FC2ブログ

活性化と販売促進

活性化=販売促進という理解のもと、ひたすら販売促進に取り組んで来たわけですが、効果が無いですね。

商店街の販売促進事業に効果が認めあれるのは、同じレベルの商店街が・個店が対象の場合限り。
集積間競争が常態化している現在、販売促進事業では競合集積からお客を奪還することは出来ません。

一方、商店街立地の各個店の業績低迷は,いつまで続くのか、いつになったら好転するのか、想像すら出来ません。
この時期の「暖冬」は、衣料を中心に個店の窮状をさらに厳しくしています。

もはや活性化と販売促進を同一視することは許されません。販売促進、名称はいかにもすぐに売上アップにつながりそうですが,ご承知の通り、販売促進事業でお得意さんがいつも買わない商品を買ってくれる、新規のお客さんが来店し、そのままお得意さんになってくれる、ということはありません。まちゼミからポイントカードまで共通しておいえることです。

他方、「商店街活性化=商業集積としての再構築」という一体いつになったら実現するのか、一見、雲を掴むような話ですが、実は即効性がバッチリです(^_^)
取組を始めたとたん、客数・客単価がアップし、今まで絶えてなかった新規顧客の来店も再開します。
販売促進の不振を尻目にこちらでは設備投資やスタッフ募集も始まっています。

なぜでしょうか?
弊社が提唱・推進する「商業集積としての再構築」のスタートは、既存個店有志が取り組む「売れる売場づくり」です。売れる売場づくりに取り組むと,本当に売れるようになる(^_^)
業種業態、立地、競争条件、商圏人口など一切関係なし。
誰でも、お金を掛けずに自分の売場を売れる売場に変身させることが出来る。一昨日、「コミュニティモールプロジェクト」として紹介した商店街では既に増収増益を実現する参加店が続出しています。

それを見た隣近所のお店が見よう見まねで追随する。
もちろん、見よう見まねだけでは不十分ですから、年明け早々から第三陣がスタートです。
商店街はどんどん明るくなります。

即効性があるはずの反俗事業に効果が得られず、商業集積としての再構築を目指す取組の方が即効性があって増収増益を実現している。
面白いですね。

あなたの商店街はどちらを選択しますか?
顔はニコニコしていても売場は大変かも知れません。
みんな笑って新年を迎えるには「売れる売場づくり」へのチャレンジをお勧めします。
釘は熱いうちに打て

売れる売場づくり・試行版のお勧めです。

コミュニティモール勉強会

御市はポスト中心市街地活性化基本計画の商店街活性化政策は作られていますか?

全国には『中心市街地活性化基本計画』の計画期間が終了した都市が相当あると思います。
ほとんどが目標未達のまま終了しているわけですが、これから何をなすべきか?

目標未達ということは、おそらく、商店街・個店の状況はさらに深刻になっていることは確実、しかし、なすすべがありません。
基本計画、二期、三期と継続はしたものの、市役所に商店街振興に関する知見・技術が蓄積されることは一切ありませんでした。一所懸命取り組んでくれた担当者も異動すれば元の木阿弥。
ポスト基本計画の商店街活性化、一体、どうなるのでしょうか?
単位商店街ではまちゼミ、100円商店街などが維持されているようですが、行政以下、ヒト・モノ・カネをふんだんに使って成果が挙がらなかったことが、三種の神器でなんとかなるというのはどうでしょうか。
出来ればそれに越したことはありませんが。

ポスト基本計画の取組として当社が提案しているのがご存じ
『コミュニティモールプロジェクト』です。
これまでの基本計画の不都合な部分=商店街が目指すべき計画的商業集積のコンセプト~既存商業者が牽引する真正・商店街活性化への道です。

ポスト中心市街地活性化の中心商店街で勉強会を開催します。
市の商工観光課長、商業担当補佐、係長そろい踏みで出席です。

これからの商店街活性化は、行政と二人三脚、着眼は「行政の手柄」にすること。商店街は儲かってナンボ、手柄は公務員、という山分け話が出来るのがこのプロジェクトです。
勉強会を一緒に受講することがきわめて重要、その場の雰囲気を共有しないとその気にはなれません。

勉強会の結果は追って報告しますが、あなたの商店街でももし開催するなら行政の担当者も必ず出席してもらうこと。
将来にわたる成否の分かれ道です。

時代は販促から売場づくりへ

商店街恩全盛時代といえば、家庭には買いたいもの、揃えたいものがたくさんあり,買いもの行き先と言えば商店街しか無い時代、極論すると「もの不足・店不足」という時代でした。

時代は変わって今やもの余り・店あまりという時代。
商店街の成功体験ではどうにも対応出来ない時代です。

このような時代に相も変わらず幅を利かしているのが販売促進です。
もの不足、店f不足時代には確かに効果がありましたが今となってはどうでしょうか。

(続く)

活性化する商店街

新しい動きがいろいろと。

その一、メーカー、問屋の直営店出店
百貨店を主要なPOPとしていたメーカーが商店街立地への転換を始めています。
従来のチェーン業態ではない、新しい業容で。目下、アンテナショップ立ち上げを支援中。

その二、販売スタッフ確保
ギリギリの人員で回してきた売場、お客の動きが出てくるとスタッフの増員という課題が。
優秀なスタッフの確保は、個店、商店街にとって戦略課題ですね。
その方法について。

その三、空き店舗活用事業
公募による新規参入

その四、行政との協働
商店街連合会と商工観光課との常設協議体の設置
中心市街地活性化協議会に代わる実働中心、プロジェクト推進の司令塔に。

その五、連合会の強化
ポイントの集約 地場スーパーのハウスカードとの統合その他従来からの案件の整理。

というように変化が見られます。一つ一つの動きは小さいのですが、「コミュニティも-モールプロジェクト」、[売れる売場づくり]の進展の中で同時並行で起きているところに注目。

商店街活性化の二大条件

何十年も取り組まれているのに商店街活性化はなぜ成功しないのか?
成功しないだけではなく、取組の在り方もほとんど改善されず、失敗の教訓が蓄積されることもない、これが商店街活性化の歴史であり、現状です。

どうしてこんなことになっているのでしょうか?
考えてみたことがありますか?

商店街が活性化出来ないのは、いつも申し上げているとおり、商店街活性化とは商店街がどうなることか、定義されていないことが根本原因です。
さらに言えば、そもそもこういうプロジェクトを定義せずに進められると思って疑わない基礎体力に問題があると言わざるを得ない。特に自分の事業の」命運が掛かっている商業者の皆さんは、本気で取り組まないと大変なことになりますよ。

さて、今日は標題について。
商店街活性化を実現するためには、二つの絶対に欠けてはならない条件があります。これを持っていない限り、これから先も商店街が商業集積として再生されることはない、と断言できる条件です。

第一の条件は、商店街が商業集積として持続するために目指すべき方向:称号集積としてのコンセプトを決定していること。
「歴史と文化を活かしたまちづくり」などの【標語】は掲げられていますが、これはコンセプトではありません。コンセプトは商店街が広域生活圏で担うショッピングゾーンとしての役割を簡潔に表現したものです。
これが決まらないと各個店が繁昌を目指した転換していく方向を決めることが出来ません。

第二の条件は、各個店の【売れる売場】への転換を実現していく理論と技術を装備すること。
集客イベントで集めたお客を個店のお客にするには、入店を誘い、ショッピングを経験してもらい、高い評価を得ることが必要です。そのためには、お客がショッピングを楽しめる条件を備えた売場を作る理論と技術が不可欠です。
この条件も商店街にはありません。

二つの条件は、コンセプトがゴールとするなら、【店づくり技術】はゴールに向かって街が進んでいくための言動力、駆動力、基礎体力そのものです。
ゴールと基礎体力の両方を持っていない取組が何かを実現することが出来るでしょうか?
やみくもに取り組んだといて、その結果として皆さんが期待されている、時僕可能な商店街の実現に近づくことが出来るでしょうか?

商店街活性化を実現するため、不可欠の二大条件は、勉強せずに手に入れることは出来ません。
対策無しで消費増税を迎えた後の商店街の惨状を予測すると、勉強の機会は今しかありません。
勉強に着手するか、活性化を諦めるか、掛け値無しの二者択一の時だと思いますが、いかがでしょうか。消費続税、始まってみないとわからない、ということで行きますか。

商店街活性化情報

地方自治体の商業振興、商店街活性化担当部課を対象に商店街活性化関係の基礎情報を配信しています。新しい試みです。

現在、我が国の商店街活性化は、
商店街活性化とは商店街がどうなることか?
という基本中の基本さえ共有されないまま「活性化事業」が取り組まれています。

その結果何が起きているか?
どこに向かっていくという宛てもないまま、数十年にわたって類似同質僅差事業が繰り返されています。
最上位目的が決まっていませんから、取り組む事業jは補助制度の変化に合わせて自由自在、総括アカウンタビリティもありません。
時間とお金が浪費され、その間も商店街の困憊、空洞化は進むばかり。

状況が改善されない原因のひとつに、必要な情報を得る機会が乏しいことが挙げられます。
皆さん既にご承知の通り、我が国にはあっと驚く、商業理論=商業について体系化された知識がありませんから、流通している情報も断片的、主観的なものが多い。

その中で特に立場上アカウンタビリティが問われる地方公共団体(以下「自治体」)の担当部課が必要な情報を持っていない。蓄積していないという不都合が目につきます。
自治体の商業振興・商店が活性化担当部課には、業務を遂行するために必要な情報が整序・蓄積されていません。
もっぱらその時々の担当者個人の個性・素養で事業が取捨されるという在り方が罷り通っています。言うまでもなく、商業振興・商店街活性化という業務は、ルーティーンおn人事制度で通過していく個々人の個性や素養で対応出来るレベルの仕事ではありません。

事業の定義・目的の不在、理論の不在、担当部課の組織風土と重なれば、出来ることも出来なくなるのは当然です。

この状態から脱却するには何が必要か?
第一に、もっとも基本となる・活性化の推進の原動力である売れる売場づくり、ご承知の通り、消費増税対策を兼ねて一刻も猶予は出来ません。

次に重要なことは、関係各方面が目的・目標・情報知識を共有すること。
その先頭に立つのは、商業振興・商店街活性化に責任を持つ自治体の担当部課です。施策を講じるととともに関係各方面が目的・目標―問題状況―情報えを共有するシステムを作らなければなrない。
その第一歩が『基礎知識』の共有であり、真っ先にxセクション内部が理論―知識を体系的に整備することが必要です。

このような状況に鑑み、弊社は、『商店街活性化情報』というメルマガ風を企画、自治体関係部課への配信を始めています。配信先はネット上にメーfるアドレスを公開している自治体関係部課です。

御市の関係部課には届いているでしょうか?
一度確認してみられることをお勧めします。

ところで、あなたは自治体の担当部課、担当者さんとはうまく連携がとれていますか?
「商店街活性化」取り組みの再構築が課題になっている折から、恒常的にコミュニケ-ションを確保しておくことは重要です。

※『商店街活性化情報』を購読したい人は:申込先:

お知らせ

自治体、商店街で活性化事業の一環として商店街でハード事業を計画されている方へ。

注:ハード事業:アーケード、カラー舗装、電線地中化、集客施設整備、空き店舗事業など。

ハード事業で活性化の効果をえるためには、当該事業と並行して『売れる売場作り』に取り組んで、事業の成果が個店の得意客の増加~回遊客の増加に結びつけることが必要です。

当社が開発した術式、「お客に見える売場づくり」に取り組むことで、ハード事業のソフトな成果を獲得することが出来ます。

問い合わせはメールでどうぞ

商店街活性化とは

61h8kcglvHL._SL500_SX343_BO1,204,203,200_[1]
集積間競争のさなかで衰退趨勢に陥った商店街が商業集積として生き残ろうと言うんだから、「商店街活性化=商業集積としての再構築」に異論は無いでしょうね。

するとたちまち、「ショッピングモールその他との棲み分け」、広域商圏におうてどのようなショッピングニーズの受け皿になるのか、役割分担が課題になる。
商店街=自生的商業集積から役割分担:コンセプト主導の計画的商業集積への移行。と、ここまで一直線です。

旧中活法の「ショッピングモールに見立てた再構築」s歩のままですね。
ということは、商店街活性化の方向と方法として「コミュにティモールプロジェクト」を提唱している我々こそが商店街活性化―商業集積としての再構築という王道を歩いていることになります。

つまり、我々こそが唯一、中心市街地活性化法のスキームを理解し、その論理と戦略に忠実に
は、都市の旧中心部、商業街区の活性化に取り組んでいる、ということが理解されると思いますが、如何ですか。

もちろんこれは『中活法』のスキームろは関係の無いところで商店街活性化の方向と方法を研究史構築していたからまっすぐ中活法のスキームを採用出来たのです。

商店街をもう一度商業集積として再構築する。、といったとたん、「郊外の商業集積群との関係をどう考えるか」という問題に直面します。多種多様な商業施設、集積群の標的市場を分析しつつ、商店街だからこそ標的として構築出来る新しい標的ニーズを発見し、そこを狙ってコンセプト主導の商業集積として再生しないと商店街が勝ち残る方法はありません。

我々は独自の調査研究を重ねて、その方向と方法を構築している時に中活法が施行され、そのスキームを一読したとき、これで商店街かは活性化出来る、と革新したものでした。

その後の取り組みの経緯はご承知の通り、商店街活性化の定義すらしない取組が20年も続けられ、しかもその間、なんの進歩も見られない、というのが今日の状況ですね。

商店街の現状は、商業集積間競争の結果として現出していますから、競合する商業集積との関係を販売促進施策で覆すことは出来ません。
集積間競争に販売促進は役に立たないのです。

商店街活性化、「商業集積」という概念を使って考えてみると、これまで見えていなかったことが見えてくるかも知れません。
是非トライしてみて下さい。

最後に・
商店街活性化とは衰退趨勢に陥っている商店街が商業集積として再生すること、という定義でよろしいですか。
納得したら、商店街活性化の取り組みの最上位目的は『商業集積としての再生』とキモに銘じて、これを基準にものごとを判断評価するようにしましょう。

商店街活性化の虚構

商店街活性化はなぜ成功しないのか?

多くの関係各位がその原因を突き止めることで成功への道を切り開こうとされていることと思います。
かくいう我々も微力ながら、なんとか成功への道を確保したいと日々考えています。
原因は一つとは限らず、またそれぞれの商店街固有の事情もあるので一概には言えませんが、今日はコレモB原因に一つでは無いかと思われることを検討してみたいと思います。

それは、現在取り組まれている活性化事業のほとんどは、商店街に立地する各個店の売場はうまく作られており、B業績不振に陥っているのはもっぱら、通行量が減少している結果、来店客が少ないからである。
通行量が増える、その他、外部要因が改善されれば、来店客が増え買い回り・回遊するお客が増え、商店街は活性化する。
というシナリオのもとで各種事業が取り組まれているとしか考えれない。
これまで、商店街の現状分析などで個店の売場、商品構成、提供方法、売場環境などに改善を要する問題があることは一切時化記されていません。改善の方策も講じfられていません。
すなわち、各個店の売場にはお客の来店を阻むような欠陥は無く、問題はもっぱら売場の外にある、という判断の下に活性化計画は組み立てられいます。

疑う人は最寄リの中心市街地活性化基本計画にあたってみられることをお勧めします。
そこには、個店の売場の改革改善、商業者の知識技術の向上に関する施策はほとんど計画されていません。

現在取り組まれている活性化事業は、売場、商業者の経営技術には問題が無いことを前提に改革され取り組まれており、その結果は、ほとんど成果が蓄積されていない、ということです。
活性化事業の成果とはなんでしょうか。それぞれの事業が固有の目的―成果を期待して取り組まれますが、究極の成果、究極の目的は商店街の商業集積としての将来にわたる存続可能性を確立するところにあります。

(続く)

タブーを打破する売れる売場づくり

商店街活性化の核心となる問題は、既存個店群のい売れなくて困っている売場を〈売れる売場〉に転換出来るかどうか。

各種事業の事業終了後の成果は、商店街をショッピング行き先として愛顧する顧客が増えること。全ての事業の究極の成果はここに実現されないと意味がありません。
陳腐化してショッピング行き先としての評価が低い売場が集まっていては、イベントなどで集客してもショッピング客としての定着は望めません。
街を活性化するには、愛顧客を作り出す個店売場の充実が不可欠の条件です。

一方、商店街には他店のことには立ち入らない。、という不文律があって、ほとんどの店主を縛っています。誰も他店の売場をチェックしたり、助言をしたすることはタブーになっています。
商店街が解決すべき問題として、個店の売場の改善に取り組む、とは口が裂けても言えません。何しろ皆さん、一国一城の主、ですからね。

気配を察している研究者、指導者も言えません。
城主さん達の逆鱗に触れて出入り禁止でも食らった日には元も子もありません。触らぬ神にたたり無し。

ということで、個店売場については、あたかもなんの問題も無い。通行量が増え、空き店舗が減れば個店売場はお客でにぎわい、商店街は活性化する、という擬制のストーリーがまかり通っている。
誰も信じていないはずですが・・・。

この状況を突破して個店売場の改革を実現しないと商店街恩活性化-商業集積としての再構築は始まらないのですが、どうすれば突破出来るのか?

キラリに取り組んだ人はご承知の通り、商店街における個店売場への立ち入り、売場づくりの協働はタブーでも何でもありません。取組さえすれば、ショッピングモールの売れる売場づくり〉よりも簡単です。
ただし、取組に条件があって、いわゆる一国一城の主さんたちが作り上げている売場にダメを出し、納得してもらい、提供する対案を参考に「売れる売場づくり〉にチャレンジしてもらわなければならない。

どうしたらその気になってもらえるのか?

弊社のもっとも得意とするところですね。

折しも〈消費増税〉が一年後に迫っている今日、今をおいて〈売れる売場づくり〉にチャレンジする機会は滅多に無いと思います。
消費増税はタブーを打破する役割を果たしてくれると思います。売れる売場づくり、まずは〈試行版〉で効能効果を確認し、その後、補正予算で提供される対策事業を利用して本版に取り組む、という二段階がお勧めです。

商店街活性化の成否を左右する個店売場の売れる売場への転換をタブーを打開して推進出来るのは、個店売場への臨店指導で増収増益を実現する当社の術式だけです。

タブーから開放された真の活性化を目指すのか、これまでどおりタブーのもとでフェイク版活性化でお茶を濁すのか、二者択一の時です。
-
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ご案内
こちらは、コンサルタント・ファーム、有限会社クオールエイドのホームページの別館です。 商店街・中心市街地活性化関係の業務を中心に展開しています。 ご利用法について。 当ブログには、当該部門について、他では入手困難な情報をたくさん提供しています。 「ブログ内検索」で抽出、ご利用ください。 各種掲示板、ホームページ過去記事などは左欄の目次からアクセスできます。 引き続きよろしくお願いいたします。
プロフィール

有限会社 クオールエイド

  • Author:有限会社 クオールエイド
  • 【キラリ輝く繁盛店づくり】
    お客に見える店づくり―見える化をテーマに【個店の繁盛】から【商店街活性化】、【中心市街地の商業集積としての再構築】まで一貫した取組を支援します。
ブログ内検索
アクセスカウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
月別アーカイブ