
   この方法には若手リーダー育成など副次的なメリットもあります。立ち上げ段階については必要により当社がお手伝いします

ポストコロナの商店街活性化、
「三欠」状態からのスタートで
 1.個店群の窮状突破と                         
2.商店街の活性化
 を一体的に推進する方法としては他に選択肢は無いと思います。
  また二つの課題は一体的に取り組み、相乗効果を発揮しながら加速拡大していくことが求められており、単一の取り組みで二つの課題に取り組んで行くはこの方法以外に考えられません。
  よろしくご検討ください。
 なお、検討に当たって質問または支援が必要な場合は遠慮無くご一報ください。


ポストコロナ・危機突破緊急講習会
〈売れる売場づくり〉が個店・商店街を救う!
 課題に挑戦する取組は、これまでほとんど事業対象になったことが無い〈個店売場〉の機能と現状に着目、売場が陥っている〈陳腐化―劣化〉を改革することを通じて、国が提唱している〈商業街区を一個のショッピングモールに見立てた再構築〉すなわち、個店の繁盛と商店街の賑わい創出を一体的に推進していくプロジェクトを牽引させるものです。


「売れる売場―お客に見える売場―」づくり

お客に見える売場とは:
☆通りから:売場の全体が視認できて売場で過す時間の楽しさがイメージ出来る
☆店頭から:売場全体が一望できる、チェックしたい売場にスムースに進める
☆売り場で:商品が選びやすく比較しやすい
☆回 遊 性:売場全体を気軽に回遊し商品をチェックできる
という条件を備えている売場です。既存の売場を「お客に見える売場」に転換することが「売れる売場づくり」のスタートです。

売れる売場づくり(試行版)セミナー開催要領

□目 的
  個店―商店街が直面している課題は、〈持続可能な条件〉を再構築することです。
  個 店:営業の維持するために必要な収益を確保すること
  商店街:競争力の根幹:業種揃え・店揃えの最適化を実現すること
  個店の繁盛―商店街の賑わい復活を実現するには、既存の個店群のなかから「街ぐるみ活性化の可能性」を実証する繁盛店が続出、そのノウハウを商店街全体へ波及させることが簡便、確実&低コストの方法です。

□「売れる売場づくり」とは
 1.商店街から有志を募り、 
 2.それぞれ自店売場の「見える・化」を実践して繁盛を実現することで 
 3.商店街活性化の可能性を実証して点から線、線から面へ取組を拡大して
 4.街ぐるみの繁盛=商業集積としての活性化を実現する
 というものです。スタート時点のテーマは「お客に見える店づくり」、お店の品揃え・ 接客・売場環境などがお客にまっすぐ伝わる売場づくり、無理せずに出来る改善を積み重ねて“吸い込まれるようにお客が入ってくる店”を実現する方法を伝授します。

□取組の5原則
 1.立地・店舗規模は現状のまま
 2,商品構成は変更しない
 3.お金を掛けず(新規投資、販売促進はしない)
 4.計画を立てず(日々の仕事の方法を変える)
 5.試行錯誤、効果が無ければやり直す
 一見「平凡な方法」ですが、「お客の目」からみた「買い物の場」としての不具合を改善する取り組みの積み重ねで「非凡な成果」を実現します。

□取り組んだ商店街では成功事例が多数報告されています。
 1.個店:売上の向上(客数・客単価の向上)、将来の展望を得た
 2.商店街組織:組合員相互の連携の強化、組合活動への求心性の向上
 3.行政をはじめ関係各方面との信頼関係の強化

□セミナーの内容は
 1.構 成:講義と臨店指導の二本立て
 2.行 程:1泊2日、詳細は主催者と協議して決定します。
 3.講 義
 (1)テーマ:『繁盛する個店と商店街の活性化の一体的実現を牽引する売れる売場づくり』

  (2)内 容:
  ①「商店街活性化」、「まちづくり」の根本問題(これまでの取組のまとめ)
  ②『個店の繁盛とまちの賑わいの一体的推進』方向と方法
  ③お客に見える店づくり(見せる・見える・見分ける店づくり手法)
  ※先行事例を動画・写真で多数紹介します。
4.臨店指導
  講義に引き続き翌日、有志店舗をモデルに「見える化」の具体的な進め方を指導
  (1)内 容
   ①有志個店に対する「見える・化」の臨店指導
   ②実施店舗数:5~6店舗(1店舗あたり約1時間)
  (2)実施要領
   ①取組を希望される有志個店を訪問、すぐに着手出来る課題を現場で指摘、改善策を提案、実行していただきます。
   ②業種やお店の規模を問わず、誰でも取り組めてすぐに成果を得られる内容です。

□講 師 武 雄 信 夫

□経 費(税別)
1.謝 金:15万円 (1泊2日 実働合計8時間)
2.旅 費:交通費:実費(JR九州 博多駅発着) 〇宿 泊:お手配ください。

ご連絡
takeoquolaid@gmail.com

全商業集積共通の課題

全ての商業集積に共通する課題は、得意客を創出・維持・増加すること、これは小売業がある限り、永遠の課題です。商店街が商業集積としての再構築を目指すなら、街を買い物行き先として頻用してくれる〈得意客〉を増やし続けなければならない。
これが「活性化」の本当の課題です。

 商店街の得意客は、どこでどのように〈創出・維持・増加〉するでしょうか? 
もちろん、商店街に立地する各個店のシャッターの内側=売場におけるショッピング体験を通じて、ですね。

ここで、コペルニクス的大逆転が。
即ち、商店街を活性化するには、各個店の得意客が増えなければならない。

 世間一般が根拠も確かめず思い込んでいる〈商店街が活性化すると個店の業績が向上する〉というのは真っ赤なウソであり、本当は、〈個店の得意客が増えると街が活性化する〉ですね。
繁盛する個店が街の活性化実現を牽引する。
即ち、繁盛する個店は街の【活性化牽引装置】だということです。

繁盛する個店=#活性化牽引装置=固定客創出装置だということで、思考実験をしてみましょう:
①街に繁盛店が点在している
②集客イベントを打ってお客を呼ぶ
③集まったお客が繁盛店に吸い込まれる―得意客が増加
④繁盛実証をみた他店が追随
⑤繁盛店が増え、得意客創出―回遊が加速する
というシナリオの実現可能性は如何ですか?

 現在多くの商店街で取り組まれている:
①済む人来る人を増やす
②街の通行量が増える
③増えた通行量が得意客に変わる
④個店が繁盛する
⑤街の持続可能性が実現する
というシナリオの重大な欠陥は③の通行量から得意客への転換が実現出来ないこと。繁盛出来ず通行量を当てにする店が【活性化牽引装置】の役割を果たすのは不可能です。

商店街を活性化したい・高度化事業を成功させたい・集客イベントの効果を永続させたい、ならば、【活性化牽引装置】としての繁盛店を何が何でも創出しなければならない。
それが「キラリ輝く繁盛店づくり」、福岡市ではその名もずばり、「商店街活性化を牽引する核店舗創出事業」として実施中です。

繁盛する個店は街の【活性化牽引装置】である。
このことを頭に叩き込んで街を見渡し、これまで取り組んできたソフト・ハード両面に渡るモロモロの事業の顛末に思いを巡らせると、商店街はなぜ活性化出来ないのか、その理由がハッキリ理解されると思いますがいかがですか?

 来街者を増やし、店前通行量を増やせば街は活性化するというシナリオが成り立つには、【活性化牽引装置】としての各個店の売場のしつらえ=〈得意客創出・維持・増加機能〉は、万全の体制にある、ということが前提になります。
 このことが出来ていた始めて、“増えた通行量をお客にするのは個店の仕事”ということが成立します。
しかし、活性化が必要な商店街に立地している売上が低迷している個店にその仕事が出来るとは思われません。

 いま、商店街活性化を推進中の皆さんが大至急取り組まなければならないのは【活性化牽引装置】としての繁盛店を作り出すことです。
繁盛店を作り出すこと、これが全ての事業に優先して取り組まなければならない事業です。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
情報創発研究所が提供する商店街―中心市街地活性化関連の情報です。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

情報創発研究所

  • Author:情報創発研究所
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ